二重まぶた 整形 費用。 二重・目元整形の費用・料金|美容整形・美容外科・美容皮膚科なら湘南美容クリニック【公式】

埋没法の費用相場│二重整形手術の種類大辞典

二重まぶた 整形 費用

へそ形成の美容整形を失敗した1番の理由 整形費用を安くしたかった為、個人クリニックを選んだ。 費用が安く、技術も最新ではなかっただろう(結果を見たら技術がないのは一目瞭然)。 整形手術後保証もアフターフォローもない。 この美容整形外科クリニックは 費用が圧倒的に安かった・・・ 安いには理由があると考えるのが妥当。 だけど、だけど、正常な判断がもうできなくなっていたの。 整形手術なんてはじめてだったし、インターネットで検索してくるとでてくる整形手術の失敗画像は、自分のことのように思えなかった。 でも、それが自分の身に起きた。 だから、二重まぶたの整形手術を行う美容整形クリニックを選ぶときには相場から大きくはずれるクリニックは選ばない決意をした。 『何点止め』『糸の太さ』『糸の止め方そのもの』 埋没法は、比較的簡単だといわれる二重まぶた整形方法だからこそ、クリニックにより様々な埋没法手法があり、手法の内容によって出来映えや価格に差が出てくる。 一方で、『何点止め』という概念ではない埋没法の手術方法もある。 例えば、湘南美容外科クリニック で『最高に腫れないばれない二重術- クイックコスメティーク法 』という手法。 当日から化粧が可能な手法。 『クイックコスメティーク法 』は、結び目をまぶた表面に作らない。 点でまぶたを止めるのではなく、まぶたをループ状にとめていく手法だ。 『クイックコスメティーク法 』では糸の結び目がまぶたに出る心配がない点が特徴的だ。 『何点止め』かを決めて埋没法手術をする手法がまだ一般的ではあるが、最新技術と呼ばれる中には『何点止め』という技術を用いない手法もある。 二重まぶた整形手術 埋没法 の費用相場 湘南美容外科クリニック での埋没法手法の手術費用は幅広い。 湘南美容外科での埋没法の手術法は4つ 『ナチュラルベーシック法』 『腫れづらいばれづらい二重術』 『クイックコスメティーク法 』 『極限まで取れにくい埋没法 ~フォーエバー二重術』 最も安い埋没法の手法『ナチュラルベーシック法』は1点止めで、9,800円。 破格の安さを誇る。 最新技術の埋没法手術費用はともに、248,000円。 『クイックコスメティーク法 』『極限まで取れにくい埋没法 ~フォーエバー二重術』。 似ているようでいて、10万円以上もの手術費用の差が何故あるのか。 費用の差の主な理由は、『使用糸が異なることで手術後の腫れ具合に差が出る』『手術後の保証期間が異なる』点が挙げられる。 家族に内緒で二重まぶた整形手術に望んだから、腫れづらいことはとても大事だった。 医師に相談し、湘南美容外科クリニック の『腫れづらいばれづらい二重術』3点止めを選択した。 腫れづらいばれづらい二重手術方法については 一人でも多くの方が、信頼できる医師に会えますように…… 湘南美容外科クリニックの先生のカウンセリングは無料・WEB予約可能。 以前は、無料カウンセリングに登録は必要なかったのですが、簡単な無料登録が必要になりました。 ですが、これで湘南美容外科クリニックの医師とのやりとりがマイページで全部確認できる様になりました。

次の

二重・目もとの整形の費用相場とは?注意すべき料金表示の秘密

二重まぶた 整形 費用

スポンサードリンク そもそもの韓国で美容整形をするメリット・デメリット 韓国で美容整形をするメリット ーお医者さんの経験が豊富 韓国での美容整形を考える時に、やっぱり一番に考えるのは医療レベルのことだと思います。 美容整形はキレイになるためにするものだから、実力のある先生にやってもらいたいという気持ちは当たり前です。 それに手術をして、いくらきれいになったとしても、副作用があったらせっかくした手術が台無しですしね。 韓国は日本でも知られているように美容整形大国で、美容整形をする人も、美容整形を専門にしているお医者さんも多いです。 国際整形医学会が 2011年に発表した資料によると、韓国の人口 1000人当たりの美容整形手術を受けた回数は約 13. 5件で、世界でももっとも多い回数です。 美容整形の回数が多いのが腕と何の関係があるかといいますと、韓国の美容整形外科で働いているお医者さんのお話をご覧ください。 