生理 を 早める 食べ物。 生理中に食べてはいけない食べ物・その理由と摂りたい栄養素 [食と健康] All About

生理が来る食べ物ってなに?都市伝説から本当の原因まで

生理 を 早める 食べ物

月経を早める方法として確実なのはピルを飲むこと 月経を早めたいとき、一般的なのは「ピル」を利用する方法。 確実なのは中用量または低用量ピルを使うことですが、黄体ホルモン剤だけでも移動は可能です。 受験や修学旅行などに重ならないよう、小学生や中学生も生理を遅らせたい場合もあるでしょう。 若年者でも初経を迎えていればピルの服用は可能ですし、何度かまたは連続で服用しても害はありません。 ピル以外で生理を早める方法……市販薬・食べ物・漢方・運動などは効果なし 今のところ、ピルや黄体ホルモン以外の市販薬で、生理を早めることはできません。 食べ物や漢方やツボのようなものもありませんし、運動をしても早めることはできません。 生理を早めたいときのピルの種類・料金の目安 中用量ピルでも低用量ピルでも生理を早めることは可能ですが、ホルモン量が多いほど確実です。 生理を早めることができる中用量ピルは「プラノバール」。 低用量ピルの種類としては「トリキュラー」「アンジュ」「ラベルフィーユ」「マーベロン」「ファボワール」「ルナベルLD」「フリウェルLD」があります。 続けて飲むことを考えると気になるのが料金。 ピルの料金の目安は以下のとおり。 プラノバール: 3000円~5000円(病院によって設定が異なる)• トリキュラー・アンジュ・ラベルフィーユ・マーベロン・ファボワール:1シートの相場は2000~3000円(病院によって設定が異なる)• ルナベルLD:治療の目的で使う場合は1シート1700円くらい(自費だとその3倍)• フリウェルLD:治療の目的で使う場合は1シート1100円くらい(自費だとその3倍) 生理を早めたいときに失敗しないピルの飲み方 ピルを飲むタイミングを間違うと生理を早めきれないので注意 中用量ピルなら月経5日目まで、低用量ピルなら月経3日目までに服用を開始し、10日間以上は服用してください。 できれば14日以上服用できた方がより確実です。 月経を来させたい日の3~4日前で服用を中止します。 飲み始めが月経5日目以降だったり、トータルの服用日数が10日未満だったりすると失敗することがあるので注意が必要です。 ピルを飲むときに注意すべきこと・副作用 喫煙者や肥満や片頭痛がある人はピルを飲むことができません。 その代わり、病院では「ノアルテン」という黄体ホルモンの薬を処方してもらうことができます。 生理を早める目的でピルを飲んだとき、考えられる副作用は、他の目的でピルを飲んだ時と同じ。 多いのは吐き気・嘔吐・頭痛・むくみなどのマイナートラブルです。 通販でピルを買うことや個人輸入でピルを入手することも可能ではありますが、全て自己責任になるので危険。 特に、「ピル服用の禁忌」に自分が当てはまっているかどうかの判断ができず、飲んではいけない人が服用すると重篤な副作用を引き起こす可能性があります。 また、きちんと届くかどうか、届いた薬剤が本物かどうかなど薬剤そのものの安全性も全く分からないので危険は常にあると考えた方が賢明です。 ピル以外の薬局の市販薬で、生理を早めることはできないので、自己判断で購入することはやめましょう。 今はフレックス服用と言って、ピルを連続服用して年間の月経回数を3~4回に減らせるようになっています。 継続的にピルを飲んでいれば都合のよい時に月経を来させることができるので便利ですし、ピンポイントで中用量ピルを使うより日頃から超低用量ピルを使っていた方が負担は少なくて済みます。 月経に振り回されるのではなく、ピルを上手に使って賢く自分の人生をコントロールしましょう。

次の

生理痛を和らげる飲み物&食べ物まとめ!生理中に控えるべきものも解説

生理 を 早める 食べ物

