新型 タント 評価。 新型タント 口コミ評価 評判まとめ

ダイハツ 新型タント vs ホンダ N

新型 タント 評価

ダイハツ「タント」フルモデルチェンジ(2019年7月)の変更点 2019年7月に発売されるダイハツ「新型タント」の主な変更点は、以下のとおりです。 新プラットフォーム「DNGA」を採用(DNGA第1弾となるのが「新型タント」)• 新開発サスペンションにより乗り心地が向上、また、約80kgの軽量化を実現• パワートレインは、日本初の「マルチスパーク(複数回点火)」を採用• ターボ車の最大トルクを、92N・m〈9. 4kgf・m〉から 100N・m〈10. 2kgf・m〉にトルクアップ• 前モデルの「タント」より 加速スピードを約15%向上• 運転席を最大540mmスライドできる、世界初「 運転席ロングスライドシート」を採用• クルマに近づくだけでドアが自動で開く、軽自動車初「 パワースライドドア ウェルカムオープン機能」を採用• 軽自動車初「 助手席イージークローザー」を採用• 軽自動車初「 パワースライドドア タッチ&ゴーロック機能」を採用• 前モデルの「タント」より16mm低床化し、乗降性と荷物の積載性を向上• 助手席をフルフラット化できる様に改良、リクライニング角度を拡大しアレンジの幅を拡大• フューエルリッドの開閉を手動で行える「ドアロック連動フューエルリッド」を採用• ワンモーションで車いすをラゲッジスペースにラクに収納できる電動式の「パワークレーン」を設定• 安全装備「 全車速追従機能付ACC(アダプティブクルーズコントロール)」を採用• 安全装備「 LKC(レーンキープコントロール)」を採用• 安全装備「 車線逸脱抑制制御機能」を採用• 軽自動車初!安全装備「 ADB(アダプティブドライビングビーム)」を採用• 安全装備「 標識認識機能(進入禁止)」を採用• 安全装備「 ブレーキ制御付誤発進抑制機能(前方・後方)」を採用• 安全装備「 サイドビューランプ」を採用• 軽自動車初!駐車支援機能「 スマートパノラマパーキングアシスト」を採用• SRSサイドエアバッグ、 SRSカーテンシールドエアバッグを 全車に標準装備 サスペンションやパワートレイン、快適装備や安全装備など、全てが一新されています。 前モデルの「タント」より格段に良い車になっており、 もはや別の車になったと言っても過言ではありません。 各項目の補足情報は、後述しております。 ライバル車「N-BOX」、「スペーシア」と比較しながらご紹介します。 【ライバル車と比較】燃費性能は、前モデルから僅かにダウン 前モデルの「タント」の燃費性能は、「N-BOX」より優秀で、「スペーシア」には僅かに負けている状態でした。 では、「新型タント」と比較してみましょう。 燃費性能は、JC08モード、ユーザーが投稿した実燃費を集計したの値にて比較します。 実燃費では前モデルの「タント」を少し上回る形となっていますが、やはり「スペーシア」には劣ります。 【ライバル車と比較】加速性能は、前モデルからレベルアップ 最高出力や最大トルクは、前モデルの「タント」「タント」や「スペーシア」より「N-BOX」が僅かにリードしていました。 では、「新型タント」と比較してみましょう。 その前に「出力」と「トルク」の違いについて、簡単に説明します。 出力:クルマの速さ• トルク:クルマの加速力 簡単に書くと、「最高出力」の値が高い車は速く走れる車で、「最大トルク」の値が高い車は加速が速い車ということですね。 3kW〈3. 3kW〈3. 4kgf・m〉から100N・m〈10. 2kgf・m〉にトルクアップされていますので、「スペーシア」より高く、「N-BOX」には僅かに及ばず、といった形です。 また、「N-BOX」は最大トルクが発生する回転数が低く設定されてある点でも優秀です。 つまり、ターボ車については「N-BOX」に軍配が上がりそうです。 ノンターボ車についても、最高出力や最大トルクは「N-BOX」が最も優秀ですが、最大トルクが発生する回転数が低く設定されてある点が「新型タント」の特徴的なところです。 これにより、加速スピードや静粛性が向上されています。 その他、ドライビング装備として、コーナーリングで必要に応じてブレーキ制御を行う「アジャイルハンドリングアシスト」や「パドルシフト」が設定されている点でも、「N-BOX」は優れています。 ノンターボ車に試乗した後、全く同じ道をターボ車で走行させてもらいました。 最大トルク発生時の回転数を低下させたことに起因されている様に思います。 「ターボ車と遜色ないな」というのが最初の感想です。 「ノンターボ車だからエンジンが唸るだけで加速は遅いだろう」と考えていると、いい意味で期待を裏切ってくれます。 ただ、やはり登り坂になるとパワー不足が顕著に感じられます。 