猫 が しゃべる 動画。 しゃべる猫!といえば、しおちゃん♡「おかえり~」完全にしゃべっています!

石田ゆり子の猫がしゃべるアプリが人気!

猫 が しゃべる 動画

おかえり~• ふたりのじかん• おきゃん(おかん)• ふ~ん• ばかやろう• ちがう~• おかいもの• 名前・ティア(Thea)• 性別・女の子• 種類・シャム猫• 性格・穏やかだけどたまに暴れん坊 しんコロさんが、 2012年6月23日にアニマルシェルターから引き取りました。 どうやら迷子になっていたところを、アニマルシェルターに保護されたようです。 名前・ティアラ• 性別・女の子• 猫種・スコティッシュフォールド• 愛称・ティッティ• しおちゃんが声がでなくなって獣医に行った時の話を書きました。 名前・しんコロ• 本名・不詳• 職業・ダンスインストラクター、医学博士•

次の

猫の動画まとめ!人気の面白かわいいにゃんこ20連発

猫 が しゃべる 動画

飼い主が玄関から出かける度に脱走を試みる猫「チェロ」を、やさしく阻止しようとする猫「フルート」が「賢すぎる」とTikTokで話題になっています。 玄関のドアの前で巻き起こる攻防戦を記録した動画は、平日は毎日更新され、すでに80回以上公開されています。 一体なぜフルートはチェロを止めるようになったのか、飼い主に聞きました。 外に出たい「チェロ」VS阻止したい「フルート」 出かけようと玄関に向かう飼い主。 しかし玄関では外に出たい「チェロ」が、ドアが開くのを今か今かと待ち受けています。 飼い主の「お願いします」の声で颯爽と現れたのは、もう1匹の飼い猫「フルート」。 慣れた手つきでチェロの首の根元をかんで、押さえつけてくれています。 「チェロ」におおいかぶさるように、止める「フルート」 出典: フルートのこうした行動について、飼い主さんは「以前からフルートは、チェロが人に絡み出すと怒ったような態度を示すことがあって、人が困ってるところを察しているような気がします」と語ります。 「そんなに外に出たいなら」試してみると… 6月19日に投稿された第81回の時点で、フルートが68勝、チェロが13勝。 フルートが優勢ではありますが、時々阻止しきれずチェロがドアの外に出てしまうようです。 しかし念願の「フルート突破」の後も、チェロはどこかへ飛び出すわけでもなく、「ドヤ顔してるか、目の前の草をかじってるかですね」。 実は、飼い主さんは「そんなに外に出たいなら」とリードをつけてチェロを散歩に連れ出すことも試しているそうですが、いざ家から出ると「完全拒否のポーズ」。 両前脚を広げて、ここから動くまいとふんばっています。 「家から出たがるのも、構って欲しいだけなんでしょうね」 散歩に連れて行こうと思っても……チェロはこの様子 出典: 飼い主さん提供 動画が話題になったことについて、「正直、同じルーチンの動画なのでうけないかなと思ったんですけど、『毎回違って楽しい』というコメントをいただけてうれしい」と飼い主さん。 フルートやチェロになりきった、セリフのようなコメントも寄せられることがあるといい、「くすっとなります。 面白いです」。 投稿を始めた頃は、再生回数も20回ほどだったそうですが、いまやTikTokのフォロワーは7万人。 「頑張ってやっていこうと思っています」と話しています。 今日の勝負はどうなるでしょうか。

次の

猫の動画まとめ!人気の面白かわいいにゃんこ20連発

猫 が しゃべる 動画

しおちゃんは飼い主さんと会話のできる「おしゃべり猫ちゃん」としてとても有名な猫ちゃんです。 猫とは思えないハッキリとした語り口で、飼い主であるしんコロさんをお出迎えする姿「おかえりー」がとくに知られており、Youtube動画も大人気!なんと、TV出演もしています!「しおちゃんのおしゃべり」には、どんなひみつがあるのか、早速調べてみました! しおちゃんってどんな猫? ピカチューはかわいいけど、しおちゃんだってかわいい。 現在は、飼い主であるしんコロさんと、しおちゃん、しんコロさんのお嫁さんと、もう一匹ティアちゃんという猫ちゃんと一緒に生活しています。 そんなしおちゃんがどうして有名なのかというと、しおちゃんが「しゃべる猫」としておしゃべりをするから! 飼い主であるしんコロさんをお出迎えする姿「おかえりー」がとくに知られており、Youtubeに投稿されたしゃべる猫しおちゃんの動画はなんと48万回再生以上!TV出演もしています! 愛情たっぷりに育ち、「しゃべる猫」として多くの会話ボキャブラリーをもった大人気のしおちゃんですが、実は飼い主のしんコロさんとの運命的な出会いにはこんなエピソードがあったのです。 野良猫だったしおちゃんとの出会い 実は飼い主のしんコロさんに出会う前のしおちゃんは、1歳の頃に迷い猫になってしまい、野良猫として生活していたそうです。 飢えをしのぎ、泥水さえも飲む過酷な環境下にいたといい、飢えでやせ細った体でフラフラ街をさまよっていたそうです。 そんな、黒猫しおちゃんを見つけたのはアニマルシェターの方々でした。 シェルターでは十分なケアを受け、やせ細った体は徐々に回復していきましたが、「黒猫」という理由だけで嫌煙されてしまい1か月経ってもしおちゃんを迎えてくれる飼い主希望者は、なかなか見つかりませんでした。 しおちゃんの元の飼い主がシアトルに見つかった!しおちゃん当時は英語をしゃべっていたそうだ!その頃から天才ぶりを発揮していたそう。 当時はまだ、日本語をしゃべることはなかったそうですが、元の飼い主さんによるとその頃から英語をしゃべっていたそう・・・! いつからしゃべるようになったの? しゃべる猫しおちゃんがおしゃべりをするようになったのは、しおちゃんを飼い始めたころから「何かをつたえようと変わった音を発していた」のがきっかけだったそう。 「何かを伝えたいの?」と感じたしんコロさん、しおちゃんを本当にかわいがっていらっしゃるのが動画から伝わってきます。 どんどん、変わった音を発するうちに「なんとなく聞こえる」が「しゃべってる!」に変わったんだそう。 しおちゃんの強い想いが形となって表れたのですね。 会話のボキャブラリーは増える一方と、しんコロさんも公表されており、今後のYouTube動画の人気もますます高まりそうですね! まとめ ここまでしゃべる猫しおちゃんについて調べてきましたが、しおちゃんがおしゃべりするヒミツは、きっと飼い主であるしんコロさんに出会うまでの過酷な体験と、そこから生まれたしんコロさんへの感謝と愛情から生まれたものなのでしょうね。 たとえ、みなさんの近くにいる猫ちゃん達がおしゃべり出来なくても、ご家族の愛情をたっぷり受けて健やかに育っていると思います。 十人十色であるように、きっと「愛猫十色」それぞれの個性とかわいさで飼い主さんへ癒しと感謝を伝えてくれるのではないでしょうか。 今後も大注目!の、しおちゃん。 人気のヒミツは、「しゃべる猫」だからだけではなく、しおちゃんのキャラクターそのものや、飼い主のしんコロさん、その周りの人達との関わり方や日々の暮らしなど、様々なところにあるようです。 そんなしおちゃんをこれからも応援したいと思います! ライター/つーまま <参考サイト> — おすすめ記事 —.

次の