生理の時期は憂鬱な気分になります。 加えて生理痛がひどいと仕事に行くのにも、遊びに出かけるのもおっくうになってしまいますよね。 生理痛とはいっても人それぞれ痛みの表れ方が異なると思います。 ほとんど痛みが出ない方もいれば、起き上がるのも辛いほど激しい痛みが出てくる方もいます。 痛みが酷い場合は月経困難症と呼ばれる病気と診断されることも。 生理痛が起こる原因はいくつか考えられるのですが、 生活習慣によって悪化させているケースも少なくありません。 生理痛対策として効果的なのは生理痛を引き起こしている原因を知ることです。 そしてそれを改善できるような生活習慣に少しずつ変えていきましょう。 生理痛がひどいとお薬を飲んで痛みを和らげる方もいますが、食べ物でも緩和することができます。 生理痛対策に役立つ食べ物と、生理痛を悪化させる食べ物について紹介していきますので参考にしてみてください。 生理痛が起こる原因を知っておくと対策を取るのにも役立つと思いますよ。 生理活性物質の分泌量が多い プロスタグランジンはホルモンの一種なのですが、この分泌量が増えると生理痛が起こる、痛みがひどくなると言われています。 妊娠が成立しなかったときに生理が起こるのですが、妊娠に備えて蓄えていた血液を子宮から排泄しようと働くのがこのプロスタグランジンです。 このプロスタグランジンの分泌量が多いと子宮の収縮が激しくなるので、それに伴って痛みが強く出てくるようになります。 プロスタグランジンが厄介なのは、生理痛を引き起こすだけでなく• 腰痛 といった、下腹部以外の部分の痛みも誘発してしまう点です。 子宮の発達が未熟である 下記のような場合は、子宮の子宮の発達が未熟であり子宮の出口も狭いのです。 生理を迎えたばかりの女の子• 出産経験のない若い女性 は、そのため経血がスムーズに排泄されにくくなるため、子宮を強く収縮させて血液を排泄しようとします。 これが生理痛を引き起こしているのです。 それを押し出すために先ほど述べたホルモンであるプロスタグランジンが多く分泌されるようになるため、子宮が強く収縮して痛みが出てくるのです。 ストレスで生理痛が酷くなる 強くストレスを受けると、ホルモンの分泌をコントロールしている自律神経の働きが鈍化します。 それに伴って血流が悪くなってしまって冷えが起こり、生理痛をひきおこし、悪化させてしまうのです。 薬に頼らず生理痛を緩和しよう!生理痛対策におすすめの食べ物 生理痛を引き起こす原因がわかったら、今度はその対策を考えてみましょう。 生理痛緩和には食べ物もおすすめです。 生理痛緩和に効果のある食べ物を紹介していきますね。 生理痛の原因、冷えを改善する!体を温めてくれる食べ物 冷えによって生理痛が酷くなりますので、食べ物で体を温めてあげましょう。 生姜 温め食材として超有名。 お味噌汁、おかずでもなんにでも生姜を入れれば体を温める食べ物に変わります。 生姜をすりおろすのが面倒なときは生姜パウダーを使うと楽ですよ。 冬野菜や根菜類 野菜全般は美容と健康に良いと思われていますが、種類によっては体を冷やしてしまいます。 ネギ といった冬野菜や寒い地域で主に取れる野菜は、体を温めてくれます。 逆にトマトやナス、きゅうりといった夏野菜は体を冷やすのでおすすめできません。 あとは、• ゴボウ• レンコン などの根菜類も体を温めてくれますよ。 果物、ナッツ 果物の中でも、• あんず• オレンジ• サクランボ• グレープフルーツ などは体を温めてくれます。 またナッツ類はビタミンEが豊富で血流を良くしてくれます。 良質なたんぱく質を意識して食べよう! 人間の体はたんぱく質でできていますので、それが不足すると体の機能に不調が出やすくなってしまいます。 生理痛緩和のためにも良質なたんぱく質を意識して食べるようにしましょう。 鶏肉や羊の肉 肉にもいろいろな種類がありますが、質の良いたんぱく源となり体を温めてくれるのは鶏肉、羊の肉です。 