下町 ゴリラズ。 日本アメフト社会人Xリーグとは?2019年に新チーム加入の下町ゴリラズ!?

「#ゲイホイホイ」のプチ炎上と「TOOT×下町ゴリラズ」を眺めて、俺たちは一人ひとりの石原さとみを大事にしなければならないと改めて思った回

下町 ゴリラズ

こんにちは なんだか大変な日々が続きますね ワニのこととかウイルスのこととかはまあ他のインターネットにお任せして 今日も私は最新 LGBT三面記事をお送りします ゲイホイホイ が(ほんのり)炎上しました。 事の発端は先々週( 2020/ 3/ 12)のこと。 「サーフサーフレボリューション」にでも出てきそうな整った顔のスジ筋男性芸人が上半身裸の写真をアップし、その中に「 ゲイホイホイ」というハッシュタグがありまして、ほんの一瞬燃えました。 燃え方はざっくり言うと 「お前なんてゲイホイホイじゃねーよ」ということにつきるのですが、そのお気持ち表明の仕方も様々。 まずはそこからみていきましょう。 直接働きかけ属・ぶちきれ型 私の見てる範囲で一番ブチ切れてたのはブスに涙が似合わないタイプのとあるクイーンさんだったのですが「バカにしてんの???」「この程度の顔と体とツイートで」といったやや過激な言動が見られました。 お気持ちはたいへんよくわかります(でも落ち着いて)。 直接働きかけ属・諭し型 冷静に「差別を助長します」という感じのことを言う方。 助長するかしら、、、とは思いつつも、まあそういうネタがデリケートだということはわかってもらいたいよね、 元祖ホイホイといえばゴキブリだしね! うん、これもわかります。 間接お気持ち属・ゲイのおもてなし型 のんけが「ゲイにモテた〜」っていうのはだいたい二丁目でのおもてなしなのよ、勘違いしちゃったのね〜 という感じのやつ。 うん、これもわかります( 2020最新ポリコレでは俺たち側の許されてるセクハラ問題議論に関わってきますが、とりあえずそのへんは考えないこととします)。 間接お気持ち属・代替案提示型 こっちがゲイホイホイだよね、と代々俺たちのエロティカ・ミューズとされてきたもの(主にラグビー日本代表でしたが、坂口憲二、高田延彦など出してくるもののチョイスに主観と年代が滲んでいました)を提示。 下町ゴリラズ(後述します)との比較も。 そうよね、これもわかります。 みなさんのお気持ちは大変に理解しました。 たぶん。 私ですか? ごめん、実はあんまりなにも思わなかった!!! 盛り上がってて楽しそうだから 1ツイートくらいしたけど誰も絡んでくれなかった!! なんとかホイホイ、は、おかまでもほもでもめすぶたでもなかっただけしつけがしっかりしてていいんじゃないかなと思いました あと私たちって自分の魅力に無自覚な人がやっぱりだいすきですよね?(コラムでも書こうかな — モ mosxxx しいていえば「デリカシーが必要なところ踏み抜いちゃって大変そうだね、確かにそこそこモテそうだしね〜わかるよ〜」と思ったのでした。 より引用 ガチムチのんけミューズたちによる「春」… (あ、たぶんほとんどのんけですよね???わかりません><) 参考:ボッティチェリ「春」 そしてそこには「これこそがゲイホイホイだろ!」「サイゼリヤの壁画にしたい」等の賛辞が向けられていたのです。 ちょっとまって!!! 「#ゲイホイホイ」って書いてなくても、やってることはほぼ同じだと思うんですよ。 下町ゴリラズさんも会社ですし、ちゃんと運営してお金設けないといけませんし…。 可燃性か不燃性かは、開き直り指数や大義名分(芸術的必然性/スポーツの振興)そしてそもそものクオリティ(自撮り vsプロカメラマン)の違いでしょうか。 