マン ahl スマート レバレッジ 戦略 ファンド。 マンAHLスマート・レバレッジ戦略ファンド 愛称:スマレバ / 大和証券【投資信託(ミューチャル・ファンド)】

マンAHLスマート・レバレッジ戦略ファンド(愛称:スマレバ)

マン ahl スマート レバレッジ 戦略 ファンド

『スマレバ』マンAHLスマート・レバレッジ戦略ファンドの基本情報 投資対象は? スマレバの投資対象は株価指数先物、債券先物等に投資を 行い、独自の数量モデルを活用してポジションを構築します。 運用の特徴はは? スマレバには3つの運用上の特徴があります。 1つ目は効率的にリターンを積み上げるスマート・ レバレッジ戦略です。 リスクベースの資産配分とレバレッジ・コントロールを することで効率的にリターンを狙います。 リスクベースの資産配分というのは、簡単に言えば、 リスクの高いアセットクラスは少額しか保有せず、 リスクの低いアセットクラスは多く保有することで、 各アセットクラスの価格変動による影響を平準化する 効果があります。 リスクが低くなれば、レバレッジを高め、リスクが 高くなれば、レバレッジを下げることで、リスク 管理をしていこうというわけです。 これが本当にうまくできるのであれば、レバレッジを かけて運用する意味があるあもしれません。 株式と債券は基本的には異なる動きをしますが、時々同じ 方向に動くときがあります。 レバレッジをかけて運用するので、株式が下落しているときに、 債券まで下落するとかなり大きな下落となってしまいます。 そこで、10分刻みで米国株式先物と米国債券先物をモニタ リングし、もし同時下落の兆候があったときは、組み入れ 比率を大きく減らす運用をします。 下落による影響を最小限に抑えるわけですね。 さきほどは株式と先物が同時に下落した場合に備えるブレーキ でしたが、今度は単体でみたときのトレンドに対するブレーキです。 もし、株式相場が下落トレンドに入ることがわかれば、その 兆候を察知して、株式の組入比率を大きく下げるというわけですね。 今回はリスクに合わせてレバレッジもコントロールすると いうことで、果たしてどこまでうまく運用ができるのか期待ですね。 実質コストは? 私たちが支払うコストには、目論見書に記載の 信託報酬以外に、株式売買委託手数料や、保管費用、 印刷費用などが含まれています。 そのため、実際に支払うコストは、目論見書記載の額 より高くなるのが通例で、実際にかかる実質コストを もとに投資判断をしなければなりません。 今回、スマレバは面白い信託報酬体系となっています。 下図をみてください。 一見するとコストは割安に見えますが、目論見書を見ると、 実質コストは1. 成果報酬型の信託報酬というのは投資家からすれば歓迎 ですが、そもそも基準値が高ければ何の意味もありません。 ただ、これは相当うまく資産配分を変更できた ときのことだと考えたほうがよくここまで増える ことはまずありませんので、騙されないように してください。 最近はバックテストの結果を載せている販売資料が 多くなっていますが、あくまでも過去のデータを 用いての運用ですので、期待しすぎないようにしましょう。 業界の人間であれば、クオンツ運用といえば まずマンAHLが出てきます。 マンAHLを一躍有名にしたのがマンAHLダイバー シファイドというファンドです。 そういう意味でマンAHLのクオンツ運用であれば、 もしかしたら下落相場を事前に察知し、リスクコン トロールできるのでは?という期待を抱かせてくれます。 正直、今回のレバレッジコントロールが運用に どれくらい影響を与えるのか想像がつかないと いうのが正直なところですが、運用手法としては 興味深いので、今後の運用に注目をしたいと思います。 ただ、手数料は高いですので、運用状況を見てから 投資をすれば十分です。 くれぐれも早まって投資をしないようにしてください。