青魚 魚を食べるなら• さんま• いわし といったDHCやEPAを多く含む青魚がおすすめ。 青魚は血液をサラサラにしてくれる不飽和脂肪酸がたっぷりと含まれていますので、冷え改善にも働きかけてくれます。 乱れたホルモンバランスを整えてくれるビタミンB群も豊富に含んでいます。 大豆製品 日本人に馴染みの深い味噌、醤油、納豆は全て大豆を原料としてできています。 大豆は良質のたんぱく源であるだけでなく、 女性ホルモンのエストロゲンと似た働きをするイソフラボンが含まれています。 ホルモンバランスが乱れると生理痛が起こしたり、悪化しやすくなりますので豆乳などの大豆製品からエストロゲンを補給してホルモンバランスを整えましょう。 不足しがちな鉄分を補給しよう! 女性は生理があるので鉄分が不足しがちです。 血液不足が冷えや生理痛悪化につながりますので鉄分を日ごろの食事でしっかりと補給するようにしましょう。 プルーン 乾燥したプルーンや濃縮エキスが販売されています。 ヨーグルトに混ぜて食べると鉄分補給と便秘改善に役立ちます。 レバー レバーも鉄分がたっぷり含まれています。 臭みがあって苦手という方も多いのですが、十分血抜きをする、牛乳で洗うなどして臭みを取ると食べやすくなりますよ。 ひじき 副菜として登場回数の多いひじきも鉄分がたっぷり。 まとめて作っておいて常備菜にしておくといいですよ。 飲み物で生理痛を緩和する 食べ物だけでなく飲み物でも生理痛緩和に効果的なものがあります。 ココア 体を温めてくれるだけでなく、香りによるリラックス効果が得られます。 ストレスがたまっているときや疲れているときに飲んでみましょう。 ハーブティー ハーブティーは美容と健康に良さそうな印象がありますが、それぞれ異なる効能を持っているため種類選びに注意が必要です。 生理痛緩和には数あるハーブティーの中でも• カモミール• ラズベリーリーフ• サフラワー がおすすめです。 少量のアルコール 適度なアルコールは体を温めてくれます。 アルコールでも• 赤ワイン• 日本酒 は体を温めてくれます。 アイスよりもホットで飲んだ方が温め効果が高まりますよ。 食生活の改善が難しい場合はサプリメントを取り入れよう! 不足しがちな栄養素を食事だけで補うことはなかなか難しいですね。 そんなときはサプリメントの力を借りましょう。 数あるサプリメントの中でも特にオススメなのが ムーンラック!• 鉄分の補給に有効な「クエン酸第一鉄ナトリウム」• PMSや生理中のツライ時期を支えるハーブ「チェストベリー」 を始め、8つの成分が配合されており、重くてツライ生理を和らげてくれます。 しかし、砂糖や脂肪分、食品添加物を取りすぎると血液をドロドロにしてしまいます。 血流を滞らせて、生理痛も悪化の要因となってしまいます。 みんな大好きチョコレート 疲れて甘い物が食べたくなったときについつまんでしまうのがチョコレートではないでしょうか。 チョコレートはあの香りをかいでいるだけでも高い癒し効果が得られますね。 ところがチョコレートには、カフェインが含まれています。 カフェインは体を冷やす働きがあるため、生理中に取ってしまうと生理痛悪化の原因になってしまいます。 どうしても甘い物が食べたくなった、チョコレートが食べくなったときはココアで代用するといいでしょう。 コーヒー、紅茶、緑茶などのカフェイン飲料 先ほどチョコレートでも述べたように、カフェインは体を冷やしてしまいます。 ですのでカフェインの含まれる、• コーヒー• 緑茶 生理中は極力飲まないようにするのが望ましいです。 どうしても飲みたいときはノンカフェインのコーヒーや紅茶を飲むようにしたり、コーヒーや紅茶に温め食材の生姜をプラスすることで、体が冷えにくくなりますよ。 冷たい食べ物、飲み物 冷えは生理痛を悪化させる原因です。 