マルティナ クレンジング。 【口コミ】肌が生まれ変わる!マルティナ ジンセナクレンジングミルク!

マルティナオーガニックのスキンケアを3年使い続けてみたら、肌質が変わりました

マルティナ クレンジング

Contents• (ドイツ発のオーガニックコスメはとても多いですね。 天体の動きを取り入れ さらに生命力を最大限に発揮させることを考えた農法です。 化学肥料や殺虫剤を使わないのはもちろん、大地そのものの生命力を高めるために考えられた 天然成分で作った調合剤を使います。 生産から加工、包装、流通に至るまで厳しい審査を通った生産物に対してその認証をつけます。 陶器の瓶に入っています。 瓶は、旅行などで持ち運びしにくいと思ってしまいますが、 プラスティック容器より、 ガラス瓶の方が保存性が高く、中身が劣化しにくく、 お肌にも良いそうです。 どちらかというとクリーム近い感じの こっくりとした質感です。 匂いはローズですが、 強すぎずほどよいリラックスを誘います。 2プッシュで朝、晩で使って、だいたい1. 5ヶ月ぐらいもちます。 ぬるま湯で洗い流します。 せいぜい3分ぐらいにしておかないと、冬だと乾いてしまいそうです。 また、 HPでは、夜は、クレンジング、洗顔後を使用した後何もつけずにそのままお休みすることを おすすめしていました(夜は新陳代謝が進み、肌の再生力が活発になると言われてるそうです。 ) が、私は乾燥が不安だったので、しっかり化粧水、アイクリームをつけていました。。。 毎回、クレンジングミルクを顔に広げてマッサージしている瞬間から お肌に栄養が染み込んでいくのを感じることができて、 そして使うごとに、お肌がしっとするだけでなく どんどん柔らかくもっちり肌になっていくのを実感できました。 もちろん、クレンジング、洗顔もしっかりできます。 それはまた、こちらのブログで紹介したいと思います。 マルティナローズクレンジングミルクも、本当はずっとリピート購入したいのですが、 今は様々なオーガニックコスメブランドを試さなければならない時なので 泣く泣く一旦使用をお休み中です。。。 が、一通りブランドを回ったら、 必ず再購入すると思います。 ただ、そこまで乾燥されない方や、お肌の基礎代謝がしっかりされている方ですと ブランドが推奨している、夜はなにもつけず朝だけ保湿という方法でも大丈夫だと思われます。 クレンジング自体は結構固めで保湿力も高く、使い終わりはかなりしっとりしますので。 (ジンセナよりローズが保湿力高いですよ。 2020年6月 月 火 水 木 金 土 日 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 カテゴリー• 118•

次の

【お値段以上?!】MARTINA(マルティナ)のローズクレンジングミルク口コミ。

マルティナ クレンジング

肌本来の再生力を高めてくれる「マルティナ」のクレンジングミルクが、最近のお気に入りです! 先日お会いした素肌力の高い美女にオススメされたのが、 ドイツのオーガニックスキンケアブランド 「マルティナ」のクレンジングミルクでした。 今まで「マルティナ」のアイテムを使ったことがなくて気になったのと、美女のオススメともなれば使わない手はありません。 クレンジングミルクと化粧水、クリームを使ってみたところ、想像をはるかに超えてよかったのでご紹介します。 夜はクレンジングミルクのみでOK 「マルティナ」のクレンジングミルクは、 これだけで夜のお手入れが完了しちゃう優れもの。 肌のうるおいを守りながら汚れを落とすことで、 自らの力でうるおう肌に導いてくれる。 洗顔後に何もつけないなんて、いつぶりだろう?と、使う前はドキドキしていたのですが、 洗い上がりの、もっちもちにうるおった自分の肌に感動しました。 ツッパリ感はナシです。 使い方はとっても簡単。 手の平に5~7プッシュくらい出したら、顔に伸ばし優しくなじませ、 メイクや毛穴の汚れが浮いてくるように、くるくる指をすべらせていきます。 丁寧に3分くらいかけてマッサージしていると、顔がなんだかポカポカあったかくなってくる感じがしました。 肌がもっちもちになってきたら、ぬるま湯でしっかり洗い流して終了。 メイクをしている時は、クレンジングと洗顔と2回、 ノーメイクの時は毛穴の汚れを落とすための洗顔として1回洗いでOK。 肌断食にぴったりで、私は3週間ほど夜はクレンジングミルクのみにしてみましたが 朝起きてもベタついていないし、乾燥もしていないし、いい感じでした。 たっぷりの睡眠と共に、何もつけないことで肌をしっかり休められるので、肌に元気が戻ってくるのを実感できました。 朝は化粧水とクリームでしっかり保湿 朝はぬるま湯のみで洗顔したあと、クレンジングミルクと合わせてローズの化粧水とクリームを使いました。 化粧水はスプレータイプで浸透率が凄かったです。 ぐんぐん肌に入っていく感じ。 収れん作用があり、しっとりではなくサラっと肌になじみ、リフレッシュ感を味わえます。 クリームは、いかにも濃厚そうなカスタードクリームみたいな色でコクがありますが、 肌に伸ばすとなめらかに伸びて、もっちもちの弾力肌に。 油分は多めですが、ベタつかずにしっかり潤う感じ。 つけすぎたかな?テカるなと思ったときは、数分置くと肌になじんでいき気にならなくなりました。 このふたつで肌を整えることで、その後のメイクのりも格段にアップしました。 そして、どのアイテムも甘すぎない自然なローズの香りにうっとり! フレッシュな青みも感じられる、みずみずしいローズの生花そのものみたいな香りで、 毎日のスキンケア時間の気分が高まりました。 マルティナ社の理念は 「植物の力をいかし、肌本来の再生力を高める」こと。 コスメの原料は厳選した高品質なもの、自然素材だけであることに徹底的にこだわっています。 商品は、肌タイプ別に5シリーズ。 さらにスペシャルケアや、ポイントケア、 ハンド&ボディケアも揃っているので気になった人は、ぜひチェックしてみてください。 マルティナ ローズクレンジングミルク 30mL ¥2、000(税抜)/150mL ¥4、000(税抜) マルティナ ローズフェイシャルローション 30mL ¥2、000(税抜)/100mL ¥3、000(税抜) マルティナ ローズクリーム 15mL ¥2、000(税抜)/50mL ¥4、500(税抜) 【お問い合わせ先】 おもちゃ箱 お客様相談室 03-3759-3479.

