ドコモ光 解約 ひかり電話。 ドコモ光電話へ固定電話の番号を引き継ぎ(番号ポータビリティ)する方法と注意点

ドコモ光の解約方法 解約違約金や手続きの流れについてまとめました

ドコモ光 解約 ひかり電話

ひかり電話は残してインターネットだけ解約したい・・・ スマホを買ったのでパソコンでインターネットを見る事がなくなってしまい、料金を節約するためにインターネットを解約したいと思っています。 ネットを解約するとひかり電話も使えなくなりますか?? ひかり電話だけ残しておきたいのですが・・・ ヒカリ電話. comでは今回のようなご相談を多く頂きますが、 ひかり電話はフレッツ光のインターネット回線を利用したサービスなので、 フレッツ光がなければ使うことができません。 そのため、フレッツ光を解約するとひかり電話も解約になってしまいます。 comではインターネット、ひかり電話に関するご相談をお待ちしています! お気軽にご相談ください! PR:ひかり電話はフレッツ光を利用した、固定電話として利用できる電話加入権不要の光IP電話サービスです! NTT加入電話と同等のサービス品質を持ちながらも、基本料金と通話料金が格安のため月額利用料金を大幅に削減できます。 ひかり電話の特徴として、店舗向けやオフィスの規模向けに様々な料金プランがありビジネス利用にも最適です!さらに、転送電話などの便利なオプションも豊富でお客様のニーズに合わせた使い方ができます。 他社電話サービスからひかり電話に変更する場合も、電話番号と電話機そのままでお使いいただけます。 ひかり電話の電話番号は信頼性のある市外局番を取得でき、個人・法人の方を問わず全国で利用されています。 しかも、電話回線であるひかり電話は、NTTの「フレッツ光」を利用したIP電話サービスで、同時にインターネットも利用出来るため、店舗開業やオフィス新設のお客様からのご依頼も増えています。 ヒカリ電話ドットコムでは経験豊富なオペレーターが地域などのご利用状況に合わせて最適なプランをスピーディーにご提案。 失敗しない電話回線の選び方からひかり電話、フレッツ光のご利用開始までまるっとご案内いたします!ひかり電話のことならヒカリ電話ドットコムにお任せください。 審査番号:REV0010357.