しかしながら、振り返って考えてみると、ゲイホイホイに大きな反発をしていたのは、だいたい「ゲイホイホイにホイホイされず/下町ゴリラズにホイホイされてしまう人」がまあまあ多めに混じっていたのです。 さて、おれたちはどうしてそんなふうになっちゃうんだろう……ということを続けて考えてみましょう。 おれたちは自分の好みの人には優しくときにウェットに接するのに、好みでない人にはガン無視とかドライな態度取りがちだよね まず大前提、「 ゲイホイホイ」を生まれたのは、ホイホイされたゲイが実際にいるから。 ということにつきます。 あなたの好みでなくても、誰かの好みであった(重要)。 そしてたまに 「しゃぶらせてください」「いやいや男の口もいいもんですよ」「俺が教えてあげますよ」みたいな DMを再三にわたって送りつけて爆裂に晒されたりする人もいるでしょう(いました)。 (そういう時でも他のゲイから「差別を助長します 晒さないでください」みたいなのがあったりして地獄の様相を呈したりしていますよね) そういう人が ゲイホイホイを厳しく糾弾するシーンをちょっとだけ目撃したのですが、そのへんはどういうとんちで解決できるのでしょうか(できないよ)。 そう、俺たちの中には(今回はなんとなく全体的に主語を大きめにしています) ノンケのイケメンっぽい人にセクハラまがいの絡みをする人が、まあまあいるのです。 もちろん私もやっちゃうことはあるのです。 (それを「俺たちからのサービス」だと言いきっていいのは、一部の状況での一部の人だけですよ 需要と供給が噛み合った超法規的特殊場だけで成り立つ遊びです。 オープンゲイのピエロ問題なども議論のしがいがありますので各自やってください) ほんとうに「差別を助長」するのは誰で、何なのでしょうか ゲイホイホイこと内山さんは、わりとそういう俺たちの「(なぜか)許されがちなセクハラ」みたいなのに、どちらかといえばフラットに相手してたような感じっぽく見えます。 しかしやり方はどうやら正解ではなくてそれがダメかも、 という話ですが、冷静に話をしようとするゲイにはリプライを返していたりもする。 そのあたりの想像力すらないままむやみに人を燃やしていると、いつか自分が同じ火で焼かれると思うんです。 ……ということで、想像力だけで語っても私も怒られるので、 ゲイホイホイさんに質問してみることにしました(これももしかしたら厄介なゲイからの絡み…差別を助長…)。 快諾はいただきましたわ! (やはり悪意「は」ないふつうのひとかもしれない) しかしこの原稿提出時点では質問へのお返事がまだない感じなので、お返事きたらまたお伝えできればと思います。 おれたちは、ひとりひとり心の中の石原さとみを尊重しよう ちょっと前から「石原さとみ」という概念をよく使っています。 「石原さとみじゃない女性の問題を解決する本」という名著をきっかけにしているのですが、まあ「アニマ」というか、「時代のいい女」とか「心の中のミューズ」的なニュアンスの概念を下敷きにした言葉遊びです。 みんなそれぞれ心の中に石原さとみがいますよね? 一口飲んだふんわり鏡月(ゆず)のグラスを差し出されて「間接キスしてみ〜〜〜?」ってされたいミューズがいますよね!? しかしながら、五郎丸くんや石浦くんが石原さとみな人もいれば、安田大サーカスのヒロくんを石原さとみとする人もいるのです。 そう、好みって人それぞれだから、もっと多様性認めようよ!!! ゲイホイホイさんはいったんヌルっと見守りつつ(なにしろストレートの方です 最初から異文化交流なのです 誤解は当然双方に起こりうる そうこれもダイバーシティアクシデント)、 まず俺たちは人の石原さとみを笑わない/そして怒ったりしない そういうイメトレを絶やさず、来たるべき未来に備えましょう!.