「医者の腕は、どれくらい手術を経験しているかで決まります。 いい大学を出たり、いい病院で働いている医者ではなくて、たくさん手術をしている人が上手いのが、医療業界では常識なんです。 」 要するに美容整形をする人が多い韓国だからこそ、お医者さんはたくさんの経験を持っていて、自然を腕が上がるということです。 最近では韓国人だけではなく、中国や日本からの整形手術を受けにくる人もいるので、韓国の美容整形技術はどんどん上がっていると言ってもいいでしょうね。 ちなみに人口 1000人当たりの美容整形件数があれほど多いことには、男性でも整形する人が多いのが理由だと思います。 日本ではなかなか男性で整形というのは少ないのですが、韓国では男の子アイドルも整形したと言っているくらい一般的です。 ですので男性の場合も、美容整形を考えるなら韓国で受けること検討してみても良いと思います。 真っ白いお肌に高い鼻と丸い二重の目…韓国アイドルに憧れる方、オルチャンっぽい顔になりたいという方にはオススメできると思います。 ファッションやメイクアップの仕方も、韓国と日本は影響し合っている部分が大きいので、韓国で美容整形手術を受けるメリットはあると思います。 人には生まれ持った骨格やラインがありますから、理想に近づきながらも自分の魅力を引き出せる方法を先生と相談して決めていきましょう。 ー通訳さんがいる病院が多い 韓国の美容整形外科は、外国人を受け入れる体制がしっかりしている所が多いです。 美容整形大国として知られる韓国には外国から数多くの人々が美容整形を受けにやってきます。 韓国保健産業振興院が発表した資料によると 2016年 4月から 1年間、外国人が韓国で美容整形手術を受けた件数は約 5万 1千件! 外国人からの患者は多いので、美容整形外科でも通訳とか専門コーディネートが常駐させています。 美容整形手術は細かい要望を伝える必要がありますし、その意味で専門的な通訳さんがいるのは嬉しいことですね。 また日本語のホームページを持っている病院も多く、来院する前から日本語で問い合わせも出来ますので、気軽に相談に行くことも可能です。 韓国で美容整形を受けることに不安を感じているのであれば、一度病院に行ってみて、気になることは何でも聞いてみることをオススメします。 ープチ整形で気軽にキレイになれる 美容整形手術がとても発達している韓国ですから、プチ整形の仕方も日本に比べて種類も多いし、値段も安いです。 エラボトックスとか隆鼻注射(お鼻にヒアルロン酸を注入して高く)、ほくろ除去などは韓国の女性なら誰もが一度は経験するプチ整形だと言われているほど。 これだけ普及しているので、先生たちもプチ整形にはすごく慣れていて、ベストな施術をしてもらうことができるんです。 本格的な手術に比べて副作用の心配が少ないというのもプチ整形のメリットですね。 他にも韓国でいきなり美容整形をするのは気が引ける…という人にも、こういったプチ整形で韓国美容整形を体験してみるのも良さそうですね。 こちらは韓国プチ整形の料金相場です。 韓国で美容整形手術を受けたことある友だちがいるならまだしも、口コミを探すのも難しいですしね。 美容整形手術の病院選びは、日本でも難しいですから、不安な気持ちになるのも当たり前です。 ただ最近では韓国に整形手術を受けにいく日本人も増えていて、ネット上でもある程度は情報を集めることができます。 それから上で説明したように韓国の病院は日本語のできる人が働いている所が多いので、まずは気になることを何でも聞いてみればいいと思います。 ーばっちり整形顔になっちゃう可能性も 韓国文化に興味のある方ならみなさんちょっと気づいているかもしれませんが、韓国では整形することを恥ずかしいことだと思いません。 まあ、大っぴらに&自慢げに整形したことを言ったりはしませんけど、整形したからって変な人だと思われないです。 それもあって韓国の美容整形は、少し整形したって分かっちゃってもドラマチックに変わる結果を求める傾向があります。 せっかく整形するんだからばっちり可愛くなりたいという気持ちが強いと言えますね。 ですのでなるべくナチュラルに、人に気づかれない程度に美容整形手術をしたいという人は注意が必要です。 