宮崎 県 教育 委員 会。 宮崎市教育委員会一覧

宮崎県教育研修センター

宮崎 県 教育 委員 会

はじめに 宮崎県では,平成14年度から県独自の学力調査を実施している。 平成17年度からは,調査結果に基づき全小・中学校において「改善計画書」を作成し,その実践を図るとともに,教育事務所ごとの課題に基づいた「教員の指導力を高める授業研究会」を実施し,「学力向上のためのPDCAサイクル」の確立に努めてきた。 また,平成19年度には宮崎大学教育文化学部教授を代表とした宮崎県小中学校学力向上検証改善委員会を組織し,国や県の学力調査の結果に基づいて「学力向上に向けたPDCAサイクル」を確立するための各小・中学校における具体的な取組についてまとめた「学校改善支援プラン」を作成し,その周知を図ってきた。 1.都道府県・指定都市教育委員会における取組 1.事業内容について (1)事業概要 〔目的〕 学校改善支援プランを踏まえ,全国学力・学習状況調査等の結果から,学力や学習状況等の課題の解決に向けた取組に関する実践研究を,調査活用協力校に委託し実施する。 〔全国学力・学習状況調査等の結果〕 本県の児童生徒の学力の状況は,正答率が全国平均とほぼ同じであり,昨年度と同様,概ね良好である。 中学校においては,すべての教科で全国平均を上回っているものの,小学校においては,国語,算数ともに,「活用」に関するB問題が全国平均を下回っている。 また,活用に関するB問題は,小・中学校ともに,「知識」に関するA問題と比較して,下回る傾向にある。 〔取組の実際〕• 学校改善支援委員会の設置• 調査活用協力校の選定• 調査活用協力校等への支援 調査活用協力校の校内授業研究会を支援するため大学教授等を派遣する。 また,調査活用協力校の申請に応じて教育事務所等の指導主事を派遣し,調査活用協力校の研究を支援する。 教員の指導力を高める(課題解決を図る)授業研究会の実施 各教育事務所は学力や学習状況等の課題の解決を図るために,調査活用協力校と連携し「教員の指導力を高める(課題解決を図る)授業研究会」において,国語,算数・数学科のモデルとなる授業づくりに取り組み,管内の教員の指導力向上を目指す。 その際,大学教授等の指導助言を要請し,大学と連携した取組をとおして教員の授業力向上を図る。 (2)実施体制 ア 学校改善支援委員会の設置 本実践研究の目的を達成するために学校改善支援委員会を設置し,各調査活用協力校の取組内容や実施方法などについて協議し,成果や課題についてまとめるとともに,成果の普及に努める。 〔上位・中位・下位の基準〕 上位…全国学力・学習状況調査の国語,算数・数学の結果が両方とも県平均以上 下位…全国学力・学習状況調査の国語,算数・数学の結果が両方とも県平均以下 中位…上記以外 また,本県には,7つの教育事務所があり,全県的に学力向上に関する意識を高めるために,各教育事務所で小・中学校合わせて1~2校,計10校を調査活用協力校として選定する。 研究授業については,本実践研究の一環とするため,教育事務所の指導主事が事前の授業参観等を行いながら,授業づくりを実施し,管内のモデルとなる授業を提供した。 2.普及啓発と今後の取組について (1)成果の普及啓発に関する取組 ア 「教員の指導力を高める(課題解決を図る)授業研究会」における研究授業の提供 調査活用協力校は,この研究授業も校内授業研究会の一環と位置付けて取り組み,それまで,大学や教育事務所の支援を得ながら取り組んできた研究の成果を発表する場とした。 イ 教育研修センターのホームページへの掲載 調査活用協力校の実施報告書をホームページにアップし,学校の学力向上マネジメントサイクルの在り方や課題解決を図る授業づくりに対する情報を提供する。 (2)来年度以降の取組 ア 学力調査活用アクションプラン推進事業 平成20年度の成果と課題をふまえ,アクションプラン推進地域を指定し,「活用する力」を高めるための授業改善の在り方や,力をつけるための単元テスト評価システムの構築などについて研究する。 イ 教員の指導力を高める授業研究会の継続実施 各教育事務所は学力や学習状況等の課題の解決を図るために,「教員の指導力を高める授業研究会」において,国語,算数・数学科のモデルとなる授業づくりに取り組み,「活用する力」を高めるための授業の在り方について研究する。 ウ 「改善計画書」の作成・評価 全小・中学校において「全国学力・学習状況調査の結果」と「みやざき小中学校学力・意識調査」の結果分析により「改善計画書」を作成し,その具現化を図るとともに,評価を行い,各学校の学力向上マネジメントサイクルを確立する。 また評価の観点では「数学的な見方や考え方」が同様にやや低い。 〔重点目標達成のための具体的対策〕 ア 望ましい学習習慣の確立 望ましい学習習慣を身につけさせるための手立てとして,「家庭への啓発」「基本的な学習習慣の徹底」「学習の習慣化を図る工夫」の3つの対策をとってきた。 イ 全国学力調査,県の学力調査をもとにした授業改善 数学科を中心にして研究を進めるために,定期的な数学科の研究会は週に1回,水曜日の職員会・研修会後に設定して研究の推進を図った。 