ソイプロテイン 下痢。 現役アスリートに聞いた「はじめてのプロテイン」で大切な3つの視点|OCEANS オーシャンズウェブ

プロテイン飲んだら下痢になる… 量が原因だった

ソイプロテイン 下痢

下痢の原因は人気のプロテインパウダーに? 今や美しい肉体をつくろうとするビジネスパーソンに人気のプロテインパウダーですが、手軽に大量のタンパク質を摂れる一方で、下痢の原因にもなり、その他多くの危険性が潜んでいます。 プロテインパウダーを飲むと、おなかがゴロゴロする、あるいは調子が悪くなったなどその原因を考えてみましょう。 目次 プロテインとは プロテイン Protein は「たんぱく質」を意味します。 大栄養素の1つ、人間の体を構成する重要な栄養成分です。 筋肉や骨、髪の毛、爪、内臓、血液などの主な成分はたんぱく質で作られています。 たんぱく質は動物性たんぱく質と植物性たんぱく質の2種類あります。 プロテインパウダーは食べ物の中のたんぱく質を人工的にとりだして作ったものです。 ホエイは、牛乳から精製される、乳清とも呼ばれる成分で、ヨーグルトやチーズといった固形の乳製品を作る時に分離される水溶液のことを指します。 吸収がはやく、筋肉の合成に有効な必須アミノ酸、BCAAが豊富、高たんぱく質・低脂肪といった筋トレにはうってつけの成分なため、多くの筋肉トレーニングをする人達がホエイプロテインを愛用しています。 タンパク質の構成は20種のアミノ酸からなり、BCAAとして知られる分岐鎖アミノ酸は、パリン、ロイシン、イソロシンの3種からなり、体内で合成できない必須アミノ酸です。 運動時に筋肉でエネルギーとなるため、アスリートやトレーニングには欠かせない栄養素です。 BCAAは、ダイエットや体力強化、ボディメイクなど効果的に役立てることができるようです。 実店舗だけでなく、通販などでも多く取引されているので、簡単に手にはいるのも魅力的なポイントです。 その名の通り、大豆 ソイ から作られているアイテムです。 大豆には植物性たんぱく質が豊富に含まれていて、ソイプロテインパウダーはそんな大豆のたんぱく質部分をベースに作られたプロテインになります。 ソイプロテインはゆっくり吸収して、代謝をサポートします。 成長ホルモンの分泌を促進し、筋肉組織を強くしたり、免疫力を高める効果のあるアルギニンが豊富です。 ソイプロテインの原料である大豆は、食物繊維が豊富に含まれているため、非常に腹持ちがよく、満腹感を長い間維持してくれます。 そのため、無駄な間食などを避けることができ、結果として体重を落とすことになり、ダイエット効果が期待できます。 ソイプロテインを飲む自体がダイエットにつながるわけではありません。 ゆっくり吸収され、アスリートに有効なアミノ酸、グルタミンが豊富です。 グルタミンは体に一番多く必要な存在するアミノ酸です。 下痢になるプロテインの過剰摂取 プロテインパウダーはタンパク質を効率良く摂取するためには都合のいい人工的にとり出したたんぱく質です。 しかし、飲み過ぎは身体に危険を伴うなど悪影響を及ぼします。 タンパク質は、私たちの血肉をつくる非常に重要な栄養素です。 ただ、糖質や脂質と違って、分解の過程で尿素窒素などの毒素を産出します。 これら毒素は腎臓の濾過機能によって尿として体外に排出され、私たちは健康を保っています。 