次の

根本久仁子さんのツヤ美肌の秘密は2種類のクレンジングにあり!

マルティナ クレンジング

この時の私の感想は、ローションとミルク(乳液)だけでは保湿が物足りないという感じで 肌も安定せず、クレンジングだけリピートしますという内容でした。 でも実はこの記事から3年間、シリーズは違うものを選んでみたりしましたが、ずっとマルティナを使い続けています。 3年使い続けてみて何が1番変わったか、 結論から先にいうと、 肌が揺らがなくなった。 これが1番変化したことだと思います。 なぜ最初は合わないと思ったのに、その後も使い続けたのか、それはマルティナの目指す肌への考え方に すごく共感したから。 そしてトライアルのライン使いを少し続けてみたら肌に変化があったから、 何より スキンケアに対する意識が変わったからです。 え?そんなことあるの?って感じですよね。 私もまだその領域には達していません。 肌内部の水分と油分のバランスを保ち、バリア機能が正常に働き、外的ダメージを受けにくい状態に導くように スキンケアを考えているのが、マルティナオーガニックの魅力だと思います。 そんな私も昔は、お風呂からでると粉吹きや顔がつっぱるくらいの乾燥に悩まされたことがありますし、 すぐに赤みやかゆみがでてしまう敏感肌だったこともありました。 お風呂上がりにいっぱい塗りたくっていた時期もありましたし、スキンケアは塗るもの的な意識がありました。 今では意識も変わり、外から塗るもので保湿するだけではなくて、 内側に入れるもの、インナーケアやクレンジングも含めたスキンケアと捉えるようになり なるべく自分の肌から潤う、 自らの力で肌自身の再生力を呼び起こす肌になりたいなと思っています。 マルティナのスキンケアの使い方 3年前の記事ではマルティナのスキンケアの魅力が伝えられてなかったと思うので、 徐々にマルティナヘビーユーザーになっていった私のマルティナの使い方について書きたいと思います。 まず 最初から夜をクレンジングのみにするとか、フルでマルティナに変えるのはおすすめしません。 私も3年前に、いきなりマルティナのスキンケアをライン使いしたからといって、 すぐに肌質が変わったわけではないからです。 むしろ魅力がわかってなかったです。 言い方が難しいんですが、肌の準備が整ってきてからする方がいいことかなと思います。 最初に使ってみて欲しいなと思うのは、クレンジングとモイスチャーミルクです。 この2つは使い続けることで、 肌質をすごく柔らかくする効果があると思います。 マルティナのクレンジング マルティナのクレンジングは、石鹸で落ちるメイクをする人に推奨します。 なぜならマルティナのクレンジングは落ちにくいケミカルコスメ向けのクレンジングではないから、 そしてメイクを落とすために肌をこするのはご法度だからです。 マルティナのクレンジングは バイオダイナミック農法で作られ、石油系合成界面活性剤を含まないクレンジングで 植物由来で生分解性の高い成分のみで作られたクレンジングなので、少し時間をかけてマッサージするように 汚れを浮かせてクレンジングしていきます。 ちなみにこの工程は小鼻などの毛穴で悩む人にもおすすめです。 逆に少し時間をかけてあげずにささっとクレンジングを済ませてしまうと、汚れが落ちきれずに 肌トラブルがでてくる可能性もあるので、ご注意ください。 今までクレンジングはなるべく早く、肌に長くのせないといった方法だった人も多いと思いますが そういったクレンジングはメイクや汚れの他に、潤いも肌のバリア機能も奪ってしまうようなクレンジングの場合の 話ではないかと思います。 そういったクレンジングの方ほど、乾燥に悩んでいる方が多いような気がします。 マルティナのクレンジングは洗ったあともお肌がもっちりします。 私は基本3〜4プッシュ程を使っていますが、乾燥するシーズンはもう1プッシュ増やします。 やさしくマッサージするようにこすらずに、お肌のうえでクルクルなじませていくバスタイムは とてもリラックスできます。 朝の洗顔にも使用できます。 