共鳴4層 マクロ。 【FF14】エデン共鳴編零式 1層~4層マクロ

【共鳴編零式4層】あやとり式って何ぞやという方のための解説

共鳴4層 マクロ

漆黒パッチ5. 暴走は「ミルン式」に慣れてしまいましたので、他を試していません。 ミルン式の玉係の場合は、東西南北に線を伸ばし、東西の人がタイミングを見て時計回りで塔に入るだけでいいので、覚えることが少なく個人的には好みかなw 「あやとり式」の解説を見る限りでは、メリット:近接が攻撃できる時間が増える、デメリット:鎖の形を蝶々結びにする(覚える)必要がある。 マクロによっては、入れ替わりの指定が異なる。 基本散開ミルン、暴走あやとりです。 それも最初だけで、慣れてしまえば、どうってことないです。 両方やって印象に残ったことは、玉と扇です。 「ミルン式」は「東西」の人が玉をショートカットして誘導すると塔に入った際に玉との距離が縮まり事故る。 「あやとり式」は、とにかく扇の事故が多かった、扇誘導の人は接近すべきところはしっかりと接近し扇範囲を誘導する必要があります(誘導でない人は、接近しすぎないようにする)。 追記ここまで ミルン式のDD(外捨)の無印(DPS2名)は、ノックバックされる記載だと思います。 無印はフレアの無い方で「ノックバック無効」を使用したほうが、AoE3連事故を減らすことができます。 ヘヴィの人は、フレアの方へ移動する。 近接は2回目のノックバックを無効にすることで、飛ばされることなく攻撃し続けられる。 外周の東西南北に「ABCD」 北 A 1 2 D B 4 3 C 主流 色固定ぼよん処理方法(アムレン無) 後半の事故ポイントは「ぼよん」処理です。 なぜ事故があるかというと、「緑鏡チーム」と「赤鏡チーム」の二手に分かれます。 分かれて移動する際に、移動が早かったり遅かったりすることで事故になります。 2度付け禁止なデバフが付与されるタイミングは、鏡の詠唱完了時です。 詠唱完了後にワンテンポ遅れて吹き飛ばしがきます。 ですので、緑鏡チームは直行、赤鏡チームは少し緩やかに向かうことで事故を減らすことができます。 同時に、とても痛い攻撃ですので、防御バフやバリア等を忘れないようにしましょう。 緑のノックバック後、MTが赤鏡から5番目に移動すれば、ぼよんフェーズは終了です。 鏡の国ぼよん(アムレン無し)処理 左右の鏡の色はランダムです。 今回は、西側が赤鏡、東側が緑鏡です。 ボスが飛んで「ホーリーウィング」を詠唱してくるので、ボス背面に移動します。 DPSとヒーラーの移動する目安位置は、床の溝を目印とする。 緑鏡の詠唱が完了するまでに、決められた位置へ移動する。 移動する際は、緑鏡チームは直行、赤鏡チームはカーブを描く感じで移動するこで事故を減らすことができます。 特にMTは、緑鏡から発動するので、早めに緑鏡の前に移動することを心掛ける。 緑鏡が発動して、ノックバックを受けます。 MTが赤鏡から5番目に移動し、ノックバック後、ぼよんフェーズは終了です。 折りたたみ「その他、ぼよん処理方法」 赤鏡固定ぼよんぼよん処理方法メモ ノックバックを無効アビリティ(アムレンなど)で無効にすることで、MTギミックを簡単にすることができ、近接D12が攻撃することができます。 注意点としては、 ノックバック無効をギミック前に誤使用してしまうと大惨事になります。 ですので、2回ノックバックされる処理の方が安定する。 また話によると2回のノックバックを無効にすることができるようですが、使うタイミングがシビアです。 ですので野良では、1回目のノックバックを無効にするのが適正かと思います。 2回とも無効にする目安は、「氷面鏡」の詠唱バー「ミラーリング・ホ」の「ホ」の縦棒過ぎくらいで、ノックバック無効アビを使うと2回無効にできる。 これに集中力を使うより、1回の無効でイイネ。 緑鏡発動後MTは「D3D4H2」と「D1D2H1」の間に入り、赤鏡の先頭から5番目になる。 順は 赤鏡 ST D3D4H2 MT D1D2H1 となる。 最後に赤鏡が発動して、ぼよんフェーズ終了です。 もう一つの並び順 上記のものは、ノックバックを無効を使用しDPSが入れ替わっただけですので、処理自体は2回ノックバックされるもに近いものになります。 もう一つは、すべて入れ替わっているので勘違いしやすいかなと思います。 メリットは、STが5番目に移動したときに、ボスを攻撃する距離であることくらいです。 要PT相談。 「アース・エーテル」の詠唱止めは最速ではなく、詠唱8割くらいで止めると中央までの到達時間を遅らせることができます。 東側 アース・エーテル ウォーター・エーテル 線:H ライトニング・エーテル2 線:D2 ライトニング・エーテル2 ウォータ・エーテル 線:ST アース・エーテル 線:D4 西側 ライトニング・エーテル2 ウォーター・エーテル 線:MT アース・エーテル(D3:沈黙) 線:H アース・エーテル(MT:沈黙) ウォーター・エーテル 線:D3 ライトニング・エーテル2 線:D1 静寂・閑寂 静寂:フロストスラッシュ から フロストスラスト 閑寂:フロストスラスト から フロストスラッシュ 峻厳・冷厳 峻厳:ダイナモ から チャリオット 冷厳:チャリオット から ダイナモ タンクが予め隅に寄せている場合、遠隔ヒーラーは大きく離れていれば被弾しない。 距離は感覚でつかんでください。

