欲しい 敬語。 聞いてくださいの敬語表現は?謙譲語/尊敬語/お気軽にお尋ねください

「見てください」の敬語と類語!ビジネスでの使い方を徹底解説

欲しい 敬語

敬語は使い方が難しく、社会人になってもいまいち使い方に自信がないという方も多いでしょう。 その中でも相手に「教えを乞う」場合の敬語は何を使ったら良いのか迷うものです。 「ご教示」なのか「ご教授」なのか、いまいちはっきりしませんよね。 そこで今回は「教えて下さい」を意味する敬語にまつわるお話をまとめていきます。 社会人生活を送るうえでの参考になれば幸いです。 教えてくださいの丁寧な伝え方とは まず単純に「教えて下さい」をより丁寧に伝えるとどうなるのかを考えてみましょう。 特別難しい敬語を使わずに、「教えて下さい」を丁寧に言い表すには「お教え頂けませんか?」などがおすすめです。 これならば言い回しが複雑になったり、難しい敬語が登場したりといったことがなく、丁寧さが伝わりますよね。 また、「ご指導いただけませんか」という言い回しも便利です。 教える=指導するととらえて、多少の言い換えを含んでいますが十分に丁寧な雰囲気が伝わります。 このように単に「教えて下さい」と言うよりも、「頂く」「指導」といった言葉を含ませることでより丁寧かつスマートな印象を与えることができますから、ビジネスシーンなどで活用してみてくださいね。 その他にもよりシンプルに「お教えください」や、「ご意見をお聞かせいただけますか」という少し遠まわしな言い方、上品さがある「教えていただけますでしょうか」などもビジネスシーンに適しています。 どれを使っても間違いということはありませんから、まずは積極的に使って丁寧な言い方を習慣づけましょう。 教えてくださいの言い換えもさまざま 「教えて下さい」をできるだけ簡単かつ丁寧に言い換えたものを紹介しましたが、より敬語らしい言い換えもあります。 それは「ご教示」「ご教授」の二つです。 社会人であればこの二つは、社内のメールなどでもよく目にすることでしょう。 発音もよく似ている上に、「教」という字が入っていることから他人に教えを乞う場合の丁寧な言い方であることはわかりますよね。 しかしこの2つには微妙なニュアンスの違いが含まれているのです。 ・「ご教示ください」 「ご教示ください」は、「教えて下さい」のより丁寧でかしこまったものと考えて良いでしょう。 教示=教え示すという単語が現すとおり、 単純かつ明示的に何かを教えて欲しいときに使う敬語です。 教えてほしい内容が特に専門的でなく、長期間つきっきりでノウハウを伝授されるようなものでなければ、「ご教示ください」が正しい使い方となります。 ・「ご教授ください」 「ご教授ください」は、 専門的な知識やノウハウなどをある程度の期間継続的に教えてほしい時に使います。 いわゆる「伝授してほしい」という言葉にニュアンスが似ていると考えれば良いでしょう。 よく使われるのが楽器やスポーツなどの習い事に関することです。 「ピアノの基礎をご教授頂けませんか」というように、長期間の鍛錬・訓練が必要な楽器やスポーツの分野では、日常的に「ご教授」が使われています。 「ご教示」とは明確な違いがありますので、注意してください。 いかがでしょうか。 この2つの敬語はニュアンスの違いをしっかりとおさえておきましょう。 例えば、会社の先輩や上司に顧客の一覧を見せてほしいと頼むときは「ご教示ください」が、特定の顧客についてのより細かな情報や営業ノウハウ、接客のコツなどを教えてほしい時は「ご教授ください」が適していると言えます。 ビジネスシーンでは、つきっきりで誰かに教育されるという機会があまりないでしょうから、一般的には「ご教示」を使う機会が多いかもしれません。 しかし短い時間であっても、一つの事柄に対して頻繁に質問する機会があるようであれば、「引き続きご教授願います」としたほうが無難です。 状況に応じてしっかり使い分けていきたいところですね。 教えてあげたい!と思ってもらうように言葉遣いを実践しよう ここまで「教えて下さい」という意味の敬語を紹介してきましたが、どの敬語を使うにしろ普段からの心がけが大切なことに変わりはありません。 教えて欲しい段階になって急に敬語を使い始めても、相手は「こんな時だけ敬語か」と気を悪くする可能性があります。 常日頃から、先輩や上司、顧客には丁寧な言葉づかいを心がけ、印象を良くしておきましょう。 人間関係も円滑になりますし、仕事もスムーズに進む可能性が高くなります。 また、社会人になってから他人にものを教わるというのは、わざわざ相手にコストを支払ってもらうことと同義です。 社会人として大切な「コスト意識」があれば、時間や労力の貴重さが実感でき、物を教わることの重さが理解できるでしょう。 そうなれば自然と物腰も丁寧になり、いざというときの敬語に重みが出てくるのです。 上司や先輩、顧客に「この人には教えてあげたい」「教えたらメリットがあるだろう」と感じてもらえるように、丁寧かつ好印象であることを心がけてみてくださいね。