まずはプチ整形をやってみるのもいいと思いますし、もし整形するなら先生にナチュラルな感じにしてほしいとしっかり伝えましょう! ーアフターケアのために韓国に行く必要がある これはメリットとも、デメリットともいえることだと思いますが、韓国で美容整形手術を受けたら、一定の期間は韓国にいなければなりません。 二重手術など簡単なものならまだしも、顔の輪郭とか脂肪吸引といった場合はアフターケアも必要ですしね。 長ければ何週間も韓国に滞在することになりますし、日本に帰ってもアフターケアのために韓国に来る必要があります。 韓国が好きで韓国で旅行がてら生活するのは楽しいという人には問題ないと思いますが、外国に長くいたくない人には大変だと思います。 美容整形手術は一日で簡単に終わるっていうわけじゃないので、この部分もしっかり考えておきましょう。 スポンサードリンク 韓国美容整形料金相場【パーツ別】 ー目 韓国で一番一般的な美容整形手術とされるのが、二重手術です。 大学受験を終えたら、まずは二重手術をするという人が多いほど(笑) 二重手術は簡単な手術のように見えますが、自分目の形となりたい目の形によってやり方も値段も変わってきます。 一番簡単とされる埋没法(切らない方法)は約5万円から、切開法となると約10万~です。 キム・ハンギョル医師のコメント 二重手術は簡単な手術だと思いがちですが、実は目の形によって本当に様々な手術方法があります。 病院によって手術方法が異なりますので、まずはいくつかの病院で相談してみて、どんな方法が良いか聞いてみてください。 その中で、共通した話があると思いますので、多くの医師がおすすめした方法であれば信頼できると思います。 ー鼻 目の次に韓国の女性が多くやっているのが鼻の整形です。 鼻整形には色々な手術方法があって、ヒアルロン酸を注入する隆鼻注射から、軟骨とか医療用シリコンを使う本格的なものまであります。 隆鼻注射はプチ整形の領域なので約1万円から、本格的な鼻整形は約15万円ほどからです。 ただ無理に高くしたりすることは厳禁。 コンプレックスだと感じている部分を矯正しながらも、顔の全体のバランスを合わせることが最も大事な手術です。 意外と知られていないことは、お鼻は再手術する割合が高い美容整形だということ。 多くの経験を持つベテラン医師に充分に相談した上で、手術するかどうか決めることが必要です。 ーエラ 韓国のプチ整形の中で一番人気が高いのはエラにボトックスを注射するものです。 これは筋肉が発達しているエラの部分にボトックスを注入して、キレイなフェイスラインを作るもので、痛みも少なく 10分程度で施術が終わります。 値段はボトックスの製造会社によって違いますが 約5千円のものから約4万円のものまであります。 キム・ハンギョル医師のコメント エラのボトックスは施術時間も5分ほどと短く、すぐに日常生活に戻れますので、韓国では人気が高い施術です。 人によって効果はそれぞれですが、半年ほど効果が続きますので、コストパフォーマンスも優れていると言えるでしょう。 ただ永久的なものではないので、半年から一年を周期に、定期的に施術することが必要です。 歯を食いしばってみた時、エラの方に硬い筋肉が触られる人なら効果がすぐに出る可能性が高いです。 韓国で両顎手術といわれているもので、 顔の非対称、しゃくれ顎などをキレイに矯正できるものです。 劇的に顔の印象が変わりますが、リスクも存在しますので、両顎手術するかどうかは本当に慎重に考えましょう。 両顎手術の相場は約100万円からです。 キム・ハンギョル医師のコメント 上顎と下顎の歪みで機能や美容の面で何かと障害を感じている方に必要な手術です。 手術中は大量の出血・骨折の可能性があり、手術後も一定期間は感覚が低下するなどの副作用が考えられます。 ですので顎の歪みのない方が、美容のためだけに、この手術を選ぶことはあまりおすすめしたくありません。 もし必要な場合は、両顎手術の経験の多い専門医と充分に相談してから決めてください。 また麻酔科など他の専門医との協力がスムーズに出来ている所かどうかもかならずチェックしましょう。 ただ無理に高くしたりすることは厳禁。 コンプレックスだと感じている部分を矯正しながらも、顔の全体のバランスを合わせることが最も大事な手術です。 意外と知られていないことは、お鼻は再手術する割合が高い美容整形だということ。 多くの経験を持つベテラン医師に充分に相談した上で、手術するかどうか決めることが必要です。 