次の

ドコモ光の解約方法まとめ!解約金・違約金なしで乗り換えるコツ

ドコモ光 解約 ひかり電話

フレッツ光とドコモ光の比較 ドコモ光はフレッツ光の回線を他の事業者が提供する「光コラボレーション」と呼ばれるサービスの1つです。 光コラボレーションはフレッツ光の回線を使用しているので 基本的にはフレッツ光と変わりませんが事業者ごとに独自のサービスや値段設定がされています。 最初にフレッツ光とドコモ光の違いについて説明します。 月額料金はどっちが安い?比較してみる フレッツ光もドコモ光も高品質なフレッツ光の回線を使用していますが、 月額料金に違いはあるのでしょうか? フレッツ光とドコモ光の月額料金を以下の表にまとめました。 回線名 ファミリー マンション プロバイダ料 フレッツ光 (東日本) 5,100円~ 3,450円~ 500円~ フレッツ光 (西日本) 4,310円~ 3,030円~ ドコモ光 5,200円 4,000円 無料(基本料に含む) フレッツ光はプロバイダの請求書は別 よくありがちな間違いに 「NTTからの請求だけを見てフレッツ光の月額料金だと思ってしまう」 というものがあります。 前述したようにフレッツ光の場合、NTTとプロバイダを別々で契約するため請求も別になります。 料金を確認する際はNTTだけでなく、(YahooやOCN、ビッグローブなどの) プロバイダ料金も忘れずに確認しましょう。 回線速度に違いはない フレッツ光とドコモ光、どちらの回線速度のほうが速いか気になりますが、どちらも 最大速度は1Gbps。 ドコモ光はフレッツ光の回線をレンタルして利用しているサービスですので、 理論上はフレッツ光もドコモ光も回線速度や安定性はあまり変わりません。 もちろん1Gbpsの速度は理論上の最高速度なので、実際に出ることはありえませんが…。 利用しているルーターが古い場合にも遅くなります。 V6プラスに対応したルーターに交換するのも遅い場合の対処方法です。 サービスもほとんど同じ フレッツ光と契約する際、 ひかり電話や ひかりTVといったサービスに同時に加入した方も多いと思います。 これらのサービスは ドコモ光に転用してもそのまま使用することができます。 ひかり電話の電話番号もそのままです。 さらにフレッツ光を契約する場合はいずれかのプロバイダとも契約しますが、フレッツからドコモ光に移行する場合、 プロバイダもそのまま継続することができます。 そのプロバイダがドコモ光のプロバイダ料込のプランに対応している場合はプロバイダ料もかからなくなります。 ドコモ光のスマホ割引について ここまでの内容をまとめるとこうなります。 月額料金は単体だとドコモ光のほうが高い• 回線速度やサービスはフレッツ光とさほど差がない これだけ聞くとドコモ光に転用するメリットが全く無いように思えます。 しかし、 ドコモのスマートフォンを使用している「ドコモを利用している方」なら、 ドコモ光の「セット割」を利用することでフレッツ光よりも非常にお得になります。 ドコモスマホとのセット割 ドコモ光のセット割とは、その名のとおりドコモのスマホとドコモ光をセットで契約することでスマホの料金が安くなるサービスです。 割引額はプランによって変わります。 プラン名 割引額 ギガライト (~1GB) 500円 ギガライト (~3GB) 1,000円 ギガライト (~5GB) 1,000円 ギガライト (~7GB) 1,000円 ギガホ 1,000円 セット割は 期間限定などではなく、ドコモ光に加入している限りずっとスマホの料金が割引されます。 また2018年5月から提供開始された ベーシックパックの場合は以下の割引額が適用されます。 ネット申し込み• ドコモショップ(量販店含む)での申込み の2つから選べます。 ドコモ光はプロバイダを自由に決められるので、今使っているプロバイダ(OCNならOCN)を引き続き利用すると移行が楽です。 ただしでも解説していますが、プロバイダによって月額200円の差があり、例えばOCNはビッグローブより200円高いです。 移行が完了したらフレッツ光は 自動的に解約されます。 現地(宅内)での 配線工事は不要なので、立ち会いも必要ありません。 プロバイダを変更すると再設定が必要 プロバイダを変更した場合はインターネットの 再設定が必要になってきます。 設定方法は下記ページでもまとめています。 内容をシンプルに図解するとこういう方法です。 どうしても分からないという場合はフレッツ光のプロバイダをそのまま使うか、契約先のプロバイダに相談してみましょう。 意外にもyahooBBはドコモ光のプロバイダではない yahooBBは利用者の多いプロバイダですが、ドコモ光のプロバイダリストのタイプAにもタイプBにも入っていません。 そのためyahooBBをプロバイダとして使おうとすると非常に割高になってしまいます。 使い続けるメリットはないので、タイプAのプロバイダに変更するほうが賢明です。 プロバイダを変えると支給されていたメアドは使えなくなる フレッツ光を使っていたときにプロバイダから支給されていたメールアドレスを使っている場合もあると思います。 たとえばOCNなら「 ocn. jp」が後ろにつくメールアドレスですね。 プロバイダを変更するとこのプロバイダのメールアドレスが使えなくなります。 プロバイダ支給のメールアドレスは回線を変えると使えなくなるので面倒です。 これを期にGmailなどのフリーメールを使うようにしましょう。 フレッツの違約金は完全に免除される ドコモ光へ転用(移行)すると自動的にフレッツ光は解約することになります。 フレッツ光は現在ほとんどのプランで解約月以外で解約すると違約金が発生するようになっていますが、 ドコモ光へ転用する場合は違約金は発生しません。 例えばフレッツ光西日本のもっともっと割が適用されていると、 最大で3万円の違約金が発生しますが、これも 完全に免除されます。 ただし 工事費の分割代金が残っている場合はそのまま支払う必要があります。 キャッシュバック: 最大20 ,000円• dポイント: 最大2,000pt• 高性能Wi-Fiルーター: 無料レンタル キャッシュバックは動画視聴サービスなどに加入すると最大20,000円となります。 なにも加入しない場合は5,000円です。 dポイントは新規、転用ともに2,000pt で す。 コンビニでもポイント利用できるので便利です。 Wi-Fiルーターレンタル無料は、• 今までLANケーブルで有線接続していた場合• ワイファイルーターを使っているが古くなってしまった といったケースにおすすめできます。 ドコモ光のプロバイダはいろいろありますが、せっかくなら一番お得なところから申し込みしましょう。

次の

ひかり電話のアナログ戻しとは?電話番号を継続するために必要?