次の

社会人アメリカンフットボールチーム【下町ゴリラズ】立ち上げ

下町 ゴリラズ

こういう内容は保険の営業の時とか心を許した人にしか話さないんだけどね。 ちょっと長くなるけどお付き合いください。 学生時代から今に至るまでのキャリアとスポーツです。 いや〜薄いですね。 少し行間埋めていきますね。 高校に入るまでの話でいうと僕は結構貧乏育ちなんです。 母子家庭でしたし。 それこそ家賃15000円で汲み取り式のトイレで恥ずかしくて友達を家に呼べなくて 笑 それでも母親はギャンブル好きという地獄。 中学時代は制服でパチンコ屋に行っては母親をつまみ出したりしてました。 あと生徒会長でした。 そんな大嫌いな親でしたけど、やっぱり褒めてもらいたいってのは子供心にあったのかな。 まぁ、褒めてはくれなかった。 バレーでもそれなりに活躍したので日本一の環境でやりたいって筑波大を目指し始めて。 全く勉強してなかったから受かるわけもなく。 予備校いく金もないから、10万円だけ親戚から借りて上京して新聞配達しながら予備校通いました、それも2年 笑 朝2時に起きて朝刊配って、予備校行って勉強して 昼は菓子パン食べて、夕刊配って勉強して・・・ お昼に白飯食ってるやつが恨めしがった 笑 戦時中みたいですね。 お金がないから滑り止めなんてないよね。 筑波一本で、前記後期前記後期前記の5回目で合格。 このタイミングで親が倒れる。 さすがに途方に暮れた。 でもやっぱり日本一とか日本代表になりたくて、大学から始めても代表を目指せるものでアメフトになった。 学生選抜とか海外のトライアウトに招聘してもらったりはしたけど、まだ夢の半ば。 でも日本一は届かなかった。 今度はプロスポーツを目指そうと思って競輪に挑戦。 オービックから2人競輪に転向していたのもあって。 1日100kmとか。 でも母親が危篤ということでお世話になった師匠にお礼とお詫びをして実家に帰省。 トレーナー業界へ。 でもやりたいことで稼ぐという難しさも学んだ。 20歳の子と給料同じってのは少し辛かったな。 大変だったけど、充実はしていた。 けど2015年に母親の容態が悪化して帰省。 そこで帰らぬ人となった。 ただ最後を看取ることができたのが幸いだった。 胃瘻で1年以上頑張るのは凄いって医師がびっくりしていた。 でも僕が殺したようなもの。 もともと親の治療費稼ごうと思っていたからここで燃え尽きた。 Aマニュライフ生命(ボブスレー) 心機一転してマネジャーとして転職。 自分のチームをつくる喜びを経験できた。 B保険代理店(アメフト) 採用した子が成績が怪しくなってきて、僕はもう一度チャンスをと思って引き連れて転職。 そこの水が合わなかったのかみんな辞めてしまって、僕も途方に暮れた Cオフェンスライン(アメフト) 同時にジムも運営していたが、やめた最大の理由はアメフトのチームをつくるなら出資者から借りたお金を一括で返済しろと言われたこと。 そんな契約ではなかったのに。 僕はアメフトチームを選び経営権を譲った。 ちなみに譲った時が1番利益がでているいい状態ではあった、その後はご存知の通り。 Dタピオカ屋(アメフト) お世話になった人が持ち家のテナントで店をやりたいと言うから手伝った。 3ヶ月休み無しで毎日13〜15時間は働いたかな。 先月末に限界をむかえて倒れ、救急車で運ばれた E下町ゴリラズ合同会社(アメフト) 今ここ。 という感じで履歴書の行間を埋めてみた。 もっとエピソードはあるんだけどね(汗) もともとは親に褒められたい一心で上を上を目指していた。 親が死んだときはどうしようもない感情が溢れたのを覚えている。 そこは今では自分の中ではちゃんと消化できたつもり。 僕は薄っぺらな人生を歩んできたかもしれないが、 ・勉強やスポーツは金持ちとか貧乏関係なく努力すればそれなりに報われること ・何かに挑戦したいと思えば、貧乏だろうが手を差し伸べてくれる人がいること そんなことを伝えていきたいと思って生きている。 経済的な理由で何かを諦めてしまう子が減るように。 バラバラなことをしているようだけど、僕の生き方のどこかが誰かのためになるのであればそれだけで意味があるかなと思う。 書き殴ったので読みづらかったらごめんなさい。 そんな僕の今まででした。

