派遣 リクナビ。 【とらばーゆ】女性の求人・女性の転職情報サイト

【公式窓口】リクナビ派遣の掲載依頼・料金・流れなど|リクルートジョブズ求人広告ネット 人材info

派遣 リクナビ

休暇の特徴• 年間休日120日以上• 完全週休2日制• 土日祝休み• 5日以上の連続休暇制度あり• 2週間以上の連続休暇制度あり 勤務時間の特徴• 17時までに退社可• 月平均残業時間20時間以内• 業務時間7時間以内• フレックス勤務OK• 定時退社• 時短勤務OK 賃金の特徴• ストックオプションあり• 固定給25万円以上• 固定給35万円以上• 退職金あり• 通勤交通費全額支給• インセンティブあり• 歩合給あり 勤務地の特徴• 転勤なし• 在宅勤務OK 福利厚生の特徴• 社宅・家賃補助制度あり• 育児支援・託児所あり• 資格取得支援・手当てあり• 社員食堂・食事補助あり• 研修制度充実 働き方の特徴• 育児・介護休業取得実績あり• 服装自由• 副業OK• 自動車通勤OK• ノルマなし• 直行直帰あり 企業の特徴• 設立30年以上• 上場企業・株式公開企業• 上場企業のグループ会社• 2年連続売上10%以上UP!• 外資系企業 募集の特徴• 管理職・マネジメント経験歓迎• 第二新卒歓迎• 社会人経験10年以上歓迎• フリーターから正社員を目指す• ブランクOK• 学歴不問• 職種未経験歓迎• 業界未経験歓迎• 社会人未経験歓迎• 管理職・マネジャー採用 選考の特徴• 面接1回• 急募!内定まで2週間• 採用予定数10名以上• 応募者全員と面接• 社内見学あり 従業員の特徴• 離職率5%以下• 平均年齢20代• 中途入社50%以上• 女性が活躍中• 女性管理職登用あり• 女性従業員4割以上• 子育てママ活躍中 語学の特徴• 英語・中国語など語学を活かす.