ノンターボ車なら3,000回転を確実に超えた登り坂で、ターボ車ならより低回転で登れる感じでパワー不足をそこまで感じません。 そのため、登り坂や高速道路をよく走る方はターボ車を選択した方が良いでしょう。 静粛性は比較的良く、段差による突き上げも昔に比べればかなり抑えられており、乗り心地は1クラス上のBセグメントレベルだと感じました。 車内移動、ドアの開閉がさらに楽に!新型タントは使い勝手最強! 運転席ロングスライドシート 「新型タント」では、前モデルの「タント」よりも、さらに車内移動が楽になっています。 前モデルの「タント」では、運転席のスライドが最大で38cmしかできなかったところを、「新型タント」では 、運転席を最大54cmスライドできる世界初の「運転席ロングスライドシート」が設定されています。 これにより、車内をよりスムーズに移動することができ、降車することなく後席のお子さんのお世話などができます。 これは、子育て世帯にはすごく嬉しい機能ですよね! パワースライドドア ウェルカムオープン機能 さらに「新型タント」には、降車時に予約しておけば、乗車時に車に近づくだけで自動的にスライドドアが開く「パワースライドドア ウェルカムオープン機能」が設定されています。 これにより、両手がふさがっている時でも楽に乗車することが可能です。 足で開閉できるスライドドアやバックドアが流行っていますが、これはさらに便利そうですね! 「新型タント」試乗後の追記(「ウェルカムオープン機能」について) 「新型タント」の「パワースライドドア ウェルカムオープン機能」を実際試してみました。 まず、ロックした後、あまり早く車に戻りすぎる(5秒以内に車に戻る)と反応しない様です。 また、急いで車に近づく(速く車に近づく)と上手く反応しない場合がある様です。 理由として、ドライバー(キー)の接近を検知してロック解除を行い、次にドアオープンとなるため、接近が速すぎるとドアオープンまで行われないとのことでした。 ディーラーさん曰く「コツがいるシステム」とのことです。 足で開閉できる「ハンズフリースライドドア」も上手く検知しない場合があるなど、何れの機能も一長一短ある印象です。 その他、新型タントは使い勝手が劇的進化! 上記のほか、9インチの大型ナビゲーション、半ドアの状態でも自動で閉まる「助手席イージークローザー」、パワースライドドアが閉まりきる前に予約ドアロックを行える「パワースライドドア タッチ&ゴーロック機能」が設定されています。 ちなみに、「スペーシア」にも「パワースライドドア予約ロック機能」が設定されていますが、「スペーシア」の機能はリモコンにより予約する機能です。 「新型タント」はフロントドアハンドルのリクエストスイッチに触れるだけで予約ロックできる機能で、この点が軽自動車初なのでしょう。 何れの機能も、 他の軽自動車には搭載されていない機能ですので、「新型タント」の大きな魅力の1つです。 では、「新型タント」とライバル車の安全装備を比較してみましょう。 N-BOX 新型タント スペーシア 衝突軽減ブレーキ(横断自転車&夜間の歩行者検知機能付) 衝突警報機能、衝突回避支援ブレーキ機能 デュアルセンサーブレーキサポート - ブレーキ制御付誤発進抑制機能(後方) 後退時ブレーキサポート 誤発進抑制機能 ブレーキ制御付誤発進抑制機能(前方) 誤発進抑制機能 後方誤発進抑制機能 ブレーキ制御付誤発進抑制機能(後方) 後方誤発進抑制機能 路外逸脱抑制機能 車線逸脱警報機能 車線逸脱警報機能、ふらつき警報機能 路外逸脱抑制機能 車線逸脱抑制制御機能 - LKAS<車線維持支援システム> LKC(レーンキープコントロール) - 歩行者事故低減ステアリング - - アダプティブ・クルーズ・コントロール 全車速追従機能付ACC クルーズコントロール オートハイビーム オートハイビーム ハイビームアシスト - ADB(アダプティブドライビングビーム) - - サイドビューランプ - 先行車発進お知らせ機能 先行車発進お知らせ機能 先行車発進お知らせ機能 - - ヘッドアップディスプレイ 標識認識機能 標識認識機能(進入禁止) 標識認識機能 - パノラマモニター 全方位モニター用カメラ - スマートパノラマパーキングアシスト - 「N-BOX」や「スペーシア」にはない先進安全装備が「新型タント」には豊富に設定されてあることが分かります。 特に以下の点で優秀でしょう。 後退時の自動ブレーキ(衝突被害軽減ブレーキ)が搭載されている• 「全車速追従機能付ACC(アダプティブクルーズコントロール)」が搭載されている• オートハイビームより先進的な「ADB(アダプティブドライビングビーム)」が搭載されている• 夜間の歩行者を見つけやすい「サイドビューランプ」が搭載されている• SRSサイドエアバッグ、SRSカーテンシールドエアバッグが全車標準装備されている 個人的にはSRSサイドエアバッグ、SRSカーテンシールドエアバッグが全車標準装備されている点が素晴らしいと感じます。 