ダイエットをしても、どうしても特定の部分だけは脂肪が落ちない、と悩んでいる方いますよね。 韓国にもそういう悩みを持っている人は多くて、そのための美容整形手術にもさまざまな種類があります。 簡単なもので、わりと若い女性中心に流行っているのがカボクシです。 カボクシは体に無害な液体ガスを皮下脂肪層に注入して、脂肪を落としていく施術方法。 カボクシは麻酔などせずにできるので 約3万円からと手軽な値段でできます。 それから本格的に脂肪を取りたい!という人には脂肪吸引がオススメですね。 脂肪吸引は施術するところによってかなり値段が変わりますが、約50万円前後だと思えば大丈夫そうです。 最近では全身麻酔せずに脂肪吸引できるものもあるみたいなので、参考にしてください。 キム・ハンギョル医師のコメント 脂肪吸引は必要なところの脂肪だけを除去することが出来る手術です。 ダイエットを繰り返しても、最後の最後まで残ってしまう、コンプレックスのある部分に最適ですね。 また脂肪の細胞の数を減らしてくれるので、施術した部位は太りにくくなります。 最近は全身麻酔や長い回復期間が必要ないミニ脂肪吸引が人気。 ただこちらも手術だけに頼ってしまうと効果が薄れてしまいます。 脂肪吸引をした際には医師の指導の基に適度な運動と食事制限を並行する必要があります。 ーリフティング 顔が年齢とともにどんどん下がっていくようなことを感じたことありませんか。 こればかりは重力だから、逆らえることはできないと思いますが、やっぱり下がりっぱなしの老け顔は気持ちいいものじゃないですよね。 相場としてはレジャー施術の場合は約4万円前後、リフティングは約10万円からだと考えられれば良いでしょう。 キム・ハンギョル医師のコメント キレイな顎のラインを作ってくれる施術です。 たるみが改善できますので、若返りたいという方におすすめします。 超音波や高周波を用いた施術が一般的です。 よりドラマチックな効果を望んでいるのであれば、溶ける糸を使った糸リフティングも良いと思います。 糸リフティングの場合、術後に軽い痛みや腫れがありますので、大事な日のためには時間の余裕を持って受けてください。 せっかく韓国にまで行って整形手術をするんですから、失敗しない病院選びをしたいですね。 日本語のホームページがあるか、日本人ができるスタッフが常駐しているかなどももちろんですし。 韓国に行く前には、まずは病院に直接問い合わせをしてみて、しっかり対応してくれるかを見てみましょう! それでは日本語での対応をしてくれるオススメの美容整形病院を紹介します。 キム・ハンギョル医師のコメント 美容整形は医師と患者間のコミュニケーションが特に重要だと思います。 ですので、スムーズな施術のために医療分野の経験を持つ通訳さんがいて、外国人患者への施術を行った経験が多い病院に行くことをおすすめします。 また、韓国に滞在できる日数が限られてしまうと思いますので、手術直後のアフターケアーをしっかりしてくれるところを選んでください。 韓国にはたくさんの美容整形病院がありますが、ほとんどの場合は得意としている分野や自信を持っている分野があります。 なるべく色んな病院を見て回って、自分が一番信頼できる病院で手術を受けることを心がけてください。 一生に一度になるかもしれない手術ですので、しっかり考えて判断しましょう。 ーオススメの病院 <リゼン整形外科> 韓国の名門大学であるソウル大学出身の整形外科医先生たちが 2004年頃に立ち上げた整形外科です。 リゼン整形外科では二重、鼻整形、豊胸など幅広い美容整形手術を行いますが、一番有名なのは顔の輪郭に関連する手術です。 韓国では顔の輪郭の手術(両顎手術)や、鼻整形の実力が高い病院として有名です。 日本語のホームページには、日本人の体験談もありますので、ぜひ参考にしてみてください。 規模が小さい分、委員長先生を満足行くまでゆっくり話せますし、繊細なアフターケアを受けることができます。 二重手術とか、目の下のくまをきれいにする手術など、目の周りの手術に関するノウハウを多く持っていることで有名です。 病院内に高級スパもあって、外国人観光客に人気の高いところです。 カウンセリングと注意事項、術後の写真が詳しく載っていてかなり参考になります。 病院のブログではありますが、術後の写真や体験談がかなり詳しく出ているので得られる情報が多いことが特徴ですね。 コスメが大好きな美意識の高い方で、韓国の皮膚科で体験したさまざまな美容施術を詳しく説明してくれています。 術後の写真など情報量が多いですし、整形以外にもコスメ情報などがあって読み応えのあるブログです。