体を冷やさないためにも冷たい物や飲み物を極力食べない、飲まないように努めましょう。 暑い時期はアイスクリームやかき氷がおいしい季節ですが、食べすぎると体を冷やします。 食べるのを我慢するのはつらいのですが、• 食べるても少量にとどめる• 温かい飲み物と合わせて食べる などして体を冷やさないように配慮しましょう。 乳製品の摂り過ぎはNG! エストロゲンを増やす乳製品も生理痛の悪化につながると言われています。 チーズ 少量なら問題ありませんが、 大量に食べすぎるとホルモンバランスを乱して生理痛を悪化させてしまいますので、注意しましょう。 少量はOKだけど基本的にダメ!アルコール 先ほど、ワインや日本酒を少量飲むことは体を温めるとご説明しましたが、適量を超えたアルコール摂取は基本的にNGです。 アルコールを分解する際には、ビタミンBとマグネシウムが消費されてしまいます。 ビタミンBはホルモンバランスが乱れやすくなり、貧血予防になるマグネシウムが消費されてしまうと、生理痛が重くなることがあります。 生理中は体の代謝機能が低下しているので、アルコールを分解する肝臓の負担も大きくなります。 その上でアルコールを摂取すると、悪酔いしやすくなるので、生理中のアルコールは控えた方がいいかもしれません。 食べ物、飲み物を変えれば生理痛も改善できる! 今まで酷い生理痛に悩まされていた方、生理痛を酷くしている原因に思い当たる節があったのではないでしょうか。 生理痛は生活習慣次第で軽くすることができます。 まずは食べる物、飲むものから変えて体を温めて、ホルモンバランスを整えてあげましょう。 もちろん特定の食材ばかり偏って食べていると体に必要な栄養が不足することになります。 そうなれば体調を崩しやすくなり生理痛が改善しないだけでなく、他の不調が見られるようになるかもしれないのです。 基本は何でもバランスよく食べることです。 後は生理痛を緩和する食べ物を意識して摂り、悪化させる食べ物に気を付けることです。 これでひどい生理痛もだんだんと和らいでくるはずですよ。

次の

生理を早める・遅らせる食べ物があるって本当?月経を移動させたいならピルをうまく活用しよう│yoganess【ヨガネス】

生理 を 早める 食べ物

生理のメカニズムについて 生理を早めたいと考えている方は、生理がどのようなメカニズムかご存知でしょうか。 まずは簡単に生理のメカニズムについておさらいしておきましょう。 生理は、赤ちゃんを生むために準備されていた子宮内部の組織が、受精しなかったことから不要になり、血液と一緒に身体の外に出す現象のことを言います。 子宮内部の組織や血液が身体の外に出ることで、子宮内部の環境はキレイになり、次の妊娠に向けて準備を始めることができます。 排卵と生理の関係 生理は、子宮内部の組織や血液を身体の外に出すことを言いますが、生理が起きる時期は、排卵によって左右されます。 実は、生理が起きるには排卵され受精しないということが条件になってくるのです。 女性の身体は、排卵されるための準備期間と、受精卵を育てるための期間、そして生理がきてリセットされる期間に分けられます。 生理後半から排卵に欠けてはエストロゲン(卵胞ホルモン)という女性ホルモンが積極的に分泌され、排卵から生理前半に欠けてはプロゲステロン(黄体ホルモン)という女性ホルモンが積極的に分泌されます。 人によって生理の周期が異なるのは、それぞれの女性ホルモンの分泌期間に違いがあるからです。 つまり、生理を早めるためには、この二つの女性ホルモンをうまくコントロールすることが重要になります。 生理周期を正確に知る必要性 次の生理を早めるためには、そもそもの生理周期を安定させ、知る必要があります。 生理は、エストロゲン(卵胞ホルモン)とプロゲステロン(黄体ホルモン)の分泌期間により決まるため、この二つの女性ホルモンが安定して分泌される必要があります。 