辛い物食べてお腹痛い 対処法。 辛いものを食べた後の胃痛、腹痛予防や対処法 効果のある胃薬や漢方は?

辛いもので下痢になった!この対処法でスッキリ簡単に下痢を克服!

辛い物食べてお腹痛い 対処法

夏になると冷たい食べ物を欲する人は多いでしょうが、なかには「暑い夏だからこそ熱いものが食べたい! 辛い物が欲しくなる!」という人も少なくないでしょう。 筆者のかつての同僚がそうでした。 猛暑日が続く中、昼休みになると毎日のように社員食堂でカレーライスを注文し、それに大量の七味唐辛子をふりかけて食べていました。 額に玉のような汗を浮かべて「はふはふ」と言いながら激辛カレーを頬張る同僚を横目に、筆者は冷やし中華を食べていたのを思い出します。 また、別の知人はタイへ旅行に行った際、辛い物を食べすぎて腹痛になりました。 下痢が治まらず、病院で診てもらったところ、胃の内壁がただれていたということがあります。 普段から辛い物を多く食べているメキシコでおこなわれた調査によると、唐辛子の摂取量と胃癌のリスクは比例するというデータも。 やっぱり、辛い物、刺激が強い物を食べ過ぎると腹痛になってしまうのでしょうか。 ここでは辛い物を食べ過ぎると腹痛になるメカニズム、そして知って得する治す方法、予防法などをご紹介します。 じつは「胃酸」が関係しています。 何らかの理由で胃酸の分泌量が増えると、胃や食道を痛めることがあります。 唐辛子には、少量であれば胃酸の分泌を抑え、食欲を増進させる効果があると言われていますが、 食べ過ぎると逆に胃酸の分泌を促進してしまい、結果、胃や食道を痛めてしまうことがあるというのです。 「ストレスで胃が痛くなった」という話を聞きますが、これも胃酸が多量に分泌されている状態ですから、 ストレス発散のために辛い物をドカ食いすることは明らかに無謀と言えるでしょう。 味覚に分類されない「辛味」は、実は〇〇だった! 人間の味覚は大きく5つに分類されます。 塩味 つまり、「辛味」というものは存在しないのです。 私たちが 辛い物を食べて「辛い」と感じるのはじつは「痛み」なのです。 口内炎ができたときに痛いと感じるように、口の中には痛みを感じる神経がたくさんあり、辛い物を食べたとき、その痛みの感覚を「味覚」と錯覚してしまっているだけなのです。 そう考えると、辛い物を食べてお腹が痛くなるという現象も、なかば当然のことのようにも思えます。 辛い物と一緒に口にしないほうがいいものとは? 辛い物を食べても、少しくらいの腹痛ならすぐに治まりますから、それほど気にならないでしょう。 しかし、いつまでも下痢が続く、胃腸の痛みが治まらないという場合があります。 中にはお尻までヒリヒリするといった症状を訴える人もいるようです。 そんな強い症状を訴える人の多くは、 唐辛子などの辛い物と合わせて、脂っこいものやアルコール類を摂取しているものです。 唐辛子の辛み成分であるカプサイシンが脂溶性であるため、油やアルコール類とうまく溶け合って、口から肛門に至る消化器官全体に行き渡ってしまいます。 その結果、口内炎ができたり、胃腸が痛くなったり、お尻までヒリヒリしたりするわけです。 ときには肛門の炎症がもとで痔になる人もいるそうです。 辛い物と脂っこいもの、アルコール類というのはセットみたいなイメージを持ってしまいがちですが、体のことを考えると、じつは良くない組み合わせだということなのです。 そんな人のために、辛い物で胃腸が痛くならないための効果的な予防法や、なってしまったときの対処法をご紹介したいと思います。 水よりヨーグルトのほうが効果的 水を飲んでも辛さやヒリヒリ感が治まらないことがよくあります。 これは、唐辛子に含まれるカプサイシンが水に溶けにくい性質を持っているからです。 そこで効果的なのが カゼインを豊富に含む乳製品です。 激辛料理を食べる前や食べている途中に ヨーグルト、牛乳、チーズといった乳製品を摂取してみましょう。 カプサイシンによる刺激をやわらげてくれる可能性大です。 緑茶やコーヒー、ワインでも効果あり 乳製品は苦手。 牛乳を飲むと下痢をする。 そういう方も少なからずいらっしゃいます。 そんな場合は、緑茶やコーヒー、ワインを試してみてはいかがでしょうか。 タンニンを含む飲み物には整腸作用があると言われています。 乳製品のようにカプサイシンによる刺激をやわらげてくれる効果はありませんが、胃腸環境を整えて、辛さによる影響を多少は軽減してくれると思います。 また、お酢やレモン、ライムなどの酸味は、辛さをやわらげてくれます。 お腹が痛くなった時の対処法 実際にお腹が痛くなってしまったときは、それに見合った処置をするしかありません。 市販の胃腸薬や整腸剤を服用し、合わせて消化の良いものを食べるようにしましょう。 おかゆ• 温野菜• 卵料理• 白身魚• 脂身の少ない肉料理 これらが一般的には良いと言われているメニューです。 他に、整腸作用のある リンゴを食べるのもいいでしょう。 辛い物を食べてお腹をこわしたとしても、普通はそれほど心配ありません。 下痢も1~2日ほどで治まります。 それでも症状が改善されない場合は、すみやかに医療機関を受診するのが賢明です。 まとめ 辛い物って「後を引く美味しさ」がありますが、体に負担のかかるものを多く食べていると、健康被害のリスクもそれなりに大きくなるでしょう。 ですが前もって効果的な予防法や対処法を知っておけば、リスクは軽減されるかもしれません。 この記事の内容が少しでもお役に立てばと願っております。