このように腎臓は非常に重要な臓器なのですが、人工的に大量のタンパク質を摂取することは、その働きを腎臓に強要し疲弊させ、重大な被害を生みかねません。 ただし、これはいわゆる過剰摂取といわれる程多くのタンパク質を毎日のように摂取する場合であって、通常範囲内での使用なら何も問題はないので安心してください。 乳糖を消化するためのラクターゼという酵素が足りていないために、乳糖を胃腸でうまく分解できないのです。 その場合、未消化の乳糖が大腸の細菌により、発行し大量のガスが発生します。 それが下痢、腹痛等が起きてしまうのです。 つまり乳糖不耐症というのは日本人の殆どの人が少なからず抱えている症状であるともいえるんです。 その中でもよりラクターゼの分泌が少ない人が牛乳やプロテインパウダー等を摂ると下痢になるなど、お腹を壊しやすいということなんです。 本来のプロテインの味は、味も素っ気もありません。 最近の美味しいプロテインは、かなりの量の添加物が使用されています。 美味しければ美味しいほど、それに比例して添加物の量は多くなります。 添加物は腸内環境を悪化させます。 特に人工甘味料は腸管の炎症を引き起こします。 それが、腹痛や下痢、便秘などの症状を引き起こします。 また、腸内環境の悪化により、腸管の細胞から炎症性サイトカインが分泌されます。 炎症性サイトカインは腸管の細胞にダメージを与え、リーキーガット症候群を引き起こします。 リーキーガット症候群の症状は、下痢、食欲不振、倦怠感などが特徴です。 また、特にカロリーゼロで強い甘味だけもたらす食品添加物の「アステルパーム」は、プロテインにもよく使用されていますが、これは体の中で分解も吸収もされません。 そのため、体が早く体外に排出しようとして、下痢の原因になることもありますので、お腹に不安のある方は、甘味料無添加のプロテインを利用されることをおすすめします。 そのようなコンディションでプロテインパウダーを飲むと、下痢や便秘になってしまうこともあります。 腸内環境が悪化する原因には、さまざまなものがあります。 また、胃腸は自律神経系と関係性が強いので自律神経(交感神経・副交感神経)のバランスが崩れることでも腸内環境は悪化します。 つまり、精神的ストレスや生活習慣の乱れが原因になります。 加齢に加え栄養障害があると、免疫機能の低下に拍車がかかります。 運動をハードにやっているアスリートの場合、免疫機能が極端に低下していることがあります。 疲労状態が長期に及んでいるとき、風邪を引いたり、胃腸の調子を壊したりした時に、このタイミングでプロテインを飲むと、下痢や腹痛を引き起こしやすくなります。 体重が現在約60kgとすれば、60gのタンパク質を摂取することが出来れば健康にいいということになります。 人間が一日で吸収できるタンパク質の量も限界があるので、過剰な摂取は効果も薄れます。 でもそれはプロテインに限らず他の全ての食べ物にも言えることです。 普通の食事やお酒、サプリメントなども過剰摂取すれば身体に何らかの悪影響が出てきます。 腸内環境を強化する 胃腸が弱い人は腸内環境の改善で強化を図ってみるのも良いでしょう。 「元気の元は胃腸から」ですので、健康になるためには腸内環境がとても大切です。 腸内環境の強化には胃腸の健康を整える乳酸菌やビフィズス菌などの善玉菌を増やしていくことが重要です。 生活習慣による下痢をはじめとする、殆どの(約9割と言われている)体の不調は腸内環境の悪化が原因です。 「下痢の原因」の記事一覧•