クレンジングが1番肌を変えると思ってるので、スキンケアの中でクレンジングにこだわってみてください。 マルティナのモイスチャーミルク (ローションという表記のものがモイスチャーミルクで乳液になります。 ) 私はモイスチャーミルクは、 朝専用の乳液として使い始めました。 なぜなら最初の使い始めは夜の保湿には物足りないと思っていて、他の乳液のほうが肌の調子が安定していたから。 そして、朝のスキンケア時にモイスチャーミルクを使うことがとても心地よかったからです。 肌がいきいきする感覚で、整っていくので、次のメイクの下地等がすごく塗りやすくなります。 基本は1〜2プッシュを目安に顔に塗り拡げていきますが、肌が乾燥しているなと感じる時は もう1プッシュ塗り拡げていき、肌を見ながら量を決めていきます。 3年続けてみて肌質も変わってきて最近では夜の保湿にも度々使用するようになりました。 3年前はもの足りないと思っていたのに、今は化粧水とシアーナの乳液でも十分な保湿を感じられるようになったんです。 自分の肌を見ながらスキンケアを変化させよう 最初はクレンジングのみから始まり、乳液は手持ちのものとその日によって使い分けていました。 化粧水に関しては、シアーナの化粧水はほぼ保湿目的のものではないので、今でも違うブランドの化粧水を使っています。 絶対にライン使いしないといけないとか、ライン使いのほうが肌にいいとか 私はあまりないと思っています。 その時の肌のコンディションや好きな組み合わせでいいと思います。 今まで私はクレンジングはローズシリーズとジンセナシリーズを使っていた時期もありました。 A post shared by mamakire on Jul 19, 2017 at 8:10pm PDT シアーナはシンプルな素材で作られていて、敏感肌の方向け、 ローズはホルモンバランスで肌荒れする方、乾燥による保湿も目的としたシリーズ、 ジンセナは肌にハリの欲しい人向け、ファーストエイジングのシリーズです。 インスタグラム投稿でも書いているようにジンセナが合うなって思っていた時期もありましたが、 私は結局シアーナに戻ってきた感じです。 シアーナは香料の精油やアルコールなどが入っていなくて 1番シンプルなシリーズになります。 この辺は使ってみてのお好みになると思います。 朝のスキンケアと夜のスキンケア このブログでも何度か、朝と夜のスキンケアの目的は違うと思うので、 スキンケアも朝と夜では違うものを使っているという話をしてきましたが、どう違うのか。 朝は、基本的には保護の目的だと思っています。 乾燥やほこりといった外的要因から肌を守 る。 夜は、肌を再生させる。 その上で 足りない水分油分をスキンケアで補うといったところかと思います。 私もいろいろ試してみて、特に 水分油分のバランスを気にしてスキンケアするようになりました。 夜は自分の肌の再生力を上げたいので、朝と比べると夜のスキンケアの方がよりシンプルで、油分も少なめです。 朝は水分油分もしっかり、少し油分が多めになるようにスキンケアして、乾燥しないようにしています。 最後に 私の場合は3年間クレンジングと乳液を使ってみて、 薄くて揺らぎやすかった肌が少し強くなってきたような感覚です。 やりすぎていたスキンケアは年々シンプルになってきています。 年齢とともに、シワとかシミとかたるみとかいろいろ気になることは出てきたけれど、 じっくり自分の肌に向き合っていけるようになってきた気がします。 でも、最後に言っておきたいことは、すべての人にマルティナスキンケアがあうということはないし、 絶対使うべきってことではないです。 ここまで来てかよっと感じかもしれませんが。 私には徐々にあってきて、揺らがない肌になってきたという結果だっただけで、 その人の肌質、生理周期、ホルモンバランス、環境や食生活、ライフスタイル、使っているメイク道具 本当にいろいろなことが合わさって肌は作られているわけで。 でも私がマルティナと出会って肌が変わってきたように、 誰かのマルティナとの出会いや 肌質改善したい方のお役に立てたらと思って、今回この記事を書きました。

次の