次の

派遣の仕事を探すなら、エン派遣

派遣 リクナビ

リクナビ派遣 リクナビ派遣は一般的に 派遣求人サイトと呼ばれるサービスです。 派遣求人サイトとは、さまざまな派遣会社の求人が閲覧できるウェブサイトのことを指します。 より噛み砕いて言うと、 リクナビ派遣と提携した派遣会社の求人が閲覧できるサイトということです。 たとえばリクナビ派遣では、リクルートスタッフィングで紹介している求人だけでなく、 テンプスタッフ・スタッフサービス・アデコなど、様々な派遣会社の求人閲覧できます。 つまりリクナビ派遣は、色んな派遣会社を横断して求人を探せるサービスというわけですね。 リクルートスタッフィング 一方のリクルートスタッフィングですが、こちらは一般的に言うような 派遣会社と認識して問題ありません。 要するに仕事を紹介してくれるほか、エージェントによる キャリア相談、職場の見学、応募書類の提出、就業後のアフターケアを受けることができる場合もあります。 派遣会社なので契約した場合は派遣先でなく、リクルートスタッフィングのスタッフという位置付けになります。 福利厚生などの就業条件もリクルートスタッフィングのものが適用されます。 リクナビ派遣ではリクルートスタッフィングの求人を閲覧することはできますが、こちらの場合はれっきとした派遣会社ですので、求人もリクルートスタッフィングと提携している派遣先のものになります。 リクナビ派遣とリクルートスタッフィングのどちらに登録すべき? さて、リクナビ派遣とリクルートスタッフィングの違いがわかったところで、次に気になるのは どちらのサービスを利用すれば良いのかという点ですよね。 特に派遣の求人を探している方は、結局どちらに登録すれば良いのか、少しわかりにくいと感じるかもしれません。 ここではリクナビ派遣とリクルートスタッフィングの違いから、それぞれがどのような方におすすめなのかについて解説していきたいと思います。 リクナビ派遣はいろんな会社から派遣の求人を検討したい方におすすめ リクナビ派遣の大きな特徴として、テンプスタッフやスタッフサービスなどの、さまざまな派遣会社の求人が閲覧できるという点が挙げられます。 つまりリクナビ派遣は、たくさんの求人情報をまとめて閲覧できるサービスなのですが、ここで一つ覚えておきたいのが、 リクナビ派遣は派遣会社ではないという点です。 結果的にはリクナビ派遣からリクルートスタッフィングの求人に応募しても、派遣で働くことは可能です。 しかし先ほどから述べているように、リクナビ派遣は派遣会社ではありません。 よってリクナビ派遣からリクルートスタッフィングの求人に応募した後は、 次にリクルートスタッフィングに登録するという手順を踏む必要があります。 リクナビ派遣なら様々な派遣会社の求人を比較できる! このようにリクナビ派遣から求人に応募したとしても、 リクルートスタッフィングと直接契約を結べるわけでは無いのです。 リクナビ派遣は他社の求人情報を含めて、職場を探すことはできますが、派遣社員として登録していない場合は、改めて登録手続きをする必要があります。 もちろん、どこの派遣会社と契約していない場合は誰でも通る道ですので、リクナビ派遣から求人に応募した場合でも、最終的に派遣で働くことは可能です。 ただ、すでに契約したい派遣会社が決まっている場合は、まずそちらで登録手続きを済ませておいた方が、リクナビ派遣の利用もよりスムーズになるでしょう。 契約したい派遣会社に登録した上で、リクナビ派遣の求人情報から、仕事を比較検討するという利用方法がおすすめと言えます。 リクルートスタッフィングは派遣社員として働きたい方におすすめ リクナビ派遣はあくまで 求人情報を集めたウェブサイトであり、派遣会社ではありません。 リクルート系の派遣会社で働きたいのであれば、リクルートスタッフィングに直接登録することをおすすめします。 単純に閲覧できる求人の数で言えば、リクナビ派遣の方が圧倒的に多いと言えます。 よって求人を探すなら確かにリクナビ派遣の方が効率が良いのですが、こちらに登録しても 派遣社員として契約できるわけではないので注意が必要です。 