ゆず シロップ。 ゆず|わつなぎ|サントリー食品インターナショナル

【みんなが作ってる】 柚子シロップのレシピ 【クックパッド】 簡単おいしいみんなのレシピが333万品

ゆず シロップ

材料はゆずと砂糖。 それぞれ同量を用意する。 ゆずはよく洗ってヘタを取り、清潔な布やキッチンペーパーで水気を拭く。 縦に四等分して皮と実を分け、実はミキサーやブレンダー、包丁などで細かく刻み、皮は千切りに。 ボウルに刻んだゆずの実と果汁、皮を入れ、砂糖を加えてよく混ぜる。 砂糖がなじんだら消毒した瓶に詰め、冷暗所で保存。 1週間~10日程度置き、砂糖が完全に溶けてとろみがついたら完成だ。 砂糖は、スッキリとした甘さの上白糖やグラニュー糖を使用。 三温糖やきび砂糖、もちろん蜂蜜でも美味しく仕上がる。 どの場合も、ゆずと同量の糖分で漬け込むのがポイントだ。 糖分を減らした場合は、カビが生えやすくなったりするので注意を。 【ゆず茶/ゆずシロップの使い方】.

次の

【みんなが作ってる】 柚子シロップのレシピ 【クックパッド】 簡単おいしいみんなのレシピが333万品

ゆず シロップ

お正月がすぎても、もうちょっとゆずを楽しみたい ゆずの旬は11月~1月と言われています。 旬が過ぎても、産地によっては4月くらいまでは収穫できるようです。 ちなみに、一般的に「ゆず」と呼んでいるのは「黄ゆず」と呼ばれる時期のもの。 ほかに、早生の時期を楽しむ「青ゆず」もあります。 青ゆずが収穫できるのはハウスものを含めるとちょうど黄ゆずがお休みの時期だそうで、ゆずって1年中楽しめるんですね。 まだまだ奥が深いです、ゆず。 ゆずの栄養はビタミンCのみにあらず。 ゆずの栄養価はビタミンCやクエン酸が有名ですが、皮に含まれるペクチンもおいしく頂きたい栄養素のひとつ。 ペクチンは水溶性の食物繊維で、整腸作用や血中コレステロールを抑制するといった効果があるとされています。 しかし、ビタミンCやペクチンは熱によって分解されてしまうので、加熱するゆず茶レシピやジャムでは摂取できません。 そのため、ゆずの栄養を丸ごとおいしく楽しむには、じっくり時間をかけて作る「ゆずシロップ」がおすすめ。 ゆずシロップの材料 用意するもの 蓋ができる瓶 密閉できるものが望ましいですが、必須ではありません。 熱湯消毒は必須! ゆず 適宜 砂糖 だいたいゆずと同じ重さくらい あとはお好みではちみつなど。 砂糖は上白糖だと色の薄いものになりますし、きび糖のような精製していないものだと濃い色に仕上がります。 お好みで。 ゆずシロップの作り方 ゆずシロップの作り方はとても簡単。 火を使わず、切って漬けるだけです。 皮の内側の白い部分がたくさんあると苦いので、私はスプーンでこそげ取ります。 苦いのが好きな方はそのままで。 私は細かいほど使い勝手がいいなあと思いますが、お好みで。 これが残っていると、ゆず茶にした時にざらっとした食感が残ってしまいます。 飲んだ時の口あたりをさらりとさせたいので、内側の薄皮もできるだけ一緒に取り除きます。 冬場なら冷蔵庫にいれなくても、常温で平気です。 写真のように透き通ったシロップの層が見えてきたら、おいしく頂けます。 ゆずシロップはゆずの栄養をそのままいただける、時間が仕上げてくれるごちそうです。 お湯で割ってゆず茶で楽しむのはもちろん、肉料理とも相性がいいんですよ。 おいしくなあれの時間の魔法、ぜひお試しください。

次の

【ゆず】をジュースやドリンクで美味しく飲む方法

ゆず シロップ

お正月がすぎても、もうちょっとゆずを楽しみたい ゆずの旬は11月~1月と言われています。 旬が過ぎても、産地によっては4月くらいまでは収穫できるようです。 ちなみに、一般的に「ゆず」と呼んでいるのは「黄ゆず」と呼ばれる時期のもの。 ほかに、早生の時期を楽しむ「青ゆず」もあります。 青ゆずが収穫できるのはハウスものを含めるとちょうど黄ゆずがお休みの時期だそうで、ゆずって1年中楽しめるんですね。 まだまだ奥が深いです、ゆず。 ゆずの栄養はビタミンCのみにあらず。 ゆずの栄養価はビタミンCやクエン酸が有名ですが、皮に含まれるペクチンもおいしく頂きたい栄養素のひとつ。 ペクチンは水溶性の食物繊維で、整腸作用や血中コレステロールを抑制するといった効果があるとされています。 しかし、ビタミンCやペクチンは熱によって分解されてしまうので、加熱するゆず茶レシピやジャムでは摂取できません。 そのため、ゆずの栄養を丸ごとおいしく楽しむには、じっくり時間をかけて作る「ゆずシロップ」がおすすめ。 ゆずシロップの材料 用意するもの 蓋ができる瓶 密閉できるものが望ましいですが、必須ではありません。 熱湯消毒は必須! ゆず 適宜 砂糖 だいたいゆずと同じ重さくらい あとはお好みではちみつなど。 砂糖は上白糖だと色の薄いものになりますし、きび糖のような精製していないものだと濃い色に仕上がります。 お好みで。 ゆずシロップの作り方 ゆずシロップの作り方はとても簡単。 火を使わず、切って漬けるだけです。 皮の内側の白い部分がたくさんあると苦いので、私はスプーンでこそげ取ります。 苦いのが好きな方はそのままで。 私は細かいほど使い勝手がいいなあと思いますが、お好みで。 これが残っていると、ゆず茶にした時にざらっとした食感が残ってしまいます。 飲んだ時の口あたりをさらりとさせたいので、内側の薄皮もできるだけ一緒に取り除きます。 冬場なら冷蔵庫にいれなくても、常温で平気です。 写真のように透き通ったシロップの層が見えてきたら、おいしく頂けます。 ゆずシロップはゆずの栄養をそのままいただける、時間が仕上げてくれるごちそうです。 お湯で割ってゆず茶で楽しむのはもちろん、肉料理とも相性がいいんですよ。 おいしくなあれの時間の魔法、ぜひお試しください。

次の