クオズ。 【画像】BTSクオズのエピソードまとめ!餃子事件とは?テテとジミンのセルカ最高

BTSのクオズ(テテ&ジミン)の仲良しエピソード!餃子事件とは?

クオズ

BTSのテテとジミンのクオズって? ファンであれは言わずと知れたテテとジミンの仲。 韓国語で95のことを 「クオ」と読むため、二人は 「クオズ」と呼ばれています。 韓国では上下関係ははっきりしていて、年齢が上の人には敬語で「ヒョン」という年上の人に対する呼び方もあります。 BTSも一番年齢が上のジンから最年少のジョングクまで年齢はバラバラですがその中でも同い年というのは「友達」として特別な関係があるようです。 BTSテテとジミンの出会いは高校! テテとジミンはそれぞれ地方の出身。 二人とも高校のときにソウルに転向してきています。 テテは大邱の出身でジミンは釜山。 二人の高校時代についてはネットでも様々なエピソードがありますが、ちょっとご紹介します。 先にソウルの高校に転校してきたのはテテ。 ジミンとテテは同じ事務所で練習生としての日々を過ごしながら同じ高校へ通った。 先に転向していたテテはジミンが来るとき、ジミンと同じクラスになる子にジミンをよろしく!と話していた。 テテは高校でもかなりのイケメンで有名だった。 性格は昔から4次元の宇宙人、不思議くんでにぎやかな感じ。 ジミンは練習生時代から練習の虫。 といわれるほど朝から晩までダンスの練習漬けだったため学校ではいつも眠そうだった。 テテとジミンはクラスは違ったが、休み時間になるといつもテテがジミンの所へ来て一緒に売店へ行っていた。 大人気のBTSなので全部の情報が確かなものかはわかりませんが、ネットでは様々な心温まるエピソードがありました。 歌詞がもうファンにはたまらないものであり、ニヤニヤしてしまうやらウルウルきてしまうやら とにかく素敵。 LINEmusicのランキングでアルバム発表後の数日ONの次にランクインしていたのはこの曲でした。 BTSテテとジミンまとめ まだまだここでは紹介しきれていない魅力たっぷりなBTSのテテとジミンのクオズカップル。 最新アルバムのユニット曲を二人で歌うのが早く見たいです!! 喧嘩をしている動画などはありませんが、本人たちが語っていたように、ずっと昔から一番の仲良しであり、喧嘩もたくさんした二人。 FRIENDSの曲のようにこれからもずっとソウルメイトとして仲の良い姿を見ていたいです!!.

次の

BTS(防弾少年団)の反日発言はクオズ!?Tシャツにジミンが謝罪!