次の

二重整形って安い値段でも大丈夫?費用相場とおすすめクリニックの選び方|Bebele

二重まぶた 整形 費用

Contents• アイプチとプチ整形の二重まぶたのつくり方の違い それではまず、アイプチとプチ整形の二重まぶたのつくり方の違いについてご紹介します。 アイプチ (出典:elads. biz) アイプチは、二重のりとも呼ばれている接着剤の事。 接着剤でまぶたの皮膚をくっつけて二重のラインを作ったり、まぶたに薄い膜を作りその上にまぶたの皮膚を折り込むことによって二重を作ります。 埋没法は、外科手術に使用される細い糸でまぶたの皮膚を1~3か所留めることで二重のラインを作ります。 かかる時間は15分ほど。 クリニックによって価格は異なりますが、2万円くらいから施術が可能なところもあります。 アイプチは、100円ショップでも購入できるものもありますし、高くても1000円程で購入できる商品が多いです。 最近ではコンビニで売っていることもあり、家で簡単にできることから手軽さはあります。 でも、使い続ければ1年間で1万円、2年間で2万円…というように、費用はかかります。 プチ整形は湘南美容外科クリニックや高須クリニック、品川美容クリニックなどが有名で、その日中に施術も終わりますが、アイプチのようにすぐにやり直しが効かない分、どこのクリニックにするか慎重に選ばなくてはいけません。 クリニックや美容外科よって様々な値段設定になっていますが、2万円~10万円というのが相場のようです。 敏感肌やアレルギーの人だと、まぶたがかぶれてしまう事もあります。 また、一度アレルギーを起こしてしまうと、その商品と同じ成分が入っているアイプチは使うことができません。 さらには、かぶれを起こすとまぶたの肌に色素沈着が起こり、皮膚が茶色になってしまったり、たるみができてしまう事も。 かぶれを起こさなくても何年も使い続ければ、まぶたが伸びてしまい、実年齢よりもフケ顔に見られてしまうようになる人もいます。 しかし、施術に伴う薬剤でアレルギーが起きたり、施術後に腫れるなどの症状が出る人も。 また、施術する医師の技術によっては思い通りの二重まぶたになれないこともあります。 しかし、中には15分ほどかけて二重を作っている人もいます。 そして、慣れるまではうまくできなかったり、苦労して二重を作っても日中過ごしているうちに取れてしまう事もあります。 何年も使い続けているうちに、自然に二重になれたという人もいますが、まぶたがかぶれやすいので、毎日使い続けるのは難しい現状があります。 しかし、 5~10%の人が2年以内に元に戻ってしまう事も。 特にまぶたの皮膚が厚い人では、元に戻る可能性が高いそうです。 また、何年か後に元に戻ったという事もよく聞く話で、一度整形したからといって一生消えない二重まぶたになれるとは限りません。 結局、思い通りの二重まぶたになれるのはどっち? 上記でご紹介したように、アイプチもプチ整形にも、どちらにもメリット・デメリットがあります。 なので、結局どちらが良いのか…迷いますよね。 それに、 どちらの方法も100%安全!というわけではなく、心配や不安があります。 アイプチと整形の口コミを比較してみた アイプチと整形、どちらが良いのかについては、実際の体験者の人たちの口コミも参考になります。 そこで、ヤフー知恵袋や掲示板に寄せられている書き込みを紹介します。 その人は整形する前までは地味な人でしたが、整形した後顔の印象が変わってしまい、性格まで変わってしまったようです。 周りの人から「整形した」とか噂されるのも嫌なので、結局私は「アイプチ使ってる!」とみんなに正直に話して、アイプチで二重を作っています。 でも、アイプチはかぶれるので毎日できないし、失敗すると朝バタバタ忙しくなるので整形したいというのが本音です。 結婚前に、彼にもバレたので今はどうっていう事はありません。 でも、バレるかも?とビクビクしながら過ごしていた時は辛かったです。 いっそのこと整形しようかな?と何度も思いました。 でも、バレてしまってからは、整形しなくて良かったと思っています。 