マイクロソフト 売上。 日本マイクロソフト株式会社の決算/売上/経常利益を調べ、世間の評判を徹底調査

グラフ有▷日本マイクロソフトの売上高と業績推移 財務諸表の内訳を分析

マイクロソフト 売上

【はじめに】 マイクロソフト(MSFT)を分析してみました。 言わずとしれた Windowsを武器に世界を牛耳るIT企業です。 かつては抱き合わせ販売を武器に、世の老人達から「Windows PC」という負の遺産を用いて金を巻き上げました。 ここ最近ではクラウド事業にシフトしてきて復活を遂げつつあります。 先日は、アマゾンを抜き時価総額トップに返り咲きました。 今ではWindowsやOfficeのない環境は考えられません。 ゲイツのもたらした革命は世界を変えました。 今になってもゲイツは侮れません。 今後もITをリードしていくことでしょう。 Windowsは麻薬のようなものです。 もはや Microsoftのない世界は考えられないでしょう。 2000年のITバブル以降は低迷気味でしたが、ここ数年で急上昇が見られます。 クラウド事業に舵を切ったことが功を奏したのでしょう。 安定的に収益を稼げるセグメントがあるのは良いことです。 Azureが絶好調で稼ぎ頭に成長しつつあります。 Windowsに頼ることを脱却し、今後のITを考えると稼ぎ頭になること間違いないセグメントですね。 青:Mcrosoft• 黄:NASDAQ• 特に2015年頃からは勢いを増して急上昇していますね。 勢いは今後も衰えることはないでしょう。 株価がもし大暴落したときは全力で買いに走りましょう。 【Microsoft(MSFT)マイクロソフトの売上】 スポンサーリンク まずは売上を見ていきたいと思います。 緩やかですが確実に売上を伸ばしています。 今後も継続的に売上更新を期待します。 WindowsやOffice、サーバー製品など、特に企業から安定的に搾取できる商品を持っているのがMicrosoftの強みです。 搾取相手は日本だけにとどまらず、PCを使う世界中の人たちから金をむしり取れる構造を築き上げたゲイツは称賛されるべきでしょう。 【Microsoft(MSFT)マイクロソフトのEPSと配当金額】 Microsoftも他のIT企業同様、以前は配当金を出していませんでした。 配当を払い出したのは10年ほど前からでしょうか。 これからはどんどん株主へ還元してもらいたいと思います。 配当金は毎年着実に伸ばしてきていますね。 もっと配当金額を上げてもらいたいですね。 EPSはまばらですね。 【Microsoft(MSFT)マイクロソフトの配当性向】 配当性向は直近では100%を超えています。 まだまだ余裕がありますから、どんどんと配当を出してもらいたいと思います。 スポンサーリンク 【Microsoft(MSFT)マイクロソフトの営業利益・純利益・営業利益率】 営業利益は一時落ち込むこともありましたが、着実に伸ばしてきています。 純利益は今ひとつ安定しません。 利益率はこれからどんどん上げていってもらいたいですね。 30%を常時超える営業利益率はさすがというべきです。 【Microsoft(MSFT)マイクロソフトのBPS】 BPSは確実に伸ばしています。 もっと伸ばしていってもらわないと困りますね。 【Microsoft(MSFT)マイクロソフトのキャッシュフロー】 キャッシュフローは素晴らしいです。 じゃんじゃん金を回してどんどん利益を稼ぎ、投資家に還元してもらいたいものです。 特にフリーキャッシュフローの伸び率には目を見張るものがあります。 【Microsoft(MSFT)マイクロソフトのPER・PBR・配当利回り】 PERは急激に上がってきています。 割安の粋をとうに超えて割高の域に入ってきています。 配当利回りはどんどん下がってきていますね。 とにかく利益を稼いで還元してもらいたいものです。 【Microsoft(MSFT)マイクロソフトのROEとROA】 マイクロソフトのROEを見てみましょう。 ROEは過去40%台という驚異の推移を見せていましたが、徐々に下げてきており現在は20%台をウロウロしています。 20%でも十分に高いのですが、ROEは継続的に伸びていくことが望ましいのでこの下落傾向は許容できません。 ROEを意識した経営をしっかりとやってもらいたいものです。 【Microsoft(MSFT)マイクロソフトの発行済株式数】 発行済株式数は年を追うごとに順調に減少してきています。 どんどん自社株買いをやってもらいたいと思います。 【まとめ】 さて、いかがだったでしょうかマイクロソフトは。 ゲイツの築いた麻薬的ソフトウェアWindows。 いまとなっては我々はマイクロソフトの製品なしでは生きていけない生活となっています。 堀を囲まれてしまいましたね。 他にもOfficeやAzure、Xboxなど、ITが進化し続ける昨今、お客となるカモは世界中にいます。 Microsoftにとって市場は全世界です。 IoTが進化をし始めた近年、これからもITは重要なツールの位置付けとなっていくことは間違いありません。 Microsoftにはしっかりと利益を上げてもらい投資家に還元してもらいたいですね。 非常に安定した経営を続けることのできる企業だと私は見ています。 日本企業のみならず世界に存在する企業のPCにはマイクロソフト製品が必ずと言っていいほどインストールされています。 つまりマイクロソフトにとって世界中がカモなのです。 2018年 1月:0円 2月:2,853円 3月:12,399円 4月:4,142円 5月:7,605円 6月:28,248円 7月:10,219円 8月:9,836円 9月:33,422円 10月:12,046円 11月:12,433円 12月:21,685円 2019年 1月:11,347円 2月:19,708円 3月:37,024円 4月:14,924円 5月:19,511円 6月:34,372円 7月:13,954円 8月:18,598円 9月:61,526円 10月:15,831円 11月:19,872円 12月:20,240円 2020年 1月:16,983円 (+50%) 2月:21,121円 (+7%) 3月:86,924円 (+135%) 4月:15,322円 (+3%) 5月:23,536円 (+21%) 6月:27,682円 (-19%) 7月: 8月: 9月: 10月: 11月: 12月:.