改善計画を作成するために,前年度の全国学力・学習状況調査や県の学力検査,4月当初の標準学力検査を参考にした。 しかし,前年度の全国学力・学習状況調査は受検した生徒が異なるため,7月に昨年度の全国学力調査問題を使用して,今年度の3年生の実態把握に取り組んだ。 実施時期が異なるので,昨年度との単純比較はできないが,一人一人のつまずきと全体的な傾向を確認することはできた。 昨年度は「数量関係」が大きな弱点であったが,今年は領域別では「図形」,評価の観点では「数学的な見方や考え方」に課題があることが明らかになった。 また,夏季休業中に各教科ごとに標準学力検査の結果を分析して,特に問題と思われる箇所をピックアップして,学力向上対策として具体的にまとめて2学期以降の授業に生かしていくことにした。 平成20年度の全国学力・学習状況調査の結果から,数学科の重点指導項目を設定した。 ・第2学年では「数量関係」,第3学年では「図形」領域の指導方法の改善を図る。 ・数学的な見方や考え方を伸ばす指導過程を工夫する。 ・授業に対する積極性や意欲を高める指導を行う。 (4)来年度以降の課題について 生徒の家庭での学習時間はまだ十分といえる結果ではなかったので,さらに保護者と連携し,家庭学習の習慣化を図る。 「生き生き学習4か条」の指導を継続して取り組み,本年度課題として残った「元気に返事をする」「積極的に発表する」に取り組む。 数学科を中心に研究を行ったので,他教科にも広げていく。 学習指導要領の領域別に見ると,「話すこと,聞くこと」「読むこと」「言語事項」が全国平均を上回っており,国語Aでは,「書くこと」が全国平均を下回っていた。 学習指導要領の領域別に見ると,「数と計算」「数量関係」が全国平均を上回っている。 評価の観点別に見てみると,算数Aは,「数量や図形についての表現・処理」がよくできている。 算数Bにおいても「数量や図形についての表現処理」が全国平均と比較してよくできている。 しかし,算数Aにおいて「量と測定」「図形」の2つの領域で全国平均を下回っていた。 算数Bでは「量と測定」は全国平均よりも高かったが,「図形」は全国平均を下回っていた。 「図形」について評価の観点別に見ると「表現・処理能力」は高いのに対して「知識・理解」が低い。 〔重点目標達成のための具体的対策〕 【国語】 ア スキルタイムを使っての読み取りの学習に取り組ませる。 イ 活字を読むことを好きにさせるために,家庭における繰り返し練習によって,漢字の読み書きの習得を図る。 ウ 読解力を高める国語の授業研究会を行う。 エ 朝の読み聞かせや多読賞の表彰等,読書の推進を行う。 オ コンクールへの参加や学習発表会の実施等,発表の場を多くする。 【算数】 カ 児童の数学的思考力を高める算数の授業研究会を行う。 (3)取組の評価について ア スキルタイムを使っての読み取りの学習の取組 単元テストにおける学年の平均点数の目標値を80点として取り組んだ。 テストの結果は到達できたが,児童への意識調査で読み取り学習を好きだと答えた児童が30%だった。 また,教員は,初めて出会う教材文の読解力はまだ十分でない児童が多いと感じている。 イ 家庭における繰り返し練習による漢字の読み書きの習得 漢字の読み書きの力は,十分に高まってきている。 また,意識調査でも文字学習が好きな児童は70%と多い。 しかし,そのことが活字が好きなことには,まだつながっていない。 ウ 読解力を高める国語の授業研究会の開催 10月15日に宮崎大学の国語科の准教授を招聘して,確かな読みを育てる3年生の物語文の学習の研究授業を行った。 このことにより,読解力を高めていく授業のポイントを教師全員で確認することが出来た。 エ 朝の読み聞かせや多読賞の表彰等,読書活動の推進 各学期の目標読書冊数を低学年30冊,中学年25冊,高学年15冊と設定して取り組んだ。 各学年とも読書量は増えてきているが,まだ好んで読書に取り組む児童は少ない。 また,音読についても意識調査では好きな児童が30%と少ない。 さらなる工夫が必要である。 オ コンクールへの参加や学習発表会の実施等,発表の場の設定 町の読書感想文コンクールをはじめ新聞への投稿等,多くの作文に取り組ませ,書く力がついてきた。 また,2月に学習発表会を実施し,児童全員が発表することができた。 このことにより,学んだことを生かして発表する力がついてきている。 【算数】 カ 児童の数学的思考力を高める算数の授業研究会の開催 11月10日に,2年生の「かけざん」の学習を行った。 マネジメントサイクルを生かした算数科の授業を行うことによって,指導と評価の一体化を図った算数の授業の大切なポイントを全職員で確認することができた。 (4)来年度以降の課題について 11月27日に宮崎大学の数学科の教授を指導助言者に招聘して,6年生の算数で中学校教諭とのTTの授業研究会を実施し,中学校と合同で算数・数学の研究を行った。 このことによって,小学校と中学校の授業スタイルの違いや考え方の違いを知ることができ,互いの歩み寄りや連携の大切さを確認し合うことができた。 来年度は,中学校との連携の在り方を研究していく。 お問合せ先.