次の

辛いもので下痢になった!この対処法でスッキリ簡単に下痢を克服!

辛い物食べてお腹痛い 対処法

SPONSORED LINK 辛いものを食べてお腹が痛くなるのは、大抵カプサイシンをふくんでいる「唐辛子」を食べた時だろう。 早いところ治してしまいたい! お腹が痛くならない食べ方はないものだろうか? 今回は 辛いものを食べて腹痛になった時の原因と対処法、そして 摂り過ぎるとどうなるか を見ていく. 目次 ・辛いものを食べるとなぜ腹痛になるか? ・「辛味」は「痛み」 ・痛い時の対処法 ・食べ過ぎると癌のリスクがある? スポンサードリンク 辛いものを食べるとなぜ腹痛になるか? なぜ辛いもの、主に唐辛子を食べた時に腹痛が起こるのだろう? 実は唐辛子には、 少ない量であれば 、胃酸の分泌を抑え、食欲を増進する効果がある。 しかし 摂り過ぎると 胃酸の分泌を促進し、胃や食道を痛めることになってしまうのだ。 さらに、ストレスも胃酸の分泌を促進する効果がある。 ストレスで胃が痛くなった経験がある人もいるだろう。 この二つは同じ原理で腹痛を起こしている。 一番いけないのは、「ストレスが溜まったから辛いものをドカ食いする!」ということだ。 ストレス + 辛いもの = 胃酸の過剰分泌 こうなってしまうと厄介。 「単なる食べ過ぎで胃が痛くなったんだろう」と考えてしまう場合があるからだ。 ストレスを発散できるなら、ちょっとくらい胃が痛くなってもいい。 こう考えるようになると非常に危険。 後に説明するが、病気のリスクも高まってしまう。 「辛味」は「痛み」 実は「辛味」と言うのは「味」ではなく「痛み」だった。 「味」に分類されるのは以下の5つ。 辛味は含まれていない。 口の中に口内炎ができた時に感じるように、口には痛みを感じる器官も備えている。 「辛み」を「味覚」と感じてしまう人がいるのもこのためだ。 痛い時の対処法 胃の中を刺激物から守るようにコーティングしておけば、腹痛の大きさも軽減できる。 特に効果があると報告があったものは、 辛いものを食べる前に牛乳を飲んでおく ヨーグルト、チーズでも可 これは、食べてしまった後でも効果は期待できる。 実は唐辛子のカプサイシンは水に溶けにくい!よって水を飲んでも腹痛は治まらないのだ。 食べ過ぎると癌のリスクがある? 辛いものが好きで知られるメキシコでこんな調査が行われた。 唐辛子を一日9~25本分食べた人と、 唐辛子を一日0~3本しか食べなかった人 この二つの場合では、どちらが胃がんになりやすいだろうか? 結果はこうなった。 71 倍高い! 最悪の事態を招く確率が1. 71倍になる だからストレス発散目的で辛いものを食べると取り返しの付かないことになる場合もある。 また、女性に比べ、男性の方が胃腸は弱い傾向にある。 男性は特に気をつけよう。 余談 中でも管理人が盲点だったのは「辛味」とは「味」の一種ではなく「痛み」の仲間だったということだ! 辛いものは我慢大会でも使われているが、やせ我慢してベストを尽くしてまで食べるものではなかったということ。 