せなかれ別れた理由。 ももかいの解消(破局)の原因理由はなぜ?経緯や真実は?浮気やインスタライブも!

ももかいの別れた理由|半年契約や浮気の噂とは?今日好きカップル破局報告!

せなかれ別れた理由

記事の概要• アドバイスされても、男がメンヘラ彼女と別れられない原因 「頭では分かっている。 でも、いざ実際に行動に移すのはなんだか気が引ける」ということが世の中にはたくさん存在する。 英語の勉強しなきゃ、ダイエットしなきゃ、などなど。 「メンヘラな彼女と別れる」という行為は、「頭では分かっているけど行動に移せないことランキング」の第5位くらいにランクインしている気がする。 そのくらい、メンヘラ彼女持ちの男にとって、今の恋を終わらせるのは分かっていてもい難しいことなのです。 きっと周りにもいるはず。 「彼女が重い。 情緒不安定で、一緒にいると疲れるのはわかってる。 でも、なんだかんだ好きだし、別れられないんだよね」という男。 恋愛合理主義者的には、そんなものさっさと別れてしまえといいたいところだけれども、現実はそう簡単ではないみたい。 恋愛合理主義者かずずがまだ、恋愛合理主義者じゃなかった頃の気持ちを思い出しながら、「別れた方がいいと分かっているのに、メンヘラ彼女と別れられない男」の気持ちについて書いていきたい。 「愛されている」という事実を捨てがたい メンヘラ彼女持ちの男であれ通常版の彼女の男であれ、世界で一番その男のことを好きでいてくれる存在はやっぱり「彼女」だ。 (ママに溺愛されている、三角関係の渦中にあるというのなら話は別だけれども) そして、メンヘラ彼女と別れることは、世界で一番自分のファンでいてくれる人を突き放すことになる。 もし今の彼女を突き放したら、自分は一生誰にも愛されないまま生きていくことになるんじゃないか?そんな不安が、メンヘラ彼女との別れをためらう原因になる気がするのです。 彼女がいるという社会的安心感 会社の人や友達と飲み会に行くとき、決まって「彼女できた?」みたいな会話になる。 この質問をする人はきっと、あなたに彼女がいるかどうかに興味はない。 彼女の有無の事実を確かめることを通して、あなたが人間関係の中でどんなポジションにいるのか、あるいは彼女を持つだけの男としての価値があるのかを問うている。 そういう様々な思惑が、「彼女どうなの?」という7音節の質問に込められているのです。 この質問をされると、やっぱり「試されてる気がする…yesと答えられた方がポイントが高い気がする…」と思ってしまうものだ。 彼女がメンヘラであったとしても、「彼女がいる」というのはある意味男としての社会的ステータス。 そのステータスを自分から捨てるのは(僕はステータスを捨てたっス。 )…やっぱりできないですよね。 「彼女と別れた」と周りに知られるのが面倒 「彼女いるの?」という質問を無事YESと答えたからといって、相手は満足しない。 そのあとには、「彼女と最近どう?」という質問が待ち構えている。 ここで「別れようと思ってます…」「この前別れました…」と答えると、余計に質問攻めされる or 「おじさんはな、若かったころ…」という誰得な自分語りがもれなくスタートする。 彼女と別れようとしているという事実が周りに知られることは、すんごいめんどくさいことだ。 彼女と付き合うということは、多かれ少なかれ相手の人間関係も引き受けること。 彼女の友達と仲良くなったというケースも多いし、自分の知り合いに彼女のことを紹介しているというケースも多い。 なんで「彼女と別れた」という個人的事情の極みにある情報をいちいち周りに伝えなければならないのか。 恋愛合理主義者としては全く理解できない。 まあ、彼女と別れたことをお役所に届け出なくていいだけまだマシだと思うことにしよう。 (それってもはや結婚ですよね) 定期的に体の関係を持てる相手がいるという安心感 「恋人として付き合っている」という事実には、「体の関係をもつことにお互いがある程度同意している」合意事項に含まれている。 男にとっては、定期的に体の関係を持てる彼女がいるというのはすごい安心感のあることなのかも。 たとえその相手がメンヘラ彼女であれ、抱き合えば自分が男であることの尊厳を忘れずにいられる。 そのうえ、ものすごく偏見だけれども、「メンヘラ彼女は意外とテクニシャン」説を僕は推奨している。 「頭では分かっていても別れられない」のはきっと、男は下半身でものを考えているからだ。 (ちなみに恋愛合理主義者の原則は、下半身ではなく脳みそで恋愛を考えるように努めることです。 ) メンヘラ彼女は、相手の心を操作するのがうまい 付き合う前はメンヘラ感がなかったのに、付き合ったとたんにメンヘラに変貌する「潜在型メンヘラ女(仮称)」というものが存在する。 そんな彼女らがなぜメンヘラという在り方を選ぶのか? それは、「メンヘラでいた方が、彼氏の心をある程度コントロールできて、いっぱい構ってもらえる」という事実を経験的事実、あるいは無意識で知っているから。 (幼い頃、下のきょうだいが生まれて忙しくなった親の関心を引くために、上の子がぐずる現象と似ている?) メンヘラでいるからこそ、彼氏が「守ってあげなきゃ」「自分がいないと彼女はだめになっちゃう」という気持ちを持つようになる。 メンヘラ彼女って、人の心の弱い部分につけこむのがうまいですね。 ああ、怖い怖い。 もう少し頑張れば二人の関係が改善するという期待 彼女がメンヘラだと、ケンカや色々な事案が発生する。 そんなときに限ってメンヘラ彼女は「もう別れるから」とか言ってきたりする。 メンヘラ彼女とケンカした時の「もう別れるから」という言葉は、そのままの意味に受け取ってはいけない。 「別れるから」という言葉を彼氏に投げることで、「別れたくない」という言葉を彼氏から引き出して自分の存在理由を確かめようとするからだ。 彼女がメンヘラだと、こういう「別れの危機」の場面を何度も経験する。 (別れの危機を演出するのもメンヘラの策略の1つだし、冷静に考えたら別れの危機でもなんでもないのだけれども。 まあ、当人の彼氏は傷つくし、彼女を失わないように必死になっちゃいますよね) メンヘラ彼女との別れの危機を何回も乗り越えると、「別れの危機をたくさん乗り越えてきたから、この先多少のことで喧嘩しても大丈夫。 いまは二人の関係は不安定だけど、この先きっと改善できる。 それに、長く一緒にいるうちに相手のメンヘラも治るはずだ」という彼氏としての自信が生じてしまう。 謎の自信からメンヘラと付き合うことになれてしまうと、無意識に溜まった疲れがいつか爆発するのでご注意ください。 メンヘラ彼女と別れる方法 ここまで読んでいただいて、メンヘラ彼女と別れられなくなる理由がよおおおおおおおおく分かっていただけたはずです。 「メンヘラ彼女と別れるための方策」を求めてこのページにたどり着いてくださった人もいるはずですから、その解決策について書いていきます。 忍者の如き忍び足で、少しずつ、着実に、逃げる…。 メンヘラと別れる1つの作戦が、忍者のような「抜き足、差し足、忍び足」で着実に距離をとっていくこと。 物音を決して立ててはいけない。 逃げる途中で少しでも床が鳴ってしまったら…その時は堪忍しましょう。 にんにん。 ところがどっこい、メンヘラと別れるという作業は、一筋縄ではいかないと思っておこうな。 メンヘラというものはとても敏感なもので、少しずつ連絡回数や会う頻度を減らしていっても奴らは必ず気づく。 