クオズ

クオズとは? メンバーやファンから『クオズ』という愛称で親しまれているテテとジミン。 クオズとは、韓国語で1995年生まれという意味。 韓国語で9は「ク」5は「オ」と読むことから、そこに英語の複数形である「ズ」をつけて、95年生まれの人達の事を「クオズ」と呼んでいます。 韓国語表記では「구오즈」。 その為、BTS以外のKPOPグループでも95年生まれのメンバーが複数いる場合、クオズという愛称で呼ばれていることが多いです。 BTSメンバーでは、ナムジュンとホソクが94年生まれ。 4は韓国語で「サ」と読むため2人は「クサズ」と呼ばれています。 全員がとても仲の良いBTSですが、5人のメンバーから見てもクオズの関係性は特別。 親友を超えたソウルメイトであり、1番のライバルで理解者。 そんな、深い絆で繋がっているテテとジミンの出会いについて見ていきましょう! クオズ(テテとジミン)の出会い テテとジミンの出会いは練習生時代の2012年、今から8年前になります。 テテが事務所に入ったのが2011年9月3日。 ジミンはそれから約8ヶ月後の、2012年5月15日にBTSの最後のメンバーとして入所しました。 fetus vmin selcas y'all — vm오로지 vminology 6人のメンバーが既に共同生活をしていたため、最後に1人で入っていくのはかなり緊張したかと思います。 しかし、初めてジミンが宿舎に訪れドアを開けてみるとそこにはパンツ一丁のテテの姿が! 「僕が初めて寮に来た時、テテがパンツだけ履いていました。 赤いパンツでした。 」と笑いながら衝撃的な出会いについて語るジミン。 それに対して「あれは僕の勝負パンツだったのに」と少ししょんぼりするテテ。 同い年ということもあり出会ってからすぐに意気投合、同じ高校に通い一緒の寮で生活していくうちに、ふざけたことから誰にも言えない悩み事まで、何でも話せる唯一無二の存在へと変わっていきます。 手紙の一部を紹介します。 「チームにジミンがいたら、どうなると思う?と質問された時があった。 しばらく考えて苦しい時も、嬉しい時もいつもそばで一緒に笑って一緒に泣いてくれたのはジミンしかいない。 こういう友達と、ずっと一緒にいたいです。 一緒にデビューしたいです。 」 当時、ジミンだけが最後までBTSのメンバーとしてデビューできるのか決まっておらず、辛く苦しい日々を過ごしていました。 このテテの言葉が、ジミンのデビューを後押ししたのかもしれません。 そう思うと同い年の親友である2人が、BTSとして同じグループで活動しているのは運命的です。 hatenablog. そして、ごめんね。 いつももらってばかりで。 ぼくがトイレで泣いてたら一緒に泣いてくれて。 夜中にこっそり抜け出して、一緒に笑ってくれて。 気遣ってくれて、考えてくれて、僕のために努力してくれて、理解してくれて、悩みを聞いてくれて、とても足りない友達を好きでいてくれて、これからも長く花道を歩こう。 愛してるよジミン。 」 今にも泣き出しそうな顔で手紙を読む姿に、ファンに見せてくれているクオズの歴史はほんの一部であり、この先誰も知ることのない2人だけのかけがえのない思い出がたくさんある事を感じました。 テテは人とは少し違う言動や行動をとることが多く、四次元とも言われるユニークな一面があります。 そのため、自分の事を理解してもらえないという、悲しい経験も今までにあったのかもしれません。 テテは別のインタビューで「ジミンは僕の出会った中で一番暖かい人」と答えています。 テテにとってジミンは全てを理解して包み込んでくれる、唯一無二の親友であることが伝わってきますよね。 hatenablog. 感動もたくさん貰うし。 そんな時にあぁこの子がぼくの友達でよかったって思うんですよ。 だから僕もありがとうって言いたいけど、、」と恥ずかしがりながらも、テテからの素直な思いを聞いて僕もお前に支えられたと、伝えます。 ソウルメイトだと認め合う2人ですが、いつも一緒にいるという訳ではなく、大事な場面に必ず寄り添い合うようなそんな関係性です。 本当にお互いの存在が大切で、テテとジミンにしかわからないたくさんの思いに、涙なしでは見られないエピソードです。 お揃いのネックレス クオズはお揃いのアクセサリーや衣服を身につけていることも多いです。 その中で、今回はネックレスについての2人のエピソードを紹介します。 ジミンと一緒にニューヨークで買いました。 」と嬉しそうに紹介するテテ。 周りにいるメンバーもポカーンとしていることが多いです。 笑 見ている側も困惑してしまう様な、何をしているのか、これはどんな内容なんだ?と不思議で仕方ない2人だけの寸劇。 本当にお互いが楽しそうで、クオズを見ていると気が合うってこういうことなんだなと感じます。