最近の人気記事• 328,897ビュー• 231,284ビュー• 229,640ビュー• 199,762ビュー• 168,495ビュー• 150,088ビュー• 115,588ビュー• 112,177ビュー• 68,320ビュー• 67,630ビュー• 61,026ビュー• 60,991ビュー• 57,995ビュー• 57,419ビュー• 54,524ビュー• 52,845ビュー• 48,315ビュー• 47,833ビュー• 47,644ビュー• 44,097ビュー• 38,704ビュー• 35,631ビュー• 27,612ビュー• 27,108ビュー• 25,713ビュー• 24,870ビュー• 23,045ビュー• 22,708ビュー• 18,692ビュー• 18,161ビュー• 17,994ビュー• 17,354ビュー• 16,338ビュー• 16,160ビュー• 15,781ビュー• 15,639ビュー• 15,176ビュー• 14,960ビュー• 14,597ビュー• 13,527ビュー• 13,005ビュー• 12,979ビュー• 12,328ビュー• 11,485ビュー• 10,443ビュー• 10,250ビュー• 9,968ビュー• 9,503ビュー• 9,227ビュー• 8,908ビュー• 8,825ビュー• 8,660ビュー• 7,630ビュー• 7,552ビュー• 7,418ビュー• 6,505ビュー• 6,503ビュー• 6,403ビュー• 6,337ビュー• 6,153ビュー 今までの人気記事一覧• - 376,099 views• - 253,934 views• - 232,817 views• - 208,962 views• - 185,778 views• - 168,002 views• - 137,726 views• - 130,504 views• - 79,538 views• - 78,322 views• - 73,079 views• - 69,228 views• - 68,148 views• - 64,489 views• - 62,492 views• - 61,597 views• - 60,558 views• - 59,467 views• - 53,029 views• - 50,923 views• - 45,081 views• - 44,758 views• - 39,892 views• - 36,994 views• - 32,170 views• - 30,379 views• - 30,371 views• - 29,751 views• - 29,359 views• - 25,408 views• - 24,294 views• - 24,080 views• - 22,043 views• - 21,989 views• - 20,868 views• - 19,900 views• - 18,069 views• - 17,420 views• - 17,281 views• - 16,748 views• - 16,522 views• - 16,462 views• - 15,951 views• - 15,549 views• - 15,301 views• - 14,363 views• - 13,908 views• - 13,873 views• - 13,756 views• - 13,419 views• - 13,309 views• - 12,840 views• - 12,647 views• - 12,070 views• - 11,311 views• - 11,121 views• - 10,620 views• - 10,308 views• - 9,894 views• - 9,856 views.

