時候の挨拶 2月。 7月の時候の挨拶!上旬・中旬・下旬ごとの例文と結び文100選!

【文例集】結婚式招待状の「時候の挨拶」を徹底解説! | アンシェウェディングの結婚式準備ガイド

時候の挨拶 2月

時候の挨拶2月の上旬・中旬・下旬の書き出しと結びの例文について見ていきます。 2月というとやがあり、小さな子供がいる家庭では豆まきなども行われますよね。 また受験やバレンタインのシーズンだったり、が流行する季節でもあります。 まだまだ寒い日が続く2月も、後半になると少しずつ春の訪れを感じますよね。 そんな 2月の時候の挨拶を使ったお手紙ですが、この時期はや余寒見舞いなどのお便りもあり、そちらを活用することもできます。 そうした手段で相手とのやり取りをするお手紙には、 時候の挨拶で2月の上旬・中旬・下旬に、どういった言葉が使われるのか? 今回は、その2月の時候の挨拶で使われる 書き出しと結びの言葉や季語となる風物詩についてまとめました。 例えば、北海道と沖縄の気候が全く違うように、どの地域にも送る文章が同じというのはありえません。 その年によって暖冬や冷夏の年もありますし、空梅雨なのに「長雨でうっとおしい日が続きますが~」などはおかしい文になりますよね。 日々のニュースや地域の情報などもチェックしながら考え、文章を選んでいけばいいと思います。 時候の挨拶2月の上旬~中旬にかけて また二十四節気に加えて 「七十二候」と呼ばれる、気象の動きや動植物の変化を表したものも参考にできます。 時候の挨拶の2月の上旬~中旬にあたる立春の時期には 初候(2月4日頃) 東風解凍(はるかぜこおりをとく) 春の風が川や湖に張った氷を解かし始める頃を言います。 次候(2月9日頃) 黄鶯睍睆(うぐいすなく) 春を告げる鴬が鳴き始める頃を言います。 末候(2月14日頃) 魚上氷(うおこおりをいずる) 氷が薄くなったところから魚が飛び跳ねる頃を言います。 時候の挨拶2月の中旬~下旬にかけて そして、時候の挨拶の2月の中旬~下旬にあたる雨水の時期の七十二候には、 初候(2月18日頃) 土脉潤起(つちのしょううるおいおこる) 冷たい雪が暖かい春の雨にかわり、大地が潤い始める頃を言います。 次候(2月23日頃) 霞始靆(かすみはじめてたなびく) 春の霞がたなびき始める頃を言います 春に出る霧を霞 かすみ と呼び、夜の霞は朧 おぼろ と呼ばれます。 末候(2月28日頃) 草木萌動(そうもくめばえいずる) 庭先の草木などが芽吹き始める頃を言います。 こういった言い回しは「和文長の時候の挨拶」の言い回しの際に使いやすいと思います。 機会があれば、ぜひ取り入れて自分だけの文章を作ってみてくださいね。 というようにつながっていきます。 例えば、 【漢語調】 余寒の候、皆様お変わりありませんか。 【和文調】 梅の花もほころぶ季節ですが、お元気でいらっしゃいますか。 などというような感じですね。 基本はこういった形を頭に置きながら、アレンジも加えたりして2月の時候の挨拶の書き出し文として使っていってもらえればと思います。 そこに、先ほどの二十四節気の時期なども考えながら、文章を作成していって下さい。 では、 時候の挨拶で2月の上旬・中旬・下旬と参考になる 書き出しの例文をまとめました。 時候の挨拶2月上旬の書き出し例文• 暦の上では春を迎え寒い日が続きますが、お変わりありませんか。 厳しい寒さが続きますが、いかがお過ごしでしょうか。 晩冬の候、ますますご健勝のこととお喜び申し上げます。 節分も過ぎましたのに、まだまだ寒い日が続きますね。 お元気でいらっしゃいますか。 立春を迎え、ますますご清祥のこととお喜び申し上げます。 時候の挨拶2月中旬の書き出し例文• 東風が氷を溶かすような季節となりましたが、お変わりございませんか。 余寒厳しき折、皆様いかがお過ごしでしょうか。 向春の候、ますますご清祥のこととお喜び申し上げます。 時折、心地よい風も感じられる季節となってまいりました。 バレンタインの時期も訪れ、街も甘い香りが漂っております。 時候の挨拶2月下旬の書き出し例文• 吹く風にも春の匂いがほのかに感じられる季節となりました。 梅の花もほころぶような季節となってまいりましたが、お元気ですか。 梅花の候、ご清栄のことと存じます。 残寒いまだ去らぬ毎日が続きますが、ますますご活躍のことと存じます。 