女性ホルモンの分泌は、日常の些細なことで変化してしまうため、できるだけ心と身体にストレスをかけないようにすることが大切です。 ストレスが強くかかってしまうと、途端に分泌は乱れ生理周期もどんどん乱れてしまうでしょう。 規則正しい生活習慣を心掛けることと、仕事や家事、育児などのストレスをうまく発散させることが重要です。 自分の体温変化で知る 生理周期を安定させるためには、女性ホルモンの分泌を安定させる必要があります。 生理周期が乱れてしまいやすいという方は、一度基礎体温を計測してみてください。 基礎体温を測ることで、それぞれの女性ホルモンが正常に分泌されているかどうかを把握することができます。 エストロゲン(卵胞ホルモン)が分泌されている期間は、基礎体温が低い時期が続き、プロゲステロン(黄体ホルモン)が分泌されている期間は、基礎体温が高い時期が続きます。 もし、基礎体温が一定ではなくランダムになっていたり、異様に長かったり短かったりする場合は、女性ホルモンを分泌させる機関に不具合が生じている可能性があるので、一度産婦人科に診てもらうようにしましょう。 基礎体温の測り方について 生理周期や女性ホルモンの分泌量を知るためには、基礎体温を計測することが必要です。 ただ、基礎体温の測り方を間違えると、せっかく計測した数値に正確性が無くなってしまうので注意が必要です。 基礎体温を測るときには、必ず同じ時間に計測するようにしましょう。 内臓や筋肉が安静にされている起床時が最適です。 目が覚めたら、身体をできるだけ動かさずに枕元にある体温計で計測しましょう。 基礎体温を測るときは、舌下で計測すると数値が安定しているのでオススメです。 計測が済んだら、日時と基礎体温、そのときの体調などを記しておきましょう。 継続的に計測していくと、自分の体調と基礎体温の関係を読み解くことができるはずです。 生理を早める方法について 生理を早めるためには、女性ホルモンをコントロールすることが必要になります。 女性ホルモンの分泌をコントロールすれば、生理周期はある程度変化させることができるでしょう。 生理を早める方法としては、実にさまざまな種類があります。 口コミで伝えられているものから、病院や薬の力を借りる方法まで幅広いので、ひとつひとつ具体的にご紹介していきましょう。 ピルで生理を早める方法 生理を早めるための方法として、ピルをご紹介しておきたいと思います。 ピルは、女性ホルモンの分泌量をコントロールする薬で、婦人科などで良く使われるものです。 避妊用の薬というイメージがあるかもしれませんが、上手に使うことで生理を早めることもできます。 生理を早めるためには、早めに服用することが大切です。 ピルを服用し始めてから、すぐに効果が現れるというよりは次の周期が安定して早まると考えた方が良いでしょう。 では、ピルはどのように服用するのがオススメなのか、詳しくご紹介していきたいと思います。 ピルを初めて飲む場合 今までピルを飲んだことがないという方は、生理5日目くらいから中用量ピルの服用をスタートし、10日ほど続けます。 また、生理初日から低用量ピルの服用をスタートし、14日ほど続けるのも良いでしょう。 ピルを飲み終わった後、数日過ぎると次の生理が始まります。 そのため、生理の予定を大幅に早めることができるでしょう。 また、ピルを飲んでいない期間は生理が来ないため、予定が近いという方はピルを服用し続けて乗り切る方法もあります。 ただしピルの服用は必ず医師の指示に従い、期間や容量を守るようにしてください。 ピルを飲んだことがある場合 ピルを服用している方や、最近飲んだことがあるという方は、別の飲み方をする必要があります。 低用量ピルなら28日周期が基本ですから、14日飲んだ翌日から薬の服用をストップすれば1週間生理を早めることができます。 また、予定が近い場合はピルを服用し続けると生理が来ないので乗り切ることができます。 