永沼 よう 子 著作 権。 写真を元に絵を描くのは著作権侵害?おすすめの対策法!

コミュニティ ガイドラインの違反警告に関する基礎知識

永沼 よう 子 著作 権

答えはYESです。 人間は他の動物とは異なり、精神活動を行います。 どんな人でも生きている限り、自分の「思想」・「感情」を、文章にしたり絵にしたりして表現するものです。 芸術的な価値の優劣は別として、この「思想」・「感情」や、それが表現された文章や絵は、どんなに高尚な作品も一般の人々の他愛のない作品も、すべて著作物として保護され、その著作物としての価値には優劣はありません。 有名な芸術作品だから著作権の保護が強くなったり、無名な作品だから著作権の保護が弱くなったりするということはないのです。 著作権という権利は、すべての人間ひとりひとりの「考え」・「気持ち」を表現する精神活動を守り、それはすべての人間に平等に与えられています。 所長・弁理士 堀越 総明 (ほりこし そうめい) 日本弁理士会会員 日本弁理士会著作権委員会副委員長 東京都行政書士会会員 東京都行政書士会著作権相談員 東京都行政書士会任意団体著作権ビジネス研究会会員 株式会社ボングゥー代表取締役 「ボングゥー特許商標事務所」の所長弁理士として、中小企業や個人事業の方々に寄り添い、特許権、意匠権、商標権をはじめとした知的財産権の取得・保護をサポートしている。 特に、著作権のコンサルタントは高い評価を受けており、広告、WEB制作、音楽、映画、芸能、アニメ、ゲーム、美術、文芸など、ビジネスで著作物を利用する業界の企業やアーティスト・クリエイターを対象に、法務コンサルタントを行っている。 現在、イノベーションズアイにて、コラム「これだけは知っておきたい商標の話」、「知らなかったでは済まされない著作権の話」の2シリーズを連載し、また「ビジネス著作権検定合格講座」の講師を務める。 また、アート・マネジメント会社「株式会社ボングゥー」の代表取締役も務め、地方公共団体や大手百貨店主催の現代アートの展覧会をプロデュースし、国立科学博物館、NTTドコモなどのキャラクター開発の企画を手掛けた。

次の

セミナーや講演中の写真撮影やビデオ・動画撮影、録音を禁止したい

永沼 よう 子 著作 権

1) リンクについて• ア厚生労働省ホームページは、原則リンクフリーです。 (トップページだけでなく、個別情報(案件)へのリンクについても、同様の取り扱いです。 )ただし、各情報においてリンクの制限等の注記がある場合はこの限りではありません。 イリンクを行う場合の許可や連絡は必要ありません。 ウリンクの設定をされる際は、「厚生労働省ホームページ」へのリンクである旨を明示ください。 エ上記は、「厚生労働省ホームページ」()に関するものであり、当ホームページにリンクされている他のサイトについては適用されません。 厚生労働省ホームページへリンクする場合は、厚生労働省省シンボルマークを使用してリンクすることが可能です。 ただし、この画像を厚生労働省ホームページへのリンク以外の用途に使用することはできません()。 バナー画像 リンク先 2) 出典の記載について• アコンテンツを利用する際は出典を記載してください。 出典の記載方法は以下のとおりです。 出典記載例)• 出典:厚生労働省ホームページ (当該ページのURL)• イコンテンツを編集・加工等して利用する場合は、上記出典とは別に、編集・加工等を行ったことを記載してください。 また編集・加工した情報を、あたかも国(又は府省等)が作成したかのような態様で公表・利用してはいけません。 (コンテンツを編集・加工等して利用する場合の記載例)• アコンテンツの中には、第三者(国以外の者をいいます。 以下同じ。 )が著作権その他の権利を有している場合があります。 第三者が著作権を有しているコンテンツや、第三者が著作権以外の権利(例:写真における肖像権、パブリシティ権等)を有しているコンテンツについては、特に権利処理済であることが明示されているものを除き、利用者の責任で、当該第三者から利用の許諾を得てください。 イコンテンツのうち第三者が権利を有しているものについては、出典の表記等によって第三者が権利を有していることを直接的又は間接的に表示・示唆しているものもありますが、明確に第三者が権利を有している部分の特定・明示等を行っていないものもあります。 利用する場合は利用者の責任において確認してください。 ウ第三者が著作権等を有しているコンテンツであっても、著作権法上認められている引用など、著作権者等の許諾なしに利用できる場合があります。 7) その他• アこの利用ルールは、著作権法上認められている引用などの利用について、制限するものではありません。 イ本利用ルールは、平成28年1月27日に定めたものです。 本利用ルールは、政府標準利用規約(第2. 0版)に準拠しています。 本利用ルールは、今後変更される可能性があります。 既に政府標準利用規約の以前の版にしたがってコンテンツを利用している場合は、引き続きその条件が適用されます。 ウ本利用ルールは、クリエイティブ・コモンズ・ライセンスの表示4. 0国際()に規定される著作権利用許諾条件。 以下「CC BY」といいます。 )と互換性があり、本利用ルールが適用されるコンテンツはCC BYに従うことでも利用することができます。