梅の花に続き、桃の花も咲き始め春を感じる今日このごろです。 あらたまった相手に出す時は、時候の挨拶でも丁寧な言葉を使いたいです。 ただ、親しい相手に送る場合は、身の回りのことや行事のことも言葉に選んで、親近感のある楽しい感じのお手紙にされてもいいと思います。 【2月上旬】 春はまだ先になりそうですが、お体大事になさってください。 【2月中旬】 まだまだ寒さが続きそうですので、くれぐれもご自愛ください。 【2月下旬】 三寒四温の季節柄、くれぐれもお体に気を付けて。 これも結びの例文の一つですし、その年の気候や地域によっても中旬と下旬で言葉のチョイスが変わったりすることもありますが、大まかにはこのような感じだと捉えてもらえればいいと思います。 では、その時候の挨拶で2月の上旬・中旬・下旬と参考になる結びの例文をまとめました。 時候の挨拶2月上旬の結び例文• 暦の上では春とは言え、まだまだ寒い日が続きます。 風邪など引かれませんようくれぐれもご自愛ください。 インフルエンザも流行っている時期ですので、くれぐれもお気をつけ下さい。 春はまだ先になりそうな気候ですが、お身体、おいといください。 息子さんも大切な受験シーズンですので、体調にはお気をつけ下さい。 幸多き春の門出となりますよう、心よりお祈り申し上げます。 時候の挨拶2月中旬の結び例文• まだまだ寒さが残ってますので、ご自愛専一になさって下さい。 季節の変わり目でもあるので、体調を崩されませんように。 余寒厳しき折から、くれぐれもご自愛ください。 寒の戻りで冷え込むこともございますので、くれぐれもお気をつけ下さい。 天候不順の折りから、お身体を大切に。 時候の挨拶2月下旬の結び例文• 三寒四温の季節柄、お体を大切になさって下さい。 春はすぐそこまで来ているので、お互い元気に過ごしましょう。 もう少し暖かくなれば、またまたお伺いさせていただきたく思います。 春の訪れとともに幸せが訪れますことをお祈りいたします。 雪解けも間近ですね。 もう少し動きやすい暖かさになったら、また一緒にお出かけしましょう。 近づく春を待ちわびる毎日ですが、お互い元気に過ごしましょう。 こちらも書き出し分と同様に、あらたまった相手には、時候の挨拶でも丁寧な言葉を使いたいです。 スポンサードリンク 2月の時候の挨拶に入れる季語 2月の時候の挨拶の書き出しと結びに入れる言葉には、この時期の 「風物詩」や 「気候」、 「自然」などを取り入れて春夏秋冬の季節感を出します。 これから順番にいくつか紹介していきますが、文章づくりの参考にして下さい。 では、まずは2月の風物詩について紹介しますね。 時候の挨拶に2月の風物詩を入れる 時候の挨拶の中に2月の季語になる風物詩を入れて、具体的な話を手紙に書くこともできます。 そんな2月の風物詩ですが、例えばどのようなものがあるかピックアップしてみました。 【風物詩】 節分・豆まき・恵方巻き・バレンタイン・うるう年・雪合戦・かまくら・受験・合格発表 【気候】 寒明け・残寒・余寒・三寒四温・氷解・残雪 【自然】 うぐいす・わかさぎ・梅・紅梅・雪割草・春菊・ふきのとう・ヒヤシンス これらの行事や自然の植物、気候などを手紙の文章に入れると季節感もでます。 機会があれば使っていき文章を作っていきましょう。 寒中見舞いと余寒見舞いについて 寒中見舞いとは、寒さが厳しい季節に相手の体調を気遣って出す季節のお便りです。 でも今では、年賀状を出し忘れた時や喪中に年賀状を受けた時などに、寒中見舞いの挨拶を兼ねて返事を出すこともあります。 そんなですが、2月4日頃に立春を迎えるので、 参考ページ 三寒四温という言葉は、余寒見舞いなども含め、手紙の中でも季節の移り変わりを表す言葉で使いやすいので、機会があれば取り入れてみて下さい。 あとがき 時候の挨拶で2月の上旬・中旬・下旬でのそれぞれの言葉について。 そして2月の時候の挨拶の書き出しと結びの言葉や季語となる風物詩。 また、寒中見舞いや余寒見舞いの手紙についても触れてまとめましたがいかがでしたか。 漢語調では礼儀正しい感じになるし、和文調の時候の挨拶ではやわらかい言い回しにも礼儀正しい挨拶にも出来るので便利です。 うまく風物詩や七十二候などの季語の言葉も織り交ぜながら、1月の時候の挨拶の参考にしてください。 その他の月の時候の挨拶についても別ページでまとめてあるので、こちらもぜひ参考にしてくださいね。