ただ、長期間ピルを服用し続けることになるので、必ず医師に相談するようにしましょう。 ピルの服用には、副作用もありますので、個人的に判断して飲まないようにし、産婦人科できちんと診察を受けて処方してもらうようにしましょう。 早めたい場合、病院の受診はいつから? ピルを使って生理を早めたいと思った時、病院にいつ行けば良いのでしょうか?まず、早めたい生理よりも1回前の生理までに病院に行くのがベストです。 例えば10月に生理と重なりそうな予定が入った場合、8月ごろに一度病院で相談すると、2ヶ月間で調整して上手く生理予定日を早める事が出来ます。 基本的には生理初日から5日目頃からピルを服用し始めますが、生理周期が一定でない方や体調によってピルの服用回数などが変わってきます。 ですから、問診で聞かれた場合は、誤魔化さずに正直に答える事が大事です。 体を温めて生理を早める方法 生理を早めるためには、身体を冷やさないことが重要です。 身体が冷えてしまうと、血流が悪くなり女性ホルモンの分泌も抑えられてしまうので生理が遅れてしまいやすくなります。 身体を温める食べ物を摂取することはもちろん、半身浴やホッカイロなどで骨盤周辺を冷やさないようにすることが大切です。 生理を早めたい場合は、積極的に骨盤周辺を温めるようにし、身体を冷やしにくい服装を心掛けるようにしましょう。 ゆっくりお風呂に入り体を温める 冷え性だと卵巣や子宮の機能が鈍って生理不順の原因となるので、この状態では生理を早めるどころではありません。 まずは体の冷えを直すのが先決ですが、一番手っ取り早いのがお風呂に入る事です。 体の内部までしっかり温めるには、40度以下のお湯に30分肩までつかるのがポイント。 熱すぎない温度でゆっくり入れば、副交感神経が働いてリラックス効果もばっちりです。 ついでに体を温めるものをプラスして、血行促進効果や保温効果を高めるのも良いでしょう。 おなじみのゆずや塩の他に、しょうがや唐辛子を刻んで袋に入れて湯船に浮かべると、食べるだけでなく体の外側からも効果が期待できます。 ただし刺激が強い場合もあるので、まずは少量から試してみてください。 ツボで生理を早める方法 生理を早めるための方法として、ツボ押しというものがあります。 女性ホルモンの分泌を刺激する、ふたつのツボをご紹介しておきましょう。 血海(けっかい) まず、血海(けっかい)というツボがあります。 血海は、膝の内側に人差し指をあてて、薬指~小指あたりにあります。 ちょうど太ももの内側辺りになるので周辺を指圧し、コリや傷みが生じればその部分を重点的に指圧していきます。 血海は、子宮周辺の血流を改善する働きがあるため、生理を早める作用があります。 いつも生理周期が長く生理期間中も長い傾向にある方や、生理痛がひどいという方は毎日マッサージするようにしましょう。 生理周辺の血流が悪いと、特に左側の血海にしこりが生じやすくなるので重点的にほぐすようにしてください。 万能の三陰交 生理を早めるためのツボとして、もうひとつご紹介したいのが三陰交(さんいんこう)です。 三陰交は女性にとって万能のツボと言われており、生理痛などにも効果があります。 足首の内くるぶしに薬指をあてて人差し指の辺りにあり、骨の後ろ側を沿って探っていくと少し凹んだ部分を確認することができるでしょう。 少し痛みを伴うこともあるかもしれませんが、左右とも丁寧に優しく指圧するようにしてください。 ただ、血海も三陰交も強く押しすぎると細胞が傷ついて逆効果になることもあります。 あくまで優しくほぐすように指圧することを大切にしましょう。 食べ物、飲み物で生理を早める方法 特定の食べ物を摂取して、生理を早める方法を紹介します。 間違いなく早まるわけではありませんので参考までに。 ビタミンC 生理を早めるために効果的と言われている食べ物として、まず取り入れたいのがレモンや緑茶、ベリー系に多く含まれているビタミンCです。 