「N-BOX」や「スペーシア」にも設定されていますが、標準装備となっているのは上位グレードのみです。 ただし、2019年10月の改良にて「N-BOX」の自動ブレーキに横断自転車&夜間の歩行者検知機能が強化されたことにより、 自動ブレーキの性能は「N-BOX」が最も先進的であるといえます。 また、「歩行者事故低減ステアリング」も搭載されているため、歩行者事故に対する安全性能は高いといえます。 「新型タント」の新安全装備の詳細については後述しております。 全車速追従機能付ACC(アダプティブクルーズコントロール) 「全車速追従機能付ACC(アダプティブクルーズコントロール)」は、もはやCセグメント以上の車では当たり前となっている装備ですね。 前モデルの「タント」にはクルーズコントロールすら設定されていなかった点を考えると、大幅進化といえるでしょう。 2019年3月に発売された日産「デイズ」や三菱「eK」にも設定されてある装備です。 LKC(レーンキープコントロール)、車線逸脱抑制制御機能 「LKC(レーンキープコントロール)」は車線中央維持支援機能です。 「車線逸脱抑制制御機能」は、車線をはみ出しそうになった場合にステアリングを制御する機能です。 さらに、全車速域で作動するレーンキープ機能が既に開発されており、日産でいえば「プロパイロット」、スバルでいえば「ツーリングアシスト」、トヨタでいえば「レーントレーシングアシスト」に該当する機能です。 採用されている車種はまだまだ少なく、先進的な装備です。 ADB(アダプティブドライビングビーム) 「ADB(アダプティブドライビングビーム)」は、通常のオートハイビーム機能とは異なり、対向車の部分のみ自動で遮光する先進ライトです。 マツダ車は多く採用していますが、採用している車種がまだまだ少なく、先進的な装備です。 2019年3月に発売された「デイズ」や「eK」にもない機能で、軽自動車としてはかなり先進的です。 標識認識機能(進入禁止) 「標識認識機能(進入禁止)」は、ステレオカメラで標識を自動認識し表示する機能ですが、「N-BOX」や「スペーシア」には既に搭載されています。 ブレーキ制御付誤発進抑制機能(前方・後方) 「ブレーキ制御付誤発進抑制機能(前方・後方)」は、従来の誤発進抑制機能にブレーキ制御が追加された機能です。 「スペーシア」には「後退時ブレーキサポート」が設定されていますので、同様の装備が設定されたことになります。 2019年3月に発売された「デイズ」や「eK」にも同様の装備が設定されてあります。 サイドビューランプ 「サイドビューランプ」は、右左折時に左右方向を照らす補助灯を追加点灯させる機能で、ステアリングを切った方向を明るく照射してくれますので、夜間の歩行者や自転車の視認性が向上されます。 CセグメントやSUVでは採用例がいくつかありますが、軽自動車としては珍しい機能です。 スマートパノラマパーキングアシスト 「スマートパノラマパーキングアシスト」は、カメラが駐車枠の白線を検知し、ステアリング操作をアシストする機能です。 ドライバーはアクセル・ブレーキ・シフトレバーの操作たけでよくなるため、周囲の安全確認に専念することができます。 並列駐車・縦列駐車ともに対応可能です。 この機能は軽自動車としては採用例がなく、個人的には「スマートパノラマパーキングアシスト」の採用に最も驚きました。 ただ、日産の「エクストレイル」や「リーフ」にも同様の機能があり、筆者は使用したことがあるのですが、自分で駐車した方が間違いなく速いです。 場合によってはやたら切り返すため、本当に遅いです。 「すごい!先進的!」と思いがちですが、全く使わない機能になる可能性は大いにありえます。 あくまで、駐車が苦手な方向けの補助機能という認識の方が良いでしょう。 「新型タント」試乗後の追記(「スマートパノラマパーキングアシスト」について) 「新型タント」の「スマートパノラマパーキングアシスト」を実際試してみました。 駐車スペースの近くに止め、白線を自動検知して作動するシステムであるため、白線を誤認識(別の白線を認識)するケースがありました。 また、やはり最低でも一回は切り返しを行うそうなので、やはり「自分で駐車した方が速い」となりそうです。 ただ、動作毎に行動指示がディスプレイに表示されるため、駐車が苦手な人には向けには良い支援システムだとは思います。 安全装備 まとめ 前モデルの「タント」は、他社の軽自動車と比較すると安全装備で少し出遅れている感じでしたが、「新型タント」は先進安全装備がかなり豊富に設定されています。 特に長距離運転時の負担軽減(自動運転)という意味で「デイズ」や「eK」と並び、リードする形になるでしょう。 