俺たちのフィールド。 漫画「俺たちのフィールド」を全巻無料で読む方法|マイコミック|漫画のネタバレや無料で読む方法を紹介!

俺たちのフィールドとは (オレタチノフィールドとは) [単語記事]

俺たちのフィールド

俺たちのフィールドとは? 日本にプロサッカーが出来る直前から、1998年フランスワールドカップ本戦に日本が初めて出場するまでを、主人公である 高杉和也の成長とともに追っていくリアリティのあるサッカー漫画です。 俺たちのフィールド、通称「俺フィー」は、大きく分けて少年編、高校選手権編、アルゼンチン留学編、Jリーグ編、ワールドカップ編という5部の構成になっております。 少年編 少年編では、これから最終話まで永遠のライバルとなる 騎馬拓馬との出会いを中心にストーリーが進んでいきます。 少年期の友達であり、ライバルである者に対する独特の感情が、すごく共感できます。 和也が、家で一人で晩御飯を食べながら 騎馬拓馬のことを考えているシーンが非常に印象に残ります。 W杯本戦に出場するのが当たり前のように思われている今だからこそ、もう一度読んでほしいシーン満載です。 鹿野日本代表監督の名言。 当時衝撃を覚えた言葉です。 長いですが、いまだに忘れることができない名言です。 「2002年大会の開催国を・・日本は「半分」とはいえ引き受けてしまった。 その事にも、大きな責任があるんだぞ!協会員であるあんたらに、今更ながら教えてやる。 「サッカー」とは・・宗教、言語、人種全てを問わず、世界中で理解されている唯一のスポーツだ。 次のフランス大会に出場できなくとも、日本は、2002大会に開催国特権で自動的に出場できる。

次の

俺たちのフィールド1巻〜全巻はzip・rar・漫画村にない?全て配信されてるところは?

俺たちのフィールド

俺たちのフィールドとは? 日本にプロサッカーが出来る直前から、1998年フランスワールドカップ本戦に日本が初めて出場するまでを、主人公である 高杉和也の成長とともに追っていくリアリティのあるサッカー漫画です。 俺たちのフィールド、通称「俺フィー」は、大きく分けて少年編、高校選手権編、アルゼンチン留学編、Jリーグ編、ワールドカップ編という5部の構成になっております。 少年編 少年編では、これから最終話まで永遠のライバルとなる 騎馬拓馬との出会いを中心にストーリーが進んでいきます。 少年期の友達であり、ライバルである者に対する独特の感情が、すごく共感できます。 和也が、家で一人で晩御飯を食べながら 騎馬拓馬のことを考えているシーンが非常に印象に残ります。 W杯本戦に出場するのが当たり前のように思われている今だからこそ、もう一度読んでほしいシーン満載です。 鹿野日本代表監督の名言。 当時衝撃を覚えた言葉です。 長いですが、いまだに忘れることができない名言です。 「2002年大会の開催国を・・日本は「半分」とはいえ引き受けてしまった。 その事にも、大きな責任があるんだぞ!協会員であるあんたらに、今更ながら教えてやる。 「サッカー」とは・・宗教、言語、人種全てを問わず、世界中で理解されている唯一のスポーツだ。 次のフランス大会に出場できなくとも、日本は、2002大会に開催国特権で自動的に出場できる。