次の

マイクロソフト

マイクロソフト 売上

Microsoftを復活に導いたサティア・ナデラCEO マイクロソフトの株価は「これから更に伸長していくのではないか?」と専門家の間で噂されています。 それは、マイクロソフトのビジネス形態が顧客から長くお金を徴収し続けられるサブスクリプション・モデルに順調に移行しているからです。 サブスクリプションとは、アプリケーションやサービスに対する契約形態のひとつで、一定期間の使用期限やサポートを設け、その使用料に対しお金を払うモデルです。 たとえば、マイクロソフトの昔のビジネス形態は、OSやOfficeソフトの売り切り型で、一度製品を売ってしまったらユーザの次の買い替えまではマイクロソフトにお金が入らない状態でした。 しかし、クラウドやSaaS型サービス インターネット上で利用するアセットレスのサービス のOffice 365などでは、一定期間の使用料を支払うサブスクリプションが採用されており、ユーザはサービスを利用し続ける限り、マイクロソフトは定期的にお金を徴収することが可能となりました。 このモデルは売り切り型より、遥かに売上や利益率が高く、マイクロソフトの業績や株価を大きく押し上げています。 SPONSORED LINK サッパリ売れなかったWindows Vista マイクロソフトは、今でこそGAFAMともてはやされていますが、2000年代はオワコンと言われていました。 ただ、ビルゲイツが社長を退き、2000年台に突入すると、IT産業はインターネット全盛期を迎え、旧来のビジネス・モデルが通用しなくなったのです。 VistaというOSも大失敗し、人々はXPを使い続けました。 お金が全く入ってこなくなったマイクロソフトに対して、ユーザも株主も声を揃えて「このまま行くとマイクロソフトはジリ貧だ!」と言われたのです。 しかし、 現CEOのサティア・ナデラ氏が社長になってからと言うものの、OfficeをSaaSベースのOffice 365に切り替え、更にサーバをクラウドベースのAzureへ移行させることに成功しました。 これらは売り切りではなく、サブスクリプション型であるため、マイクロソフトは安定的な売上や利益を上げることが可能になったのです。 さらに、PC部門も独自ブランドのSurfaceを根気強く育ててきた甲斐があり、今や個人だけではなくビジネスシーンでも多く使われるまでに成長しました。 今後、多数の企業がアセット型のオンプレミス・システムから、アセットレス型のクラウドに移行してくることから、マイクロソフトは更に強い収益基盤を構築出来ると考えられています。 人々の生活インフラと化し、伸び代が大きいマイクロソフトは、GAFAMの中で最も有望な最有力銘柄と言っても過言ではありません。

次の

www.socialinterview.com:MSが過去最大の赤字転落、しかし実態は過去最高の黒字!? (1/2)

マイクロソフト 売上

注:Salesforce. 18年2月1日にAmazon. comが公表した17年10~12月期決算における「Amazon Web Services(AWS)」の売上高は51億1300万ドル(前年同期比44. 6%増)であり、パブリッククラウドの売上高でMicrosoftがAWSを上回った可能性が高い。 Microsoftはこれまで「Intelligent Cloud」事業部門の売上高は公表していたが、同事業部門の売り上げには「Microsoft Azure」だけでなく、オンプレミス用ソフトウエアなども含まれていた。 またMicrosoftにとってMicrosoft Azureに並ぶクラウド事業の柱である「Office 365」の売上高は「Productivity and Business Processes」事業部門に計上されていた。 そのためMicrosoftとAmazon. comの間でクラウド事業の規模を比較するのは難しかった。 一方のAWSも近年は、IaaSやPaaSだけでなく、SaaSの提供にも力を入れており、今回両社が発表したクラウド事業の数字を比較するのは妥当と言える。 米IBMが18年1月18日に発表した17年10~12月期決算ではクラウド事業の売上高は前年同期比30%増の55億ドルとなっているが、これにはプライベートクラウド用のハードウエア売り上げなども含まれており、MicrosoftやAWSのクラウド売上高とは比較できない。 ただしIBMは同時に、IaaSやPaaS、SaaSなど「As-a-service」の2017年通年の売上高が前年同期比20%増の103億ドルに達したと発表している。 com、Microsoft、米Salesforce. comに続き、IBMが4社目となる。 Google Cloudも四半期で売上高10億ドル超え 米Googleの親会社である米Alphabetはクラウド事業の売上高を公表していない。 しかしAlphabetが18年2月1日に発表した17年10~12月期決算に伴う電話会見でGoogleのSundar Pichai CEO(最高経営責任者)は、IaaSとPaaSである「Google Cloud Platform」とSaaSである「G Suite」からなる「Google Cloud」の売上高が初めて四半期で10億ドルを突破したと発表している。 17年10~12月期決算を発表したこれら4社と、決算期の異なるSalesforce. com、米Oracleのクラウド事業を勘案すると、AWSとMicrosoftが年間2兆円強の規模でトップを争い、Salesforce. comとIBMがl年間1兆円超で3位グループを形成し、OracleとGoogleが年間5000億円前後で上位を追いかけている構図が分かる。

次の