次の

マンAHLスマート・レバレッジ戦略ファンド:リスクリターン情報

マン ahl スマート レバレッジ 戦略 ファンド

また、目標ボラティリティ水準を維持することにより、あらゆる市場 環境において超過収益の獲得をめざしています。 4%(債券28. 8%)となっています。 現在は、新 興国、英国、米国、日本等の株式で ブレーキ機能が発動しています。 l世界の市場データをシステムで24時間徹底的に分析、管理することで、常に最適と考えられるポート フォリオを維持することをめざします。 マンAHLスマート・レバレッジ戦略ファンドのメリットデメリット 今回はマンAHLスマート・レバレッジ戦略ファンドを解説していきます。 まずは2019年10月の投資信託流入ランキングを見ていきましょう。 マンAHLスマート・レバレッジ戦略ファンドのメリットデメリットは堂々の4位にランクインしています。 9位のダブル・ブレインも同じくMan社のヘッジファンドですね。 ファンド名 運用会社名 月末純資産 1ヶ月 3ヶ月 6ヶ月 1年 1 ピクテ・グローバル・インカム株式 毎月分配 ピクテ投信 9,273 655 1,577 2,655 3,768 2 グローバル3倍3分法ファンド 1年決算型 日興アセット 3,145 544 1,528 2,387 2,928 3 グローバル3倍3分法ファンド 隔月分配型 日興アセット 1,662 324 879 1,355 1,585 4 マンAHLスマート・レバレッジ戦略ファンド 大和投信 327 323 — — — 5 東京海上・円資産バランスファンド 毎月 東京海上アセット 7,026 219 600 1,144 2,192 6 ダイワ・US-REIT 毎月決算 B為替H無 大和投信 5,952 200 368 608 474 7 グローバル・プロスペクティブ・ファンド 日興アセット 2,735 188 559 2,546 — 8 東京海上・円資産バランスファンド 年1回 東京海上アセット 2,633 168 473 872 1,441 9 ダブル・ブレイン 野村アセット 888 152 424 662 797 10 米国株式シグナルチェンジ戦略ファンド H無 三菱UFJ国際 148 148 — — — 11 AB・米国成長株投信Dコース H無 予想分配金 アライアンス・B 3,516 126 290 527 702 12 リスクコントロール世界資産分散ファンド アセマネOne 727 125 412 542 554 13 東京海上・宇宙関連株式ファンド H無 東京海上アセット 134 109 110 109 113 14 ダイワ J-REITオープン 毎月分配型 大和投信 3,248 105 414 780 1,290 15 フィデリティ・USリートB H無 フィデリティ投信 6,796 104 249 344 -75 16 ニッセイ・デンマーク・カバード債券 H有・資産成長 ニッセイアセット 391 89 177 285 359 17 投資のソムリエ アセマネOne 1,617 86 227 342 397 18 東京海上・グローバルヘルスケアREIT 毎月 東京海上アセット 337 82 190 269 302 19 ニッセイ 世界リートオープン 毎月決算型 ニッセイアセット 877 75 146 286 679 20 NWQフレキシブル・インカム H無 毎月決算型 三井住友TAM 464 75 142 278 454 21 テトラ・エクイティ 三井住友DSアセット 68 69 — — — 22 ピクテ・グローバル・インカム株式F 毎月 フレ ピクテ投信 303 68 174 243 283 23 米国株式シグナルチェンジ戦略ファンド H有 三菱UFJ国際 64 64 — — — 24 ダイワ 米国リート・プラス 毎月分配型 H無 大和投信 971 64 299 697 876 25 AB・米国成長株投信Bコース H無 アライアンス・B 781 64 142 220 232 マンAHLスマート・レバレッジ戦略ファンドってどんなファンド? イギリス大手ヘッジファンド会社Man社の独自の数量モデルをもとに、リスクコントロールを行いつつ、レバレッジを活用した運用戦略をとることであらゆる市場環境で超過収益の獲得を目指すファンドです。 ポイントは 1. 