次の

マイプロテインを飲んで下痢や便秘になったときの対処法|TOBABLOG

ソイプロテイン 下痢

下痢の原因は人気のプロテインパウダーに? 今や美しい肉体をつくろうとするビジネスパーソンに人気のプロテインパウダーですが、手軽に大量のタンパク質を摂れる一方で、下痢の原因にもなり、その他多くの危険性が潜んでいます。 プロテインパウダーを飲むと、おなかがゴロゴロする、あるいは調子が悪くなったなどその原因を考えてみましょう。 目次 プロテインとは プロテイン Protein は「たんぱく質」を意味します。 大栄養素の1つ、人間の体を構成する重要な栄養成分です。 筋肉や骨、髪の毛、爪、内臓、血液などの主な成分はたんぱく質で作られています。 たんぱく質は動物性たんぱく質と植物性たんぱく質の2種類あります。 プロテインパウダーは食べ物の中のたんぱく質を人工的にとりだして作ったものです。 ホエイは、牛乳から精製される、乳清とも呼ばれる成分で、ヨーグルトやチーズといった固形の乳製品を作る時に分離される水溶液のことを指します。 吸収がはやく、筋肉の合成に有効な必須アミノ酸、BCAAが豊富、高たんぱく質・低脂肪といった筋トレにはうってつけの成分なため、多くの筋肉トレーニングをする人達がホエイプロテインを愛用しています。 タンパク質の構成は20種のアミノ酸からなり、BCAAとして知られる分岐鎖アミノ酸は、パリン、ロイシン、イソロシンの3種からなり、体内で合成できない必須アミノ酸です。 運動時に筋肉でエネルギーとなるため、アスリートやトレーニングには欠かせない栄養素です。 BCAAは、ダイエットや体力強化、ボディメイクなど効果的に役立てることができるようです。 実店舗だけでなく、通販などでも多く取引されているので、簡単に手にはいるのも魅力的なポイントです。 その名の通り、大豆 ソイ から作られているアイテムです。 大豆には植物性たんぱく質が豊富に含まれていて、ソイプロテインパウダーはそんな大豆のたんぱく質部分をベースに作られたプロテインになります。 ソイプロテインはゆっくり吸収して、代謝をサポートします。 成長ホルモンの分泌を促進し、筋肉組織を強くしたり、免疫力を高める効果のあるアルギニンが豊富です。 ソイプロテインの原料である大豆は、食物繊維が豊富に含まれているため、非常に腹持ちがよく、満腹感を長い間維持してくれます。 そのため、無駄な間食などを避けることができ、結果として体重を落とすことになり、ダイエット効果が期待できます。 ソイプロテインを飲む自体がダイエットにつながるわけではありません。 ゆっくり吸収され、アスリートに有効なアミノ酸、グルタミンが豊富です。 グルタミンは体に一番多く必要な存在するアミノ酸です。 下痢になるプロテインの過剰摂取 プロテインパウダーはタンパク質を効率良く摂取するためには都合のいい人工的にとり出したたんぱく質です。 しかし、飲み過ぎは身体に危険を伴うなど悪影響を及ぼします。 タンパク質は、私たちの血肉をつくる非常に重要な栄養素です。 ただ、糖質や脂質と違って、分解の過程で尿素窒素などの毒素を産出します。 これら毒素は腎臓の濾過機能によって尿として体外に排出され、私たちは健康を保っています。 このように腎臓は非常に重要な臓器なのですが、人工的に大量のタンパク質を摂取することは、その働きを腎臓に強要し疲弊させ、重大な被害を生みかねません。 ただし、これはいわゆる過剰摂取といわれる程多くのタンパク質を毎日のように摂取する場合であって、通常範囲内での使用なら何も問題はないので安心してください。 乳糖を消化するためのラクターゼという酵素が足りていないために、乳糖を胃腸でうまく分解できないのです。 その場合、未消化の乳糖が大腸の細菌により、発行し大量のガスが発生します。 それが下痢、腹痛等が起きてしまうのです。 つまり乳糖不耐症というのは日本人の殆どの人が少なからず抱えている症状であるともいえるんです。 その中でもよりラクターゼの分泌が少ない人が牛乳やプロテインパウダー等を摂ると下痢になるなど、お腹を壊しやすいということなんです。 本来のプロテインの味は、味も素っ気もありません。 最近の美味しいプロテインは、かなりの量の添加物が使用されています。 美味しければ美味しいほど、それに比例して添加物の量は多くなります。 添加物は腸内環境を悪化させます。 特に人工甘味料は腸管の炎症を引き起こします。 それが、腹痛や下痢、便秘などの症状を引き起こします。 また、腸内環境の悪化により、腸管の細胞から炎症性サイトカインが分泌されます。 炎症性サイトカインは腸管の細胞にダメージを与え、リーキーガット症候群を引き起こします。 リーキーガット症候群の症状は、下痢、食欲不振、倦怠感などが特徴です。 また、特にカロリーゼロで強い甘味だけもたらす食品添加物の「アステルパーム」は、プロテインにもよく使用されていますが、これは体の中で分解も吸収もされません。 そのため、体が早く体外に排出しようとして、下痢の原因になることもありますので、お腹に不安のある方は、甘味料無添加のプロテインを利用されることをおすすめします。 そのようなコンディションでプロテインパウダーを飲むと、下痢や便秘になってしまうこともあります。 腸内環境が悪化する原因には、さまざまなものがあります。 また、胃腸は自律神経系と関係性が強いので自律神経(交感神経・副交感神経)のバランスが崩れることでも腸内環境は悪化します。 つまり、精神的ストレスや生活習慣の乱れが原因になります。 加齢に加え栄養障害があると、免疫機能の低下に拍車がかかります。 運動をハードにやっているアスリートの場合、免疫機能が極端に低下していることがあります。 疲労状態が長期に及んでいるとき、風邪を引いたり、胃腸の調子を壊したりした時に、このタイミングでプロテインを飲むと、下痢や腹痛を引き起こしやすくなります。 体重が現在約60kgとすれば、60gのタンパク質を摂取することが出来れば健康にいいということになります。 人間が一日で吸収できるタンパク質の量も限界があるので、過剰な摂取は効果も薄れます。 でもそれはプロテインに限らず他の全ての食べ物にも言えることです。 普通の食事やお酒、サプリメントなども過剰摂取すれば身体に何らかの悪影響が出てきます。 腸内環境を強化する 胃腸が弱い人は腸内環境の改善で強化を図ってみるのも良いでしょう。 「元気の元は胃腸から」ですので、健康になるためには腸内環境がとても大切です。 腸内環境の強化には胃腸の健康を整える乳酸菌やビフィズス菌などの善玉菌を増やしていくことが重要です。 生活習慣による下痢をはじめとする、殆どの(約9割と言われている)体の不調は腸内環境の悪化が原因です。 「下痢の原因」の記事一覧•

