スパゲッティ パンチョ。 【激辛マニアおすすめ】スパゲッティのパンチョ限定メニュー『ドMナポリタン』が旨すぎる♪

『スパゲッティーのパンチョ246裾野店』パスタ専門店でナポリタンのランチ

スパゲッティ パンチョ

店内 店内はこじんまりとしてて隣の席間がやや狭いかな。 スパゲティーのパンチョ渋谷店の外観・内観 スパゲッティーのパンチョさんはさんが手がけるスパゲティ専門店で、都内に10店舗以上あるチェーン店です。 チェーンですが、個性があるので当ブログでもレビューするに値すると思っております。 スパゲティ専門店と書きましたが、イタリアンで出てくるパスタではなく、いわゆるB級グルメではおなじみ ロメスパのお店なのです。 ロメスパとは調べると色々出てきますが、筆者の観点からまとめる以下と結論づけました。 スパゲッティは極太• 茹で置きしておいて、注文を受けてから油で炒める• 大盛り以上のデカ盛りがある。 むしろこれが主流 これらの特徴から、味わいもジャンク寄りでいっぱい食べる人も多いので、上品という概念がない場所となります。 むしろB級グルメを楽しむためのお店なのである。 中盛り・大盛りが無料なのでたくさん食べる人には嬉しいサービス。 さらに増量のメニューがあるらしいですが筆者は未確認。 オリジナリティあるスパゲティが食べられますのでオススメしたい。 予約・混雑情報・喫煙の有無 予約不可。 店内は禁煙です。 食事時は混雑して並ぶこともありますが回転はそこそこみたいなので最大限待っても2〜30分程度と思われます。 時間帯を外せば空いてると思われます。 スパゲティのレビュー カテゴリ• 407• 102•