次の

サッカー漫画のNo.1として推したい「俺たちのフィールド」

俺たちのフィールド

『 俺たちのフィールド』とは、『』に連載されていたである。 通称は「俺フィー」。 は村枝賢一。 全巻+1巻、文庫版は全19巻が発行されている。 概要 開幕直前のに連載が開始され、後のまで連載が続けられた。 は、和也がのに憧れる時代、をで失いを止めていたものの再びを始める時代、過酷なに揉まれ最大のと出会う留学時代、のヤに入りナ杯をす加盟編、Jでのをす編、代表予備軍として遠征に出るーブ・ドッグズ編、をす予選編と進行していくが、のの発展、あるいはの闘いとしており、当時の熱と相まって非常な盛り上がりを見せた作品である。 登場するの熱いも注すべき点である。 特に後述する、がへの想いの丈をぶちまけたは当時の関係者の心情をよく表していると言われ、単なる「」ではなく「戦い」としてのを描いた本作は高く評価されている。 主な登場人物 和也 本作の。 の選手であった・貫一に憧れを始めるが、の死後はに触れることなくとなる。 紆余曲折あり再びを始めた後は、その身体の高さを生かしたなとへのメンタで周囲を引っる選手となっていく。 はFW、、代表ではチなど。 当時ののは、のからかほとんどが持ちであったが、和也は麗なやと呼べるものを全く持っていない。 が、「尽蔵の体」「的」「体質」「璧なフィジカル」と、ではあるが、しかしで考えた場合としては高準のを持っている。 全から選手を選びを作るような場合、その有用性からほぼ確実に選ばれるため、 「界の」と言われることもある。 ちなみに、『2002』では各種の登場人物たちが特殊選手として登録されており、利き足や出身などを合わせることでに登場させることが出来るのだが、のはかなり高く設定されており、別のから登場する燿、大、ナトゥレーザなどと同等のを持っている。 であり、和也や拓とまで一緒であった。 の頃から和也のことが好きで、時代は同じでしていたものの、次第ににを向ける和也を見守り陰ながらするという位置づけとなる。 在学中にレポーターのを始め、予選の頃には多くのに知られることになる。 最終予選のさなか、ののの場面、周囲がに包まれる中で絶対に諦めずにする姿は感動のである。 騎場拓 から越してきた後、和也と同じに加入する。 ーブ・ドッグズにも参加し、の時点では和也が抜けたを引っるほどに成長する。 はFWで、からずっとのドーであったが、時代にFWとしての得点を磨くため、体を図り1ゴーへと変貌する。 代表ではもこなす万選手になっていった。 拓郎 の選手権の決勝で和也や拓と戦う。 その後は和也と共にに留学、帰後にヤに入り和也・拓と共に「三羽」と呼ばれる。 ーブ・ドッグズにも参加し、となでを演出する。 は初めFWであったが、その量と突破を買われにコントされる。 ・ 留学時代に出会った和也のの。 全てのにおいて高準であり、留学から2年後に再会した時の手合わせではの中心選手であった和也がまったく相手にされないほどの実を身に付けていた。 なお、の年では代表と対戦するという組み合わせになったため、村枝は本来最終予選までで終了させるはずだったを延長し、との決着を描くことにしたとのこと。 留学後の和也が入団する。 準加盟で当時のに所属していたが、戦では成績が振るわず、親会社は加盟を諦めようとしていた。 和也が加入した後、再び加盟をしナ杯での好成績を狙い戦うことになるが、親会社との轢や資問題、のの問題など様々な問題と直面していくこととなる。 入りを果たした後は「バンディッツ」と名を変え、堅い守備と速攻を生かしたのとして戦っていく。 ーブ・ドッグズ のFW武が各から集めた若手で構成された代表予備軍であり、いわゆるB代表。 「何としても年に出なければならない」という状況のため、総合強化のA代表とは違い、有望な選手の特徴を最大限に伸ばす個別強化が的で結成されている。 和也も参加し、当初はーブ・ドッグズと共に中を武者ので回るものの、A代表の助っ人として一時帰されることになる。 その後、最終予選前の合宿でーブ・ドッグズが帰するが造反、A代表対ーブ・ドッグズという、の代表を決める戦いが行われることになる。 実はこれも「2つのを衝突させ反発させることでの高い代表を作る」という的で行われていた。 最終的には、両方のに参加したことのある和也が2つののを図る最大のマンとして扱われることになった。 名台詞 物騒なんだよ、はな!! 大会の開催を…は「半分」とはいえ引き受けてしまった。 その事にも、大きながあるんだぞ! 協会員であるらに、今更ながら教えてやる。 「」とは…、言、全てを問わず、中で理解されている一のだ。 次の大会に出場できなくとも、は、2002大会に開催特権で自動的に出場できる。 そしてそれは…… も同じだ。 の周一(は当時の代表周)が、ーブ・ドッグズを「やり過ぎ」だと嘆く協会幹部に向け言い放ったこのは、実際に当時のに関わっていた者の偽らざる気持ちだろう。 実際の最終予選でもが更迭され、のにまで追い込まれた状況となった中で、最後まで出場を信じ切っていた者がどれくらいいるだろうか。 勝つんだ!!絶対!!行くんだ!!に!!負けるなんていうヤツは試合に出るな!! 代表のである武がふと漏らした「負ける」というに昂し、和也が殴りかかった時のもの。 を渇望し、年齢が上の者でも関係なく自己を貫き通すメンタは当時のを思い起こさせる。 関連動画 関連商品 関連項目• 2002•

次の