ギルバート の u 238 原子力 研究 室。 【画像/歴史】アトミック・エイジの原子玩具たち : 付録部 blog

さ、さすが大米核爆弾帝国

ギルバート の u 238 原子力 研究 室

これは「ギルバートのウラン238原子力研究所」というもので、子供向けの玩具だそうである。 昭和25年 1950 にアメリカで発売された。 Wikipedia ……ぶったまげた。 夜光塗料が放射性物質で光るどころの騒ぎではない。 マジモンのシャレにならない含ウラン放射性物質が付属し、ガイガーカウンターや霧箱で核実験を楽しむことができるという、恐るべき玩具である。 が付属し、さながら「ボクにもワタシにもわかりやすい原子力、怖がらなくってもとっても楽しいよ!」とでも言いたげな 趣 おもむき である。 無論こんなものは、いかな大米核爆弾帝国と言えども、子供が被曝するのは恐ろしかったものと見え、たった2年で発売中止となったそうな。 しっかし、広島・長崎の大虐殺後、わずか5年でこんなものを、しかも「子供向け玩具」として発売するのだから、大米核爆弾帝国の頭スッカラカンの馬鹿さ加減、またそこから来る不気味な恐ろしさたるや、現在の北朝鮮の比ではない。 最近エントリ• 令和2年 2020 06月21日 日 21時25分33秒 JST• 令和2年 2020 06月20日 土 12時22分22秒 JST• 令和2年 2020 06月20日 土 12時10分43秒 JST• 令和2年 2020 06月16日 火 18時50分22秒 JST• 令和2年 2020 06月14日 日 13時09分53秒 JST• 令和2年 2020 06月14日 日 10時23分56秒 JST• 令和2年 2020 06月13日 土 14時40分54秒 JST• 令和2年 2020 06月13日 土 08時50分23秒 JST• 令和2年 2020 06月13日 土 08時44分54秒 JST• 令和2年 2020 06月6日 土 15時08分05秒 JST RSS 2020年6月 日 月 火 水 木 金 土 1 2 3 4 7 8 9 10 11 12 15 17 18 19 22 23 24 25 26 27 28 29 30 最近のコメント• に より• に より• に より• に より• に より• に keiyha より• に より• に より• に より• に より 投稿履歴• 105• 100• 135• 1 ランキング.

次の

【検索注意】規格外なオモチャがアメリカで発売されていた!

ギルバート の u 238 原子力 研究 室

1945年の、米国による対日原爆投下は、世界の心ある科学者や政治家、また被爆意識を共有する日本国民に、兵器の革命的変化と、主権国家時代の終焉とを痛感させた.... というのは知恵蔵2011の解説ですが()、冷戦構造の中で核の開発競争が繰り返され、無邪気に原子力のパワーがもてはやされていた時代には、核はある種の正義でした。 ちなみに1枚目の画像はギルバートというメーカーから発売されていた、U - 238原子エネルギー研究所 Gilbert U-238 Atomic Energy Lab 1950-1951 というオモチャ。 4つのウラン鉱石、ガイガーカウンター、霧箱[蒸気の凝結作用を使って荷電粒子の飛跡を検出するための装置]、ウラン探査に関する政府発行のマニュアル、『ダグウッドはどうやって原子を分裂させたか』という小冊子が付いているというすぐれもの。 当時は50ドルほどで売られていたのだとか。 現代ではちょっと考えられない玩具ですね。 ポーター原子力キット(1940年代後半、1950) "Chemcraft"の商標で発売されていた、ポーター化学社製のモデル第100号の原子力キット。 ウラン鉱石を含む2つのガラス瓶とラジウムのキット。 Porter Atomic Energy Kit 03. 原子エネルギー研究所(1960年頃) アメリカの基礎科学クラブによる科学キットシリーズの一つ。 3つの実験装置(spinthariscope、雲室と電器)と2つの放射線源(ウラン鉱石とラジウム)をセット。 Atomic Energy Lab ca. 1960 04. 科学放射線検出キット(1958年頃) ガイガーカウンターの組み立てキット。 47ページの小冊子が付いている。 Library of Science Radiation Detection Kit ca. 1958 05. 様々なアトミック・ガンの玩具 1960年代に、おそらく日本で製造されたものとの解説あり。 Atomic Toy Guns 06. アトミック・ロボットマン(1990) オリジナルは1940年代後半に日本で生産されたもので、画像は1990年代に作られたもののレプリカ。 Atomic Robot Man 1990s 07. 原子力お菓子 アトミックファイアーボールと名付けられた飴玉(?)。 キノコ雲がパッケージにデザインされており、名称もそのイメージから。 Atomic Fire Balls 08. ネスレの核チョコレートバー(1998) 比較的新しいお菓子のようですが、映画のキャンペーンのために発売されたチョコレートバー。 反核団体から反対キャンペーンをはられて店頭から消えたとか。 時代が違いますね。 Nestle's Nuclear Chocolate Bar 1998 09. ガイガーカウンター・トイ(1950年頃) Bell Products というメーカーから発売された放射能検出機のオモチャ。 科学的な機能は持たない完全な玩具。 Toy Geiger Counter by Bell Products ca. 1950s 10. アトミックトレイン・シリーズ(1957-1960) 原子鉄道を銘打って発売された0ゲージの鉄道模型シリーズ。 原子車両や原子キャノン、核弾頭を積んだ列車などがある。 Kusan Atomic Train 1957-1960 source. 当サイトは海外情報を中心に、ニッチな情報をお届けする隙間系ブログです。 管理人は『コタク・ジャパン』や『目ディア』、『Amp. 』他でも執筆経験のあるフリーライター。 ハンドルネームの由来は、映像変換技術のKinecoから。 お問い合わせはメールフォームかaboutのコメント欄まで。