ビタミンCには、エストロゲン(卵胞ホルモン)の生成を助ける働きがあります。 たくさんビタミンCを摂取していくとエストロゲン(卵胞ホルモン)の活動が活発になり、子宮の収縮が早まってくるので毎日積極的に取り入れるようにしましょう。 エストロゲン(卵胞ホルモン)が活発になれば、排卵日も早まり、生理が起きる日も前倒しで早まります。 サプリメントなら手軽に一定量を摂取できるので、3000mgほどを集中して摂取するようにしましょう。 ただし、ビタミンCを大量に摂取すると、流産しやすくなるとも言われています。 妊娠を望んでいるという方は、適量に留めておくようにしましょう。 セロリとパパイヤを摂取しよう 生理を早めるための食べ物として、セロリとパパイヤもご紹介しておきたいと思います。 セロリは通経食とも呼ばれており、子宮周辺の血流を改善し、活動を活発にする働きがあると言われています。 セロリの茎の部分には、アピオールという成分が含まれており、これが血流の改善や活動を活発にさせる効果があるのです。 また、パパイヤには含まれているカロチンにも生理を早める作用があります。 小さなパパイヤであれば、1日1個食べるようにし継続して1週間は続けるようにしましょう。 パパイヤが手に入りにくいという方は、にんじんやかぼちゃなどカロチンを多く含んでいる野菜をたくさん摂るようにしてください。 ショウガを摂取しよう 生理を早めるための食べ物として、ショウガもご紹介しておきたいと思います。 ショウガには、体中の血流を促進させる効果があります。 生理を早めたい時は、積極的にショウガを摂取し、血流を改善させて生理を促しましょう。 濃いショウガ茶を作って飲んだり、粉末のウコンを少量混ぜて飲んだりするのがオススメです。 ただ、ショウガは生の状態で摂取すると身体の熱を放出させて逆に血流が悪くなる場合もあります。 ショウガで身体を温めたい場合は、ショウガを加熱してから摂取すると、血流促進に役立つので気をつけるようにしてください。 ハーブティーを取り入れよう 生理を早めるために、ハーブティーを摂取することも必要です。 ハーブティーを摂取することで、女性ホルモンの分泌を安定させて促進させることができます。 ハーブティーに使用されるものには、漢方に含まれている成分もあるため、漢方薬局で生理を早める漢方薬を処方してもらうのも良いでしょう。 ハーブの種類としては、トウキ、ブラック・コホッシュ、メハジキ、アロエ・ベラ、アブロマ・アウグスタ、ノラニンジン、ルビア・コルディフォリア、ゴシピウム・ヘルバケウム、オーラム・ムール・ナト、オキナグサなどがオススメです。 ストレスフリーの生活を心がける 女性ホルモンは、本人が気づかない些細なストレスを敏感に察知して分泌量を増減させます。 自分はまったく関係無いと思っていても、毎月の生理が早まったり遅れたり一定でない状態であるならば、隠れたストレスが溜まっているのかもしれません。 また、ストレスがあればピルを飲んで生理を早めようと思っても上手く行かない可能性もあり、これでは何のために頑張ったのか分からなくなってしまいます。 ピルにしろ他の方法にしろ、きちんと効果を出すためにはストレスを溜めない事が一番です。 毎日お風呂に入ってストレッチやマッサージをしたり、好きな事をする時間を作るなど、自分を大事にするのが生理を上手くコントロールできる秘訣なのかもしれません。 まとめ 生理を早めたい方に向けてさまざまな情報をご紹介しました。 口コミで伝えられている方法から、ツボの方法、ピルを使った方法まであるので、自分に合った方法を見つけてください。 確実に生理をコントロールするには病院に相談することが大切です。 楽しみにしている予定に生理が重なっていると憂鬱な気分になりますが、無事に生理を早めることができればもう不安になることもありません。 さまざまな方法を試して、心待ちにしているイベントを目いっぱい楽しんでくださいね!.

次の