次の

食べ過ぎて胃が痛い!その対処の仕方と治し方やツボ

辛い物食べてお腹痛い 対処法

今回は腹痛の治し方についてご紹介します。 「お腹が痛い」という症状は誰もが一度は感じたことがあるはずですが、意外と対処法をきちんと知っている人は少ないのではないでしょうか。 「そこまで痛くないから大丈夫」「そのうち治まるはず」などと考えてしまいがちです。 しかし、腹痛も体のサインですので、放っておくことはとても危険です。 そこで当記事では• お腹が痛くなる場所• 腹痛の原因• 腹痛の種類と症状• すぐ病院を受診した方がいい腹痛は?• 病院では何科を受診する?• 家庭での腹痛の応急処置• 突然の下痢、便秘や冷えによる腹痛の対処法• 腹痛の予防法や食事について といった内容で、急な激しい腹痛が起こる原因と症状、そして、突然の下痢、便秘や冷えでお腹が痛い時に、すぐ痛みを緩和するにはどのように対処すればいいのかお伝えしていきます。 体内で発生した何かしらの異常を知らせる情報が、まず痛みの自覚症状として起こるとされています。 腹痛の原因も様々です。 胃や腸といった消化器系に起因するものだけでなく、循環器系、泌尿器系、婦人科系などに起因するものもあります。 上腹部でおこる腹痛 胃、十二指腸、胆嚢、膵臓などの痛感神経が集まる心窩部(みぞおち)に痛みを感じることが多いです。 中でも胃痛によるものが多いです。 下腹部でおこる腹痛 下腹部の痛みは腸の病気による原因がほとんどです。 中腹部(へそ周辺)の痛みは腸炎、右下腹部痛では虫垂炎が代表的です。 腸炎の場合には下痢の症状が伴うことが多いです。 左下腹部痛では大腸の病気が疑われます。 さらに、泌尿器系や婦人科系の病気の可能性も考えられます。 (2)ストレス 精神的ストレスだけでなく、エアコンをつけた時などの室内外の温度差による身体的ストレスは自律神経を乱し、胃腸の粘膜を傷つけ腹痛を起こす原因になります。 (3)過敏性腸症候群 過労や精神的不安、過度の緊張によるストレスから便秘や下痢などの便通異常や下腹部に強い痛みがあらわれます。 (4)冷えと下痢 人の体には体内に起きている生命の危機に対して防ごうとする機能、すなわち防衛本能が備わっています。 冷えにより体内の温度が低下すると、内臓の機能も低下し抵抗力も落ちてしまいます。 そこで、体内では腹痛や下痢という症状により体を内側から温めようとする防衛本能が働きます。 まず冷えによる下痢は、下痢をすることで体内から水分を出し、体内で熱を生み出し、熱を保ち、熱が低下しないようにするための防衛本能です。 次に冷えによるお腹の痛みは、「体が冷えていますよ!」という体のサインです。 それぞれの腹痛の特徴を見てみましょう。 内臓性腹痛 胃や腸管などの管腔臓器の収縮、伸展、拡張、痙攣によって発生する痛み。 内臓神経(自律神経)を介して感じる腹痛です。 痛みの部位が明確でなく、間欠的で「なんとなくお腹が痛い」という、鈍痛から激しい痛みまで幅広い痛みを訴えます。 内臓性腹痛の症状としては、悪心や嘔吐、冷や汗を伴うこともあり、ズキズキする痛みです。 体性腹痛 腹腔内臓器の炎症によって壁側腹壁や腸間膜が刺激されて発生する痛み。 知覚神経が刺激されて起こる腹痛です。 「ここが痛い」というように痛みの部位が限定されていて、持続的で刺すような鋭い痛みを訴えます。 体性腹痛の症状としては、一定の時間にわたって持続するうずくような痛みと鋭い痛みを伴います。 また、体を動かすと痛みが強くなることが多いです。 重症化すると、腹膜炎から腹膜刺激症状を認め、重症感染症による敗血症性ショックを起こすため、緊急手術が必要になります。 そこで、すぐに病院を受診した方がいい腹痛の主な症状例をご紹介します。 すぐに病院を受診した方がいい腹痛 ・急激にお腹が痛くなり痛みが持続する腹痛 ・トイレに行っても解消されない激しい腹痛 ・転げまわるような激痛を伴う腹痛 ・お腹の限られた部位の痛みが徐々にお腹全体の痛みへと変わる腹痛 ・食後に激しい吐き気や嘔吐、下痢を伴う腹痛 次の症状などを伴う腹痛の場合も早めに医療機関を受診してください。 ・高熱 ・吐き気や嘔吐 ・出血や下血 ・顔面蒼白 ・頻脈 ひんみゃく ・意識低下 激しい吐き気や嘔吐、下痢を伴う腹痛は食中毒の可能性 激しい吐き気や嘔吐、下痢を伴う腹痛は食中毒の可能性がありますので、抵抗力の弱いお子様やご高齢の方はすぐに医療機関を受診することをおすすめします。 