【ライバル車と比較】新型タントの価格は高め!? 前モデルの「タント」の価格は、お得な特別仕様車の設定により「N-BOX」より安めな状態でした。 では、「新型タント」とライバル車の価格を比較してみましょう。 理由は、安全装備「全車速追従機能付ACC」と「LKC(レーンキープコントロール)」を設定でき、ベース車よりお得だからです。 諸費用を足すと+15万円程度の価格になります。 「スマートクルーズパック」にETCがセットになっていますので、お得です。 また、「スマートパノラマパーキングパック」を設定し、別途ナビを設定した場合、不要になった6. 2インチディスプレイオーディオが下取りという形で値引きしてもらえる様です。 これは、地域や時期によって受け取れない可能性もある様ですが、5万円程度値引きしてもらえます。 車両本体値引きと合算して、値引き額は10万円程度(2019年7月時点)となります。 前モデルの「タント」は、お得な特別仕様車によりメーカーオプションがほとんどありませんでしたが、「新型タント」では安全装備などがメーカーオプションとなったため、前モデルより価格が上昇しています。 9インチナビを選択したことも価格上昇の理由の1つです。 N-BOXのおすすめグレード&価格 ホンダ「N-BOX」のおすすめグレードは、ノーマルモデルなら「G・EX ターボ」 で約179万円、カスタムモデルなら「G・EX ターボ」で約200万円です。 ディーラーオプションの8インチナビ(約22万円)を装備すると、 「G・EX ターボ」 は約201万円、 「G・EX ターボ」は約222万円となります。 諸費用を足すと+15万円程度の価格になります。 ETCやバックカメラは標準装備されていますので、お得です。 スペーシアのおすすめグレード&価格 スズキ「スペーシア」のおすすめグレードは、「スペーシア ギア」の「HYBRID XZターボ」で約173万円です。 ノーマルモデルなら「HYBRID X」 で約150万円、カスタムモデルなら「HYBRID XSターボ」で約182万円です。 メーカーオプションの「全方位モニター用カメラパッケージ」(約9万円)とディーラーオプションの8インチナビ(約14万円)とETC(約2万円)を装備すると、 「HYBRID X」は約183万円、 「HYBRID XZターボ」 は約198万円、 「HYBRID XSターボ」は約207万円となります。 諸費用を足すと+15万円程度の価格になります。 価格比較 結果 上記の価格は税金などの諸費用を足していませんが、値引き額で概ね相殺されるでしょう。 上記金額を比較すると、「新型タント」と「N-BOX」が高めな印象です。 最も安い「スペーシア」よりも最大で15万円もの金額差があります。 実燃費()は「スペーシア」が最も優秀でしたので、初期費と維持費を両方考慮すると、 「スペーシア」が最も安くなる可能性が高そうです。 さらに、中古車であれば30万円以上安く購入できる車もたくさんあるので、よりお得に購入したい方は中古車も検討してみましょう! 【おすすめ】新車同様の中古車なら新車より30万円以上安く買える! 車は基本的に新車で買うもの!私はずっとそう考えていました。 しかし、 新古車・未使用車や走行距離1,000km程度の車は新車同様です。 人気車種の場合は納車に8ヶ月以上かかるケースがあることも考えると、魅力的ではないでしょうか。 ただし、上記はメーカーオプションの場合のみで、 ディーラーオプションの場合は後付けも可能です。 なので、中古車選びのポイントは、 車のカラー及び メーカーオプションは妥協しないようにしましょう。 中古車業界の最大手で、知名度も高く、信頼性が高いため安心です。 さらに、ガリバーは以下のメリットもあります。 修復歴車(事故車、事故歴ありの車)を販売していない• 納車後、 100日以内であれば返品可能• ディーラーより長い 10年保証(走行距離無制限、ハイブリッドカーのバッテリーなども保証) ガリバーによると、修復歴車の 約4割(39. 4%)の車で何らかの故障が発生していたため、修復歴車の販売をやめたようです。 そんな修復歴車を販売していないので、故障が発生するリスクが低いともいえますね。 特に驚きなのが、 100日以内であれば返品可能というところではないでしょうか。 これなら、仮に購入した車に問題があった場合や、急に車の使用シーンが大きく変わっても安心ですよね。 その他、ディーラーよりも長い10年保証というのも心強いです。 ハイブリッドカーのバッテリーなども保証対象なのでさらに安心です。 走行距離が何kmでも保証対象です。 また、ガリバーでは毎日約500台の車を買取しており、 まだネット上で公開されていない車(非公開在庫)もたくさんあります。 さらに「非公開在庫」も優先的に紹介してもらえます。 