次の

【FF14】エデン零式共鳴編4層攻略!ギミック解説とマクロ紹介、光の暴走あやとり式の動き方詳細やタイムラインについて

共鳴4層 マクロ

2マスずつ出現し計4マス出現した後、先に出た方から突進する。 背面には中央2マスに青色、赤色のゲートが出現。 ゲートは罪喰いの突進を吸収したのち、後に同じ色のゲートから吸収した順番通りに罪喰いの突進を出現させる。 波状の号令:2 フィールド外周に赤と青のゲートが複数出現、波状の号令:1で吸収した順番にゲートから罪喰いの突進が2回発動。 前面に罪喰いが4マス分出現、DPSと線で繋がり一定時間後に対象に向けて直線範囲を発動。 北の雑魚は時計回りか反時計回りに移動、東西の雑魚は北の雑魚と近づけない様に誘導しながら戦う。 北の雑魚は定期的に直線範囲攻撃、東西の雑魚は頭割りの円範囲攻撃を行う。 付与された 反対属性の攻撃を食らう。 適切な攻撃を食らうと元々付与されていた反対の属性デバフが付与される。 2回連続で被弾すると死亡するので、無敵技を発動するか 1回目の発動を見たら線の対象ではないタンクが割り込む事でギミックを消化できます。 直線範囲なのでメンバーと位置をズラして受けましょう。 後に現れた場所から先に現れた場所へ滑り込む、 最終的に避けた場所が2回目の安置場所となるので避けきったら動かず待機。 仕様を覚えようとするとややこしい上に逆に混乱しかねないので、4回分の突進の対処方法を徹底的に覚えましょう。 最初は目視で避けた先でそのまま待機、 次からは先に赤に入ったら赤のマーカー、青に入ったら青のマーカーの上で待機し、次の突進に備えます。 その後全員に一定時間後プレイヤーを指定地点にワープさせるデバフが付与(ワープの着地点は個別に紫の矢印と円で判別可能です。 )、同時にDPSには前方の罪喰いから線が付き一定時間後に線の対象に前方範囲(被ると即死)、ヒーラー二人に頭割りがつきます。 各デバフは キャラクターが正面を向いたときに「上、下、右、左」に転移するデバフです。 転移したい先を正面としたとき、表の通りにキャラクターの向きを変えると上手く着地地点を出すことができます。 注意したいのは、 転移先を示す円とキャラクターとの間には一定距離があることです。 着地地点を見定めたら、転移先の円が着地地点に出るようキャラクターの位置を調整しましょう。 後に残るタイプのAoEが付与された際に、各プレイヤーは上下少し詰めてAoEを出すとヒーラーがもしもの際に中央に行きヒールを飛ばせるのでおすすめです。 白夜の機動 全員に後に残るタイプの必中AoE付与。 指定された散開図の 内周寄りに捨て外周へ移動。 強制転移 極夜の機動 強制転移付与後、「極夜の機動」でタンクヒーラーは必中AoEが付くので すぐ隣の内周ラインにワープするように調整し、DPSは頭割りが1人付くので フィールド中央にワープするように動き頭割り処理。 マクロの指定通りに4:4に分かれて対処しましょう。 タンクは雑魚同士を近づけないように外周を回りながら誘導します。 なお1回目の頭割りと2回目の頭割りの間に 沈黙ギミック(「光の飽和」の詠唱阻止)があります。 必ず阻止しましょう。 雑魚同士を近づけ線が付くと倒せないレベルで固くなり、時間切れを誘発してしまいます。 前で誘導しているタンクの誘導が遅いと、後ろのタンクの線が付きやすいです。 何よりも誘導優先で素早く動きましょう。 