次の

こんなもんを玩具として売ってたの昔は無邪気だったんだなぁ。ヤバ過ぎるでしょ。

ギルバート の u 238 原子力 研究 室

獲得メダル 金 男子 アルフレッド・カールトン・ギルバート( Alfred Carlton Gilbert、 - )は、出身の玩具開発者。 の金メダリスト。 経歴 [ ] オレゴン州の近郊にあるパシフィック大学から、1902年に東海岸に移りスポーツ医学を専攻するために入学する。 彼はとして学費を稼いでいた。 また、スポーツが大変得意で、1900年には連続の世界記録を樹立したのをはじめ、でもすばらしい記録を持っていた。 彼はその棒高跳で、1908年のロンドンオリンピックに出場し金メダルを獲得している。 ギルバートは、その後医学の道に進まず、1909年に手品用品製造会社を設立。 この会社は後に社に発展する。 彼は、1913年にで使われている鋼建設桁を見て、組立玩具の「エレクターセット」を発売し人気を博す。 に巻き込まれたアメリカは、1918年に国防会議において玩具製造の禁止が議題にあがったが、ギルバートはこれに反対。 結果として禁止の措置は回避され、これにより彼は「を救った男」とあだ名されることとなる。 1935年までに、ギルバートは3000万セットを売り上げ、さらにこのほかにも化学セット、セット、その他教育玩具を彼の工場から世に送り出した(結果、50年に及ぶ彼のキャリアの中で150を越える特許を取得した)。 ギルバートの製品 1938年にA. ギルバート社は社から会社を獲得。 アメリカンフライヤーの製造ラインもからに移す。 同時に、ギルバートはアメリカンフライヤーに3フィート16インチスケールの、今ではライオネル社によって管理されている3線式を採用した。 後、ギルバートは玩具的な3線式のOゲージの生産をやめて2線式のに注力した。 スケールリアリズムを追求したギルバートのアメリカンフライヤーは、おもちゃの域を超えるリアルさで賞賛された。 ギルバートは、教育の場で発明が重要であることが教えられていないことに不満を持っていた。 そのため、1941年に、にギルバート科学館を会館。 もっと科学に興味を持ってもらうことと、ギルバートの製品を売り込むことの両方が目的であった。 ギルバートは、1954年に事業から引退し息子にすべてを譲渡。 同年、彼は「天国に住む男」を著す。 1961年に死去。 彼の死後から6年後、A. ギルバート社は売却された。 関連項目 [ ]• 外部リンク [ ]• - バイオグラフィーとオリンピックでの成績 (英語).

次の