ポケモン go 道具がいっぱいです。 【ポケモンGO】道具がいっぱいになった時に優先的に捨てる順番ランキング

ポケモンGOで持ち物がいっぱいで道具を入手できないときの3つの対処法

ポケモン go 道具がいっぱいです

ポケモンゲット重視の場合• バトルをあまりしなければ、 回復系は捨てる• 「ボール系」はポケモンゲットイベント前であれば 200個以上ためる• 「パイルのみ」もポケモンゲットイベント前であれば 150個以上ためる• イベントのときはお得効果系の「モジュール」「おこう」をガンガン使う! バトル重視は回復系をためておく ジムバトル(ジム内のポケモンと戦ってジムを占拠してポケモンを配置する)を中心に行う場合、 戦闘後のポケモン回復に回復系アイテムは必須です。 ジムバトルを連続でするのであれば、 開始前にキズぐすりとげんき系アイテムでそれぞれ100個ずつはためておきましょう。 レイドバトルはボスレベルにもよりますが、報酬に回復系アイテムが数多く出てきます。 それで回復はほぼ間に合ったりします。 報酬アイテムに偏りがある場合もあるので、 念のためキズぐすりとげんき系アイテムでそれぞれ50個ずつぐらい、日に数回であれば30個ずつでも十分なぐらいです。 ポケモン育成重視は「わざマシン・ふかそうち・お得効果系」を残す 高個体値のポケモンのレベルを上げたり、特定のわざ構成のポケモンを揃えるなどポケモンを育成したい場合は、 わざマシン/ふかそうち/ほしのかけら/ふしぎなアメは残しておき、「ここぞ」というときに有効に使います。 「わざマシン」はレイドバトルでも獲得率は高くないので、できるだけ残しておきます。 「ふかそうち」は孵化したときのアメ・ほしのすなゲットがおいしいので、アメ確保が難しい10kmタマゴの孵化や、残しておいて「ほしのすな」獲得倍増イベントで使いましょう。 「ふしぎなアメ」もアメ確保が難しく、かつタマゴからも孵化しない伝説ポケモンの育成中心に使います。 普段のレイドバトルでためておき、育成したい伝説ポケモンをゲットしたときに使いましょう。 ポケモン育成重視の場合• 「わざマシン」は入手率が低いので 「ここぞ」というポケモンのために残しておく• 「ふかそうち」は 10kmタマゴの孵化やほしのすな倍増イベント時に使う• 「ふしぎなアメ」は育成したい伝説ポケモン用に残しておく 進化アイテム系は最低限保有し積極的に捨てる 進化アイテム系は増え度合いが他のアイテムより低いとはいえ、 気がついたら増えています。 ときどき確認して、 基本的にドンドン捨てていきましょう。 進化アイテムを利用した進化ポケモンがまだ揃っていないとしても、 それぞれ5個もあれば十分です。 既に進化ポケモンが揃っていれば、念のため3個残しておけば良いでしょう。 ただし、「シンオウのいし」はアイテムで進化できるポケモンが多いので、進化させたいポケモンがいる場合は20個ぐらいは残しておきましょう。 確保しておくアイテム/捨てるアイテムのまとめ ここまでのためておくアイテム/捨てるアイテムの解説をまとめます。 捨てるものはさっさと捨てて、快適にポケモンGOをプレイしましょう!.

次の

【ポケモンGO攻略】ボックスがいっぱいになったとき博士に送っていいポケモンはどれ? [ファミ通App]