期間中に対象車両の成約+【ガラスコート or メンテパック or 長期保証】の何れか購入すると現金還元されます。 還元金額は最低2万円から最大10万円となっており、還元金額は対象車両によって異なります。 ガラスコートも良いですが、筆者的には必ず必要なメンテナンス費用を先払いするメンテパックや安心の長期保証がおすすめです。 【おすすめ】車の下取り価格を30万円以上アップさせるコツ! 新車を購入する際、現在の車をディーラーで下取りに出す方も多いと思います。 しかし、中古車買取サービスを使用することで現在の車を 30万円以上高く売ることも可能です! 中古車買取サービスは、中古車の買取台数ランキング1位の の 無料査定がおすすめです。 買取台数No1なのには、それだけの 高価買取実績と サービスの良さ、 信頼性があります。 買取車両の在庫期間を短くする独自のシステムで、在庫管理コストを大幅に削減• 全国約550店の直接販売店舗とオークション会場、海外店舗による圧倒的な販売網で中間業者を挟まずに、マージンカットを実現し買取額に反映• また、個人情報も各社に流れてしまうためプライバシー保護の観点からみても良くありません。 上記のことから、一括査定サービスはあまりおすすめできません。 高値がつけばガリバーでそのまま売ってしまっても良いですが、さらにガリバーで出された査定額を用いてディーラーで価格交渉の材料に使う手もあります。 何れにしも、 無料ですのでガリバーで査定を行うデメリットはほとんどありません。 査定時にお車の情報を入力する必要がありますが、45秒程度で行えるため簡単です。 もちろん、とりあえず査定するだけもOKです。 私は1台目の軽自動車を売る際、ディーラーで下取りに出し「もっと高く売れたなぁ」と大変後悔しました。 私のような後悔をしないためにも で 無料査定を行い、 現在の車を 少しでも高く売って、新しい車を 安く買いましょう。

次の

タント値引き/納期/長所と欠点/リセールバリューを評価|新車購入ガイド

新型 タント 評価

タントは2003年に発売されたダイハツの主力車種の一台で、2014年度には軽自動車販売台数の年間売上ランキング第1位を獲得するなどファミリー層を中心に人気を集めています。 現行モデルのタントは2019年7月に発売された4代目になりますが、タントの魅力は何といっても使い勝手の良さで、タントに採用されている「ミラクルオープンドア」は一度慣れてしまうと他の車種に替えられなくなるほど便利と定評があります。 また、今回のフルモデルチェンジはダイハツの新技術「DNGA」を初めて採用したモデルということもあり非常に注目を集めています。 3万円 0万円 基本・寸法・重量 駆動方式 2WD、4WD 排気量 658cc 全長 3395mm 車内寸法 長 2060~2180mm 全幅 1475mm 車内寸法 幅 1350mm 全高 1755~1775mm 車内寸法 高 1370mm 重量 880~970kg 乗車定員 4人 性能 燃料消費率 23. 8~27. 4~4. 7m 関連記事• それは 今乗っている車を下取りしないことです。 車を購入するお店に下取りしてもらうと、下取り額と値引き額を自由に調整できてしまうため、下取り額を安く設定して値引き額を大きく見せることもできてしまいます。 しかし、購入するお店とは別のお店に車を売ることで、購入するお店とは純粋に値引き額だけの交渉が可能になります。 そこで おすすめなのが車買取専門店です。 その名のとおり車の買取に特化しているので、下取りよりも高く買い取ってもらえます。 車買取専門店によっては数十万円の差がありますので、一括査定で複数業者から見積もりをとるようにしましょう。 中でもタントに採用された「ミラクルオープンドア」は、助手席側の前席と後席のにある柱を外し、後部座席側をスライドドアにすることによりなんと1,490mm(約1. 5m)の開口を実現しました。 ミラクルオープンドアにより、後部座席への乗り降りがしやすいだけではなく、眠ってしまったこどもをそのまま抱きかかえて乗り降りしたり、チャイルドシートへ赤ちゃんを乗せたりするのも他の車に比べて圧倒的に楽にできます。 車内高も1,370mmと小学校3~4年生(身長が125cmくらい)までなら車内で普通に立てるので、何かと服を汚してしまいがちなワンパクな子どもたちも車内でラクラク着替えもできてしまいます。 運転がしやすい開放的な車内空間 車内空間はとても開放的で死角が少なく運転がしやすいように設計されおり、シートもボリューム感があり決して安っぽさを感じないデザインになっています。 快適性もバッチリなユーティリティー 快適に過ごせるユーティリティーも充実していて、車内での飲食にも便利な助手席シートバックテーブルや多くの収納ポケットが用意されているのも子育て世代や女性にはうれしいですよね。 