次の

社会人と接する最低限のマナー 敬語編

欲しい 敬語

「ご依頼」は「依頼」という言葉に「ご」を付けて敬語表現にしたものであり、依頼の敬語表現として一般的な言い回しになっています。 ちなみにご依頼という言い方はこちたが依頼する際にも、相手方からの依頼を受ける際にも使うことができる表現になっています。 依頼の形には「明確に何かして欲しいこと」と「不満があるので対応して欲しいこと」の2つに分かれます。 ご要望はシチュエーションによってどちらも表現できる言い回しですが、ご依頼よりも「ご要望」という表現の方がどちらを指しているかが分かりやすい表現になっています。 敬語で何かを依頼する際に気を付けなければならないのは間違った敬語を使わないことです。 間違った敬語を相手方に対して使うことで、相手方の信頼を失うことにもなりかねません。 特にビジネスにおける依頼は注意が必要です。 敬語表現には、丁寧語・謙譲語・尊敬語の3つがありお願いを表す敬語表現ではどれも使います。 丁寧語は言い回しを丁寧にしただけの表現であり、尊敬語は相手を上げて相手への敬意を示す敬語の一種になります。 それに対して謙譲語は相手に対して自分が遜ることで相手を立てて、相手に対しての敬意を示す敬語表現になります。 特にビジネスにおいて大切な点なのですが、たとえ敬語表現自体が間違っていなかったとしても、相手から「厚かましい」「失礼だ」と思われてしまうとせっかくお願いに関する敬語をきちんと使っても相手方は悪印象を持ちます。 例えば相手の都合を考えずに頻繁に「お願いいたします」といった何かをしてほしい旨を伝えるメールを送ったり、何かをお願いする際に、常に「お願いします」という言い切りの表現を使うとそのような事態を招くことになります。 依頼をする頻度については相手がどう感じるかを意識する必要がありますし、依頼の仕方には「お願いできましたらうれしく存じます」というような控え目なお願いの仕方もありますので、相手方に良い印象を持ってもらえるように意識してお願いをするようにしましょう。 相手への気遣いはお願いをするシチュエーション以外でも、ビジネスのシーンでは非常に重要なファクターとなります。 相手から好印象を持たれるか、あるいはそれによってビジネスが成功するか否かは、相手への気遣いが非常に重要です。 お願いをする場合には、軽くお願いをする場合と丁重にお願いする場合に分かれるのですが、丁重にお願いをする場合には例文のような形で依頼をすることとなります。 お願いする表現が「お願いいたします」と丁寧な表現になっています。 また、ビジネスにおいてよく使われる「お忙しいところ恐縮ですが」という表現も使われています。 こういった表現を付け足すことで、より相手への気遣いが伝わりやすい文面になります。 この表現については、メールを送るごとに付けてもそんなに相手方もしつこくは感じない表現になりますのでおすすめです。 いつもお世話になっております。 お忙しいところ恐縮ですが明日までにご提出をお願いいたします。 例文では「お願いいたしたく存じます」という敬語表現が使われていますが「存じます」という表現は謙譲語表現になります。 そのため単に「お願いします」と送るよりも相手に対する気遣いが感じられる表現になっています。 特に「存じます」という表現は、メールにおいて積極的に使いたい表現になります。 会話のシーンで使うと相手から堅苦し過ぎる印象を受けるかもしれませんが、メールでは丁寧過ぎるくらいでもちょうどよく伝わるので、こういった表現は是非とも活用していきたいところです! いつもお世話になっております。 早速ではございますが発注をお願いしたく存じます。 例文では「ご依頼賜りました」が尊敬語にあたります。 「賜る」という表現は謙譲語でも使うことができますが、この場合は「ご依頼をもらった」という意味合いになりますので尊敬語表現になります。 「賜る」という表現は非常にフォーマルな色の濃い表現になりますので、ビジネスにおいては積極的に使っていきたいところです。 「ご高配賜り」などという言い回しも、目上の方にここぞと言うときに伝えると非常に丁寧な印象を与え、相手からの好感に繋がることでしょう。 下記関連記事も参考にしてみてください。 この表現は、お願いをするシーンにおいて非常に重要な表現になります。 何故なら、この表現は相手に対して控え目にお願いすることができる表現だからです。 この表現に関してはビジネスで良好なコミュニケーションを取る上で重要です。 「お願いいたします」と言い切るよりも「お願いできましたらありがたく存じます」と伝えた方が相手方としては快く引き受けることができるシーンが多いことでしょう。 ただし依頼の期限が迫っている時や至急を要する依頼では「大至急お願いいたします」と急かした方がいい場合もあるので、上手に使い分けるようにしましょう。 いつもお世話になっております。 先日はお忙しい中研修会の講師を引き受けていただきましてありがとうございました。 また貴重な資料のデータまでご共有いただき厚く御礼申し上げます。 大変恐れ入りますが資料のデータの最終ページを再送いただけましたらありがたく存じます。 最終ページのみデータが破損しているようでございます。 幸いでございますという表現もありがたく存じますと同じように使える表現なので、例文をしっかり見ておいてください。 相手に対してやわらかい印象を与えつつも何かしてほしいことをお願いできる表現になります。 いつもお世話になっております。 明日の研修会ではご指導のほどお願い申し上げます。 弊社社員は現状に満足しきっているような者もおりますので、活を入れていただくような場面もございましたらありがたく存じます。 意見と依頼は違うかもしれませんが、「何かご意見はございますか?」と聞いた時にその意見の中には様々な依頼事項が含まれていることが少なくありません。 「ご意見」の内容には意見だけではなく多くのお願いも含まれており、そういった意味で「ご意見」はお願いの類語にあたります。 この表現は敬語表現ではないものの「後生の頼み」というような形で使われる、お願いを意味する表現であり、お願いの類語にあたる言い回しになります。 敬語表現には当たらないものの、「お願い」という言葉よりも「頼み」という言葉の方が改まった印象を受ける表現になります。 「承る」という表現は相手の依頼やお願いを「引き受ける」ことを意味します。 「お願いする」反対の意味は「お願いされる」ことになるので、承るという表現はお願いの対義語にあたるのです。 「承りました」「承知いたしました」という形で、依頼を引き受けた旨を伝える表現です。 依頼を引き受けることを名詞表現で「承諾」と言いますので、この表現はお願いの対義語にあたります。 ただし承ると違い、敬語表現にはあたらないので相手方には「承諾します」とは言わない方がいいでしょう。 承諾した事実を敬語なしで伝える場合に使うようにしましょう。 お願いという言葉をビジネスで使いこなそう! 何かをしてほしい時にお願いや依頼をいう表現を使いますが、この表現を使う際に大切なことは、いかに相手方に対して気持ちよく引き受けてもらうか、あるいはこちらが引き受ける側であればいかに相手方をその依頼を完遂することで喜ばせることができるかです。 ここで紹介したことがビジネスにおいて良好な関係性を築くヒントになればうれしいです。 次回に何かお願いする場合や何かを引き受ける場合にはここで紹介したことを意識してみてください!.