簡単にできるとネットでは書いてありますが、実際に整形した友だちは「痛い」といっていましたし、一週間ほど腫れが引かず、メイクもできず、仕事も休んで大変な様子でした。 毎日、二重を作る手間が省けたことや、テープがかぶれることがなくなったのは楽でしたが、7年で取れてしまいました。 今は、お出かけ家の時だけアイプチで二重まぶたを作っています。 若い人はチャレンジしてみるのもいいと思いますが、私は、結構痛かったのでもうやりません。 クリニックに電話をしてみたら、少し時間が経つと幅が自然に狭くなるといわれましたが、もっと幅を狭くすればよかったと思っています。 そこで、マッサージなどをして脂肪を落とすようにして、すっきりした二重を目指しています。 アイプチでまぶたを作っていた時は、マッサージなどはしていなかったので、結局「目」にかけている時間は整形前と変わらない気がします。 今までアイプチやアイテープを使って二重にしていましたが、メイクも楽になって、自分にも自信が持てます。 気持ちまで明るくなって、毎日出かけるのが楽しいです。 そして学校に行ったら、クラスの何人かから「整形したの?(笑)」など言われ、冷ややかな目で見られている気がします。 かわいくなりたいと思って整形して、かわいくなれると思ったのにショックです。 口コミから分かってくること 整形して良かったという人もいれば、あまり良くなかった…という人も。 また、アイプチが上手にできない、かぶれる、朝忙しい…などの理由で、いっそのこと整形しようかな?と考えている人も多いようです。 でも、やはり整形は「痛い」、「整形したことが周りにバレる、バレた」という人も多くいます。 そして、アイプチと同じようにまぶたをくっつけるグッズとしては「アイテープ」や「ファイバー」などがあります。 それらの使い方は、アイプチとほぼ同じ。 アイテープはまぶたに張り、まぶたをくっつける、或いはまぶたを織り込むことによって二重を作ります。 ファイバーは、アイテープよりももっと細い糸のような形をしていて、そのファイバーをまぶたに食い込ませることによって二重を作ります。 このように、アイプチや整形だけでなく、アイテープやファイバーなどで二重まぶたを作る事もできます。 なので、もし、アイプチが上手くできないという時には、ほかのグッズも試してみるといいかもしれません。 二重まぶたになりやすくなる方法 ひとくちに「一重まぶた」とはいっても、二重まぶたになりやすい一の人、なりにくい一重の人がいますが、その差は、まぶたの脂肪。 まぶたが多くついていて厚ぼったいまぶたの人は、二重の癖が付きにくく、癖が付いたとしてもすぐに取れてしまうことが多いです。 つまり、二重まぶたになりやすくするためには、まず、まぶたの脂肪を落とすことが大事。 その方法も色々あります。 まぶたの皮膚を強く引っ張ってしまうと、たるみや伸びの原因になるので、優しく血行を促す感じでマッサージをしてください。 Step2:冷たいタオルで、目の周りを覆い1分ほど冷やします。 Step3:Step1とStep2を2~3回繰り返します。 まぶたの皮膚が引っ張られている感じがしたら、効いている証拠です。 どの方法も、目の周りの血行が良くなるのでむくみが改善でき、代謝が良くなって目の周りの脂肪が落ちやすくなります。 そして、眼精疲労の改善や目の下のクマの予防にも役立つので一石二鳥。 スマホなどで目が疲れているという人も多いと思ので、毎日の生活のなかに取り入れてみてはいかがでしょうか。 大切なのは、毎日繰り返すこと。 繰り返しているうちに、腫れぼったくて硬いまぶたがやわらかくなり、癖付けもしやすくなるのでアイプチなども使いやすくなります。 また、もし整形したとしてもより自然な二重まぶたになれますし、整形の「持ち」もよくなります。 とはいっても、即効性は期待できないので、毎日気長に続けてみてください。 稀に、マッサージを繰り返していたら二重になれた、ダイエットをして痩せたら二重になった…という人もいます。 なので、脂肪を落とすことは二重まぶたに効果的といえます。 実はアイプチや整形ってバレやすい?おすすめの方法は? 二重整形をした人、アイテープ・アイプチなどを使って二重まぶたを作っている人の口コミを読んでみると、 ・バレる ・急に二重になるのは不自然 という書き込みをしている人が多くいました。 