「ねえ最近、忙しいっていってばかりで全然会ってくれないじゃん」。 そんなんでケンカして疲れるくらいなら、少しは会ってあげてもいいのかな、まだ一応すきなんだし、と思ってしまう。 その考えがよくない。 甘えの心は、メンヘラから別れるプロジェクトにおける大いなる天敵。 別れると決意したのなら、鋼鉄の意志を持って、電話がかかってきても絶対出ない、会おうといわれても絶対断る、家に押しかけてきても居留守を貫くくらいの覚悟を持っておこう。 それでも、いきなり離れていこうとすると、あっちも拒否反応を示して余計めんどくさくなるので、自分の生活にダメージが無い範囲で、少しずつフェードアウトしていくのが大切。 会うと情に流される。 LINEだけで別れるのも致し方なし 「LINEで告白したり、LINEで別れたりするのはよくない。 せめて直接会って伝えるべき」みたいな風潮があるけれども、メンヘラから確実に別れて自分の人生を取り戻すのなら、世間体を気にしている暇などない。 連絡の間隔を徐々に空けるようになって、1週間くらい間隔をあけてから、別れるという文章をLINEで切り出すべし。 相手の話し合いに乗ったらNG たぶんメンヘラに別れようって伝えても、「ねえ、ちゃんと話し合おうよ」みたいなことを言われるはず。 いけない。 相手の話し合いに乗っては決していけない。 メンヘラに疲れて別れると決めたのなら、しっかり思っていることを伝えて別れる。 離婚届を出すときは双方の署名と捺印がひつようだけれども、恋愛では別れるときに「双方の合意」なんか必要ない。 「付き合っていた相手に一方的にフラれた」というつらい過去を持っている人もいるかもしれないけれども、自分の人生を守るためなら、そのくらいの強引さと冷徹さは多少なりとも必要です。 付き合って嫌だという思いををしっかり伝える 「話し合いのテーブルに乗ったらNG」とは言ったものの、別れる際は自分の思っていることをはっきりと伝えないといけない。 付き合っていて、重くて疲れたということ。 一緒にいても楽しくなくなったということ。 これ以上付き合ってすり減ってしまうのが嫌だということ。 価値観の合わない点、などなど。 そのくらい言って、最後に「ごめん、もう好きじゃない」と伝えれば、さすがに相手も受け入れざるを得ない。 別れて連絡を切ってしまえば、もう他人。 相手が引きこもってしまおうが自傷行為に走ろうが、こちらの与り知るところではない。 万が一、自分に危害が加えられる恐れがあるときは、警察に相談しておきましょう。 SNSは全てブロック 「完全かつ不可逆的に」メンヘラと別れるために、別れたらLINEもTwitterもすべてブロックするべし。 「いつか、甘酸っぱい思い出に変わったころに、また連絡してあげよう」と思うことなかれ。 別れたらメンタルがへこむと思われがちなら、次に夢中になる相手が見つかれば立ち直りは早い。 そして、元カノのメンヘラが新しい相手と付き合ったとき、元カレのあなたは憎悪の対象となることが多い。 だから、一度処理した「地雷」には二度と近づかないよう心得ておくべし。 まとめ 恋愛の一番怖いところは、「たとえ性格が合わなくても、一時の迷いで恋に落ちれてしまう」ということ。 そして、人生には関わらない方が幸せな人というものが存在する。 手に負えないメンヘラも、そのうちの1人だと思う。 付き合っていて疲れる人とダラダラと一緒にいることは、一度きりの人生の時間の損失以外の何物でもない。 一瞬、独り身にもどったとしても、次の出会いは絶対に訪れるし、自由になってこそ見つかる幸せがある。 メンヘラ彼女に疲れているこの国の男子が、一人でも多く救われることを祈っています。

次の

彼氏が別れてくれないのはなぜ?本当の理由と心理、別れる方法紹介!