次の

BTS「Friends」歌詞和訳カナルビ!クオズが友達に込めた思い

クオズ

クオズとは? メンバーやファンから『クオズ』という愛称で親しまれているテテとジミン。 クオズとは、韓国語で1995年生まれという意味。 韓国語で9は「ク」5は「オ」と読むことから、そこに英語の複数形である「ズ」をつけて、95年生まれの人達の事を「クオズ」と呼んでいます。 韓国語表記では「구오즈」。 その為、BTS以外のKPOPグループでも95年生まれのメンバーが複数いる場合、クオズという愛称で呼ばれていることが多いです。 BTSメンバーでは、ナムジュンとホソクが94年生まれ。 4は韓国語で「サ」と読むため2人は「クサズ」と呼ばれています。 全員がとても仲の良いBTSですが、5人のメンバーから見てもクオズの関係性は特別。 親友を超えたソウルメイトであり、1番のライバルで理解者。 そんな、深い絆で繋がっているテテとジミンの出会いについて見ていきましょう! クオズ(テテとジミン)の出会い テテとジミンの出会いは練習生時代の2012年、今から8年前になります。 テテが事務所に入ったのが2011年9月3日。 ジミンはそれから約8ヶ月後の、2012年5月15日にBTSの最後のメンバーとして入所しました。 fetus vmin selcas y'all — vm오로지 vminology 6人のメンバーが既に共同生活をしていたため、最後に1人で入っていくのはかなり緊張したかと思います。 しかし、初めてジミンが宿舎に訪れドアを開けてみるとそこにはパンツ一丁のテテの姿が! 「僕が初めて寮に来た時、テテがパンツだけ履いていました。 赤いパンツでした。 」と笑いながら衝撃的な出会いについて語るジミン。 それに対して「あれは僕の勝負パンツだったのに」と少ししょんぼりするテテ。 同い年ということもあり出会ってからすぐに意気投合、同じ高校に通い一緒の寮で生活していくうちに、ふざけたことから誰にも言えない悩み事まで、何でも話せる唯一無二の存在へと変わっていきます。 手紙の一部を紹介します。 「チームにジミンがいたら、どうなると思う?と質問された時があった。 しばらく考えて苦しい時も、嬉しい時もいつもそばで一緒に笑って一緒に泣いてくれたのはジミンしかいない。 こういう友達と、ずっと一緒にいたいです。 一緒にデビューしたいです。 」 当時、ジミンだけが最後までBTSのメンバーとしてデビューできるのか決まっておらず、辛く苦しい日々を過ごしていました。 このテテの言葉が、ジミンのデビューを後押ししたのかもしれません。 そう思うと同い年の親友である2人が、BTSとして同じグループで活動しているのは運命的です。 hatenablog. そして、ごめんね。 いつももらってばかりで。 ぼくがトイレで泣いてたら一緒に泣いてくれて。 夜中にこっそり抜け出して、一緒に笑ってくれて。 気遣ってくれて、考えてくれて、僕のために努力してくれて、理解してくれて、悩みを聞いてくれて、とても足りない友達を好きでいてくれて、これからも長く花道を歩こう。 愛してるよジミン。 」 今にも泣き出しそうな顔で手紙を読む姿に、ファンに見せてくれているクオズの歴史はほんの一部であり、この先誰も知ることのない2人だけのかけがえのない思い出がたくさんある事を感じました。 テテは人とは少し違う言動や行動をとることが多く、四次元とも言われるユニークな一面があります。 そのため、自分の事を理解してもらえないという、悲しい経験も今までにあったのかもしれません。 テテは別のインタビューで「ジミンは僕の出会った中で一番暖かい人」と答えています。 テテにとってジミンは全てを理解して包み込んでくれる、唯一無二の親友であることが伝わってきますよね。 hatenablog. 感動もたくさん貰うし。 そんな時にあぁこの子がぼくの友達でよかったって思うんですよ。 だから僕もありがとうって言いたいけど、、」と恥ずかしがりながらも、テテからの素直な思いを聞いて僕もお前に支えられたと、伝えます。 ソウルメイトだと認め合う2人ですが、いつも一緒にいるという訳ではなく、大事な場面に必ず寄り添い合うようなそんな関係性です。 本当にお互いの存在が大切で、テテとジミンにしかわからないたくさんの思いに、涙なしでは見られないエピソードです。 お揃いのネックレス クオズはお揃いのアクセサリーや衣服を身につけていることも多いです。 その中で、今回はネックレスについての2人のエピソードを紹介します。 ジミンと一緒にニューヨークで買いました。 」と嬉しそうに紹介するテテ。 周りにいるメンバーもポカーンとしていることが多いです。 笑 見ている側も困惑してしまう様な、何をしているのか、これはどんな内容なんだ?と不思議で仕方ない2人だけの寸劇。 本当にお互いが楽しそうで、クオズを見ていると気が合うってこういうことなんだなと感じます。

次の