次の

時候の挨拶7月上旬の例文と書き出しや結び!七夕の候や小暑の候

時候の挨拶 2月

時候の挨拶2月の上旬・中旬・下旬の書き出しと結びの例文について見ていきます。 2月というとやがあり、小さな子供がいる家庭では豆まきなども行われますよね。 また受験やバレンタインのシーズンだったり、が流行する季節でもあります。 まだまだ寒い日が続く2月も、後半になると少しずつ春の訪れを感じますよね。 そんな 2月の時候の挨拶を使ったお手紙ですが、この時期はや余寒見舞いなどのお便りもあり、そちらを活用することもできます。 そうした手段で相手とのやり取りをするお手紙には、 時候の挨拶で2月の上旬・中旬・下旬に、どういった言葉が使われるのか? 今回は、その2月の時候の挨拶で使われる 書き出しと結びの言葉や季語となる風物詩についてまとめました。 例えば、北海道と沖縄の気候が全く違うように、どの地域にも送る文章が同じというのはありえません。 その年によって暖冬や冷夏の年もありますし、空梅雨なのに「長雨でうっとおしい日が続きますが~」などはおかしい文になりますよね。 日々のニュースや地域の情報などもチェックしながら考え、文章を選んでいけばいいと思います。 時候の挨拶2月の上旬~中旬にかけて また二十四節気に加えて 「七十二候」と呼ばれる、気象の動きや動植物の変化を表したものも参考にできます。 時候の挨拶の2月の上旬~中旬にあたる立春の時期には 初候(2月4日頃) 東風解凍(はるかぜこおりをとく) 春の風が川や湖に張った氷を解かし始める頃を言います。 次候(2月9日頃) 黄鶯睍睆(うぐいすなく) 春を告げる鴬が鳴き始める頃を言います。 末候(2月14日頃) 魚上氷(うおこおりをいずる) 氷が薄くなったところから魚が飛び跳ねる頃を言います。 時候の挨拶2月の中旬~下旬にかけて そして、時候の挨拶の2月の中旬~下旬にあたる雨水の時期の七十二候には、 初候(2月18日頃) 土脉潤起(つちのしょううるおいおこる) 冷たい雪が暖かい春の雨にかわり、大地が潤い始める頃を言います。 次候(2月23日頃) 霞始靆(かすみはじめてたなびく) 春の霞がたなびき始める頃を言います 春に出る霧を霞 かすみ と呼び、夜の霞は朧 おぼろ と呼ばれます。 末候(2月28日頃) 草木萌動(そうもくめばえいずる) 庭先の草木などが芽吹き始める頃を言います。 こういった言い回しは「和文長の時候の挨拶」の言い回しの際に使いやすいと思います。 機会があれば、ぜひ取り入れて自分だけの文章を作ってみてくださいね。 というようにつながっていきます。 例えば、 【漢語調】 余寒の候、皆様お変わりありませんか。 【和文調】 梅の花もほころぶ季節ですが、お元気でいらっしゃいますか。 などというような感じですね。 基本はこういった形を頭に置きながら、アレンジも加えたりして2月の時候の挨拶の書き出し文として使っていってもらえればと思います。 そこに、先ほどの二十四節気の時期なども考えながら、文章を作成していって下さい。 では、 時候の挨拶で2月の上旬・中旬・下旬と参考になる 書き出しの例文をまとめました。 時候の挨拶2月上旬の書き出し例文• 暦の上では春を迎え寒い日が続きますが、お変わりありませんか。 厳しい寒さが続きますが、いかがお過ごしでしょうか。 晩冬の候、ますますご健勝のこととお喜び申し上げます。 節分も過ぎましたのに、まだまだ寒い日が続きますね。 お元気でいらっしゃいますか。 立春を迎え、ますますご清祥のこととお喜び申し上げます。 時候の挨拶2月中旬の書き出し例文• 東風が氷を溶かすような季節となりましたが、お変わりございませんか。 余寒厳しき折、皆様いかがお過ごしでしょうか。 向春の候、ますますご清祥のこととお喜び申し上げます。 時折、心地よい風も感じられる季節となってまいりました。 バレンタインの時期も訪れ、街も甘い香りが漂っております。 時候の挨拶2月下旬の書き出し例文• 吹く風にも春の匂いがほのかに感じられる季節となりました。 梅の花もほころぶような季節となってまいりましたが、お元気ですか。 梅花の候、ご清栄のことと存じます。 残寒いまだ去らぬ毎日が続きますが、ますますご活躍のことと存じます。 梅の花に続き、桃の花も咲き始め春を感じる今日このごろです。 