ポケモン go 道具がいっぱいです

僕もポケモンGOをしばらくプレイしていない期間があり、復帰した際に「 レイドバトルって何!?」とか「 タスクとは!?」など困惑した記憶があります。 そこで本記事では「 ポケモンGOの遊び方がよくわからない人」向けに序盤から「 やった方が良い事」と「 やらなくても良い事」について解説していきます。 この記事を読むメリット• ポケモンGOで序盤はやらなくて良い事が分かる• やった方が良い事について詳細が分かる ポケモンGOの遊び方がわからない人向けに機能を解説 まずは最初に「 ポケモンGO序盤でやった方が良い事」から見ていきましょう。 リスト化すると下記のとおり。 ポケモンGO序盤にやった方が良い事• ジムバトル• 道具BOXの拡張• レイドバトル• タスク• コミュニティデイ ひとつずつ深掘りしていきますね。 ジムバトル ジムバトルをやる目的は「 ポケコインを集める」ことです。 ポケコインの使用用途は下記。 アイテムBOXの拡張• ポケモンBOXの拡張• 着せ替えアイテム購入• ゲーム内アイテム購入 ポケコインを多く稼ぐためには長時間ジムにポケモンが残っている必要があります。 人が普段から多く集まる場所ではジムの入れ替わりが激しいので避けるのが懸命です。 いわゆる激戦区ですね。 多色のジムを攻撃して自分のポケモンを置く場合は、 やる気(ハート)が満タンのジムではなく、 すでに弱っているジムを狙うのがオススメ。 ポケモンのやる気は時間と共に減っていきます。 長時間放置されているジムほど落としやすいので、バトル用のポケモンが揃っていない初心者は、そういったジムを攻撃すると良いでしょう。 辺境の地 上記のような条件はジムに置かれているポケモンのやる気が低下している可能性が高いです。 手持ちのポケモンが弱い場合でも、ジムが弱っていれば簡単に倒せるので、倒せそうなジムを選んで攻撃すると良いですよ。 道具BOXの拡張 上記で説明したポケコインの使い道として、 最優先したいのが道具BOXの拡張です。 上記は一例ですが、一定のレベルを超えると入手できるようになります。 どれも有用なアイテムなので、捨てずに貯めておきたいのですが、道具BOXの容量が少ない内は泣く泣く捨てる選択をする必要が出てきます。 なるべくそういった事態を避けるためにも、ポケコインは道具BOXの拡張を最優先に使用したいところですね。 道具BOXがいっぱいになってしまった場合に、優先的に捨てるべきアイテムについてもリストアップしてみました。 ナナの実:ボールが当てやすくなるだけ。 頻繁に手に入る• ズリの実:捕獲率が微増するだけ。 頻繁に手に入る• キズぐすり:回復量が少ない。 頻繁に手に入る• いいキズぐすり:上記と同様 基本的に頻繁に入手できるアイテムは優先的に捨ててOKです。 手持ちに上位互換アイテムがあるのであれば、下位アイテムは少し残して捨てるのがオススメ。 レベル1〜4までのレイドバトルでは、出現するまで何のポケモンがボスなのか不明ですが、レベル5のレイドバトルは伝説ポケモンでほとんどの場合が出現ポケモンが確定で分かっています。 欲しい伝説ポケモンが出現する期間であれば、強化用のアメ集めも含めて何度も挑戦するのがオススメ。 田舎など人が集まりそうにない場所の場合は、レイドバトル開催と同時に参加するように心がければ成立の可能性が高くなります。 都会などレイドバトル開催中はいつでも成立するような場所でない場合は、 レイドバトルが開始されると同時に参加できるように待機すると良いですよ。 タスク タスクをクリアすることで道具やポケモン、ほしのすなといった報酬を得ることができます。 タスクには大きく分けて2種類あり、詳しくは下記。 フィールドリサーチ:7回クリアすることで「 大発見」による伝説ポケモンが入手可能• スペシャルリサーチ:タスクを進めていくことで道具や経験値といった報酬が得られ、全てクリアすると幻のポケモンが入手可能 フィールドリサーチとは フィールドリサーチは、ポケストップを回すことで得られるタスクのこと。 タスクの内容は様々。 1つのポケストップから得られるタスクは固定されており、 日が変わると別の内容に変化します。 孵化装置やスペシャルレイドパスなどの課金アイテムが入手できるものもあるので、無課金勢には嬉しいですね。 全てのタスクをクリアすると「 ミュウ」や「 セレビィ」といった幻のポケモンが入手できます。 クリアに時間がかかる内容もあるので、普段のプレイを楽しみつつ、少しずつタスクをクリアしていくのがオススメ。 コミュニティデイ コミュニティデイは特定のポケモンが大量発生するイベント。 土日に行われることが多いですね。 参加するメリットは下記。 特定のポケモンのアメが大量に入手できる• イベント時間内に進化させると特別な技を覚える• アメ2倍や砂2倍などボーナスが美味い 特定のポケモンのアメが大量に入手できる 過去に行われたコミュニティデイで、個人的に嬉しかったポケモンは下記。 ダンバル• ミニリュウ• タツベイ• ヨーギラス 普段は稀にしか出会えないポケモンが大量にゲットできるイベントは参加しない理由がありません。 コミュニティデイは、上記のような珍しいポケモンの色違いも同時に実装され、出現率も上昇しているので都合が合えば参加すべきです。 