【世界初】運転席側ロングスライドシート 運転席側のシートを最大540mmスライドさせることができるロングスライドシートを世界初採用。 運転席と後部座席をラクラク移動することができるので、後席に乗っている子どものお世話などもスムーズにできます。 【軽自動車初】パワースライドドア ウェルカムオープン機能を搭載! クルマから降りるときに予約しておけば、クルマに乗るときに近づくだけでドアが自動で開くウェルカムオープン機能を軽自動車として初めて採用しています。 トイレットペーパーや子どものおむつなど、買物の荷物で両手がふさがるシチュエーションは結構ありますので地味に便利で実用性がある機能です。 タントカスタムは旦那さんも納得のカッコよさ! タントは標準車とカスタムの2つのモデルを用意しています。 タント カスタムはブラックメタリック調に仕上げたメッキをふんだんに使い、標準車とはまるでイメージが違うワイルドさが魅力です。 どうしても子育て世代がクルマを選ぶときは機能性を重要視してしまいますが、タント カスタムなら機能性とデザイン性を両立しているので旦那さんも納得してくれるはずですね!? ダイハツの新たなクルマ作りの仕組み「DNGA」を初採用! 新型タントはダイハツの新世代クルマ作りのプラットフォームである「DNGA ダイハツ・ニュー・グローバル・アーキテクチャー 」を採用した第一弾モデルです。 これは自動車の設計思想を共通化する手法で、ダイハツの親会社であるトヨタもすでに「TNGA」というクルマ開発のためのプラットフォームの共通化に取り組んでいます。 プラットフォームを共通化することで、サスペンション、エンジン、トランスミッションなどのパーツを異なる車種間で流用できるようになり製造コストの削減や生産スピードをアップさせることを可能としています。 「DNGA」は軽自動車から小型車までカバーできるプラットフォームなので、今回のタントを皮切りにダイハツの新モデル開発が加速していくと予想されています。 【日本初】マルチスパークを採用したパワートレインの強化 エンジン部品を根本から見直し、エンジン性能のベースとなる燃焼素性を改善することにより燃費性能や走行性能・環境性能などあらゆる面で性能を向上させることに成功させました。 また、日本初となる「マルチスパーク 複数回点火 」を採用することでシリンダー内の燃焼速度を早めてノッキングを抑制、EGR 排気再循環 量を拡大して燃費性能の向上を実現しました。 そのほかにも新開発となる「D-CVT」は従来のCVTのベルト駆動に加えてギア駆動も併用する「パワースプリット技術」を世界初採用。 15の予防安全機能を持つ次世代スマートアシストを採用! 新型タントはダイハツの予防安全機能スマアシを採用。 15個の予防安全機能で安全性能面はバッチリです。 新型タントで採用されているスマートアシストには主に以下のような特徴があります。 衝突警報機能 前方に人や障害物を認識するとブザー等で知らせて事故等を未然に防ぎます。 衝突回避支援ブレーキ機能 前を走っている車が急ブレーキを踏んだ場合などを検知し衝突を防止します。 車線逸脱警報機能 斜線から逸脱しそうになると警告音がなり、ドライバーに危険を促します。 車線逸脱抑制制御機能• オートハイビーム• ADB アダプティブドライビングビーム• 標識認識機能• 誤発信抑制制御機能• 先行車発進お知らせ機能• コーナーセンサー また、ミラクルオープンドアを採用するにあたり、前席と後席の間の支柱を取り除く必要がありましたが、TAF新骨格構造と呼ばれる新技術を採用することによりスライドドア内部にピラー 支柱 を格納することに成功し、高い安全性と機能性を両立しました。 【軽自動車初】スマートパノラマパーキングアシスト機能などスマートアシストがパワーアップ! 今回のフルモデルチェンジでスマートアシストはさらに進化し、駐車時にハンドル操作をアシストしてくれる駐車支援機能が追加。 運転が苦手な方や狭い駐車場でも安全に駐車することができるようになりました。 そのほかにも高速走行やノロノロ運転時などあらゆる速度に対応した全車速追従機能付きACC アクティブ・クルーズ・コントロール や車線の中央を安定して走行するようにサポートしてくれるLKC レーン・キープ・コントロール などの新機能も新たに追加されました。 4万円と、ライバル車のに比べて 少し高い価格設定になっています。 装備と安全性も充実していて機能と価格のバランスがよく、お得感があります。 新車にこだわらない場合はタントを購入する場合は 中古車もおすすめです。 販売台数が多いタントはその分中古車も多く出回っているので、 状態のよい中古車や新古車の中から自分の希望するグレードやボディーカラーを選べるでしょう。

次の

タント・タントカスタムに欠点・デメリットはあるか?タント・タントカスタムを徹底評価!

