カニンガム の 法則。 カニンガムの法則|kou|note

カニンガムの法則: 花の戯言

カニンガム の 法則

定義 [ ] 長さ n の第1種カニンガム鎖(Cunningham chain of the first kind of length n)とは、素数列 p 1,... 同様に、 長さ n の第2種カニンガム鎖(Cunningham chain of the second kind of length n)とは、素数列 p 1,... カニンガム鎖の定義は、な整数 a, b を固定したとき、素数列 p 1,... このような素数列は 一般化カニンガム鎖(generalized Cunningham chain)と呼ばれる。 カニンガム鎖がそれ以上延長できない(鎖の先にも後にも、漸化式を満たすような素数が並ばない)とき 完全(complete)であると言う。 例 [ ] 第1種完全カニンガム鎖の例を挙げる。 (それらは)問題が困難であるようなどんな分野においても実装し得る」 ため、今日ではシステムの分野で有用視されている。 既知の巨大カニンガム鎖 [ ] 広く真であると信じられている、 ()・およびより包括的な ()(Schinzel's hypothesis H)によれば、任意の k に対し無限に多くの長さ k のカニンガム鎖が存在することになる。 しかしながら、そのような列を生成する直接的な方法はわかっていない。 最長の、もしくは最大の素数から始まるようなカニンガム鎖を求める計算機コンテストが存在するが、とによるブレイクスルー - :素数全体の集合は任意の長さの等差数列を含んでいる - とは異なり、巨大なカニンガム鎖についての一般的な結果は現在に至るまで何も得られていない。 2018年現在 、(両種について)最長のカニンガム鎖は長さ19で、Jaroslaw Wroblewski によって2014年に発見された。 この性質はで表記すると簡単に見てとれる(の底が何であっても、底をかけると数字列が左に1桁シフトする)。 このように二進法では本質的に、カニンガム鎖の各項は1桁の左シフトと最下位桁への"1"の挿入で得られる。 例えば141361469から始まる長さ6のカニンガム鎖の場合は次のようになる: 二進法 1000011011010000000100111101 141361469 10000110110100000001001111011 282722939 100001101101000000010011110111 565445879 1000011011010000000100111101111 1130891759 10000110110100000001001111011111 2261783519 100001101101000000010011110111111 4523567039 同様のことが第2種カニンガム鎖についても成り立つ。 二進法では、第2種カニンガム鎖の各項の末尾は "0... 01" となる。 第1種カニンガム鎖と同じく、この末尾の左側の部分は項が進むにつれて1桁ずつ左にシフトしていく。 これより、無限の長さのカニンガム鎖は存在しない。 関連項目 [ ]• () (カニンガム鎖をに用いている)• () 脚注 [ ]• lirmm. 2018年11月7日閲覧。 Joe Buhler, Algorithmic Number Theory: Third International Symposium, ANTS-III. New York: Springer 1998 : 290• Retrieved on 2018-06-08. Mathematics of Computation 53 188 : 751—759. 外部リンク [ ]• () [ A] 3 n ().

次の

最近のテレビCMは替え歌が多すぎて嫌われてる問題

カニンガム の 法則

インターネット上で正しい答えを得る 最良の方法をご存知ですか? 最近知った豆知識。 面白かったので共有です。 カニンガムの法則と呼ばれるらしい。 インターネット上で正しい答えを得る 最良の方法。 それは質問することではなく、 間違った回答を書き込むことだ、 というもの。 と間違って書かれている方が、 おいおいちょっと待った、 そうじゃありませんからー。 と言う声が集まりやすい、と。 なぜか? 困っている人の質問に答えることよりも、 間違ったことを言っている人を正したい という衝動の方が強い。 もっとナマな言い方をすると、 自分の知識が優っていることを誇示したい。 にんげん、本人にそのつもりはなくても、 どこかそういうところがあるからだろう。 親子関係で意識したい 教訓は? そうだなあ…。 僕が思ったのは、親子関係のことだった。 間違いを訂正したい。 子育ての中でその欲求は結構根強く、 頻繁にあると思う。 もちろん本当に間違っていることを 訂正するのは構わない。 でも自戒を込めて言うのだけど、 訂正の名の下に親が自分の価値観を 押し付けてしまっていることって、、、 実は結構多いんじゃないかなあと思う。 子どもは思い違いをしている。 人生かくあるべし、みたいな図だ。 子どものその思い違い、正したい! その衝動を感じた時、 あ、今自分はカニンガム法則に 飲まれてるかも、と思うことができれば… 少しはクールダウンできるかも? 記事を読んで何か感じることがあれば、ぜひコメント欄にご意見やご感想をお寄せください。 更新の励みになります。 バナーのクリックお願いします!.

次の

★★★ カニンガム法のカニンガムは誰でしたか?

