エクセル 折れ線 グラフ 作り方。 誰が見ても一瞬で伝わるレポート資料の作り方折れ線グラフの使い方をマスターする編|ferret

折れ線グラフの種類と積み上げ折れ線グラフについて

エクセル 折れ線 グラフ 作り方

タイトルや凡例や軸などの表示、色や書式設定の変更については「」をご覧ください。 途切れた線をつなげる 何も入力されていない空のセルをデータに含めると その部分で途切れてしまいます。 これをつなげるにはグラフを選択した状態で [デザイン] タブをクリックし、データグループにある [データの選択] をクリックします。 [非表示および空白のセル] をクリックします。 空白のセルの表示方法から [ゼロ] または [データ要素を線で結ぶ] をチェックして [OK] をクリックします。 ゼロ データ要素を線で結ぶ 空白文字が入力されているセルは必ずゼロになります。 「」の方法で空白を削除できます。 スポンサーリンク 途中から色分けする 途中から色を分けたい部分の [データ] をゆっくり 2 回クリックします。 選択箇所が 1 箇所になります。 [同じ部分] を右クリックして [データ要素の書式設定] をクリックします。 [塗りつぶしと線] をクリックし、[線 単色 ] をチェックして [色] を選択します。 選択した部分の色を変更できます。 実線に [点線] を選択して、4 月から 5 月のデータにも同じように設定すると 予測線のような表示にできます。 2 軸にする グラフにする [データ] を見出しも含めて範囲選択します。 折れ線グラフを作成したら 2 軸にしたい [データ] を右クリックします。 [データ系列の書式設定] をクリックします。 [第 2 軸] をチェックします。 2 軸が表示されます。 目盛を変更するには [軸] をクリックします。 境界値や単位を変更して目盛の間隔を変更できます。 棒グラフと重ねるには「」をご覧ください。 スポンサーリンク.

次の

Excelグラフの作り方と凡例・単位・縦軸/横軸などの編集

エクセル 折れ線 グラフ 作り方

Excelは集計や資料作成で欠かせない経理の基本スキル。 わかりやすいグラフを作り、そこから会社の状況を分析できるようになれば、経理・会計・財務としてワンランクアップできるでしょう。 今回は基本的な内容としてそしてを解説します。 *サンプルで使用しているのはExcel 2007ですが、他バージョンでも対応可能です。 単純なグラフは10秒で作れる! Excel初心者は「グラフってなんだか難しそう……」と思いがちですが、単純なものであれば10秒で作成できるほどカンタン! さっそく基礎的な作り方をご紹介します。 折れ線グラフの作成方法 今回はサンプルデータとして、下記を1日ごとに1ヶ月分まとめたものを用意しました。 この3種類の数値の推移を、折れ線グラフで表現します。 現金と預金の合計• 支出 1. グラフにしたい表を範囲選択する 数字だけでなく、項目も含んで選択します。 上部メニューの「挿入」からグラフのタイプを選択する 今回は「折れ線」にします。 折れ線にもいろいろな種類がありますが、ごく一般的な折れ線グラフは一番左上のタイプです。 グラフ完成 あっという間にグラフが完成しました! グラフを追加・削除する グラフを作ったあと、「この項目のグラフを付け足したいな」「このグラフはいらないな」と感じたら、グラフを追加・削除することもカンタンにできます。 不要なグラフを削除する方法 削除したいグラフを右クリックして「削除」を選択。 これだけで削除完了です。 新しいグラフを追加する方法 新しいグラフを追加することも、右クリックの「データの選択」から行うことができます。 では、さきほど削除した「支出」を、再び追加してみましょう。 まず追加したい項目のセルを、項目名から数値まですべて選択してコピーします。 グラフの空白部分で右クリックして、「貼り付け」を選択。 右クリックする位置によっては、グラフの一部が選択されて「貼り付け」を選べません。 項目や目盛り線のない、空白箇所を右クリックするのがポイント。 「貼り付け」を押したら、追加完了。 いかがでしたか? 以上、Excelでのグラフの作り方、追加・削除の方法について解説しました。 など、もう少々ブラッシュアップすることで、さらにレベルアップしたグラフ作りも可能になります。 シゴ・ラボでは、他にもExcelのテクニックに関する記事を紹介しています。 その他の記事もぜひチェックしてみてくださいね。 「実務で役立つ!頻出・経理用語100」は、経理初心者の方や経理としてステップアップしたい方のための経理用語集です。 日々の業務によく使われる基本的な用語を100個ピックアップし、わかりやすく解説。 ぜひダウンロードして、利用してみてくださいね!.

次の

Excelグラフの作り方と凡例・単位・縦軸/横軸などの編集

エクセル 折れ線 グラフ 作り方

折れ線グラフを重ねたり 2 軸にする グラフを重ねる 棒グラフに次の平均を折れ線グラフとして重ねる方法を紹介します。 棒グラフを作成します。 グラフを選択した状態で [デザイン] タブをクリックし、種類グループにある [グラフの種類の変更] をクリックします。 [すべてのグラフ] タブをクリックし、[組み合わせ] から平均のグラフの種類を [折れ線] にして [OK] をクリックします。 [第 2 軸] をチェックすると 2 軸になります。 棒グラフと折れ線グラフが重なるように表示されます。 2 軸にする 2 軸にしたい平均の [データ] を右クリックして [データ系列の書式設定] をクリックします。 [第 2 軸] をチェックします。 そのデータが 2 軸になります。 目盛を変更するには [第 2 軸] をクリックします。 境界値や単位を変更して目盛の間隔を変更できます。 グラフを重ねたり幅を変更する グラフの [データ] を右クリックして [データ系列の書式設定] をクリックします。 [系列の重なり] を右側にするとグラフが重なり、左側にするとグラフが離れます。 重ねる 離す [要素の間隔] を右側にすると幅が広がり、左側にするとグラフが細くなります。 左側 右側 スポンサーリンク.

次の