派遣社員として契約できるのかどうかも、リクルートスタッフィングとリクナビ派遣の違いと言えるでしょう。 リクナビ派遣に掲載された求人情報が良くても油断は禁物! ここでさらに抑えておきたいことがあります。 それはリクルートスタッフィングに登録することは、ずばり リクルートスタッフィングに入社するのと同義であるということです。 派遣社員の場合は契約した派遣会社の就業条件が適用されます。 職場となる派遣先の福利厚生や給料が適用されるわけではないことを、きちんと留意しておきましょう。 その点で注意しておきたいのが、 信頼できる派遣会社に登録することです。 たとえばリクナビ派遣でいくら魅力的な求人があったからといって、何も考えずそのまま応募してしまうのはおすすめできません。 再三申し上げているように、派遣社員の就業条件は派遣先ではなく、契約した派遣会社のものが適用されます。 いくら求人の条件が良くても、 契約した派遣会社が良い会社であるかどうかはわからないということです。 たとえば求人に「残業なし」と書いてあったのに、派遣先では残業させられてしまうのにも関わらず、派遣会社がそれに対して何の対処もしてくれない。 あるいは、交通費支給と書いてあったのに、交通費が支給されなかったというケースもあります。 リクナビ派遣で求人を探す際には、求人の条件だけで判断せず、求 人を出している派遣会社が安心して契約できる会社であるかどうかを、きちんと確認するようにしましょう。 派遣で働きたいならリクルートスタッフィングに登録しよう 以上のようにリクナビ派遣は 求人情報に特化したサービスであり、リクルートスタッフィングは 人材派遣を行うサービスという違いがあるわけです。 よって多種多様な派遣会社による求人から比較検討したい場合はリクナビ派遣、リクルートグループの派遣会社で働きたい場合はリクルートスタッフィングに登録するのが、最適な活用方法と言えるでしょう。 リクルート系列の派遣会社で働きたいのならリクナビ派遣ではなく、リクルートスタッフィングに直接登録してしまった方が早いと言えます。 リクルートスタッフィングは大手派遣会社なので信頼性も抜群 しかしリクナビ派遣とリクルートスタッフィングがややこしいと感じた方の中には、リクルートスタッフィングは信用できる会社なのか?と思う方もいらっしゃるでしょう。 派遣会社と契約するなら 大手の派遣会社がおすすめと言えます。 これは派遣契約する会社を選ぶ上で非常に大切なポイントであると言っても過言ではありません。 なぜなら大手の会社であるほど、 スタッフへのサポートが充実しており、その分 派遣先とのミスマッチが起こる可能性も少なくなるからです。 その点、リクルートスタッフィングは大手リクルート系列の派遣会社であり、信頼性が高いので派遣初心者でも安心して登録することができます。 就職支援サポートは求人情報サイトよりも派遣会社の方が上! リクナビ派遣とリクルートスタッフィングの違いとして、派遣会社ならではの 支援サービスの充実度といった点も挙げられます。 求人情報サイトであるリクナビ派遣では、派遣会社ほど社員に対する手厚いサポートはありません。 求人を選ぶのも全て自分だけで判断する必要があります。 しかしリクルートスタッフィングでは Web上からでも受講できる研修制度、雇用保険・社会保険完備・有給制度などの充実した福利厚生、キャリアカウンセリング、職場見学といったサポートが揃っています。 求人数も業界トップクラスとなっており、多種多様な業種の求人を幅広く取り扱っています。 また、なんといっても職場とのミスマッチを防ぐために、 エージェントから職場の情報について色々聞き出せるのは嬉しいポイントです。 リクナビ派遣の場合は求人を出している派遣会社に、直接問い合わせる必要があります。 ですが色々な派遣会社の求人を見ることができるので、まだどこの会社にも登録していない場合は、まずはどんな求人があるのか調べるために使ってみるのも一つの手です。 リクナビ派遣とリクルートスタッフィングの違いをしっかりと把握し、それぞれのサービスを用途に合わせて活用するようにしていきましょう!.