イベント時間内に進化させると特別な技を覚える コミュニティデイの時間内に、対象のポケモンを進化させると通常は覚えない特別な技を覚えることができます。 その技が必ずしも強いとは限りませんが、限定技なので数匹は確保しておくのがオススメ。 中でも御三家と呼ばれるポケモンは、下記の通り強力な特別技が割り当てられています。 ヒトカゲなどの火ポケモン:ブラストバーン• フシギダネなどの草ポケモン:ハードプラント• ゼニガメなどの水ポケモン:ハイドロカノン どれも優秀な技なので、御三家ポケモンを進化させるならコミュニティデイが良いですね。 アメ2倍や砂2倍などボーナスが美味い コミュニティデイによって内容は異なりますが、発生するボーナスがめちゃくちゃ美味しいです。 ほしのすな2倍• 経験値2倍• たまごの距離が4分の1 これらのボーナスはかなりのメリットです。 通常時のプレイがバカバカしくなるほどの効果があるので、 コミュニティデイ対象のポケモンがそんなに魅力的ではなかったとしても、ボーナス目当てでプレイするのも大いに有り。 あまり美味しくないですね。 とはいえバカに出来ないのが、稀に報酬でもらえる下記アイテム。 ふしぎなアメ• わざマシンスペシャル• シンオウの石 確率は高くないですが、こういったアイテムを狙ってトレーナーバトルをするのは有り。 対戦してくれるフレンドがいる必要があるので、周りにポケモンGOプレイヤーが少ない人にとってはハードルが高いかも。 ロケット団とのバトル ポケストップが黒く変色している場所にはロケット団がいます。 トレーナーバトルはプレイヤー同士のポケモンバトルですが、その延長戦でNPCとのバトルが実装された感じですね。 ロケット団の実装により追加された要素が下記。 シャドウポケモン• ライトポケモン また訳のわからない要素が増えたと思う人が多かったはず。 簡単に言うと通常のポケモンとは「 見た目が違う」ということ。 技も固定されており、シャドウポケモンは「 やつあたり」を覚え、ライトポケモンは「 おんがえし」を覚えます。 ロケット団とのバトルの流れは下記。 ポケストップを回してロケット団との戦闘開始• 勝つとシャドウポケモンゲットチャンス• ゲットしたシャドウポケモンをリトレーンする• 変化させることで個体値が上昇するので、元々のシャドウポケモンの個体値が高ければリトレーンすることで、より高個体が作れるのがメリットですね。 しかしながらロケット団とのバトルには大きなデメリットがあり、それがオススメできない理由。 相手ポケモンが強すぎる• 戦闘後に手持ちのポケモンが回復していない• 報酬がしょぼい 相手ポケモンが強すぎる ロケット団が使ってくるポケモンはコラッタでさえCP3000超え。 CP5000超えのポケモンも使ってきたりするので、初心者ではまず勝てません。 他のソーシャルゲームでいうガチャのようなもの。 ポケモンGOで唯一ランダム要素に課金することになるのが孵化装置です。 僕も最初はポケコインが貯まる度に孵化装置を購入していましたが、結果はお察し。 ただ経験値やほしのすな目当てでガンガンたまごを割りたいという意見もあり、稀にレアなポケモンが生まれるのも事実。 そういう人は下記の選択肢があります。 スペシャルリサーチの報酬で孵化装置がもらえる• レベルアップ報酬で孵化装置がもらえる• 1480ポケコインのセットを購入する スペシャルリサーチやレベルアップ報酬で孵化装置がもらえるので、 ポケコインを消費しなくてもある程度の個数は入手可能。 どうしても買いたいのであれば1480ポケコインで複数の道具がセットになったBOXがあるので、そちらを購入しましょう。 単品で買うよりも圧倒的にお得です。 孵化装置は報酬で手に入る分を使えばOK。 どうしても買いたいならハイパーボックスなどでセット買いしよう。 個体値の厳選 ポケモントレーナーであれば高個体のポケモンを狙うもの。 しかし初心者にとっては高個体のポケモンよりも、CPが高いポケモンが優先です。 理由は下記。 レイドやジム戦での戦力を揃えるのが優先• 高個体でもPL(ポケモンレベル)が低ければ強化に膨大なほしのすなとポケモンのアメが必要になる 初心者の内はレイドやジムで戦えるポケモンを揃えることを優先した方が良いです。 正直、個体値が高かったとしてもポケモンGOの中では誤差にしかならないので、もはや自己満足の世界。 ただしPLも高くて個体値も高いということであれば、優先的にそのポケモンをBOXに残しておいた方が良いでしょう。 育てないとしても価値があるくらい珍しいですからね。 ポイント:個体値が高いポケモンは狙う必要はないが、手に入ったら大切にしよう。 まとめ 本記事では「 ポケモンGOの遊び方がよくわからない人」向けに序盤から「 やった方が良い事」と「 やらなくても良い事」について解説しました。 繰り返しになりますが、優先的にやった方が良いことは下記です。 ジムバトル• 道具BOXの拡張• レイドバトル• タスク• コミュニティデイ 結構ボリューミーな内容でしたが、初心者の人にとってはある程度の指針が示せたかなと思います。 とはいえゲームである以上、 自分が楽しめる方法でプレイするのが一番。