ドコモ光 解約 ひかり電話

ドコモより、ドコモ光向けにサービス提供中の「 ドコモ光電話」。 2016年の4月20日より受付開始しました。 ドコモ光電話は、NTTフレッツ光でいうところの「 ひかり電話」であり、それまではフレッツ光からドコモ光に転用しても、「ひかり電話」のみは転用されず引き続きNTT東西からの請求になっていたものが、「ドコモ光電話」としてドコモ光に完全統合して利用できるようになりました。 それまでのドコモ光の「インターネットはドコモ・電話はNTT」という中途半端な部分が改善され、光インターネットも固定の光電話も、両方ともドコモに集約し、完全に通信通話料金をドコモに一本化できるようになっています。 では、 ドコモ光電話とは、具体的にどういうサービスなのでしょうか。 フレッツ光から転用する場合、完全に新しくドコモ光電話を利用したい場合と、 それぞれの料金やメリットデメリットなどを検証します。 関連記事:「 」 目次• ドコモ光電話/光電話バリューの月額料金 ドコモ光電話を利用するためには、まずそもそもの大前提として、ドコモの回線を利用していること、さらに ドコモ光を申し込みしている必要があります。 ドコモ光電話のみの申し込みはできず、あくまでドコモ光の付帯サービスという位置づけになるのはフレッツ光に対する「 ひかり電話」と同じです。 ドコモ光の料金にプラスして、ドコモ光電話は 月額500円(税抜)がかかります。 NTTの固定電話(一般電話)からの乗り換えであれば、非常に安くお得です。 さらに、NTT「 ひかり電話A(エース)」と同等サービスとして「 ドコモ光電話バリュー」が提供されています。 こちらの月額料金は、 月額1500円です。 ドコモ光電話の機能に追加して、 480円分の無料通話と、 迷惑電話などの6つの付加サービスがセットになっています。 ひかり電話Aの内容をよく知っているのであれば、ドコモ光電話バリューは内容はそのまま理解できると思います。 ドコモ光電話 ドコモ光電話バリュー 特徴 安くてシンプルなプラン 迷惑電話対策におススメなプラン。 発信者番号表示などの6つの付加サービスをセット。 さらに、480円分の無料通話付。 基本料金 500円 1500円 無料通話分の繰越可否 なし 可 ドコモ光電話バリューは、6つのオプションサービスとして 「通話中着信(キャッチホン)」、「転送でんわ(ボイスワープ)」、「発信者番号表示(ナンバーディスプレイ)」、「ナンバーリクエスト」、「迷惑電話ストップサービス(迷惑電話おことわりサービス)」、「着信お知らせメール」を含んでいます。 ちなみに通話先がNTT加入電話やドコモ光電話だと仮定すると、通話料金は3分8円なので、 480円分の無料通話分となると180分相当となり、かなりの通話が無料でできるようになります。 ただ最近は、そもそもドコモの料金プランで カケホーダイプランや ギガホ/ギガライトにおける「 かけ放題オプション」をメインにされているということもあり、固定の光電話については、よほど自宅での通話利用が多い場合や、または6つのオプションサービスを利用したい場合を除いて、通常のドコモ光電話500円だけでも十分かもしれません。 参考情報として、ドコモ光電話のオプションについては、名称がNTTフレッツ光提供分と若干変更されていますが、内容にはまったく違いはありません。 ドコモ光電話の通話料金 ドコモ光電話の通話料金は、NTT東日本エリアとNTT西日本エリアとで違いがあります。 それぞれ、NTT加入電話の料金と比較してみます。 東日本エリア 加入電話の通話料 ドコモ光電話の通話料 通話料金 市内/3分 8. 5円 日本全国 8円 県内市外/3分 20~40円 県外/3分 20~80円 国際電話 アメリカ宛て/1分 (グアム・サイパン など一部を除く) 60円(免税) 9円(免税) 携帯電話 ドコモ宛て/1分 20円 16円 au宛て/1分 30円 17. 5円 SoftBank宛て/1分 40円 17. 5円 西日本エリア 加入電話の通話料 ドコモ光電話の通話料 通話料金 市内/3分 8. 5円 日本全国 8円 県内市外/3分 20~40円 県外/3分 20~80円 国際電話 アメリカ宛て/1分 (グアム・サイパン など一部を除く) 60円(免税) 9円(免税) 携帯電話 ドコモ宛て/1分 17円 16円 au宛て/1分 18円 18円 SoftBank (旧ワイモバイル) 宛て/1分 17円 16円 SoftBank宛て/1分 20円 18円 NTT加入電話(固定電話)に対しては、時間帯や距離にかかわらず日本全国どこにかけても一律で3分8円、携帯電話に対しては事業者によって異なりますが、ドコモに対しては東日本/西日本ともに1分16円です。 