次の

子供の描いた落書きのような絵には著作権はない!?~著作物性にまつわる話

永沼 よう 子 著作 権

このサイトのご利用について ユニバーサル・スタジオ・ジャパンにようこそ!当社は、個人の娯楽、情報提供、教育、諸連絡を目的として、このサイトやこのサイトと同種または類似のコンテンツを使用したスマートフォン用アプリ等(以下、総称して「サイト」といいます)を運営、提供しています。 どうぞご自由にご利用ください。 サイトに掲載されている内容は、著作権およびそのほか知的所有権の表示を内容から削除しない場合に限り、非営利目的の個人使用にのみ、ダウンロードして利用することができます。 しかし、公開または営利目的とする場合は、これら知的所有権の所有者である米国のユニバーサル・スタジオ社およびその親会社、子会社、関連会社(以下「ユニバーサル」といいます)の書面による許可なしに、文章、画像、音声、ビデオなどを含むサイトの内容を配布、変更、送信、再利用、再掲載、使用することはできません。 お客様によるサイトのご利用には、以下の諸条件(以下「諸条件」といいます)およびすべての準拠法が適用されます。 お客様がサイトにアクセスして閲覧された時点で、無条件でこれらの諸条件に同意されたものと見なされますので、これらの諸条件に同意されない場合は、サイトのご利用をお控えください。 諸条件 サイトに掲載されているすべての内容は、特に明記されている場合を除き、著作権で保護されています。 そのため、この諸条件で規定している場合を除き、ユニバーサルの書面による許可なしに利用することはできません。 お客様がサイトに掲載されている内容を利用された場合、ユニバーサルは、その行為がユニバーサルの子会社や関連会社以外の第三者の権利を侵害していないことを保証も、表明もいたしません。 当社は、サイトに正確な最新情報を掲載する最善の努力を行っています。 しかし、当社は、サイトの内容の正確性に関して保証も表明もいたしません。 サイトの内容に間違いまたは脱落があったとしても、当社は一切の責任を負いません。 サイトの利用と閲覧は、ご自身の責任において行ってください。 サイトの創案、製作、提供に関わっている当社、ユニバーサルおよび第三者は、お客様によるサイトへのアクセスおよびサイトの利用によって生じた直接的、偶発的、結果的、間接的、懲罰的な損害に責任を負うことはありません。 サイト上のすべてのデータは、上記の内容に制限を設けることなく、「現状有姿」で提供され、明示的であると黙示的であるとを問わず、いかなる保証も、また商品性、特定目的への適合性、もしくは第三者の権利を侵害しないことを含むがこれに限られない黙示の保証もされることはありません。 裁判管轄によっては、黙示的な保証の除外が認められない場合もありますので、その場合は、上述した黙示的な保証の除外がお客様に適用されないこともあります。 黙示的な保証の除外に関する規制または制限については、関係する法律を確認してください。 また、サイトへのアクセス、サイトの利用や閲覧、またはサイトに掲載されている資料、データ、文書、画像、映像、音声のダウンロードが原因で、お客様のコンピュータまたはそのほか所有物が損害を負った場合、またはウイルスに感染した場合も、当社またはユニバーサルがその責任を負うことはありません。 当社は、お客様のご意見を歓迎いたします。 しかし、当社は、特に当社から依頼した場合を除き、お客様からの作品、アイデア、提案を受け入れたり、考慮したりしないという方針を取っています。 これは、当社またはユニバーサルが独自に開発したアイデアが、お客様のアイデアと類似しているという誤解が生じる可能性を避けるためです。 そのため、シナリオ、ストーリー、オリジナルのアートワークといった、お客様オリジナルの創作資料を、当社にご提出いただくことは ご遠慮ください。 お客様からサイトに電子メールまたは何らかの形式で、文書または資料が送信されてきた場合、当社はその情報を機密情報とは見なさず、お客様が所有権を放棄されたものと見なします。 当社またはユニバーサルは、お客様が送信または投稿された情報を、複写 、開示、送信、公開、放送、掲示などを含むあらゆる用途に利用する場合があります。 さらに、当社またはユニバーサルは、お客様がサイトに送信された情報に含まれているアイデア、コンセプト、ノウハウ、技術を、製品の開発、製造、販売などを含むあらゆる用途に無償で利用することができます。 サイトに掲載されている人物または場所の画像は、ユニバーサルの所有物であるか、もしくはユニバーサルが第三者の許可を受けて使用しているものです。 