次の

マイプロテインを飲んで下痢や便秘になったときの対処法|TOBABLOG

ソイプロテイン 下痢

プロテインメーカーの副作用に関する見解 まずはプロテインメーカーが公式に発表している副作用に関する見解を見てみましょう。 海外の人気メーカー「MyProtein マイプロテイン 」によると、 腎臓、骨密度、肝臓および心臓血管系の健康への影響に関する主張は、すべて科学的に疑問があるか完全に反証されています。 引用: プロテインの副作用については完全に否定しています。 また、今回挙げていない他のプロテインメーカーも、 プロテインの副作用については完全に否定しています。 では、「プロテインには副作用がある!」というのはなぜ言われるのでしょうか?よくある誤解とともに、以下で詳しく解説していきます。 プロテインでよく挙げられる7つの副作用とデメリット プロテインの副作用としてよく言われる7つの項目に関して詳しく解説していきます。 以下、クリックで詳しいところに飛びます。 気になる部分をチェックしてください。 プロテインでよく挙げられる7つの副作用• 肝臓や腎臓などの内臓に負担がかかる? A: プロテインを飲むことによる肝臓や腎臓などの内臓への副作用は 医学的に証明されていません。 厚生労働省が公表している栄養素の摂取目安量においても、タンパク質の摂取上限量が設定されていないことから、 タンパク質の過剰摂取(プロテインの飲み過ぎ)が副作用を起こすことはほぼ考えられません。 現時点ではたんぱく質の耐容上限量を設定し得る明確な根拠となる報告は十分ではない。 以上より、耐容上限量は設定しない 引用: また、内臓への副作用があると言われている理由としては、純粋に過剰摂取が良くないという考えに基づいています。 タンパク質に限らずほとんどの栄養素は、必要量を超えて過剰摂取をすると人体にとって有害になります。 タンパク質の過剰摂取が人体にとって有害になるという医学的証明はありませんが、肝臓などに負担をかける可能性があるため、世間では「プロテイン=肝臓に負担をかける」と言われているのです。 からタンパク質の摂取目安量を計算すると、体重あたり1g前後が摂取目安量になります。 例えば、体重が70kgの男性であれば、1日のタンパク質摂取目安量は70gです。 ただし、これは普段運動や筋トレをしない人の場合です。 負荷の高い筋トレをする場合は体重あたり1. 2〜2gのタンパク質を目安としましょう。 身長が伸びなくなる? A:プロテインを飲むことで身長が止まるということは一切ありません。 そもそも、 プロテインは筋肉をつけるためのものではなく、筋肉の材料になるプロテインを摂取するための補助食品。 実は、骨の成長にはタンパク質が不可欠で、 身長を伸ばすためには十分な量のタンパク質を摂取することが大切です。 厚生労働省が出しているタンパク質の摂取目安量は、• 5〜2g」• また、子供向けに売られているジュニアプロテインには、タンパク質だけではなく 成長のために必要なビタミンやミネラルなどがバランスよく配合されているので、成長期の子供に飲ませるのはおすすめです。 下痢などお腹の調子が悪くなる? A:プロテインを飲むと下痢になったりお腹がゴロゴロするという副作用がある人は多いです。 プロテインを飲んで下痢になるのは 「乳糖不耐症」が原因の可能性が高いです。 生まれつきの体質で、牛乳などの乳製品に含まれる糖分(=乳糖)を吸収できない人は一定数います。 そのような乳糖不耐症の方がプロテインを飲むと、下痢になったりお腹がゴロゴロしたりという副作用を感じるのです。 