片方を倒すか一定時間後に時間切れ行動の「爆散」を詠唱します。 レンジやキャスターは調整役を務め、なるべく同時に倒す事を心がけましょう。 一定間隔で直線AoEを放つので避けましょう。 頭割りや攻撃機動時は移動を停止します。 アイドラトリー2匹を倒すと全体範囲攻撃を数回撒き散らした後「爆散」を詠唱します。 倒せないと自爆して全滅です。 攻撃機動 詠唱中の回転の向き 攻撃範囲 縦 ドーナツ型範囲 横 ボス中心のAoE 頭割りを2回処理した後に二匹のアイドラトリーが「攻撃機動」を詠唱します。 縦回転ならドーナツ型範囲、横回転ならボス中心のAoEです。 ワープした後に即頭割りがきて位置調整をする時間がないので、同じ場所にワープしましょう。 後半フェーズで注意すべき攻撃 属性変動 全員に偏属性:闇か偏属性:光が付与されます。 これは4:4で付与されます。 全体を通じて 自分の付与されている属性と反対の属性の攻撃を受けると覚えておきましょう。 FF14においてはとにかくこの手の表示と反対の行動をするギミックが多いので慣れておきましょう。 サイドはセンター、右舷は左舷、光は闇で闇は光です。 強襲の号令 白色(光属性)と黒色(闇属性)の罪喰いが出現、所持している属性と反対の属性の方に向かいます。 この際に両外周の罪喰いから一番近い対象に線が繋がれるので タンクは事前にPTメンバーより前に移動しておきましょう。 線に繋がれた対象は罪喰いとの距離を一定距離離す必要があるので、線と繋がったら少し離れます。 直線上の頭割りも兼ねる攻撃なので、PTメンバーはタンクの後ろに纏まっておきます。 なお、 線は外側の罪食いの攻撃を誘導しています。 内側で受けると2発分の攻撃をくらい耐えきれないので、タンクは必ず外側のフィールドに頭割りを誘導しましょう。 包囲の号令 東西南北に属性付きの罪喰い、北東、北西、南東、南西に踏んでいないと全滅する属性付きの玉が降ってきます。 タンクヒーラーとDPSで対処方法が分かれます。 まずは全員中央に集まり、タンクとヒーラーが先に線を取りに行きます。 その後DPSが玉の処理位置につきます。 近づくと線で繋がり 罪喰いは必ずキャラクターの正面にくるように移動してきます。 上下左右を被らせないように誘導し処理します。 アドリブ役のコツ:最初にくる「属性変動」の際に 属性がどのジョブとペアなのか確認しておきます。 例えば自分がD3の場合、D1とD2の近接と同じ属性だった場合は通常通り南側の玉に、遠隔のD4と同じ色の場合南側を譲り北側の玉に乗ると良いでしょう。 夜襲の号令• 前方から属性付き突進• 全マスに属性突進• 全員に 内周捨て• 全マスに属性突進• 全員に属性付き必中 被らせてOK• 全マスに属性突進 上記の順番でくる 累計4セットの突進を全て反対属性で受けるというギミックです。 パターンや仕様を暗記するより、やり方を徹底的に覚えましょう。 回転に合わせて移動しつつ、玉の処理をしていきましょう。 なお、 玉は時間経過で爆発しワイプとなるので、玉が出現したら放置せずすぐに取るようにしましょう。 自分と反対属性の床を踏みましょう。 とにかくダメージが痛いので回復やは厚めに、ただしこのギミックは時間切れまで2回くるので前半にを集中しすぎる事の無いようにしましょう。 1回目の「三重光環」から78秒程度で2度目の「三重光環」がきます。