次の

リクナビ派遣:商品紹介・料金・掲載申込ページ(リクルート求人広告代理店)

派遣 リクナビ

派遣会社に登録したいのであれば リクルートスタッフィング、 求人サイトに登録したいのであれば リクナビ派遣に登録しましょう。 どちらも「派遣社員として働く」というゴールは一緒ですが、「派遣会社と求人サイトの違い」は覚えておく必要があります。 リクルートスタッフィング(派遣会社)とリクナビ派遣(求人サイト)の違い リクルートスタッフィングはリクルート内の 派遣会社です。 派遣登録を希望される方はこちらで登録が必要です。 そしてリクナビ派遣は全くの別会社であるリクルートジョブズが運営する 求人情報サイトです。 正直のところ、両者の違いがよくわからなくても派遣で働くことはできます。 というのも、最終的に派遣として働く上で行き着く先はリクルートスタッフィングなどの「派遣会社」になるので、その間にリクナビ派遣が挟まったかどうかが問題になるだけになります。 例えば「就活」を例に考えると、リクナビやマイナビなどの求人サイトで就職先を探すのか、全くそういった求人サイトを見ずに直接企業にアポを取って面接を受けるかの違いです。 派遣の場合、「派遣会社に登録=派遣会社に就職」というイメージで、その後また仕事の紹介があるのでわかりにくいんですよね。 制度上の問題、窓口が異なるだけで、私たちにとっての出口(派遣社員として働くこと)は全く一緒です。 では、実際に申し込むにあたってどちらのほうがお得なのか、あなたにとってメリットが大きいのか考えてみましょう。 リクルートスタッフィング(派遣会社)に直接申し込むメリット リクルートスタッフィングは、登録数1,070,000人、登録しているスタッフのうちに、実際に就業しているスタッフは約50,000人を越える 国内最大級の派遣会社です。 2015年には優良派遣事業者として認定され、厚生労働省による厳しい調査・審査を通っています。 大手ならではの研修制度や、登録後の福利厚生も正社員と同等程度に付与され、派遣社員として働く上で非常に安定しています。 派遣会社は派遣社員にとって直接的な「雇用主」となるため、求人サイトのようにどこに登録してもいいわけではありません。 福利厚生や担当営業マンの質など、「実際にそこに就職する」という強い意思で登録しないと、損をすることが多いです。 求人サイトで「良い」と思った仕事でも、派遣会社のサポートが乏しいと結果苦労することが多くなります。 「仕事・派遣先」で選ぶのではなく、派遣会社から手厚いサポート、フォローをもらいたい方はリクルートスタッフィングを選んで登録しましょう。 リクナビ派遣(求人サイト)から申し込むメリット リクナビ派遣はリクルートグループが運営する 派遣求人会社です。 他の例でいうと「タウンワーク」「はたらいく」「フロム・エーナビ」「とらばーゆ」「はたらこねっと」といったものがあります。 これらは「派遣会社」ではありません。 派遣会社が自社で広告媒体を持っていなかったり、会社としても知名度が低い派遣会社はリクナビ派遣などの求人サイトを広告代わり(集客)に利用します。 求人サイトなので、派遣会社が広告費を支払うことでそのページに掲載することができます。 リクナビ派遣など求人サイトを利用すると、 今の派遣業界全体の派遣案件を見ることができます。 派遣会社に登録すると、その派遣会社で抱えている案件しか見ることができませんが、リクナビ派遣などの求人サイトであれば、日本全国の派遣案件を企業間の垣根を越えて一覧で見ることができるのです。 しかし求人に応募するだけなので、その求人を出している派遣会社に本登録をしないと選考には進めません。 「いい案件を見つけた!」と思ったら、その派遣会社、例えばリクルートスタッフィングであればそこに登録をして手続きを進めていきます。 就活の時に使ったリクナビやマイナビ 就活中お世話になったリクナビやマイナビは「リクナビ派遣」と同じ分類です。 しかし、知名度が高い企業や機密事項が多い企業は、リクナビやマイナビに広告を出さず自社HP上だけで集客して、新卒採用を行っています。 知名度があり広告媒体を必要としない派遣会社は同じような手段を取ります。 細かい話になると異なりますが、イメージです。 どちらから申し込むのが得策か 単純に両者の特徴で見てみるとリクナビ派遣の方が多くの案件を見ることができますし、魅力的に思えますよね。 私は派遣会社で勤務していた経験があるので、その立場で少し裏情報をお話していきます。 いい案件だと思って登録してもその派遣会社が「ブラック」である可能性も… 例えばリクナビ派遣上の案件で、自分に合ったいい仕事を見つけたとします。 ただそれは「案件」「募集要項」が魅力なのであって、その仕事を抱えている派遣会社がいい会社だとはどこにも書いていません。 派遣社員は、「派遣先」が雇用主になるわけではなく、「派遣会社」が雇用主になるので、 仕事や案件でアプローチをするリクナビ派遣からの登録だと、実際の裏側が見えにくく失敗するリスクが高くなります。 「派遣会社に登録する」とは「派遣会社に入社する」という意味 「リクルートスタッフィングに登録する」ということは、つまりその会社に入社する(入社できちゃう)という意味です。 ですから、派遣社員として仕事をする上ではある程度「派遣会社・派遣業界」というものを知っておく必要があります。 リクナビ派遣から仕事を探すときは、ただ案件や時給だけで判断するのではなく、あなたが入社しようとしている派遣会社がどういった会社なのかを調べておくべきです。 せっかく良い仕事・案件が見つかってもあなたの雇用主である派遣会社がめちゃくちゃですと、• 掲載されていた仕事内容と違うことをさせられる• 個人情報が漏れる• 育休産休が取得できない• 有給を使うことができない• 不当な派遣切りに遭う(契約書類を書き換えられる)• 派遣先で問題があっても相手にしてくれない など、信じられないことが起こります(上記は実際に起っている問題です)。 これが「派遣」というもののイメージが世間的に悪い原因です。 すべての派遣会社が福利厚生や資格取得支援制度などが充実で女性にとって働きやすい環境であるとは限らないのです。 派遣業界(人材業界)はあなたが思っている以上に闇が深い業界です。 むしろリクルートスタッフィングのような優良派遣会社の方が少数派。 従って、派遣会社から登録するか、派遣求人サイトから登録するか、どちらが良いという話ではありませんが、どちらにしろ 「派遣会社をよく調べる」ということが重要です。 私が個人的に推奨する派遣会社は、今回の リクルートスタッフィングや テンプスタッフをはじめとする 大手の派遣会社です。 大手の派遣会社と聞くと初心者の方は敬遠してしまいますが、 中小や地方密着の派遣会社の方が上級者向けですので、最初はこの2社から登録すべきでしょう。 またリクナビ派遣に登録して仕事を探すより、直接派遣会社に登録して仕事を探した方が、ある程度の「派遣会社フィルター」がかけられた状態で案件を見ることができます。 初心者におすすめの派遣会社 強み・特徴 ・ 福利厚生が充実 ・業界最大手 ・未経験可案件が豊富 ・ 未経験可の案件が豊富 ・スキルアップ、研修制度が充実 ・リクルートブランド•

次の