【参考】 プロテインを飲んで下痢になる原因を徹底解説 4. 腸内環境が乱れて便秘になる? A:プロテインによる便秘という副作用はあります。 プロテインの主成分であるタンパク質は、アミノ酸に分解された後、主に小腸で吸収されます。 悪玉菌はもともと腸内にいるものですが、数が増えすぎると腸内環境が乱れ、 結果として便秘になる可能性はあります。 対策として、ソイプロテインを飲むのがおすすめです。 ソイプロテインは「植物性タンパク質」から作られているため、上記のように悪玉菌が増えていく危険性はありません。 ただし、動物性タンパク質を含むプロテイン(ホエイプロテイン)を1日1〜3回飲む程度であれば、プロテインが腸内環境を乱すという副作用はありません。 体脂肪が増えて太る? A:プロテインの飲み過ぎによっては、カロリーの過剰摂取になり、体脂肪が増えて太る可能性はあります。 プロテインは「高タンパク低カロリー」を代表する補助食品ですが、カロリーが0なわけではなく、1食あたりのカロリーは100kcal前後あります。 1日に何度も飲めば、その分カロリーも摂取することになるので注意が必要です。 特にと呼ばれる、 体重を増やすことを目的としたプロテインはカロリーが多いため、過剰摂取すると太ります。 逆に、 太りたいのであればウェイトアッププロテインを積極的に飲むのもいいでしょう。 もちろん、普段の食事できちんとした栄養バランスの良い食事をとることは欠かせませんよ。 【参考】 ガリガリの体から簡単に太る方法&おすすめプロテイン 【参考】 ガリガリ体型から太るための筋トレメニュー 6. 抜け毛が増える? A:プロテインを飲むことで抜け毛が増えるという副作用はありません。 プロテインの副作用で抜け毛が増えると思っている方も多いですが、全くのウソ。 このようなウソの噂が流れている理由としては、 プロテインとステロイドなどの筋肉増強剤を混同している可能性が高いです。 むしろ、タンパク質は髪の毛の主成分でもあり、 プロテインを飲むことで髪の毛にとってプラスとなる栄養が補給されます。 もちろん、薄毛が改善されるというような効果が実証されているわけではありません。 ドーピング検査に引っかかる? A:粗悪品によっては、ドーピングで陽性反応が出ることが稀にあります。 プロテインの過剰摂取による副作用とは関係ありませんが、 粗悪品のプロテインには表示成分に記載のない成分が入っていることが稀にあります。 不純物や有害物質の混入による健康被害をはじめ、アスリートにとってはドーピングも気をつけなければいけない点です。 ドーピング検査で引っかかった場合、表示成分になかったからという言い訳は一切通用しません。 海外産の安いプロテインにはドーピングで引っかかる成分が含まれていた…という事例もあるので注意しましょう。 【参考】 海外産の人気プロテインを総まとめ まとめ:プロテインに副作用はないので安心して飲もう! プロテインと副作用の関係は理解できましたか? プロテインの過剰摂取による肝臓や腎臓への副作用、抜け毛が増えるなどの心配はありませんが、カロリーの過剰摂取や粗悪品によるドーピングの危険性はあります。 「安かろう悪かろう」ではありませんが、価格だけでプロテインを選ぶのではなく、きちんとしたメーカーが作ったものかどうかをプロテイン選びの基準にしましょう。 【参考】 プロトレーナーが本気で選ぶプロテインのおすすめランキング 【参考】 プロテインは飲むタイミングで効果が変わる!? 【参考】 タンパク質摂取にはプロテインバーも活用しよう.

次の