ウオチルドン。 ウオチルドンとは (ウオチルドンとは) [単語記事]

ウオノラゴン

ウオチルドン

ポケモン剣盾で登場した、新たなガラルの化石ポケモン。 その個性溢れる姿に対し、現在 11月20日 においてもなお、意見がSNSなどで飛び交っています。 可愛げがある。 結構好き。 個人的にツボ。 悪くないデザイン。 という肯定的な意見がある一方で、肉体の断面がグロテスクで気持ち悪い。 キメラは倫理観から逸脱している。 かわいそうだしひどい。 闇が深いし怖い。 復元ミスだ。 というような、否定的な意見もあるようです。 Twitterを見ていると、どうやら否定的な意見の方が多いようですね。 意見もさながら、そんな化石ポケモン達について様々な考察もされているようです。 元々あのような姿をしていた。 無理やりくっつけられたキメラポケモン。 図鑑の説明文に違和感がある。 というような考察です。 それぞれ1つずつ考えていきたいところではありますが、今回は、投稿者が有力であると考えている 「キメラではなく元々あのような姿で古代を生きていた」という説について考察していきたいと思います。 個人的見解を元に書きます。 なので、内容を真に受けたり鵜呑みにしたりせずに、リラックスして読んで頂けると幸いです。 化石ポケモンと図鑑の説明の考察 初めに述べた通り、これら化石ポケモンについては様々な意見があります。 図鑑の説明文さえもキメラ、つまりツギハギ状態だと指摘する方も多いようです。 例えばウオノラゴンについては、水中でしか呼吸出来ないというのに時速60キロ以上の速度で走れるという、矛盾した説明がされていることに疑問を持っているとのこと。 ただ、古代の生き物というのは、奇妙な特性を持っていたり進化を遂げていたりするものです。 現実の世界だと、全長1メートルを越えるほどの大きさをしていなから身を守る術を一切身に付けておらず、抵抗さえ出来ないまま補食されてしまったという柔らかい生物が過去に住んでいたと言いますし、エサとなるオウムガイやアンモナイトのヌメリ対策なのか、歯が渦巻き状に生えるという魚類もいました。 ならば、ポケモン世界の古代に生きていた化石ポケモンもまた、不思議な特性や進化をしていてもおかしくはありません。 姿はもちろん図鑑に書いてあることは真実であると、投稿者は推測しています。 キメラではないと思います。 ポケモンというゲームには、現実にいる、もしくは過去に存在した生き物や、事件などの出来事が度々反映されていたりします。 剣盾の化石ポケモンについては、以下のように想像出来ます。 パッチルドンは、エサの保管方法を考案し、それに合うように進化したものの、寒さによる動きの鈍さを解消出来なかった。 保存するためのエサさえまともに確保出来ず、他のライバルにエサを奪われ飢餓により絶滅したと考えられる。 パッチラドンは、ガッチリとした下半身を習得してライバル達と差をつけた。 強靭な下半身による素のパワーと、機敏に動く上半身から繰り出す電気技「でんげきクチバシ」によって敵無しであったが、エサを食べ尽くしてしまい絶滅した。 ウオチルドンは、正面からくる敵に備えて面を硬くした。 顔が逆さに付いているのは、上空から自分を狙う鳥類をいち早く察知して逃げるため。 顔は頑丈なので、前が良く見えなくて何かに衝突しても怪我をする心配はない。 泳ぐ速度自体はそれほど早くないと思われる。 なのでいち早く敵の居場所を確認する手段が必要になった。 しかし、エサを食べることや呼吸について疎かにしてしまったために絶滅してしまった。 ウオノラゴンは、水中から陸に上がるという進化の過程で地上を走ることが容易な体を手に入れたが、エラ呼吸は捨てられなかった。 そのため、呼吸を止めたまま陸を60キロ以上のスピードで走って獲物を顎で捕らえ、水中に潜って補食するという方法をとって暮らしていた。 次第にエサが無くなり絶滅してしまった。 頭部は、進化の過程において最適な位置であるとウオノラゴン自身が判断したため、あのような配置となった。 今作の醍醐味であるカレーを完食したことから、生物的な機能は正しく動いていることが判明している。 これらのポケモンに見受けられる断面は、進化の過程で不要と見なした体の部位が欠落した痕である。 例えばパッチラゴンは、余分な腰回りの部位を削ぎ落とすことで、少しでも体を軽くして身軽に動けるように進化した。 断面が外皮に覆われるという肉体的な治癒段階に進む前に、化石ポケモン達は絶滅してしまった。 なので、復元された際に断面がむき出しになっている。 …のように投稿者は考えています。 勝手な想像が含まれているので真に受けないでくださいね。 参考程度にお願いします。 ウカッツについて 以下の画像は、化石を復元した本人であるウカッツの話です。 トリの上半身。 サカナの頭。 リュウの体。 