せなかれ別れた理由

彼女とこれからも付き合っていきたい・・・いつ別れを告げられるか不安・・。 もしかして彼女、別れたいと思ってるんじゃないか? そろそろ俺たちって終わりなのかな? などなど、付き合っていれば別れてしまうのではないのかという不安を感じる瞬間はあるはずです。 「これってもしかして俺に冷めた?」 「別れようとしてるんじゃないか!?」 みたいな。 本当はどうなのか聞きたいけど聞いても答えてくれる確率は低いどころか、普通に聞くと聞くことによって余計に彼女の気持ちが覚めてしまう可能性もあがってしまいます。 では、一体女性はどのように別れをほのめかしていくのか? その主な行動や態度について実際に女性にアンケートをしましたので是非参考にしてみてください。 そしてここではそれだけでなく、別れの前兆がおこったときに一体どのようにすれば別れを回避できるのかについても解説していきますので最後までご覧になってくださいね。 それで、彼と別れたいと強く思うようになったのです。 しかし私から相手に別れたいと言っても了承してもらえないことは目に見えていたので、徐々にフェイドアウトして自然に別れられるようにしました。 そのためにわざと、彼が私のことを嫌いになるようにしました。 彼と会った時にはずっと仕事の愚痴ばかり言って、私と一緒にいても楽しくない状況を作ったのです。 また彼の言うことに反論したり上から目線でものを言ったりすることで、彼が私と距離を取り離れていくように仕向けました。 こういったことを2か月くらい続けると私の態度に辟易したらしく、狙い通り別れを切り出してもらうことができました。 後腐れなくきれいに別れられて、満足しています。 とても優しくて尽くしてくれる彼でしたが、ちょっと太めで見た目的には並んで歩くのが少し恥ずかしい感じでした。 別れる決定的な理由になったのが、夏になると太めなのもあって汗をとても掻く人でそのにおいがキツかったです。 これはもう一緒にいるのは無理だと思って、次に会った時からは冷たい態度を取るようになしました。 目をあまり合わせないようにしたり、会話もすぐに終わらせるようにしていました。 メールの返信を遅くしたり、返信自体をしないこともありました。 今思えばとても酷いことをしたと思います。 彼はそれで何か察したのかあまり連絡が来なくなりそのままフェードアウトしました。 とても酷い終わらせ方でしたが、面と向かってきっぱりと別れようと言うことができなくて結果的に一番傷つけるようなことをしてしまったと思います。 そこで、ラインの返信を遅くしたり、そっけなくしたりすることで、別れたいサインを出すようにしました。 最初彼氏はそのサインに全く気づきず、返信がこなかったら、鬼のようにしつこく連絡してきました。 私は怖いと感じましたが、ここで諦めては一生別れられないと思い、続けてそっけない態度をとり続けました。 その後膠着状態が続いていましたが、とうとう彼氏が痺れをきらして、別れを切り出してきました。 私は彼氏を刺激しないように、優しく諭すように別れることに合意しました。 その後無事その彼氏とは別れることができました。 別れたあとも付きまとわれるなど一切なく、私の中では綺麗に別れられたと思っています。 デートを断り会った時にはスマホばかりして会話を盛り上げない 見た目はまさにタイプだったのですが、実際に付き合ってみると話がまったく面白くなく自己中心的な性格であることがわかり別れたいと思うようになりました。 しかし自分から付き合ってほしいと告白をしたので、別れを言い出せなかったのです。 それでデートに誘われても3回に1回は断り、デートをした時には早く帰るようにしました。 一緒にいるときはわざと会話が盛り上がらないように適当に相槌を打って、本当はあまり興味のないスマホゲームばかりするようにしたのです。 すると彼もだんだんと私の態度に腹を立てるようになり、デートに誘われなくなりました。 そのうちに彼からの連絡が来なくなって、自然消滅のような形で別れることができました。 プライドの高い彼のようなタイプに自分から「別れたい」というと激昂しそうなので、自然消滅になって良かったです。 