もし腹痛の原因が食中毒である場合、下痢をすることは体がいち早くウイルスや細菌を体の外に排出しようとしている働きなので、むやみに止めてはいけません。 下痢止め薬をむやみに服用せず、医師の診断を受けてください。 病院では何科を受診する? 突然の腹痛が起きた時、「病院では何科にかかるのが良いの?」と、迷ったり分からない事もあります。 特に深夜になると多くの病院は診療を終了しているので、とても不安な気持ちになります。 一般に、腹痛が起きる原因として消化器官の異常が原因であることが多いため、まずは消化器内科を受診するのもよいです。 ただし、腹痛の原因として、内科的要因、外科的処置が必要な場合、婦人科の疾患の場合など、さまざまな臓器の病気が原因となっている可能性もあります。 腹痛の原因に身に覚えがなく、何科を受診すればいいのか全く分からない場合は、総合病院の受付で症状を話して、何科を受診すればいいのか教えてもらのがよいでしょう。 その病院で可能な診察や処置を受けて、さらに治療が必要な場合や原因が分からない場合は、どこを受診すればいいのか聞いたり、紹介状を書いてもらえるはずです。 女性の場合には、痛みの他に出血などの症状が伴う場合には、婦人科もある病院を選ぶことをおすすめします。 また、上記の 「すぐに病院を受診した方がいい腹痛」に該当する場合、自力で病院に行けないほど痛みや症状が悪化している場合は我慢し過ぎず、救急車を呼んでください。 医療機関で適切な処置を受けるためのポイント 病院で適切な処置を受けるためにも、腹痛を訴えるポイントをメモなどして医師に伝えましょう。 ・痛む場所 ・痛み方と度合い ・痛みの間隔 ・下痢や嘔吐など腹痛以外の症状 腹痛の症状をできるだけ詳しく伝えることで、受診すべき科目の判断がしやすくなりますし、適切な診断や治療につながります。 なお、上記でご紹介した「すぐに病院を受診した方がいい腹痛」の症状に当てはまらなくても、腹痛が何日も続く場合や繰り返される場合は、早めに病院を受診しましょう。 その2:服薬 医療機関で処方してもらう他に、市販薬を上手く使うことで、いち早く腹痛を抑える対処法もあります。 市販薬購入時は必ず、薬剤師に相談して症状にあった薬を選ぶことをおすすめします。 「ガスター10」は幅広く服用されているブロッカーです。 激しい腹痛の場合や薬を服用しても効果がみられない場合は、すぐに医療機関を受診してください。 ウイルスや細菌による下痢や吐き気を抑える市販薬 もし腹痛の原因がウイルスや細菌などの感染による場合、下痢の症状は体内のウイルスや細菌を体外へ排出する行為であるため、むやみに下痢を止めてはいけません。 市販の下痢止め薬をむやみに服用せず、早めに医師の診断を受けてください。 とは言っても、すぐに病院に行けない状況での激しい下痢や吐き気は辛いものです。 そこで感染性の胃腸炎の場合、ゆるやかな作用で腸の運動を改善する漢方薬や腸内の環境を整える整腸剤などの使用がおすすめです。 【正露丸】大幸薬品株式会社 ゆるやかな作用で腸の運動を改善する薬で、腸内環境を整えることで下痢や軟便を改善する薬です。 吐き気や嘔吐の症状改善にも適しています。 5才以上のお子さまから服用が可能です。 【柴胡桂枝湯(さいこけいしとう)】ツムラ漢方 風邪の中期以降の症状で、腹痛や吐き気を伴う「お腹にくる風邪」に適しています。 風邪だけでなく、胃腸炎に処方されることもあり、臓器の熱や炎症を鎮め、痛みを緩和する漢方薬として知られています。 体力が中程度又は虚弱気味の人に向いている薬です。 【新ビオフェルミンS錠】大正製薬 腸内環境を整える3種類配の乳酸菌を配合した市販薬です。 錠剤タイプと顆粒タイプがあり、錠剤は5才以上のお子さまから、顆粒は生後3か月を過ぎた赤ちゃんから服用できます。 妊娠中や授乳中の服用も問題ないとされています。 その3:家庭での応急処置 医療機関を受診したら、医師の指示に従います。 薬が出された場合は用法、容量を守り服薬を行います。 症状が治まったからといって、自己判断で服用を中止してはいけません。 ではここで、医療機関を受診する前、受診できない場合の応急処置についてご紹介します。 