人間の勘ではなく、統計的なデータで運用しているよ 長期運用に適したリスク水準でより効率的にリターンの獲得をめざすGPIFや海外の年金運用と同じ10%程度のリスク水準を維持しながら、より効率的なリターンの獲得をめざします。 リスクベースでの資産配分*1とレバレッジ・コントロールで、あらゆる環境下において最適なポートフォリオを維持することをめざします。 最先端のシステムが世界中の市場データを24時間モニタリングし、収益機会の追求とリスク管理を徹底します。 常にリスクを意識して無茶な運用はしません 10%程度のリスク水準で効率的にリターンの獲得をめざす 最適なポートフォリオでも損失をさけられない局面において、運用資産を守るための2つのブレーキを備えます。 レバレッジを使ってインデックスには負けないように運用するよ Man社はいわゆる AI運用を世界的にも早い時期であるである1980年代から実用化した大手ヘッジファンド会社です。 ただしレバレッジを使っている点が異なるようです。 また 野村アセットマネジメントのダブルブレインとは中身が異なります。 当ファンドでは、「米国株式先物」と「米国国債先物」の価格変動を10分刻みでモニタリングします。 高頻度データの分析により同時下落の兆候とみられる異常値を察知した場合、瞬時にポートフォリオ全体の組入比率を削減(最大半減)する ことで、「株式と債券の同時下落」から資産を守ります。 リスクベース資産配分というのはリスクパリティ戦略といって欧州などでは割と人気の「リーリスクローリターン」型の資産運用ですね。 それをレバレッジ使ってリターン狙っちゃおうってことかな。 実際このファンドはファンドの種類が「追加型投信/内外/資産複合」となっており、バランス型ファンドの分類です。 Man社の得意とするクオンツのシステムを応用して、既存の運用方法を進化した手法ではあっても、下げ相場でもリターンを狙う 絶対収益型のファンドとは異なるといいうことですね。 しかもこの戦略自体まだトラックレコードが短く、どのような時に強いかは検証が困難です。 似たようなファンドでピクテのクアトロというダイナミックアセットアロケーション型のファンドも散々あおった挙句、 大して割合を変えることもなく 期待外れに終わっています。 ピクテのクアトロの実績は6年で10%の利益という散々な内容でした。 まだ日本ではダイナミックアセットアロケーション型のファンドでは決定打がありません。 海外ではキャナコード社のバランス型ファンドの実績が良いので、こういったファンドが出てきてくれるとダイナミックアセットアロケーション型のファンドにもいいものがあるといえると思います。 マンAHLスマート・レバレッジ戦略ファンドはまだまだ出始めたファンドです。 書いてある内容とは裏腹に割とオーソドックスなファンドで、今後メインストリームに来る潜在性は十分あります。 しかしまだまだ検証が必要なレベルなのであと3年ほど待ってから投資しても十分間に合うと思われます。 順張り手法は凸戦略、逆張り手法は凹戦略と呼んだりもします。 このファンドに関しては順張り手法と考えていいと思います。 逆に多くのダイナミックアセットアロケーション型以外の定率的に投資比率を決めているファンドは、 上がった資産を売って、下がった資産を買い増さないと投資割合が崩れてしますため、凹型戦略といえると思います。 専門家が届ける本物の資産運用術 資産運用は「手間なし」「簡単」とはいきません。 インデックス投資していればよいなどという、近年素人ブロガーを中心にアンチアクティブ投信の流れが続いていましたが、今後アンチインデックス投信の波も来るでしょう。 これはロングオンリーの従来のインデックス運用やアクティブ運用は近年発達してきている「リスク管理」という概念が抜けている、旧世代的な考えを中心としているためです。 資産運用の本質は「アクティブかパッシブか」というような小さな戦略の選択ではなく、株、債券リート、ヘッジファンドといった「資産配分」の選択とロングショート、レバレッジを含めた「大きな戦略」の選択です。 このサイトでは儲かるために必要な情報を厳選してお届けします。 ほかのサイトでは説明していないような株、債券、投資信託、ポートフォリオ、ヘッジファンドまでわかりやすく解説します。 短期売買のようなばくちな運用手法は推奨しません。 長期的に資産形成するための極意を教えます。 またロボアドバイザーなどのようにマーケティング重視の中身のない運用業界の裏側も紹介していきます。