東西エリアでの通話料金の違いとしては、ドコモ以外の他社ケータイに対する通話料が若干違いますが、それもかなり微々たる違いなので、基本的にはほぼ変わらないと言っても問題ないかと思います。 ちなみに、 ドコモ光電話とドコモ携帯との相互間無料通話はありません。 そのため、ケータイやスマホ向けの通話であれば、カケホーダイプランを申し込みしているドコモケータイ/スマートフォンでかけた方が確実にお得です。 ドコモ光電話は申し込みをしておけば海外への通話も可能で、料金はアメリカに対してが1分9円でかけられるなど、通常の国際通話と比較するとかなり安くなっています。 ただし国によっても違いますので、必要に応じてその都度確認しましょう。 ドコモ光電話契約時の三つのパターン ドコモ光電話の契約については、大きくわけて三つのパターンがあります。 これからドコモ光電話を初めて利用しようとしているのか、 通常の固定電話からドコモ光電話への変更を検討しているのか、また、 今までひかり電話を利用していてドコモ光電話に転用を検討しているのか、の3パターンです。 それぞれ細かい内容が変わってきますので確認していきます。 初めてドコモ光電話を利用する場合 これから初めてドコモ光電話の申し込みをしたいと考えている場合には、まず何のためにドコモ光電話が必要なのか、その点だけは明確にしておきましょう。 既に現在、ケータイやスマホがあれば据え置き型の電話はなくてもどうにかなる世の中に変わっています。 それを承知の上で、何のためにドコモ光電話を改めて利用しようと考えているのか、ということです。 おそらくは、固定番号が仕事上、付き合い上どうしても必要とか、自宅にはやはり固定の番号を置いておきたい、というような理由がほとんどなのではないかと思われます。 その場合、ドコモ光電話を利用することで通常の固定電話同様、市外局番・東京03-などの番号を利用することができるため、しっかり当初の目的は果たせるはずです。 コスト的にも、ドコモ光に付加する形で利用できるため月額料金は格安の500円で済みますし、通話料金も通常のNTT加入電話よりもかなり安く抑えられます。 注意点としては、後半詳しく解説していますが、ドコモ光と同時の申し込みなのか、ドコモ光は既に利用していてドコモ光電話だけの申し込みなのかによって、工事料金がかなり変わってきます。 番号ポータビリティなしのまったく新しい契約なので、新しい電話番号が割り当てられる形となります。 加入電話からドコモ光へ変更する場合 現在NTTの固定電話を利用しており、これからドコモ光電話へ、というパターンには二通りあります。 一つは、 ドコモ光をまだ利用していない場合、もう一つは ドコモ光は既に利用している場合です。 ドコモ光をまだ利用していない場合には、ドコモ光の新規契約と同時に番号そのままでドコモ光電話に切り替えることが可能であり、同時の工事となるために工事料金も3000円~1000円程度で抑えることができます。 逆に、 ドコモ光を既に利用している場合には、番号をそのままでドコモ光電話に切り替えられるという点は同じなのですが、詳細は後述しますが、工事料金が大きく異なります。 ただいずれにしても、今まで固定電話でかかっていた月額料金よりも約1000円程度毎月安く利用できるようになり、なおかつ通話料金も下がるので、非常にお得になると考えていいでしょう。 NTTひかり電話からドコモ光電話へ変更する場合 基本的にドコモ光電話は、NTT「ひかり電話」とほとんど内容は変わらないため、すでにNTTのひかり電話を利用しているユーザーにとっては目立ったメリットはなさそうに思えますが 、 請求を一本化できる点と、 ドコモ光電話分の料金もdポイントがつくという点についてはそれなりに影響があります。 特に dカード GOLDユーザーの場合には、毎月のことでもありますので、長期的に考えるとかなり大きな差になってきます。 問い合わせ先は一つだけなので、非常にわかりやすくなるはずです。 ドコモ光電話の工事料金 ドコモ光電話の工事料金は、ドコモ光新規申し込みと同時の申し込みであれば、工事料金が割引され、派遣ありの工事で番号ポータビリティありでも最大3000円しかかからず、さらに手数料もドコモ光の新規手数料3000円のみで、ドコモ光電話に対する手数料は一切かかりません。 【ドコモ光新規と同時に新規】 ドコモ光電話契約事務手数料 ドコモ光電話工事料 合計 番号ポータビリティあり 0円 派遣あり:3000円 3000円 派遣なし:3000円 3000円 番号ポータビリティなし 派遣あり:1000円 1000円 派遣なし:1000円 1000円 一方で、ドコモ光を既に利用しており、後からドコモ光電話のみを新規で申し込みをした場合、ドコモ光電話契約事務手数料が2000円かかった上に、工事料金もパターン別にそれぞれかかってしまいます。 