新型 タント 評価

html 国内でもっとも売れているホンダ N-BOXに真っ向から勝負を挑んできた新型タント。 なんと、先代よりも燃費を 0. つまり《広い室内》《高い剛性》《静かなエンジン音》などが買う決め手になっていて、その価格も180〜200万円超という水準。 タントの場合も、カスタムがもっとも人気のクラスとなっていて、パワーと安全装備などがテンコモリ。 口コミでは「N-BOXと同等のクオリティになった」というものが多く聞かれます。 以下では、「みんカラ」と「価格com. 」から新型タントの試乗口コミをご紹介しましょう。 yahoo. 走行性能スタートから自然に加速する 街中では、N-BOXのノンターボでも同じ様に走った様な気がする。 タウンスピードを超えても力強く走れるかは不明、というか怪しい。 ボディの剛性感がUPしており、先代より重心が下がったようにも感じられ、ドッシリ、がっしりした印象。 信号停止中はアイドリングストップで静かなのは当然だが、走行中も遮音が効いていてかなり静か。 乗り心地たっぷりとした厚さのシートは、座ると柔らかく沈むので、大丈夫か?と思うが、出来は良さそうで、乗り心地はいい。 揺れ方はN-BOXと似ている様に感じられた。 足を柔らかめにセットしてあるのでは? 遮音もしっかりしており、走行中もかなり静か。 ドアを閉めた際の音にも高級感があり、機密性の高さを感じさせる。 燃費燃費は先代と比べて0. yahoo. ただ、燃費が悪くなったのはどうなの? 試乗したのは最上級グレードのターボ。 スタートから、スルスルと加速するのは先代には無かった特徴だが、その走りを実現するためのセッティングが燃費低下に繋がったのでは? 燃費より走りの力強さの印象を取ったのかな。 先行するN-BOXの走りを強く意識したのではないだろうか。 ドライバーズシートは後部座席の所まで下げられるので、後部座席に置いた荷物へのアクセス等には重宝しそう。 ゼロスタートから、アクセルを踏み込まなくても、スルスルと加速する。 これはなかなか気持ちいい。 燃費が低下したのはちょっとね〜。 html 安全運転支援装備は、軽で最新。 ただ N-BOX の方が乗用車っぽい走り カスタムRSターボに試乗。 予想通り、安全運転支援装備が充実していた。 最近の車にとって最大のアピールポイントとなっているので当然だろう。 これらの安全運転支援機能は、できれば試乗で実際の作動状況を確認したい。 実際に試乗してみて、新型タントは、ボディ剛性感や街中での走り、快適性等が進化し、軽自動車から一歩踏み出したと感じられた。 N-BOXを強く意識したと思われる。 N-BOXは、走りの質感やボディの一体感等、完全に軽自動車の枠から抜け出したと感じられたが、タントはそこに追い付けたのか。 試乗の範囲では、N-BOXの方がより普通車然としていると感じたが、試乗してから少し時間が経っているので、再度N-BOXに試乗して確認したい。 雑誌情報では、N-BOXは来月マイナーチェンジが行われるらしい。 現在、30kmh未満では機能しない前車追従走行機能等の改良が行われるのかもしれない。 このマイナーチェンジを待って判断するのが吉か。 html カスタムのTWO TONE、フロントマスクも派手さがなくいい 車種はカスタムRS 2WD。 色はブラックマイカメタリックのレーザーブルークリスタルシャインのTWO TONE、色形は好みがあるので意見はありませんが、落ち着いた色です。 フロントマスクも年々エスカレートする派手さはなく、好ましいデザイン。 乗った印象としては、新設計されたDNGAの効果でしっかりとした足回りになっています。 ロードノイズもよく抑えられていました。 試乗したのはターボ車ですが、試しに思いっきりアクセルを踏み込みましたが、ドッカンターボのように加速せず、逆にゆっくり踏み込むとそれなりに加速する味付けでした。 ブレーキもクセのない踏みやすいタッチです。 ミラクルウォークスルーは、少し面倒な気がする ミラクルウォークスルーは右壁際一杯に停車したとき、助手席側から降りるのには便利そう。 ただスイッチを押したり助手席を前に寄せたりしないといけないので、ダッシュの出っ張りがない分、素直に蟹歩きで横に移動した方が簡単そうでした。 