あらたまった相手に出す時は、時候の挨拶でも丁寧な言葉を使いたいです。 ただ、親しい相手に送る場合は、身の回りのことや行事のことも言葉に選んで、親近感のある楽しい感じのお手紙にされてもいいと思います。 【2月上旬】 春はまだ先になりそうですが、お体大事になさってください。 【2月中旬】 まだまだ寒さが続きそうですので、くれぐれもご自愛ください。 【2月下旬】 三寒四温の季節柄、くれぐれもお体に気を付けて。 これも結びの例文の一つですし、その年の気候や地域によっても中旬と下旬で言葉のチョイスが変わったりすることもありますが、大まかにはこのような感じだと捉えてもらえればいいと思います。 では、その時候の挨拶で2月の上旬・中旬・下旬と参考になる結びの例文をまとめました。 時候の挨拶2月上旬の結び例文• 暦の上では春とは言え、まだまだ寒い日が続きます。 風邪など引かれませんようくれぐれもご自愛ください。 インフルエンザも流行っている時期ですので、くれぐれもお気をつけ下さい。 春はまだ先になりそうな気候ですが、お身体、おいといください。 息子さんも大切な受験シーズンですので、体調にはお気をつけ下さい。 幸多き春の門出となりますよう、心よりお祈り申し上げます。 時候の挨拶2月中旬の結び例文• まだまだ寒さが残ってますので、ご自愛専一になさって下さい。 季節の変わり目でもあるので、体調を崩されませんように。 余寒厳しき折から、くれぐれもご自愛ください。 寒の戻りで冷え込むこともございますので、くれぐれもお気をつけ下さい。 天候不順の折りから、お身体を大切に。 時候の挨拶2月下旬の結び例文• 三寒四温の季節柄、お体を大切になさって下さい。 春はすぐそこまで来ているので、お互い元気に過ごしましょう。 もう少し暖かくなれば、またまたお伺いさせていただきたく思います。 春の訪れとともに幸せが訪れますことをお祈りいたします。 雪解けも間近ですね。 もう少し動きやすい暖かさになったら、また一緒にお出かけしましょう。 近づく春を待ちわびる毎日ですが、お互い元気に過ごしましょう。 こちらも書き出し分と同様に、あらたまった相手には、時候の挨拶でも丁寧な言葉を使いたいです。 スポンサードリンク 2月の時候の挨拶に入れる季語 2月の時候の挨拶の書き出しと結びに入れる言葉には、この時期の 「風物詩」や 「気候」、 「自然」などを取り入れて春夏秋冬の季節感を出します。 これから順番にいくつか紹介していきますが、文章づくりの参考にして下さい。 では、まずは2月の風物詩について紹介しますね。 時候の挨拶に2月の風物詩を入れる 時候の挨拶の中に2月の季語になる風物詩を入れて、具体的な話を手紙に書くこともできます。 そんな2月の風物詩ですが、例えばどのようなものがあるかピックアップしてみました。 【風物詩】 節分・豆まき・恵方巻き・バレンタイン・うるう年・雪合戦・かまくら・受験・合格発表 【気候】 寒明け・残寒・余寒・三寒四温・氷解・残雪 【自然】 うぐいす・わかさぎ・梅・紅梅・雪割草・春菊・ふきのとう・ヒヤシンス これらの行事や自然の植物、気候などを手紙の文章に入れると季節感もでます。 機会があれば使っていき文章を作っていきましょう。 寒中見舞いと余寒見舞いについて 寒中見舞いとは、寒さが厳しい季節に相手の体調を気遣って出す季節のお便りです。 でも今では、年賀状を出し忘れた時や喪中に年賀状を受けた時などに、寒中見舞いの挨拶を兼ねて返事を出すこともあります。 そんなですが、2月4日頃に立春を迎えるので、 参考ページ 三寒四温という言葉は、余寒見舞いなども含め、手紙の中でも季節の移り変わりを表す言葉で使いやすいので、機会があれば取り入れてみて下さい。 あとがき 時候の挨拶で2月の上旬・中旬・下旬でのそれぞれの言葉について。 そして2月の時候の挨拶の書き出しと結びの言葉や季語となる風物詩。 また、寒中見舞いや余寒見舞いの手紙についても触れてまとめましたがいかがでしたか。 漢語調では礼儀正しい感じになるし、和文調の時候の挨拶ではやわらかい言い回しにも礼儀正しい挨拶にも出来るので便利です。 うまく風物詩や七十二候などの季語の言葉も織り交ぜながら、1月の時候の挨拶の参考にしてください。 その他の月の時候の挨拶についても別ページでまとめてあるので、こちらもぜひ参考にしてくださいね。