大きな揉め事に発展することなく、離れられました。 そこで仕事が忙しくてなかなか会えないというサインを送って、別れるように試みました。 最初は忙しくて会えないのは仕方ないよね、と納得してくれていましたが、彼に別れるという選択はなかったみたいで、私が出していた別れたいサインには気づいてくれませんでした。 仕方ないので、彼氏と二人きりで将来について話をしました。 それでもなかなか別れるという結論に至らなかったので、私のほうから正直に、もう付き合っていく自信がない、将来を約束できないと伝えました。 本当のことを言って彼氏を傷つけたくなかったので、好きな人ができたとは、最後まで言いませんでした。 結果、どうにか彼氏とは別れることができ、ほっとしました。 浮気疑惑は何度も問いただしたけど結局疑惑のままで否定されました。 薬のことは勝手にかばんの中を見たことを非難されるといやだったので言い出せませんでした。 だんだんと彼氏優先だったのが自然と友だち優先になっていきました。 心待ちにしていたメールもだんだんうっとうしいと思うようになりました。 こっちから連絡することもなくなっていきました。 メールが来たら返信するくらいの頻度になりました。 海外出張が多い彼だったので、遠距離を理由に1度は別れを切り出しましたがうまくいきませんでした。 出張に行っているあいだは会うこともないので付き合ってる状態がそんなに苦痛ではなかったのですが、やはり彼の帰国が近づくと気分が重くなる自分がいました。 彼が帰国して、やっぱり遠距離恋愛は私には無理だということをきちんと伝えて別れることができました。 ですから別れたい時には、相手が私のことを振ってくれるように持って行きます。 まずはラインや電話ができても返信をしなかったり、出なかったりして相手が嫌がる行動をとりました。 そしてできるだけ2人っきっりで過ごす時間を作らないようにして、会う時には友達や仲間を含めた複数人で会うようにしたのです。 そうするとだんだんと会話が続かなくなり、連絡やデートの回数も減ってきます。 後は彼から「別れたい」と言われるのを待つばかりです。 面と向かって別れ話をするのは彼の方も避けたかったようで、最後はラインのトークで「別れたい」と送られてきました。 こちらとしては大歓迎でしたが、そういった素振りは見せられないので「今までありがとう」と返信をしました。 付き合ってみて結婚を考えることができないと思った時、長々と付き合うのは時間の無駄だと思うので結婚はないと思った時点で別れるための工作を始めます。 そして次第に、もう別れたいと思うようになりました。 そこで私は、別れたいサインを出すことにしました。 それはできるだけ自分から連絡をとるのをやめることにしました。 今まではデートするときは必ず私から連絡をとっていましまが、別れるときめてからは、一切デートの誘いをしなくなりました。 その後彼から何度も連絡がきて、会いたいといわれましたが、私は理由をつけて会うのを拒みました。 そして彼に対して傷つけたり酷い扱いはしたくなかったので、最後に一度だけ会って、気持ちが冷めてしまってもう付き合えないとはっきりと告げました。 彼はショックを受けていたみたいですが、私が真剣に逃げずに話したので、最後には納得してくれてすっきり別れることができました。 しかし相手が自分のことをどのように思っていたのかわからなかったので、こちらから別れを切り出す勇気もなくだんだんと連絡をする間隔をあけていったのです。 仕事が休みの前日はほぼ毎回と言っていいほどに会っていましたが、予定があると言って会わないようにして休日も習い事に通い極力一緒にいないようにしました。 するとだんだんと相手も自分の予定を優先するようになり、最終的には相手の方から「少し距離を置こうか」と言われるまでになりました。 最後に彼と会ったのは「話がある」と言われて、待ち合わせをした時です。 彼に「付き合っている意味が分からなくなった」と言われた時には、正直ほっとしました。 揉めることなく別れられて、良かったです。 理由は上手くいかないからです。 私は仕事を探していて彼氏は仕事をしている方です。 