カニンガム の 法則

スキットの法則 他人の文法やスペルの誤りを指摘するコメントを残したくなる人は、スキットの法則を覚えておこう。 つまり、「他人の投稿の誤りを指摘する投稿には少なくとも1つの誤りが含まれている」のだ。 どこかカルマらしきものも感じるが、これについて投稿者の意図についてより寛大な見方もある。 つまり、「投稿に間違いが含まれる確率は、それによって投稿者が感じる恥ずかしさに比例する」というのだ。 この法則を指摘したのはスキットが最初ではない。 カニンガムの法則 これはスキットの法則とも関連がある。 カニンガムの法則によれば、「ネットで正しい答えを得る最善の方法は質問するのではなく、間違った答えを投稿すること」だ。 ネットの住人は助けを求める声はすぐ無視するが、最初の投稿主よりも自分の方が賢いことをひけらかす衝動には耐えられないのだ。 この法則はスティーブン・マクギーディが提唱し、法則の名前はWikiの発案者であるウォード・カニンガムから取った。 スティーブンによると、ウィキペディアはこの法則の一番有名な例だという。 カニンガムの法則はフランスのことわざ「precher le faux pour savoir le vrai」(偽りを説いて真実を知る)をインターネットで応用したものとされる。 ゴドウィンの法則 海外で人を評するうえで最悪のものは、ヒトラーに似ているということだという。 ゆえに必要もないのに、ヒトラーとの比較が持ち出されたとしてもそれほど意外でもないだろう。 マイク・ゴドウィンはネットにこうした傾向があることに気がつき、1990年にゴドウィンの法則と呼ばれるようになった。 この法則は、「オンラインでの議論が長引くと、ナチスやヒトラーとの比較が行われる確率は1に近づく」と説く。 実は、ヒトラーに言及した人物はその点について付け加える情報は何ら持っておらず、その議題が好きではないことを強調したいと願っている。 シャーキーの法則 クレイ・シャーキーの著書は大半がネットや新しいメディアをメインテーマとしているが、シャーキーの法則は世界にすら当てはまる。 それが説くところは、「制度はそれが解決すべき問題を維持しようとする」だ。 例えば、ある組織が手順を簡単にしようとしているとする。 そのために委員会を設置したり、新しい管理レベルを作ったりする。 が、こうして官僚的な層を追加するほどに、手順はますます複雑になっていく。 ピザ定理 ピザ定理は「ピザの任意の点をとり、そこから均等な枚数に切り分けられる」と説く。 交互に並ぶスライスの面積の合計は等しくなる。 ピザを分ける相手が自分ともう1人だけのときは便利だ。 だが、もっと簡単なピザ定理もある。 厚さ(a)と半径(z)を用いてピザの体積を計算するのだ。 公式は次の通り:p i z z a(ピザ) 6. アーカムの剃刀 は、「問題を解く、あるいは結果を予測するために、1つ以上の説明があるのならば、一番シンプルなものがおそらくは正しい」と説く。 その真逆の法則がアーカムの剃刀だ。 これはフィクションの世界、特にコメディで当てはまる。 すなわち、「ある出来事について複数の説明があるならば、一番ありえないものが真実だ」というものだ。 コメディのエッセンスは奇想天外さなのだ。 ストライサンド効果 何かを隠そうとしたら、逆効果になってしまうのがストライサンド効果だ。 これは歌手のバーブラ・ストライサンドに由来する。 彼女は2003年に上空から自宅の写真を撮られ、これをプライバシーの侵害であるとして、政府公認のカリフォルニア海岸記録計画を訴えた。 訴訟前にこの写真について知る者はほとんどいなかったが(6回しか閲覧されていなかった)、今では誰もが知るところとなった。 ちなみに彼女は裁判で負けている。 ベターリッジの見出しの法則 ベターリッジの見出しの法則は、「疑問符で終わっている見出しの答えは『ノー』」と説く。 答えが「イエス」ならば、見出しは単純に断定的になるのだ。 見出しの疑問は次のいずれかを示唆する。 1 筆者には答えに確信を持つだけの証拠がない、2 得られる情報をセンセーショナルにする、3 筆者は読者の意見を率直に求めている。 アカデミーの世界にはヒンチクリフの法則という同じ法則がある。 バター猫のパラドックス Flying Horse - Gatorrada Cat-Toast 矛盾する2つの法則があるとき、それをパラドックスという。 バター猫のパラドックスは次のようなものだ。 バターを塗ったトーストを落とすと必ずバターを塗った面から落ちる。 猫は必ず足で着地する。 なら猫の背中にバター塗りのトーストをとりつけて落としたら、猫もトーストも地面には落ちないはずだ。 この現象のポテンシャルエネルギーの利用も考えられる。 だが、実証して見せた者はまだいない。 コーエンの法則 ジェフ・コーエンの観察によれば、「承認待ちのグループがモデレーターを作るかどうかについていずれ大ゲンカをする確率は時間とともに1に近づく」。 これをコーエンの法則という。

次の