次の

【時候の挨拶】2月ビジネス文例と結び!招待状やお礼状の例文も

時候の挨拶 2月

下旬 寒明けするも記録的な大雪に見舞われるこの頃、 貴社の皆様、ご無事でいらっしゃいますでしょうか。 お伺い申し上げます。 東風吹く季節、寒い中にも春が近づいているのを肌で実感いたします。 躍動的な季節に向けて、ますますご多忙のことと存じます。 <使用時期について> 上記の表では文例に合わせて使用時期を上旬・中旬・下旬で分類していますが、なかには複数時期に渡り使用できるものや、2ヶ月に渡り使用できる時候の挨拶もあります。 また、その年の気候に合わせて送るお相手の住んでいる地域や、送り手が住んでいる地域で感じている季節感を盛り込むことも大切です。 時候の挨拶 プライベート編(かしこまったお手紙に) 晩冬の候/向春の候/余寒の候/梅香匂う頃 梅のつぼみもふくらみかけてまいりました。 春一番が吹き、寒さもようやく和らいできました。 時候の挨拶 プライベート編(親しい方へのお手紙に) 本格的な寒さが身にしみる頃、風邪をひいていませんか。 春の訪れまで、まだいくらか日があるようです。 1年でいちばん寒さの厳しい時期、春の便りが待ち遠しいですね。

次の