【ドコモ光電話のみ新規 】 ドコモ光電話契約事務手数料 ドコモ光電話工事料 合計 番号ポータビリティあり 2000円 派遣あり:9000円 11000円 派遣なし:4000円 6000円 番号ポータビリティなし 派遣あり:7000円 9000円 派遣なし:2000円 4000円 以上の内容から一目瞭然ですが、ドコモ光電話を申し込みするのであれば、できる限りドコモ光の申し込み時に一緒に申し込みするようにしましょう。 ドコモ光電話の機器使用料 ドコモ光電話の利用には、ドコモからレンタルする「ドコモ光電話対応ルーター」が必要となります。 東日本、西日本、そして無線LAN機能の利用有無について、内容がやや変わってきます。 対象エリア ご利用形態 機器名称 月額使用料 東日本エリア 無線LAN機能を 利用しない場合 ドコモ光電話対応ルーター 無料 無線LAN機能を 利用する場合 回線最大通信速度 1ギガ 1ギガ対応無線LANルーター 300円 1ギガ以外 1ギガ非対応無線LANルーター 無線LANカードを 追加する場合 追加無線LANカード(東) 300円/枚 西日本エリア 無線LAN機能を 利用しない場合 ドコモ光電話対応ルーター 無料 無線LAN機能を 利用する場合 ドコモ光電話無線LANルーター 100円 無線LANカードを 追加する場合 追加無線LANカード(西) 100円/枚 無線LANカードを利用した場合の月額料金が西日本と東日本で3倍も違うため、西日本エリアであれば無線LANカードレンタルもまだ選択肢に含めてもいいかもしれませんが、東日本エリアであれば早めにWi-Fiルーターを別に購入した方がコストパフォーマンスは良さそうです。 それも踏まえて、高速Wi-Fiルーターを無料レンタルしてくれる優良プロバイダーを選択するのが、ルーター代を浮かせるコツです。 これはNTTの「ひかり電話」も同様の弱点を持ちます。 そのため、ドコモ光電話を導入したなら、災害時の連絡手段は主に携帯電話やスマホになります。 また、月額料金が500円かかるところは見方によってはデメリットと考えることもできるでしょう。 特に、ほとんど利用する機会もないけれど固定の番号を残しておきたいためにドコモ光電話を利用するような場合には、電話番号の維持費に月額500円がかかっているようなもの、とも考えられます。 ケータイ/スマホ中心の生活が根付けば根付くほど、ドコモ光電話の活躍の場は減少していく 既にNTTの固定電話をまだ自宅に置いている、という家庭はかなり減ってきています。 そもそもケータイやスマホに電話すればいいのに、わざわざ連絡のつきにくい自宅の電話宛てに電話をする人も今となっては稀でしょう。 そんな時代にあって、ドコモ光電話の活躍の場は、確実に減少しています。 ただ、そうは言ってもまだまだ固定の電話も必要、という人も、年配のユーザーを中心に少なくありません。 正しくドコモ光電話について理解し、有効に活用していくようにしたいところです。 これからドコモ光の申し込みを検討している方は、まずはドコモ光の基本について、以下の記事を参考に押さえておいてください。 関連記事:「」 コメントありがとうございます。 「聞いていた内容と違う」という相談は、実際のところよくあるようです。 何故そういうことが起こってしまうのかというと、販売員の説明不足による利用者側の認識不足、 お互いの理解度の違いによるすれ違いなどが原因であることがほとんどのようです。 コメントにいただいた内容で、大まかなすれ違いが発生した要因の想像はできますが、確実なことは言えませんので、 納得いくまで確認して話し合った方がいいかもしれませんね。 「問い合わせたが返答なし」というのは、どこにどう問い合わせたのかわかりませんが、 約束した連絡がないのであれば相手の落ち度だと思います。 面倒だとは思いますが、てっとり早いのは、手続したショップに出向くのが一番です。 スマホに切り替え、ネット環境を聞かれ現在利用中のOCN光を使用してます。 ひかり電話も。 かかった手数料3万までドコモで負担するので、切り替えませんか?との事。 現在の光は当初のフレッツ光から二年経ち契約更新時にOCN光に変更したものです。 で、結構色々手数料がかかるとの事です。 まずは現在の二年縛りの契約が期限がまだなので1万1千円位。 その他にひかり電話からアナログに戻すのにまた手数料がかかり、電話番号を同じものを貰うのに手数料がかかりと。。 一応すべての手続きが終われば月に800円ほど安くなる予定ですが。。 わざわざ二年の期限前に手続きをして(今ならキャンペーンやってて3万あるのでそれがそのまま続くかわからないのでと言われ)どうなのか?と。 あちこちで速度の低下問題が取り沙汰されているのでそちらも気になります。

次の