次の

薄っぺらと言われようが僕の人生|ゴリラのアニキ┃下町ゴリラズ合同会社代表|note

下町 ゴリラズ

日本におけるアメリカンフットボールのさらなる普及・発展につながるエクセレントなリーグとして、プレーヤー/チームがよりハイレベルなエ キスパートをめざし、より多くのファンに楽しんでもらえるエキサイティングなプレー/ゲームを提供することへの意志を表明。 正式名称は、「Japan American Football League Xcellence」とし、社会に対してエクセレンスなリーグたらんことを強調。 「よりよき社会人のための、より良き社会人を育てる、より良き社会人によるリーグ」をめざしていくことの強い意志を、リーグ名称に込めています。 出典元: これを読んだときは、「Eリーグ」じゃないの?wと思いましたが、「Xリーグ」のほうがかっこいいですね!w Xリーグはプロリーグ?アマチュア? まずスポーツのプロ選手とは、いろいろ定義はあるかと思いますが、「 そのスポーツでお金を稼いでる」ということとします。 アメフトXリーグの選手は、そうした場合、 プロではありません。 アメフトでお金を稼いでるという選手は日本ではいません。 これはアメフト選手としてという意味で、実際は実業団のチームでほとんどアメフトしかしていなくて給料をもらっている選手はいるかもしないです。 ですが、その場合も 企業と雇用契約を結び、給料としてお金をもらっているはずです。 Xリーグに加盟しているチームは、 実業団と クラブチームに別れます。 実業団とは、実業団のチームを所有している 企業や組合の社員が選手として活動しています。 Xリーグでは、昨年日本一に輝いた「 富士通フロンティアーズ」と、大阪に拠点をおく「 パナソニックインパルス」が実業団のチームです。 2018年度のXリーグには2チームの実業団(富士通、パナソニック)と、16のクラブチームが所属しています。 出典元: これを見ると、Xリーグは18チームしかないと思います。。 が、18チームなのは「X1」 Xリーグの1部リーグ であって、「X2」「X3」を含めると倍以上のチームがあります。 つまり、「X2」「X3」はXリーグとしては扱っていないとことなのですね。 僕は、X1とX2どちらのチームでもプレーしたことあるので、なんだか少し悲しく感じました。 アメフトが日本でなかなかメジャースポーツにならない原因の一端を見たような気がします。。 そのことについてはまたいつか記事にして書きたいと思います。 2019年Xリーグに加盟申請の「下町ゴリラズ」 そんなXリーグに2019年、クラブチームとして「 下町ゴリラズ」というチームが加入するかもしれません。 「下町ゴリラズ」とは? 下町ゴリラズは、「オービックシーガルズ」・「東京ガスクリエイターズ」・「AFCクレーンズ」でプレーされた加藤良さんが代表として創部されました。 また、「自身の暮らす『下町をもっと盛り上げる』」ことをミッションとしておられます。 活動場所・時間 活動場所は、東京の 墨田区・葛飾区・台東区・江東区。 時間は、土曜日か日曜日のどちらかを予定しているようです。 チームメンバー募集中 チームを作ったとしても、やはり人が集まらないとチームとして活動できませんし、肝心の試合も行うことができません。 アメフトで 人数は試合で勝つための重要な要素の一つです。 大学チームでも社会人チームでも選手集めには苦労しているチームが多いです。 下町ゴリラズもチームメンバーを募集されています。 1からスタートするチームを当事者として参加できる機会はあまりないと思うのですごくおもしろそうです。 少しでも共感できる人は連絡ください。 ・アメフトに本気で打ち込める人 ・成長意欲のある人 ・思考に柔軟性のある人 ・すぐに行動に移せる人 ・仲間を大切にできる人 ・自分の考えをしっかり相手に伝えられる人 ・まずは自身の半径5メートルの人の役に立てるように振舞える人 アメフトの上手い下手は問いません。 