次の

【FF14/FFXIV】茜ちゃんと予習するエデン共鳴編零式 動画紹介|マクロ付き【解説/攻略】

共鳴4層 マクロ

ダイヤモンドダスト 2. アイスストーン 3. アイシクルインパクト 4. ヘヴンリーストライク 5. アイスニードル 6. アイスフロスト 7. アイスエラプション 1. 全体攻撃 2. タンク1ヒラ1DSP2に必中の予兆表示(着弾後ヘヴィ付与) 3. フィールド北東or北西に上から落下する表示 4. ノックバック 5. アイスストーンを捨てた4箇所に8方向直線予兆表示 6. がなかったタンクヒラに距離減衰マーカー付与 7. 波動が出たときにシヴァの方を向いているとスタン。 鎖、玉、過敏光デバフ、塔、光の波動の複合ギミックを処理していくギミック。 鏡の出現パターンは西から、無緑赤か赤緑無の2パターン。 北から時計回りか半時計回りをする竜の首が出現。 デバフ時間の少ない順にデバフを処理していく。 途中ホーリーウィングを挟むので、避けながらデバフ処理。 3回目のホーリーウィングは1〜2回目と逆側になる。 緑鏡から「先頭のメンバーに強攻撃、4番目までのメンバーに被魔法ダメージ増加デバフ付与、5番目のメンバーに強攻撃、全員にノックバック」。 次に赤鏡から同じように技が来る。 波動が出たときにシヴァの方を向いているとスタン。 シヴァ頭上の玉の数で判断可能。 塔、過敏光デバフ、光の津波の複合ギミックを処理していくギミック。 「聖龍の爪(赤)」「聖龍の牙(青)」デバフ、アク・モーン、アク・ラーイを同時に処理する複合ギミック。 アク・モーン ヘイト1位と2位のメンバーに頭割り モーン・アファー ヘイト1位のメンバーに頭割り アク・モーン ヘイト1位と2位のメンバーに頭割り モーン・アファー ヘイト1位のメンバーに頭割り アク・モーン ヘイト1位と2位のメンバーに頭割り モーン・アファー ヘイト1位のメンバーに頭割り ㉕ 鏡の国 フィールド外周に赤色の鏡出現 ㉖ ホーリーウィング ボス正面フィールド半分範囲攻撃 ㉗ 鏡からホーリーウィング 時間切れ 前半フェーズで注意すべき攻撃 絶対零度 よくある開幕の挨拶の様な全体範囲が飛んできます。 やたらダメージが高いです。 その後は40秒ほど回避可能なギミックしか来ませんのでそこまで急いでHPを戻す必要はないですが、最初だからと油断せずに厚めの軽減を用意しておきましょう。 鏡の国 北、東、西にボスの行動を模倣する鏡が出現します。 模倣する技はフロストスラッシュorフロストスラストの2種類です。 下記に対処方法を記述します。 次に緑の鏡2つから270度の範囲が発動。 とにかく2つの緑の鏡から遠くなるように逃げ、その後赤の鏡から遠くなるように回避します。 次に2つの緑の鏡の間の外周へ行く様に回避します。 その後に赤の鏡からも90度の扇範囲がきますので、外周から赤の鏡に近づく様に回避しましょう。 着弾後8方向へ直線をばらまく設置型となる。 以下、野良で主流となっている 「DD外周捨て」と「DD内周捨て」をアイシクル南北出現パターンを例に解説します。 必中マーカーがついたら 北西:タンク、北東:ヒラ、南西南東:DPSで外周フィールドマーカー上で待機。 最初に外周円範囲が出た場所にマクロで指定された二手に分かれて飛ぶ。 必中マーカーがついたら 北西:タンク、北東:ヒラ、南西南東:DPSで内周フィールドマーカー上で待機。 最初に外周円範囲が出た場所にマクロで指定された二手に分かれて飛ぶ。 その後8方向が 発動した瞬間に外周円範囲3回目の範囲外へ行き、自身に出る3連続を味方に当てないように捨てる。 8方向AoEの発動時に外周円範囲の中心にいると、高確率で範囲外に行くのが間に合わないので発動前に若干左右に寄っておくと良い、スプリントを炊いておくと尚良い モードチェンジ(視線ギミック) 予兆無しの視線ギミックです。 背中に2本目の羽が生える頃に後ろを向くと良いです。 