腹痛の応急処置方法 ・楽な姿勢で安静にする 服装を緩め、楽な姿勢をとり、静かな場所で安静にしましょう。 ・胃痛の症状がある場合は右側を下にして寝る 胃から腸への出口は体の右側にあります。 なので胃痛の症状がある場合は右側を下にして寝ると、食べたものが腸の方へ流れやすくなり消化促進の効果につながります。 ・吐き気や嘔吐の症状がある場合は横向きに寝る 幼い子や高齢の方は仰向けの状態でいると、もし嘔吐した場合に嘔吐物が気道を閉塞してしまう可能性があります。 横向きに寝かせてあげることで嘔吐物を詰まらせないようにしましょう。 ・下痢による脱水予防のため水分を補給する 体内の水分とイオンがバランスよくとれるスポーツドリンクやイオン飲料などがおすすめです。 この時、冷たいものは胃腸を刺激しやすいので、常温のものか少し温めるとよいです。 昔から「お腹が痛い時は温めるといい」と聞きます。 お腹を冷やしたことによる下痢や便秘が原因の腹痛には、お腹を温めるのも効果があります。 ・痛むお腹の場所を手の平で温める 手の平を、お腹の痛む場所にそっと当ててあげるだけでポカポカ温まり楽に感じます。 「手当」といわれるゆえんですね。 ・手の平でおへそ周辺をマッサージする 便やガスがたまってお腹が圧迫されて痛い場合は、手の平でおへそ周辺をゆっくり「の」の字を書くように優しくマッサージすると楽になります。 腹痛の原因がハッキリしない場合では、お腹を温めることは控え、医師の診断を受けてください。 その4:突然の下痢、便秘や冷えによる腹痛の対処法 急にお腹が痛くなった時、すぐトイレに行ける状況であれば、まずトイレに行きましょう。 下痢を伴う突然の腹痛の場合は、体内の毒素を排出しようとする体の防衛本能が働いている可能性があります。 下痢止め薬などを飲み、むやみに下痢を止めてしまうと、体内にある毒素が排出されず健康を害する可能性もあります。 しかしそうは言っても、電車の中だったり、会議中や授業中、出先でトイレが見つからないなど、いつでもトイレに行ける状況ばかりではありません。 そこで、突然の下痢と腹痛でトイレに行けない場合や便秘や冷えによる腹痛の時など、お腹が痛い時にすぐできる対処法をいくつかご紹介します。 ここがポイント! 気持ちを楽にしリッラクスすることで痛みを和らげるための深呼吸です。 息を吸う出す時間は、ご自身が苦しくなく楽にできる秒数で行ってください。 大腸は右外側にあり腸内の流れは時計回りですので、手の平で大きな「の」の字を書くイメージで反時計回りにゆっくり優しく大きくマッサージしましょう。 大腸は右外側にありますので、手の平で大きな「の」の字を書くイメージで時計回りに大腸に沿ってゆっくり大きくマサーッジしましょう。 丹田を温めることで内臓の動きが良くなり、体温も上がりポカポカして、お腹の痛みも少しずつ和らぎます。 冷えによる腹痛や生理痛におすすめです。 また、内臓が温まると腸の活動も促進されますので、便秘の時にもお試しください。 ハンカチなどで包むか衣服の上から使用し、長時間の使用は控えてください。 腹痛や便の状態など、症状に従って消化の良い食事をとるようにしましょう。 食べ物は基本的に温かく、柔らかいものが適しています。 おかゆや煮込みうどん、柔らかく煮た野菜などがおすすめです。 逆に脂肪分の多いものや刺激物、食物繊維の多い野菜類は控えましょう。 なお、下痢の症状がひどい場合の食事は便と同じ柔らかさのものが基本になります。 重湯やおかゆなど、お腹に負担をかけないもので経過観察します。 1日3食を規則正しく、適量を守って食べることが腹痛の予防に大切です。 また日頃から食物繊維を意識してとると便秘予防になります。 エアコンの効いた室内では、上着や膝かけなどで体温調節を行うとよいです。 また、体を内側から冷やさないために冷たい飲み物は控えましょう。 お気に入りの入浴剤でゆっくりお風呂に入る、好きな本を読んだり音楽を聴く、愛猫や愛犬と遊ぶ、寝る前に軽くストレッチを行うなど、1日のうち少しの時間でも簡単にできるストレス解消法を持ちましょう。 まとめ:「腹痛を緩和する6つの対処法」 いかがでしたか?「腹痛の治し方」をテーマにご紹介させていただきました。 最後にもう一度6つの対処法について確認してみましょう。

次の