次の

「教えてください」は失礼?ビジネスメールでの敬語や英語表現も解説

欲しい 敬語

スポンサードリンク 「教えてください」という気持ちを丁寧に伝えるには どのような敬語を使えばいいのでしょうか。 調べて行きたいかと思います。 教えて欲しい内容によって変わる「教えてください」 「教えてください」という敬語には 「ご教授」という敬語が一般的に考えられます。 しかし実は 教えて欲しい内容によって 敬語を使い分けなくてはいけないことをご存じでしょうか。 単に情報を教えて欲しい 簡単な内容に関しては「ご教示」という言葉を使います。 その際に「ご教授」と使ってしまうことは 間違いになってしまいますので気をつけたいですね。 また、大半の場合はこの 「ご教示」を使うことが 正しい敬語と考えられています。 「教えてください」という表現に 「ご教示」という言葉があることを知らない方が大半かと思います。 「教えてください」が「ご教授」になるケース では「ご教授」という言葉については どういうシーンで使うのが一般的なのでしょうか。 この場合、 「ご教授」という言葉については 勉学や技術を教わったり 時間が長時間かかる内容を教えて欲しい時に使う敬語のようです。 スポンサードリンク 長い時間や、断続的に その内容を教えてくださいとお願いする際に 「ご教授ください」などという敬語になります。 よって、殆どのビジネスシーンで使う 「教えてください」という場合には 「ご教示」で通用するというのは 「ご教授」にそういう意味があるというところからも 言える話だということなのです。 「ご教示」が硬いと思う場合の敬語の使い方 今回「教えてください」という敬語はビジネスシーンでは 「ご教示」と表現することが正しいとわかったのですが 女性がこのような「ご教示」と表現するには 少し硬いなと感じる事もあるかもしれません。 一見これでいいのかと思われがちですが しっかりとした敬語であることは間違いはありません 安心してください。 しかし、目上の方や直近ではない方などに使ってしまうと 失礼に値してしまう場合もありますので 見極めが肝心ですね。 正しい「教えてください」の敬語を使い分けて しっかりとしたビジネスマナーを身につけたいものですね。

次の