クビナガの体。 これらを、それぞれどのように組み合わせても復元が可能で、1つの個体として成り立つとのことです。 ここで気になったのが、ウカッツの発言です。 どのように合わせても復元出来るということに対し、謎であると断言しています。 ということは、これまでの化石ポケモンをデタラメに組み合わせても、復元することは不可能であるということです。 例えるならば、盾の化石に顎の化石を合わせてもポケモンにはならないということです。 しかし今回は、自由に組み合わせてもポケモンになる。 ならば、気持ち悪いとかグロテスクだとネットで騒がれている彼らの姿こそが、真の姿と考えることが出来ます。 ガラルに登場する化石だけが、適当に合わせても形になるというのは違和感があります。 そんな偶然が今回に限って起こるというのは出来すぎています。 そのため、上半身や下半身が見つからないのではなくて、あのアンバランスが組み合わせこそがガラルの化石ポケモンの元々の、本当の姿であると考えられます。 卵未発見について 卵が見つからない理由について、以下より考察します。 まず、前作までの化石ポケモンは、性別も存在し、異なる性別同士もしくはメタモンと掛け合わせることで繁殖させることを可能にしてきました。 ですが。 この記事によると、そんな化石ポケモン達は全て人の想像で作られている可能性があるとのことです。 例えば、ウルトラサンにおけるチゴラスという化石ポケモンの図鑑の説明によると おおアゴは すさまじい はかいりょく。 ふくげんさせても とうじと おなじ すがたでは ないという せつもある。 とのことです。 本当の姿なのかすら不明確なのだそうです。 振り替えってみてください。 過去の化石ポケモン達はどのようにして復元されていましたか? 化石の研究員に、体の一部分が閉じ込められた岩を渡すだけで、なぜか化石ポケモンの全身がほぼ完璧に出来上がりますよね? たった1つの琥珀から、どうやってプテラのようなポケモンを復元させたんですかね?アゴの化石1つから、如何にしてチゴラスを復元させたんですかね? 数パーセント判明している部分から、残りの無の部分を補うなんて「多分こんな感じだろーなー」と言ったように予想して復元させなければ不可能です。 過去の化石ポケモン達には、必ず岩タイプが付与されていました。 これはつまり、既存の岩石を使ってポケモンの体を繋ぎ合わせ、無理やり形成したからだと考えられます。 チゴラスで言えば、化石として発見されているアゴ以外のパーツは岩などで作られている可能性があるということです。 その姿について、予想することは出来ます。 現実世界においても、1本の動物の歯の化石から肉食、草食、全長などを概ね予想することは可能だそうです。 しかし、結局は予想の範疇にあります。 忠実にその姿を再現することはまず不可能です。 つまり、前作までの化石ポケモンは人の想像で作られた可能性があります。 生殖機能が後から付与され、だから性別も存在して卵を産んだり産ませたりすることも出来る。 結果的に、それらの化石ポケモンの卵が発見されるのでしょう。 剣盾の化石ポケモン達を見てみましょう。 性別どころか繁殖方法すら不明かつ、化石の復元以外の方法で増やせません。 いわゆるタマゴ未発見です。 ここで忘れてはいけないのが、化石ポケモンは太古に存在したポケモンであるということです。 当然ながら、恐竜とは異なる生き物です。 人が生まれる前から生息していた化石ポケモン。 姿は個性的であり、ならばその繁殖方法もまた、従来のものとは違う別の何かであると考えられます。 少なくとも、卵を使って個体を増やしていたことは無いでしょう。 卵未発見ですからね。 つまり新作の化石ポケモン達は、人の手が入っていると思われる、前作までの化石ポケモンとは異なる「完全体」であり、タマゴ以外の別の方法で繁殖をしていたのではないかと考えられます。 卵が発見されないのはそれが理由だと思います。 最後に この記事で取り上げたこと以外にも、剣盾の化石ポケモンについての考察や説は複数存在します。 化石ポケモンはキメラで、ウカッツが遊び半分でくっつけた。 これらのポケモン達は何かしらの共通点があり、それによってデタラメに合わせても復元できた。 従来通りに化石単体で復元すれば正確な形になるはず。 など多種多様です。 ゆっくり実況者として人気の高いレイえもん氏が、今作の化石ポケモンに関わる考察動画を投稿しました。 提示された様々なデータや、その説を裏付ける根拠によって掲げられた考察には説得力があり、さらに簡単な言葉で説明されているため非常に理解しやすい内容です。 みなさん、是非とも見てください。 しかし、この記事で詳しく紹介した説を含むそれらの情報を信じ込まずに、あくまで参考程度に留めておいてください。 どれが事実かなど、公式以外は知る由もありませんからね。

