頭 ん 中 それ ばっか で。 頭ん中そればっかり (歌・作詞・作曲:高橋優)

高橋優 頭ん中そればっかり 歌詞

頭 ん 中 それ ばっか で

>どうしたらいいのか 「頭がそればかりで勉強、授業が全く頭の中に入って来ない」ことの弊害は? おそらくは弊害の解消をさしての「どうしたらいいか?」だとは思いますが。 その解決方法は「頭に入ってくるようにする」「マイナスなことばかり考えるのをやめる」ばかりではありません。 そしてそうなるために「マイナスなことばかり考えることをやめるとよいだろう」、、という考えもあまりよい方法とは言えません。 そんな高度なコントロールをダイレクトにできるわけないですから。 できるんだったら悩んでいないはず。 「マイナスなことばっか考えてしまって」とありますけど、別にプラスなことばかりであってもそればっかりだったら、他のことに身が入らなくても「ごく普通」ですから。 ケツさえ合えば、マイナスなことばかり考えていようが、勉強・授業が頭の中に入ってこなくても、ノープロブレムだと思います。 ついでに思ったようなケツとならなかったらどういう風にするかのざっくりとした路線を決めておけばいいと思います。 もちろん、思った通りのケツとなった場合も、その先の路線は決めておくものですが。 そのずっと先のケツもまた、その途中段階のケツが思ったようになっていなくても合わせることができるものも多くあります。 そういうことをまずは、その辺の紙にでも箇条書きで書き出してみてはどうでしょうか? おそらく、今はいろんなことを変に関連付けしてしまっているように感じます。

次の

高橋優 頭ん中そればっかり 歌詞

頭 ん 中 それ ばっか で

昼寝してたら ・おにぎりをもらって食べたら中に石が入っていて奥歯が2本抜けた 夢を見ました。 誰か占って下さい。 信じませんけどね。 DMMを利用しているんですが、自分でも注文したのを忘れていて、「?こんなの借りたっけ?」という感じ。 まあ、内容も何かの間違いでなければレンタルしないような作品です。 最後までじっくり観ておいてこう言うのもアレですが。 内容は ・ヤク中のバカ(男)2人(何故か同居)が朝目覚めると前夜の記憶がない ・彼女?(双子)からは「この最低野郎!」という留守電が入っていて、何故か知らないがえらく怒っている ・冷蔵庫にはプリンが1年分入っている ・彼女のプレゼントを入れたマイカーが消えている というオープニングから始まります。 深酒して前夜の記憶がない、よく聞く話ですね。 ちなみに私は割と理性を保って飲酒する方なのでそういうことはありません。 目覚めたら私が隣にいるのを見た女性(知人)に「え!?何で!?」とびっくりされたことはありますが。 もうけたと思うやら、ちょっとガッカリするやら、まあ複雑な気持ちになりましたね! 閑話休題。 その途中、2人が持つ ・宇宙の摂理を支配する装置(名前忘れた) を巡って大騒ぎ。 この映画を観て得るものは何もありません。 人生の83分を無駄にした!と思うこと請け合いです。 だけど私は ・何故主人公2人の記憶が無くて、昨晩何が起こったのか? が知りたくてモヤモヤして、結局最後まで観ちゃいました。 あ~あ。 「これ面白いよ!」とか言って女性と一緒に観たらあきれられること間違いなし。 だけど女性の方には ・思春期、いや思春期に限らず男の頭の中がいかにエロ一色か 学ぶのにはいい教材かもしれません。

次の

頭ん中そればっかり

頭 ん 中 それ ばっか で

ふしだらな思いとは 理性とは裏腹だから 乱れ髪が風に揺れりゃ 本能ってやつは踊りだすんだ 歓楽街のネオンが 夜に咲いた華照らした その花びらが身にまとった ドレスがやけに邪魔だった 涙を流した君はあんまりに綺麗だったんだ 壊したくなったんだ 抑えようないさ 男の性 "どこ見てんのよ!? " 君の脚の付け根さ "どこ見てんのよ!? " 魅惑の谷間さ "どこ見てんのよ!? " そのスカートのジップ下ろした僕を睨みなよ 頭の中はそればかり この想いが恋とか 愛ではなかったとしても 純粋さじゃ誰にも負けやしませんぜ 君をはちゃめちゃにしたい気持ち 僕は君の大ファン もしくは従順なサラブレット どうぞこの僕の上に跨って 激しいから覚悟してよね 体は心はとても正直さ 可愛かったら牙も剥き出しさ 隠しようないさ 毎夜 毎夜 "どこ見てんのよ!? " 君の腰の括れさ "どこ見てんのよ!? " チラリ項さ "どこ見てんのよ!? " その胸を覆うやつを剥ぎ取った僕を恨みなよ 頭の中はそればかり 君の心の中を 見せて欲しいのさ 流行も世間体も全部取っ払った 丸裸の君を愛してるよ "どこ見てんのよ!? " 君の脚の付け根さ "どこ見てんのよ!? " 魅惑の谷間さ "どこ見てんのよ!? " そのスカートのジップ下ろした僕を睨みなよ 頭の中はそればかり.

次の