トランクスペースは狭く感じました。 キーフリーシステムの施錠、解錠はノブに軽く触れるだけなので好印象。 メーター周りのデザインが一新され、やや運転席側に寄せて、スピード表示もデジタルの大きな見やすいデザインで、その他の各種情報なども表示され 好感が持たれました。 ナビ連動型のドラレコを付けた9インチナビにすると27万円余りになってしまうので、サイフにはつらいところです。 mynavi. フロントマスクは3代目とキープコンセプトなルックスだが、メッキパーツが控えめなため、オラついた感じがない。 カラーがマスタードイエローマイカメタリックだったため、ブラックと落ち着いた感じの黄緑掛かったレモンイエローというコントラストが良い。 全体的にシックな色が多いが、グレー系やスペーシアにあるようなブリスクブルーメタリックのようなハッキリとしたカラーリングがあると良いと思った。 一方でリアは初代カスタムからあったガーニッシュが一切なくなり、メッキパーツが無く、悪く言えば華がない、よく言えばスッキリしているという感じ。 ただ、Tantoのエンブレム位置はトールに無理やり合わせた感が拭えず、個人的にはテールランプ下部あたりにあると良いと思う。 mynavi. jpg N-BOXやデイズみたいに明らかに高級感があるという感じではないが、ミライース譲りのデジタルメーターと分かりやすいデジタル式タコメータは見やすい。 試乗車にはディーラーオプションの9インチナビが付いていたが、それの存在感が半端ない。 フォトフレームチックなデザインはスズキ車にあった、全方位モニター付メモリーナビのような雰囲気を感じた。 静粛性がアップ ターボエンジンと言うこともあり、加速はスムーズ。 市街地と田舎道という感じのコースだったが、場面によってはロードノイズの方が煩く感じるほど。 静粛性の高さは3代目から更に静粛性はアップしている気がした。 道が悪いところもちらほらあったが、不快な揺れもなく、静粛性の高さも相まって、快適だった。 のんびりと家族や人を乗せて、買い物や旅行に行くというシチュエーションに相応しい。 ただ、N-BOXほど高くなく、スペーシア以上、N-BOX未満な価格帯。 ナビとか色々つけると200万円は平気で越えちゃうので、やっぱり高い! ただ、Lグレードの存在意義が分からない。 mynavi. jpg RSターボにしては安い 外観は、正直、N-BOXカスタムの方が、好み。 インテリアはやはり、チープ。 N-BOXには敵わないが、ナビが9インチなのは良い。 エンジンは低回転から、良く回る。 車重がかなり軽くなり軽快。 足回りは、N-BOXを超えた。 乗り心地は、少しフアフアした感じ。 シートはN-BOXの方が作りが良い。 価格は、N-BOXに比べると安い。 スマートクルーズパック、純正ナビアップグレードパックを付けても、車両本体で、1,830,600円。 値引きも、10万だった。 色は、ホワイトパールにして、乗り出し1,869,000円。 RSターボにしては、安い。 daihatsu-tokyo. jp 総額280万円に! エクステリアは、まあまあだと思う。 運転席と助手席のドアに変なある飾りはいらない。 オプションのプレミアムスポーツフェイスが都会的なイメージで気に入った。 5万円は高級車並の価格設定! インテリアはちょっと安っぽいが、通勤用の軽なので。 価格は高いと思う。 ベース車が四駆のターボなのでまず200万。 オプションでツートンカラー7. 5万、ナビとドラレコ16万、ETCで2万、プレミアムスポーツフェイスで24万、ポリマーで5万、その他で13. 5万の合計68万。 あと、点検5年分のパックも12万。 結果、なんと総額280万! 値引きは車両本体から4万、オプションから8万、下取り車 2011年式ムーヴ、四駆、ターボ、8. 6万キロ、来年3月に車検満了 28万で、支払い総額はジャスト240万。 新型タントは予想を覆すほどの好印象となっているようです。 やはり、ロングドライブや実際の使い勝手はこれから続々口コミが出てくるはず。 気になる人はディーラーで、しっかり試乗。 ぜひ、担当者に頼んで、より長い距離を運転させてもらってからクルマを選びましょう!.

次の