次の

宮崎県人権・同和教育研究協議会 宮崎県同教ホームトップ

宮崎 県 教育 委員 会

58 Downloads R2. 演 題 「スクールマネジメントの基本」(管理職試験対策)• 講 師 椨木 満 氏(宮崎市立大宮中学校 校長)• 日 時 令和2年6月20日(土) 午前10時から 動画配信• 今回は、新型コロナウイルス感染症の拡大への対応のため、 動画配信に代替します。 申し込まれた方に動画サイトのURLやパスワードなどをメールでお知らせします。 動画配信は、6月20日から8月末日まで行います。 この期間中は、何度でもご視聴になれます。 なお、 ご視聴になる場合は、Wifi環境の下でご視聴いただくようお勧めします。 また、 学校のPCでは、セキュリティの関係で見ることができない場合もありますので、ご了承ください。 タイトル DL数 UL日 チラシ 35 Downloads R2. 延期については未定です。 決まり次第、お知らせします。 7月25日 第1回 教師力向上研修• テーマ 国語科学習• 講 師 耒住 祐子 先生• 会 場 宮崎県教育研修センター タイトル DL数 UL日 チラシ(PDF)504 各種報告書様式 タイトル DL数 UL日 研究員研究計画書様式(Word).

次の

ダウンロード

宮崎 県 教育 委員 会

詳細は、発送される文書を参照されるか、商研事務局へお問い合わせください。 下記の諸調査書式よりダウンロードしてください。 3月24日現在の卒業生進路ですので、十分ご注意ください。 令和2年度を全商奨学生 選考用資料(高校)を掲載しました。 その中のプログラミング部門での様子がに掲載されました。 23UP 5月22日(金)の学習指導研究会代表者会は、中止といたします。 今年度の各分野の研究内容等については、総会資料P71に記載のある委員長に一任したいと思います。 研究内容についてご要望等ありましたら、直接各分野の委員長にご連絡ください。 ・進学対策講座 申込みフォーム R01. 1UP ・宮崎県生徒商業研究発表大会に関する補助金申請書 H29. 26UP ・令和2年度 商研基本調査(R02. 29UP ・令和2年度 全商奨学生 選考用資料(R02. 26UP ・令和元年度卒業生成績優秀者表彰(R01. 09UP ・令和元年度3種目以上合格者(R01. ・全商協会規約 R02. 1UP ・宮崎県商業教育研究会規約 R02. 1UP ・宮崎県商業教育研究会商業部部会会則 R02. 19UP ・案内 H25. 1UP ・実施依頼文 H25. H23. 1UP ・全商検定関係 H23. 14UP ・台風、大雪および伝染病による検定試験中止に伴う受験料の取扱に関するお知らせ H22. 27UP ・全商3種目1級に関するお知らせ H23. 28UP ・大学推薦基準となる資格検定のお知らせ H23. 期日までに、 データをメールにて提出してください。 その後、押印されているものは印刷するため商研本部へ郵送をお願いします。 そのため、監査日に持参してください。 事前に商研本部へ郵送していても構いません。

次の