当たるとスタンを貰うのでしっかり避けましょう。 なるべくを無駄にしないようにします。 迅速に判断しましょう。 調整役のDPSはD2ならD1を、D3ならD4をPT欄の一番上に置いておくと確認しやすくていいです。 位置確定後に鎖担当が特に注意すべき事は、2人の塔乗りの際は玉担当の玉をしっかり避けてから乗る事と、2回目の扇状範囲を隣の人間と被せないようにする事です。 鏡の国2回目〜頭割りor散開まで 十字パターン X字パターン 鏡の国詠唱後、外周に X字か十字に緑の鏡が4つ出現します。 この鏡はその後すぐにくるボスのサイスキックかアクスキックを模倣します。 その後ボス頭上に玉が1個か4個表示され、2人頭割りか全員に必中のどちらかがきます。 最初についたAoEの形は偽物の可能性があるのでしっかりボス頭上の玉の数を確認しておきましょう。 散開の場合マクロで決まっていないことが多いですが、基本的に散開位置の通りに近接がボス寄り、遠隔が離れていればかぶることはありません。 シャッタード・ワールド 攻撃的要素はありませんがここで 指定された4:4に分かれましょう。 分かれたプレイヤーで次の雑魚フェーズを処理する事になります。 外周から出現した雑魚が中央に到達するか、線のギミックを失敗すると1回の失敗でゲージが25づつ上昇します。 ゲージが100に到達すると全体に即死ダメージです。 有志の海外プレイヤーの情報では上昇量は2%という検証結果が出ています。 これが無いとクリア出来ないというものでもないです。 前半でしっかりボスのHPを減らせている場合は諦めないようにしましょう。 出現するエーテルと特徴まとめ アース 足が速い。 ストンスキンを使用するので沈黙で止める(指定された順番で沈黙) 基本優先的に撃破 ウォーター 足が遅い。 タンクと近接でスタン。 反射ダメージがあるので攻撃時に自分の残りHPに注意。 同タイミングで2体出現、 基本優先的に撃破。 ライトニングエーテルはの他、でも反射ダメージが発生します。 なるべく威力の高い攻撃を撃ち込みましょう。 線取り 雑魚処理中に累計4回ほど線を取るギミックがきます。 線対象者にダメージ+デバフが付き二度は取れないので、指定された順番で4人全員で1回ずつ受けましょう。 DPS素受けで約4万5千程度のダメージです。 オーバキルにならないようにスキルを放出する• 「ライトニングエーテル」は威力の高い攻撃で早く倒す 細かい攻撃を沢山当てるのは反射が痛い• 攻略初期はライトニングを遠隔に任せすぎると死にやすい 近接やタンク、ヒラも少し手伝ってあげると良い• 近接DPSは移動の時間が無駄なので硬いウォーターを狙うと良い• しっかり倒すべきではあるが最悪ウォーターは一匹無視して入れても良い• 白魔道士以外のヒールがきつい傾向にあるので要イメトレ• 線やライトニングの反射ダメージにブラパスや内丹を使いケアをするとヒーラーが楽になる。 後半フェーズで注意すべき攻撃 後半フェーズの小ネタ 雑魚フェーズが終わり後半のムービーが始まる前に視点を少し上に上げておくと、 ムービー後に最速でボスをターゲット出来るようになります。 近接で即張り付きたい方などは覚えておくと良いです。 アク・モーン ヘイト1位、2位に頭割り攻撃、指定された4:4に分かれて受けます。 全体を通して撃つたびに攻撃回数が増加します。 一度被弾するともう片方の頭割りが受けれなくなるデバフが付与されます。 この攻撃は必ず後述の「モーンアファー」という技とセットで来る事も覚えておきましょう。 モーンアファー ヘイト1位に高ダメージの頭割り、8人で頭割りをするか無敵受けで処理しましょう。 やたら威力が高いので毎回何かしらの軽減は必要です。 鏡の国+ホーリーウィング 外周に無色、緑、赤の鏡が出現。 前半と違い無色の鏡 ボスの攻撃発動と同時に技を模倣 が追加されます。 鏡の出現位置は2パターンで、 西に無色があるか東に無色があるかが重要なので出現時に見ておきます。 