次の

【ポケモンGO】道具がいっぱいになった時に優先的に捨てる順番ランキング

ポケモン go 道具がいっぱいです

図鑑を埋めたい• ポケモンは捕獲するけど散歩がてら• バトル(ジム/レイド/トレーナー)はほとんどしない ポケモンはコレクション・観賞用に、 図鑑を埋める/進化形(進化後)ポケモンなどを含めて1種類に1匹ずつポケモンボックスにあればOKな方は、最低 1,000 は確保しましょう。 2019年11月時点で、ポケモンは第5世代まで出現していますが、第1世代〜第5世代全種類のポケモンを合計するとおよそ 650 ぐらいです。 ポケモン捕獲もガシガシ取らず散歩がてら 捕獲しては博士に送るを繰り返せば、ポケモンボックスにポケモンがたまることもないので 1,000 もあれば大丈夫です。 1,500まで:ポケモン捕獲がメイン ポケモン捕獲がメインでバトルはそれほどしないということであれば、1,000 ぐらいまでの拡張で十分です。 ポケモンをそこそこ捕獲する• 1種類に1対ずつぐらいはポケモンを保管しておきたい• 手持ちポケモンを中心にバトルもしたい ポケモン捕獲がメインでも、 ポケモンボックスを適度に整理していれば、いっぱいになる前に空きを作ることができます。 バトルはそれほどしなければ 1種類につき複数対のポケモンを持つ必要もありません。 ポケモン1種類につき1対ずつ保管・育成すればOKという方は、1,500 を目安にポケモンボックスを拡張していきましょう。 2,000まで:色違い/キラ/シャドウポケモンも持っておきたい バトルや色違いなどで、1種類に付きポケモンを複数体保管しておきたいとなると、2,000 あたりまでポケモンボックスがほしいところです。 ポケモンをガンガン捕獲する• バトル用のポケモンを厳選・育成する• 色違い/キラポケモン/シャドウポケモンも保管しておきたい ポケモンボックスの空きが少ないと、 ポケモンを捕獲するとすぐボックスいっぱいになって整理が必要となってしまいます。 これはポケモンGOを楽しむ上でかなりメンドウでストレスになりますから、ある程度は余裕を持ちたいですよね。 2,000 もあればそのあたりはクリアできます。 また、ジムバトルやレイドバトルでがっつり対策を練って取り組みたい方は、 1種類のポケモンで複数体持つことが必要になります。 また、 色違いポケモンやキラポケモンもとなると保管したいポケモンが増えていきますので、そういった場合は 2,000 は確保しておきたいです。 2,500まで:フレンド交換用にできるだけ保管したい 現状出現しているポケモン数であれば、捕獲したポケモンをボックスがいっぱいになる前に厳選したり博士送りにすれば、2,000 以上必要になることはあまりありません。 ただし、以下のようにポケモンGOを楽しみたい方は 2,500 まで、あるいはそれ以上拡張してしまったほうが便利さが増します。 「GO Plus」「モンスターボール Plus」も使ってポケモンをバシバシ捕獲する• トレーナーバトルの各リーグ用にポケモンを厳選・育成する• フレンドとのポケモン交換用にできるだけポケモンを保管しておきたい 「ポケモンGO Plus」や「モンスターボール Plus」で、画面も見ずポチポチするだけでポケモンを捕獲できるのは、「ほしのすな」もたまるし非常に便利です。 しかし、これらを使うとすぐポケモンがボックス内でいっぱいになってしまうんですよね。 余裕を持つには空きを確保しておきたいところです。 そして、 トレーナーバトルで「スーパーリーグ」「ハイパーリーグ」「マスターリーグ」それぞれでポケモンを厳選・育成しようとするとさらにポケモンの保管が必要です。 これら、 ポケモン捕獲での空き確保からバトルでの厳選・フレンドポケモン交換用のポケモン保管の全てを実施したい方は、最大の 3,000 まで拡張しちゃいましょう! アイテムバッグ 持てるアイテムの数と必要なポケコイン アイテムバッグのデフォルト値は 350 です。 ここから 2,500 まで拡張できます。 