次の

ウオチルドンとは (ウオチルドンとは) [単語記事]

ウオチルドン

鎧の孤島攻略ガイド 注目記事• データベース• お役立ち• 人気記事• ポケモン図鑑 分類別• 世代別ポケモン一覧• ワイルドエリア 攻略情報• ストーリー攻略 攻略チャート• トレーナーバトル• お役立ち• 育成論• 新着育成論• 人気の育成論• パーティ レンタルパーティ• パーティの対策• 掲示板• お役立ち 初心者におすすめ• やり方・方法まとめ• 新要素 鎧の孤島からの新要素• 剣盾からの新要素• English Walkthrough Wiki 英語版)•

次の

ウオチルドンとは (ウオチルドンとは) [単語記事]

ウオチルドン

水・氷 複合 同タイプの中で目立った種族値はしていない。 ウオノラゴンはS75に対してこちらはC80 D90 パッチラゴンたちと同様なので略 こちらも何かしらでSを調整しないとエラガミが発動しにくい。 耐久型で運用しようにも同タイプラプラスのほうがステータスが高く総合耐久指数はあちらが上。 しかも絶対零度などの一撃必殺があり、先制技も持ち合わせている。 差別化としては怒りの前歯・鉄壁など アタッカーとしてみてもパルシェンのほうがダントツに強い。 しかし、殻を破る攻撃を受けるタスキで耐える先制技で倒される こちらは積むことはできないがHP90と高く耐久自体は可能だが、ラプラスとの差別化は無理 総合的に見てかなりきつい。 夢特性解禁すれば差別化は容易だろう。 夢特性 ゆきかき 天気が『あられ』の時、『すばやさ』が2倍になる。 7 持物 チイラ 特性 貯水 性格 冷静 技確定 フリーズドライ ゆきなだれ 怒りの前歯 こらえる・サイコファング ラプラス・パルシェン両方ゆきなだれを取得できる。 勿論チイラ補正で確1だが、ラプラス・パルシェン両方チイラを持たせてやる必要性がなく、他のアイテムで良い。 ラプラスは技スペがきつく、他に努力値やアイテム補強でまず選択肢にはならない。 パルシェンは選択肢にはいるがそもそも耐えられない。 フリーズドライはラプラスのみ ここでパルシェンとの差別化 怒りの前歯どちらとも覚えず、苦手な鋼相手に最高打点を与えられるここで差別化できる。 火力と耐久を見事に生かした型であると言えなくはないだろうか。 ウオチルドン メテオビームを習得、ハーブで ストーンエッジなどを習得出来るので無理して採用する必要性はない。 1%と非常に採用率が高く、上は取りたい。 補正アイテムがあればパワーウイップを耐えて逆に倒せる。 意地ギャラ パワーウイップA252 ウオチル H76 83. 両刀型ならゆきかき 戦慄ラプラス相手ならサイコファング アイアンヘッドなど ダイマ関係なしだと 凍える風・岩石封じ 他、ラプラス・パルシェン差別化及び耐久を削る怒りの前歯 対ドリュウズ型 特性 雪かき 持物 帯・タイプ強化氷 性格 控えめ 努力値 H252 S244 余りC フリーズドライ 波乗り・ハイドロポンプ オーロラベール 怒りの前歯 対ギャラ 特性 雪かき 持物 帯・タイプ強化氷 性格 控えめ 努力値 H252 C62 S196 H252 C10 D52 S196 確定 フリーズドライ 波乗り・ハイドロポンプ オーロラベール・サイコファング 怒りの前歯 耐久型 特性 アイスボディ 持物 食べ残し・回復実 性格 B又はD上昇 努力値 H252 B44 D52 あまりははBかD B優先 確定 怒りの前歯 鉄壁 フリーズドライ 守る・岩石封じ 一応作成 雪掻き型でエラガミ採用するなら能力増減なしの性格も一考 ギャラ相手の場合ならこれが可能、しかし、炎、地面はとにかく少なく基本複合であり、サイクル戦向けが多い エラガミ自体の火力は高いが、現状の環境だとピンポント採用な感じ、ダイマだと雨になって雪掻きが発動しないなど、デメリットもある この為上記の型では採用見送りとしている.

次の