ボスが北向きか南向きに「ホーリーウィング」という光った羽の方向にを出す技を使用してくるので、無色の即時発動する模倣とボス自体が仕掛けてくる2つの技から安置を考えます。 無色鏡が出現した位置が西なら時計、東なら反時計を強く意識します。 その後「ホーリーウィング」を詠唱するので羽が光ってない方へ行き、右羽が光っているか左羽が光っているか確認します。 無色鏡からこちらを向いているボスを想像し、その際右羽か左羽どちらが光っているかで安置場所を割り出します。 まず ヒラタンクに赤デバフ、DPSに青デバフが付与されます。 最初の北湧き以外は「ホーリーウィング」詠唱後に取りにいきましょう。 頭の後ろには判定がありませんので、頭の進行方向から当たりにいきましょう。。 1回目の技を覚えるのがおすすめです。 1回目がきたら2回目が来るので移動を止めず安置を行き来する癖をつけましょう。 避ける際は詠唱が完了した時点で動けます。 側面と背面を利用し小さく無駄なく動きましょう。 発動前に床が凍って滑るので、床の状況にも注意しましょう。 アク・ラーイ ボスの 「聖竜よ来たれ」が始動の合図、予兆、詠唱等が無い円形範囲攻撃。 ボスの背面で待機し ボスの羽が生えた時に前方に滑り込みましょう。 鏡の国+ノックバックギミック(色固定式) 「鏡の国」で東西に緑鏡、赤鏡が出現します。 その後ボスが南か北へ行き前方全域へ「ホーリーウィング」を詠唱します。 そうするかMTとSTにマークを付けておくと分かりやすいです。 緑鏡の視線ギミックあたりでボスが距離減衰の「ホーリー」を詠唱します。 頭の上の玉が1個なら中央から、4個なら外周から距離減衰がきます。 AoE表示がフェイクの場合があるのでしっかりボスの頭の上を見ましょう。 先を見たい練習時に無理に殴る必要性はありませんが、鏡からの視線はそこまで広くないので、殴れるようにイメトレをして実践をしておくべきです。 火力が足らない要因になります。 コツとしては「冷厳の舞踏技」の方が回避猶予が無いので、 「冷厳の舞踏技」がアクスキック ボス中心円範囲 である事を覚えておきましょう。 「冷厳の舞踏技」がきたら離れてからボス下へ、よくわからないのがきたらとりあえずそのままボス下に滑り込んで離れれば大丈夫です。 この技が発動する際にボスが外周にいる場合、 遠隔ジョブは2回とも距離をおいておけば簡単に避けれます。 その際はサイスの範囲が広いので大きく距離を話しましょう。 背中に羽が生えたら「アク・ラーイ」を避けるため前へ移動します。 その後に敵視リストから詠唱バーを見るか 赤の鏡から羽が舞い散り、光ったタイミングで「アク・モーン」の4:4に分かれる様に背後に回りアク・モーンを消化します。 その後にモーン・アファーを全員で受けます。 氷と光の竜詩 「ダイヤモンドダスト」と「光の暴走」の複合ギミックです。 ランダム要素はほとんどなくロール別にやり方は決まっているので、暗記してしまいましょう。 配置は一例となっています。 正式な立ち位置はマクロを参考にして下さい。 鏡の国は床の氷結を模倣します、1回目の氷の床で滑らないように注意し、2回目の氷の床が発動した瞬間に南側へ真っ直ぐ滑りアク・ラーイを回避します。 DPSはマクロの優先度に従い処理しましょう。 モーンアファーを他者に巻き込まないように北寄りに膨らんで戻るのも良い。 パッチ5. イシュガルド復興• レイド 零式 共鳴編• 覚醒編• ノーマル 共鳴編• 覚醒編• 宝の地図• ジョブ• タンク• ヒーラー• DPS メレー• レンジ• キャスター• リミテッドジョブ• ギャザクラ• 漆黒のヴィランズ• 討滅戦• ノーマル• アライアンスレイド ヨルハダークアポカリプス• リターントゥイヴァリース• シャドウオブマハ• クリスタルタワー• 風脈 新フィールドの風脈の場所• エウレカ• NM情報• ハウジング•

次の