次の

【特集】マンAHLスマート・レバレッジ戦略ファンド(愛称:スマレバ) / 大和アセットマネジメント株式会社

マン ahl スマート レバレッジ 戦略 ファンド

今回は「これぞ海外投資ブログ!」という意味も込めて、 ヘッジファンド(オフショアファンド)情報です。 Bloomberg記事で気になる記事が上がっていたので、お伝えします。 英国上場ヘッジファンド、マン社(Man Investments) 日本の個人投資家に馴染みがあるヘッジファンド(オフショアファンド)の1つでもあるMan GroupのMan社(マン社)。 それもそのはず、ロンドン市場に上場しているからです。 上場ヘッジファンド運用会社としては世界最大規模です。 このようにオフショア(海外)の外国人投資家の間では当然のようにリスクを抑えた運用資産の1つとして挙げられるヘッジファンド(オフショアファンド)にも関わらず、日本の『鎖国状態の金融(資産運用)』の世界においては「ヘッジファンド(オフショアファンド)って何?」から始まる訳ですね。 オフショアファンドについては。 さて、Bloombergではこのような記事でした。 この結果、マンの株価は上昇となっています。 日本人個人投資家が多く投資しているMan AHLのパフォーマンス推移 今はもう既に どれだけ投資したいと渇望しても決して日本人個人投資家が直接投資できないManグループのヘッジファンド(オフショアファンド)です。 これもそれも『金融鎖国下』にある日本の資産運用環境では投資家の為にならないとManグループが判断した為、日本マーケットから撤退(せざるを得なかった)というのが正しいでしょう。 パフォーマンス推移(1998年12月〜2015年6月まで) 紆余曲折ありながらも17年間運用されている老舗のヘッジファンド(オフショアファンド)の1つです。 昨年は大きくパフォーマンスを改善させたものの、2015年になってからはまた振るっていないという状況になっています。 Factsheet 運用報告書)のパフォーマンス数字(右端のYTDが年間リターン) 2014年のYTDは30. 20%と大幅に改善し過去最高のパフォーマンス推移でした。 特に2011年以降マイナス運用続きだったのでなおさら「おお!ようやく」という印象でした。 残念なが2015年は半分過ぎたものの株価は上昇していてもパフォーマンスとしては苦戦している状況です。 特に 「Annualised return(年間平均リターン)」は8. 37%(リスクは14. 49%)と 17年間の運用成果で平均的に毎年このリターンを上げているということです。 日本の投資信託(ミューチャル・ファンド)で同様の安定したリターンを上げ続けているファンドがあるでしょうか?ヘッジファンドの「ヘッジ」はリスクを「回避する」という意味なので、結局は「売建て」などによってリスクを抑えた運用をしています。 結果、ポートフォリオに組み入れる方が全体のリスクを抑えられることに繋がります。 これがグローバルな資産運用の1つの方法です。 Man AHLは運用において 「マネージド・フューチャーズ戦略」を採用していますが、その投資対象は 株式、債券(金利)、為替、コモディティ(原油・貴金・農作物など)の上場先物やオプションに投資をします。 コンピューターを駆使してマーケットの方向感(トレンド)を掴んで、そのトレンドを追随して絶対収益型(上げでも下げでも)リターンを上げる戦略を指します。 上のFactsheet 運用報告書)のパフォーマンス数字を見ても分かるように2008年からの金融危機時に大きなリターンを上げたことでこの戦略が有名になりました。 今は既に日本人投資家はManに投資できないと上で記載した通りですがオフショア(海外)には、例えば同様の マネージド・フューチャーズ戦略のオフショアファンドは多数存在します。 日本人個人投資にとっても、それらの正しいオフショアファンド(ヘッジファンド)情報を知って行動するかどうかによって、2度と戻ってこない時間(長期間、Manのような17年間など)における運用パフォーマンスに大きな差が生まれるのは間違いありません。 こんにちは、K2 Investment 投資アドバイザーの眞原です。 今回は年末にも差し掛かっ こんにちは、真原です。 今回はオフショアファンド情報です。 1月末に差し掛かり、2018 こんにちは、眞原です。 今回はオフショアファンド こんにちは、真原です。 今回は、オフショアファンド情報。 ブログの更新が随分空いてしまいました・・・、早いもので2019年も半分 こんにちは、K2 Investment 投資アドバイザーの眞原です。 今回はオフショアファンド こんにちは、眞原です。 今回は、英国債券オフショアファンド(ヘッジファンド)について。 こんにちは、眞原です。 今回は、オフショアファンド(ヘッジファンド)情報。 ヘッジファン こんにちは、眞原です。 今回はふっと思ったシリーズ。 投資アドバイザーをしていると、.

次の