次の

スパゲッティーのパンチョ 大阪なんば店

スパゲッティ パンチョ

246号線沿いの裾野市に新しくできたパスタ専門店「スパゲッティーのパンチョ」に行ってきました。 かなり頻繁に通る道なのですがいつの間にかできていてびっくり! ランチに訪問して、本格的だけどどこか懐かしい感じのするナポリタンを楽しんできました。 「スパゲッティーのパンチョ」とは? 「スパゲッティーのパンチョ」という名前を初めて聞いたので調べてみました。 スパゲッティーのパンチョは東京の吉祥寺に本社がある会社のグループ会社である「B級グルメ研究所」が運営しています。 ファイブグループの中には「週プレ酒場」という業態があり、キン肉マンをテーマにした「キン肉マン酒場」や週刊プレイボーイに登場するグラビアアイドルと飲めるバーも運営しています。 面白いことをしている会社ですね。 スパゲッティーのパンチョは、昔ながらの食材、調理方法にこだわった懐かしい「スパゲッティー」を提供するお店です。 「パスタ専門店」ではなく「スパゲッティー専門店」という言葉にこだわっています。 店舗は現在17店舗有り、裾野以外の店舗は東京、神奈川、埼玉、千葉にあります。 静岡県では初出店になります。 今回の裾野店は直営ではなくフランチャイズでの運営のようです。 アクセス パンチョ246裾野店はその名前の通り246号線沿いにあります。 マクドナルドの近くです。 昔は渡辺建設の住宅販売会社があったような気がします。 もしかしたら渡辺建設がフランチャイズで運営しているのかもしれませんね。 お店に入るときには片側車線からしか入れませんが、お店から出るときには信号のある交差点なので、どちらにも出られて便利でした。 駐車場 駐車場は店舗の前にあります。 一部緑色のプレートがついているところは、隣のエステサロンの駐車場なのでお間違えのないように。 お店の入り口には大きなメニューが貼られていました。 入り口を入ると券売機があり、食券を購入して注文するタイプなので、事前に何を注文するか決めておいた方が良いです。 注文方法はラーメン屋のシステムに似ています。 メニュー メニューはスパゲッティーが中心。 種類は、• ナポリタン• ミートソース• 白ナポリタン• ボンゴレバジリコ• 海鮮ナポリタン• カレーとナポリタン• オムナポリタン があり、それぞれ量を選びます。 小 300g• 並 400g• 大 600g• 超 1000g 「並」サイズでも麺が400gあってボリュームたっぷり。 ナポリタン超なら1つ1,050円で1000g。 家族で来て子供と分け合うなら超の方がお得ですね。 あとはトッピングが必要ならトッピングも注文。 目玉焼き 50円• ポテトサラダ 50円• 野菜増し 100円• 焼きチーズ 100円• ハンバーグ 200円• ソーセージ 100円• ハムカツ 150円• 三島コロッケ 150円• 厚切りベーコン 200円• 鶏唐揚げ 200円 があります。 「三島コロッケ」は裾野店の特別メニューでしょうか。 子供用の「お子様ランチ490円」もありました。 持ち帰りもできる パスタの持ち帰りもできるようで、持ち帰りを注文している人がいました。 来店40分前までに事前に電話で予約しておくと待たずに受け取れるようです。 店内の雰囲気 店内はシンプルで、チェーンのステーキ屋のような雰囲気でした。 テーブル席は間仕切りが多いです。 カウンターから厨房が覗けたので見ていると、1人前ずつフライパンで丁寧にパスタを炒めていました。 しばらくして注文したナポリタンが運ばれてきました。 昔なつかしのナポリタン 金属製のお皿の上にナポリタン、そしてその上にハンバーグが乗っています。 ソースが服に跳ねるのが気になる方は紙エプロンがもらえます。 さっそくナポリタンを一口いただいてみました。 単純にケチャップだけで味付けしたナポリタンとは違う、トマトの甘みとコクを感じるこってりとしたソース。 麺は太くてもっちりとしていて食べごたえがあります。 麺がソースとよく絡んでいてました。 ナポリタンの中にはソーセージ、ピーマン、玉ねぎが入っていて、野菜の歯ごたえが良い。 もう少し野菜が入っていると良かったですが、そういう場合には100円で「野菜増し」ができます。 次はハンバーグ。 ふんわりやわらかい触感で、肉汁や玉ねぎの甘みが楽しめる味です。 両方の印象としては昔の喫茶店のナポリタンをこだわりの味付けでグレードアップした感じ。 いい意味で安っぽさを残している味だから、どこか懐かしい感じがするのでしょう。 金属製のお皿は懐かしい感じがして良い点もありますが、個人的にはあまり好きではないのがちょっと。 あと、お皿がもう少し大きかったら食べやすかったです。 いつもはこういう店で大盛りを注文しますが、並とハンバーグで十分満足できる量でした。 卓上にはタバスコや粉チーズ、コショウが置いてあるので、味の調節ができます。 オープン記念でトッピング定期券がもらえました。 約2ヶ月間、期間内ならハンバーグでも無料で何度でもトッピングできる定期券なので、気になる方は12月28日までに来店しましょう。 まとめ スパゲッティーのパンチョ246号線裾野店についてまとめると、 カテゴリー•

次の

ナポリタンとミートソースだけ。ニッチなパスタ店が大成功の理由

スパゲッティ パンチョ

店内 店内はこじんまりとしてて隣の席間がやや狭いかな。 スパゲティーのパンチョ渋谷店の外観・内観 スパゲッティーのパンチョさんはさんが手がけるスパゲティ専門店で、都内に10店舗以上あるチェーン店です。 チェーンですが、個性があるので当ブログでもレビューするに値すると思っております。 スパゲティ専門店と書きましたが、イタリアンで出てくるパスタではなく、いわゆるB級グルメではおなじみ ロメスパのお店なのです。 ロメスパとは調べると色々出てきますが、筆者の観点からまとめる以下と結論づけました。 スパゲッティは極太• 茹で置きしておいて、注文を受けてから油で炒める• 大盛り以上のデカ盛りがある。 むしろこれが主流 これらの特徴から、味わいもジャンク寄りでいっぱい食べる人も多いので、上品という概念がない場所となります。 むしろB級グルメを楽しむためのお店なのである。 中盛り・大盛りが無料なのでたくさん食べる人には嬉しいサービス。 さらに増量のメニューがあるらしいですが筆者は未確認。 オリジナリティあるスパゲティが食べられますのでオススメしたい。 予約・混雑情報・喫煙の有無 予約不可。 店内は禁煙です。 食事時は混雑して並ぶこともありますが回転はそこそこみたいなので最大限待っても2〜30分程度と思われます。 時間帯を外せば空いてると思われます。 スパゲティのレビュー カテゴリ• 407• 102•

次の