私は面接が苦手で失敗してしまうのですが、一生懸命やっているのに泣いたら自分が悪いからと変なこと言われて別れようと思いました。 どうしたかというとこちらから連絡をしないことにしました。 私に興味がないのか連絡が来なくて助かりました。 一度だけ会わないかと言われましたが、学校の勉強をして学校に行かなければいけないため、出来ませんでした。 これでよかったと思っているし、もうあんなこと言う人と付き合いたくないと思いました。 なるべく連絡しないようにしたら連絡が来ることはなく、その後私は携帯の電話番号も携帯も仕事やプランの関係で偶然変えました。 これでよかったと思っており、あのとき別れて助かりました。 少しよそよそしい感じにだんだんとなっていきます。 ですが、突然「別れよう!」という勇気もなかったので、少しよそよそしい感じになってだんだんと別れのサインを出すようにしていきました。 それからは、その後も度々ケンカがあったために「このままだとお互いのためにならないから別れて欲しい…。 」と彼に直接言葉で伝えました。 ケンカしたまま別れるとお互いに後味が悪いまま別れることになってしまうので、ケンカが多かったので最後くらい気持ち良く別れられるように気をつけて言葉を選びました。 彼はすぐには納得してはくれませんでしたが、結果的には私が押し切るような形でお別れすることになりました。 あの時お別れをして別々の道に進んだことが、今では正しかったなと思っています。 別れの前兆=別れる前提の行動 さて、ここでは彼からあなたに対して別れをほのめかす前兆とは一体どういうものなのか?ということをわかりやすく理解してもらうために女性視点で代表的な別れの前兆のアクションを紹介しました。 これまでは連絡していたのをしなくした。 これまでは慣れ親しんだ態度だったのがよそよそしくなる。 これまでよりも連絡してくる感覚が長くなる。 というように これまでは当たり前になっていたことが理由なくなくなっていっている。 のが別れの前兆である場合がほとんどです。 復縁のコンテンツでも解説していますが、この初期段階であるほど解決をすれば別れに歯止めをかけることができるのでまずはこの前兆を察知できるようになっておきましょう。 ただ、前兆だと焦って 「別れないでくれ!」と引き止める。 無理に連絡をさせようとしたり。 過剰に気を使ったり。 Hの数をただ増やしたり。 連絡を頻繁にしたり。 するのはやめておいたほうがいいかもしれません。 それよりも大事なのは、相手の女性が別れたいと思っている感情的な要因を見つけ出して解決していくことです。 そのためには「このまま私達一緒に付き合っていけるのかなぁ」みたいなことを彼女から遠慮なくいえる場を作ってあげることです。 ただ、これもイキナリは難しい。 なので、連絡が減ったのならば連絡を強要するんじゃなく 面白いラインなどで「彼女から連絡が来るようにする。 」 ように彼女のほうからアクション・リアクションを起こさせてあげるようにしてみてください。 「距離を少しずつおいていこう」 という心理と 「自分から積極的にアクション・リアクション」 している認知的不協和によって「やっぱ好きかもしれない。 」と思いやすくなってくれます。 ただ、これは所詮小手先になりかねないのでこれでもダメならば彼女が恋愛関係に何を求めているのか?をよーく振り返って考えてみてください。 計21,465名が驚愕!モテた!彼女ができた! 月600名の男が参加する 無料メール講座 ちまたではモテる方法、好きな女性を振り向かせる方法として・・ ・とにかく数をこなせ! ・自信を持て! ・この恋愛テクニックを使えばあなたも持モテます! ・マメに連絡をすることが大事だ! ・イケメンじゃないとモテないんだ! ・誠実さ、優しさがあれば・・ ・からかったりイジったりすれば距離を縮められる。 と言われていますけど、これはこれで確かではあるんですが・・実はこんな情報を鵜呑みにしていたら、、、あなたは本当に好みの女性を好きにさせ続ける事などできません。 モテても一瞬だけ・・結局はまた恋愛で悩むことになります。 これは例えるのならば 徹夜で死ぬほど勉強してちょっと成績がよくなっただけで 本当に頭がよくなったわけではないのと一緒。 