真摯にアメフトと向き合える人を全力でサポートをしていきます。 2020年にX1昇格をかけた入替戦に出場できるようチーム作りをしていきます。 みんなが努力し、積み重ねてきたものを花咲かせる場所、一緒に作っていきましょう。 出典元: プロジェクトページ 「下町ゴリラズ」がクラウドファンディングを実施中 クラウドファンディングとは、インターネットを通してある団体や個人、起業家などが不特定多数の人から資金を募ることです。 資金を提供した人は、そのリータンを得ることができます。 リターンは、単に物などのほか、「〜〜の権利」など多種多様で、すごくユニークなものもあります。 下町ゴリラズもクラウドファンディングで、活動資金を募っています。 またリターンもアメフト選手ならではで、選手にお姫様抱っこしてもらい写真撮影、アメフトの装備 ヘルメットと肩に装着するショルダー を着て選手と写真撮影など、他にはないものが用意されています。 詳しくは、 を御覧ください。 NFL見るならDAZN ダゾーン がおすすめ!• NFLの試合を見たいのに日本でやっていない?• リアルタイムで観たい!• 深夜には観れないので、自分の好きな時間帯に観たい• 1試合まるまる見るのは時間がないのでダイジェストで観たい• あんまりお金はかけたくない NFL好きのひとなら、こんな風に思ったことある人も多いはず。 DAZN ダゾーン なら月額1,750円 税抜き で、 LIVE配信 リアルタイム や 見逃し配信 録画映像 、どちらの方法でも視聴することが可能です。 また、 1試合すべての映像と、 試合のダイジェストの2パターンから選んで視聴することもできます! さらに、DAZN ダゾーン は1つのアカウントで 6デバイスまで登録可能で、 同時視聴は2デバイスまで可能です。 さらに、DAZN ダゾーン はNFLだけでなく、野球・サッカー・テニス・ラグビー、など数多くのスポーツを視聴することが可能であり、年間7,500以上の試合が配信されています。 ZERO FIGHTESRは、千葉県千葉市中央区を拠点とし、地域貢献にも力を入れているチームです。 加盟1年目でX2に昇格し、2016年0勝5敗、2017年1勝4敗、2018年2勝3敗と一歩ずつ強いチームになっています。 オーパーツ福岡SUNSは、福岡県福岡市博多区を拠点とし、チーム名にもあるLED照明器具の製造販売事業を手がける「株式会社オーパーツ」 本社:福岡市 がメインスポンサーとして、九州ではXリーグに加盟する唯一のチームです。 加盟1年目となる2017年はX3を全勝優勝しX2に昇格、2018年もX2を全勝優勝 X2は3ブロックに分かれています し、X1のサイドワインダーズとの入替戦で見事勝利し、 九州のチームとしては初のX1のチームとなりました。 創部から公式戦ではまだ負けなしです。 w セイバーズは、茨城県水戸市を拠点とし、2018年は加盟1年目ながらX3で3勝1敗の成績を残し、リーグ2位となりました。 セイバーズは2011年に「水戸セイバーズ」として発足しましたが、東日本大震災の影響もあり、一時は選手が集まらず解散の危機もありました。 ですが、そういった困難を乗り越え、現在は「セイバーズ」として茨城県発祥チーム初となるXリーグに加盟し、X1を目指して活動しています。 まとめ 日本のアメフトは、他のスポーツに比べるとまだまだマイナーなスポーツです。 ですが、着実に成長を続けています。 選手や関係者もアメフトを発展させるためにいろいろな活動をされています。 そして、また新たなチームとして加わる予定の「下町ゴリラズ」。 あくまでアメフトの発展を願う一人です。 ぜひ一度、生でアメフトを観戦してみてください! アメフトファンになることは間違いありません!.

次の