この諸条件により特に許可されている場合、またはサイト上に許可が特記されている場合を除き、お客様またはお客様が認めた第三者がこれらの画像を使用することは禁止されています。 画像を無断で使用すると、著作権法、商標法、そのほか関連法規の違反と見なされる場合があります。 サイトに掲載されている商標、ロゴおよびサービスマーク(以下、これらを総称して「商標」といいます)は、当社、ユニバーサルまたはそのほかの第三者の登録商標および未登録商標です。 サイトに掲載されているあらゆる内容について、商標の所有者の書面による許可なしに、黙示、禁反言そのほかの方法によりライセンスを付与されたり、使用権を付与されたりすることはありません。 この諸条件に規定している場合を除き、サイトに掲載されている商標またはサイトの内容を誤用することは、厳しく禁止されています。 また、当社およびユニバーサルは、刑事告訴も視野に入れ、 法律上可能な限り、知的所有権を強く主張いたしますことをご承知ください。 当社は、サイトにリンクされているほかのサイトをすべて検討しているわけではありません。 また、サイト以外のページやサイトにリンクされているほかのサイトの内容に責任を負うことはありません。 サイト以外のほかのサイトのページまたはほかのサイトへのアクセスは、お客様ご自身の責任で行ってください。 当社は、サイト上のディスカッション、チャット、投稿、メッセージ、掲示板、そのほか同様のサービスを定期的に監視しますが、これらの監視義務がある訳ではありません。 また、当社は、サイト上で運営されているこのような場の内容から生じる問題、またはこれらの場の情報に含まれている間違い、中傷、侮辱、名誉毀損、情報の脱落、偽り、卑劣な言葉、ポルノ、冒涜な言葉、危険、不正確さに何ら責任を負うことはありません。 不法、脅迫、中傷、名誉毀損、わいせつ、スキャンダル、敵意、ポルノ、冒涜と見なされる資料、または犯罪行為と見なされる行動、民事責任を問われる行動、違法行為と見なされる行動を引き起こしたり、助長したりする可能性のある資料の投稿、送信は禁止されています。 お客様がこれらの諸条件に違反された場合は、そのことに関連して、当社およびユニバーサルならびにそれぞれの役員、ディレクター、所有者、代理店、情報提供者、ライセンサー(以下、これらを総称して「補償対象者」といいます)に生じた賠償請求、責任、損害、諸経費(弁護士費用も含む)から補償対象者を補償、防御、負担することに同意していただきます。 当社およびユニバーサルは、お客様により補償されるべき問題以外の問題について、その経費で防御、管理する権利を有しています。 その場合、お客様はこうした請求に対する当社およびユニバーサルの防御に協力することに同意していただきます。 サイトは、当社が管理、運営を行っています。 当社は、サイトにて提供される資料が、ほかの地域、および日本国以外の国にふさわしいものである、または利用することができるとは表明しておりません。 ほかの地域または国からサイトにアクセスしようと考えていらっしゃるお客様は、ご自身の意志で行ってください。 また、 こうしたお客様は、現地の法律が適用される場合には、これを遵守する責任を負うものとします。 この合意は、日本国法に従い支配、解釈、執行されるものとし、同様に日本国内において締結、執行されるすべての合意に適用されます。 お客様、第三者、または当社もしくはユニバーサルがこの合意の執行、またはサイトに関連した問題に対する訴訟を起こす場合は、日本国の大阪地方裁判所をその専属的管轄裁判所とし、同裁判所の管轄に服することをお客様に明示的に同意していただきます。 この合意の条項の一部が非合法、または無効となった場合、または何らかの理由で実施できなくなった場合は、その条項のみをこの合意から切り離すことができると見なされており、そのほかの条項の有効性および実効性には影響はないものとします。 ここで取り上げている問題に関しては、これが当事者間の完全な合意であり、当社およびユニバーサルが署名した書面以外で、変更が行われることはありません。 当社は常時、この文言を更新し、これらの諸条件を改訂することができます。 お客様は、これらの改訂事項を遵守する義務があります。 そのため、定期的にこのページを訪問し、遵守義務のある最新の諸条件を確認してください。 当社はサイトから取得するお客様の個人情報については、NBCUniversalグループの「プライバシーポリシー」に準拠して適切に取り扱うものとします。 All rights reserved. 掲載内容の転載、転用は禁止します。

次の