また、違う勉強をすれば同じだけの努力が必要になってしまいます。 そうではなく、勉強の方法そのものの仕方を学ぶのと同じように・・・ もっと本質を学びませんか? 僕はこれまで、心理学や脳科学、NLPなどなどあらゆるものを学び実践を繰り返す事で、女性達を圧倒的次元で好きにさせてしまう戦略と手法を見つけたのです。 (実際、無料メルマガを読んで彼女ができたとか変化を感じているという声を多数いただきました。 ) そして、これまで僕もうつで引きこもり人と話すのも苦手なところから・・100人の女性を抱き、最愛の女性と幸せな関係を作れる自分になることができました。 そして、タイプの女性を好きにさせる方法から自分の納得できる恋愛をするための方法・・・その法則からテクニックまでステップバイステップで 無料メール講座で公開しています。 もし、現在「好きな女性と付き合いたい」「彼女が全然できない」「狙ってる女性をオトせない」「モテない・・・」という場合、もちろんそれだけでなく「他の男に奪われたくない・・」「彼氏持ちを好きになった・・」という場合・・ または「自分に自信をつけたい!」という場合でも登録をしてみてください。 年齢問わず半永久的に使え、あなた自身の魅力を格段に高めることによって、あなたにとって何らかの変化のキッカケになることはお約束します。 興味があれば今すぐ下記のフォームにメールアドレスを入力し登録を完了させてください。 登録したら 170ページに渡る「LOVE CONTROL~恋愛関係を支配する法則~」を無料で手に入れる事ができるので試しにレポートを読んで解除してもいいと思いますよ。

次の

先日別れた彼女についてです。別れた理由は、僕が彼女をあまり、かまってあ...

せなかれ別れた理由

「妻とは別れる」は本当? 不倫で別れる男、別れない男の見分け方 「妻とは冷えきってるんだ」「早く別れて君と一緒なりたい」…など、ドラマでもよく聞く不倫夫のこんなセリフ。 客観的に見ればすぐに嘘だとわかるけれど、恋は盲目。 不倫の渦中にいる人は気づけないものです。 貴重な時間を浪費しないためにも、彼が本当にあなたと結婚する気があるのか、ライフアップコーチのあべけいこ先生のアドバイスをもとに判断してみましょう。 「私が今まで相談を受けてきた感覚でいうと、90%の男性は、まず離婚しません。 残念ながら、不倫の恋が成就する可能性は極めて低いと言わなければなりませんね。 二重生活を続けて2人の女性を不幸にするよりは離婚したほうがいいケースもあるかもしれませんが、やはり、離婚のハードルは高いのです。 ある種の男の人は絶対に別れないし、ある種の男性は別れる可能性がある。 「簡単に言えば、その男性が『自分勝手な人かどうか』です。 みんなに祝福されて結婚して、まして子どもがいたりしたら、離婚をためらう理由はたくさんありますよね。 そのしがらみをスパッと断ち切れる人というのは、自分の心に忠実で、自分が嫌なことはしない!という人。 自分勝手でワガママとも言えるかもしれませんが、自分を大事に生きているとも言えます。 一方、責任感が強い人やプライドが高い人、情に厚い人、ことなかれ主義で面倒事を嫌う人などは、奥さんとの関係が冷えきっているなど、どんなに別れたほうがいい理由があっても関係を維持しようとする傾向が強いです。 子どものためということもあるでしょうし、世間体のため、単に面倒とかトラブルを避けたいという気持ちからの場合もあります。 「次のチェックテストを行ってみてください。 4個以下の彼は別れる可能性が十分あります。 早めに彼のタイプを見極めて、自分が幸せになる選択をしてくださいね」 あべけいこプロフィール ライフアップコーチ/恋愛カウンセラー、有限会社スタープレス代表、ネイルサロンオーナー。 女性誌や書籍、Webなどに幅広いジャンルで執筆を行うかたわら、運気を上げる方法を独自に研究し、さまざまな開運方法を習得。 カウンセリングや運気アップセミナー、開運ツアー等を行う。 』 マーブルトロン 、『自分を好きになる48のメソッド』(鉄人社)がある。 com)にて随時公開中。 <取材/文 島田彩子 取材協力/>.

次の