でも、マッサージで二重になれる可能性は少ないです。 マッサージは、二重まぶたになりやすいまぶたになることはできても、実際に二重まぶたになれる人は少ないという現状があります。 そこでおススメしたいのが、夜用のアイプチ「二重まぶた美容液」です。 二重まぶた美容液とは? 二重まぶた美容液は、夜寝る時に使って二重の癖付けをするものです。 使い方は、アイプチと同じような方法でまぶたをくっつけるというもの。 夜寝ている間はまばたきが少ないので、日中よりもしっかり癖付けをすることができます。 そして、翌朝洗顔をすると、二重の癖付けが完了しているので、日中はアイプチをしなくても過ごせるようになります。 アイプチをごまかすアイメイクをしなくても良くなり、アイプチがバレる、取れるといった心配もなくなりますよ。 さらには、まぶたの皮膚を保護する美容成分や、腫れぼったいまぶたのむくみやたるみを解消する美容成分なども含まれているので、毎日使っても肌荒れしにくいですし、二重になりやすいまぶたになれることができます。 SNSなどで話題になり、注文が殺到し販売中止になったこともあるほど人気の商品です。 早い人では1週間ほどで二重まぶたの癖付けができることも。 こちらは定期購入で注文した場合の価格ですが、もし気に入らないという場合は初回解約でもOK。 続けたい場合は、2980円で継続できます。 市販されているアイプチなどに比べると価格は高いですが、その分、美容成分がたっぷり入っているので安心して使えます。 夜の癖付けだけでは不安という人は、日中も普通のアイプチと同じように使うことができますよ。 そして、個人差がありますが3~6か月ほど使うと、癖付けをしなくてもOKな二重まぶたが手に入る人も多いです。 つまり、 を使えばアイプチが卒業できるのです。 なので、整形手術を検討する前に、まずは二重まぶた美容液を試してみるべきだと私は思います。 まずは癖付け二重で様子を見る ここまでに、アイプチや整形で二重を作る方法や体験談などをご紹介しましたが、結局、どちらが良いのか…私には決められませんでした。 顔のパーツで特に目元の悩みは大きなコンプレックスになりやすく、数年間アイプチを使っていても二重にならなかった場合は整形手術をしている人が多い印象です。 なのでアイプチや整形手術の方法、そして体験者の人たちの口コミなどをよく調べて、まずはアイプチなどで二重まぶたを試してみてから整形することを検討するといいと思いました。 というのは、一重まぶたや奥二重の人がいきなり整形手術をして二重まぶたになると、顔の表情が変わってしまうので家族を含めた周りの人もびっくりしてしまうかも? それに、整形してしまったら簡単には元に戻せない(再手術が必要)です。 また、自分の思い通りの二重まぶたの形は、何度か二重まぶたを作ってみてからでないと決められないのではないでしょうか。 二重まぶたになりたくて実際に二重を作ってみると、「想像していたのと違った」という事があるかもしれませんし、二重の形も「これがいい、もっと幅を広くした方がいい、せまくしたほうがいい…」など、最初に思っていた形とは変わってくるかもしれません。 なので、自分が理想とする二重まぶたの形が決まるまで、アイプチなどで様子をみてみてはいかがでしょうか。 そうすれば、周りの人にも二重まぶたの印象をつけることができますし、自分でもしっかり決心ができてから整形に踏み切ることができます。 また、その際のアイプチを、夜使うタイプのアイプチ(二重まぶた美容液)を使えば、肌にも優しいですし、毎日続けて使えるのでしっかり癖付けができます。 目元が二重まぶたになることで自分に自信が持てる!という人には、その方法としてアイプチやプチ整形があります。 それぞれの方法についての情報を集め、自分に合った方法、納得ができる方法を選んでみてくださいね。 最終的にどちらの方法を選ぶかは人それぞれですが、私は、まずは などの二重まぶた美容液を使ってみることをおすすめします。 二重まぶた美容液なら肌に優しく使えますし、夜使うので、アイプチの「バレる」、「かぶれる」といったデメリットをカバーできます。 そして使ってみた人の多くが本物の二重を手に入れているので、整形を検討する前に試しててはいかがでしょうか。 \ SNSでシェアしよう! / さらコス 〜おすすめ二重美容液・アイプチご案内サイト〜の 注目記事を受け取ろう•

次の