1回の拡張に 200ポケコイン必要で 50 増えます。 拡張により持てるアイテムの数とそれに必要なポケコインをまとめると以下になります。 バトルは一切しない• ポケモンは捕獲するけど散歩がてら• ポケ活圏内にポケストップが十分ありすぐ補充できる 正直なところ、アイテムバッグ 1,000 は少なすぎるのでオススメはできません。 ただし、 バトルを一切しなければ「くすりなどの回復系」「わざマシン系」「ふしぎなアメやレイドパス」は一切持つ必要がないのでやりくりできます。 また、 ポケモンを捕獲しながらボールを補充できるようなポケストップが多い都会や都心部のポケ活が多いのであれば、1,000 でも楽しむことができます。 1,500まで:ポケモン捕獲もバトルもそこそこ ポケモン捕獲がメインでジムバトルやレイドバトルを週に数回ぐらいということであれば、1,500 ぐらいまで拡張したいところです。 ポケモンをそこそこ捕獲する• バトルは週に数回程度する• ポケ活圏内にポケストップがそこそこあり補充できる ポケ活圏内にポケストップがそこそこあり、アイテムを日々補充することができれば、アイテムバッグは 1,500 ぐらいでも何とかなります。 ジムバトルやレイドバトルは週に数回ぐらいであれば、 「くすりなどの回復系」アイテムは 50 前後に抑えることもできます。 ただし、週に数回でもレイドバトルをすると「わざマシン」と「ふしぎなアメ」はたまっていくので、あまりためず使っていくようにしましょう。 またコミュニティ・デイの準備のときなど、 「ハイパーボールとパイルのみをがっつりためたい」というときは足りなくなるケースがあります。 そのときはさらなる拡張を検討しましょう。 2,000まで:近場にポケストップが十分ない場合 ポケモン捕獲やレイドバトルをがっつりやりたいけど、 ポケ活圏内にポケストップが十分なく日々のアイテム補充が難しい場合は、2,000 あたりまでアイテムバッグの拡張をしたいところです。 ポケモンをガンガン捕獲する• レイドバトルも1日1回以上はする• ポケ活圏内にポケストップがなくアイテムをためておきたい ポケ活圏内にポケストップが不十分であり、 1日のアイテムの消費に補充がついていかないとなると、週に2度ぐらいはポケストップ密集地に出向いてアイテムをためておくということが必要になってきます。 アイテムをためておくことを考えると 1,500 以上のアイテムバッグはほしいです。 日々どれぐらいポケモンを捕獲してアイテムを消費するかにもよりますが、フレンドのギフトによるアイテム補充を有効に使えば抑えることもできますので、そことの兼ね合いでどこまで拡張するか決めましょう。 2,500まで:アイテムをガンガン購入する ポケストップが近場になくできるだけためておきたかったり、 課金によりお得なセール時にショップでボックスをできるだけ購入しておきたいという場合は最大の 2,500 まで拡張したいですね。 ポケモン捕獲もバトルもガンガンやる• ポケ活圏内にポケストップがなくアイテムをためておきたい• セール時にお得なアイテムを購入しておきたい ポケ活圏内にポケストップが少ない場合は、やはりアイテムをためておきたいです。 また、ポケモンGOではイベント時に良くショップでお得な期間限定セールが開催されます。 このセールでアイテムが詰まった一番お得な「ハイパーボックス」を購入すると、 1度の購入でアイテムが 40〜50近く増えます。 「ハイパーボックス」の購入でアイテムが増えていき、アイテムもある程度ためておく必要がある場合は、アイテムボックス最大の 2,500 までの拡張を検討しましょう! 3,000まで:数日以上分のアイテムを貯めておきたい 2020年3月から発生してる新型コロナウイルスの影響で 外出が難しい状況となっています。 そのような状況では、 捕獲のボール系アイテムを中心に数日〜1週間分ぐらいのアイテムを確保しておきたいときもあります。 そのようなときは最大の 3,000 まで拡張したいです。

次の