秋 旅行 おすすめ。 秋の海外旅行の人気ランキング!おすすめな都市や国は?

秋に北海道旅行(ツアー)で行きたいおすすめスポット

秋 旅行 おすすめ

この秋は、海外からの旅行客や女性旅行者が特に増加しています。 小豆島や直島を含む瀬戸内海では、3年に一度開催される「瀬戸内国際芸術祭2019」が春、夏、秋と開催。 (秋の開催は9月28日~11月4日)海外の大手メディアや、旅行情報サイトでも幅広く紹介され注目を集めています。 秋は、寒霞渓(かんかけい)や栗林公園(りつりんこうえん)などの紅葉の名称も見逃せません。 栗林公園では11月22日~12月1日の期間に夜のライトアップも実施、期間中は園内の南湖周遊和船が夜も運行しており、水上から幻想的な紅葉狩りも楽しめます。 第2位は第1位と同じ四国エリアの高知県。 高知には、国内に現存する木造天守12城のひとつ「高知城」や、幕末の志士・坂本龍馬の軌跡を残すスポットが沢山。 高知県を代表する景勝地「桂浜」周辺には、「坂本龍馬記念館」や水族館があり、海岸沿いの龍頭岬では太平洋を見下す坂本龍馬の銅像もあります。 この秋は、JR四国の観光トロッコ列車「志国高知 幕末維新号」が、いよいよラストラン。 9月14日~11月30日の土日祝に運行(10月27日を除く)されるので、こちらも要チェックです。 また、黒尊渓谷の紅葉観賞(見頃時期11月)や、約150万本のコスモスが咲く越知町のコスモスまつり(10月5日~20日)など、秋ならではの絶景観賞もおすすめです。 「尾瀬・丸沼」や「伊香保温泉・渋川」エリアへの旅行者が特に増加しています。 4倍)に回復!群馬は「草津」をはじめ、「伊香保」「水上」「四万」など日本有数の温泉地が揃うエリア。 夏の疲れを癒しに温泉でのんびりと過ごすのもおすすめです。 また、星空観賞スポットとして知られる谷川岳では、11月9日まで週末を中心に「天空のナイトクルージング」を運行。 わたらせ渓谷では、11月までトロッコ列車も運行しており、まだまだ大自然の中でのアクティビティも楽しめます。 温泉の源泉数、湧出量とも日本一を誇り、「おんせん県おおいた」のプロモーションでも注目を集めています。 源泉の地獄めぐりが楽しい「別府温泉」や、由布岳などの自然美や街歩き観光が叶う「由布院温泉」などの人気温泉地があり、「泥湯」や「塩湯」など全国的に珍しい温泉も県内に点在。 グルメでは、豊後水道で獲れる新鮮な海の幸も見逃せません。 特に「関アジ」「関サバ」のおいしさは全国的に有名です。 また、日豊リアス式海岸沿いの佐伯市では伊勢えび漁の解禁に合わせ、9月2日~11月30日までの期間に「東九州伊勢えび海道・伊勢えび祭り」を開催。 いつもより少し豪華に新鮮な伊勢えび料理を堪能してみては。 バラやコスモス、紅葉する草コキアが見頃を迎える秋も、国営ひたち海浜公園は人気の観光スポットになっています。 また、茨城を代表する日本百名山のひとつ「筑波山」や、落差約120m 幅約73mが迫力満点の「袋田の滝」、吊り橋からの眺めが素晴らしい「花貫渓谷」などの紅葉スポットも見逃せません。 そのほか、「霞ヶ浦の帆引き網漁の技術」として平成30年に国選択無形民俗文化財に選定された霞ヶ浦の「観光帆引き船」も魅力。 霞ヶ浦は国内第2位を誇る大きさで、広々とした湖上を走る「観光帆引き船」が画になります。

次の

秋に北海道旅行(ツアー)で行きたいおすすめスポット

秋 旅行 おすすめ

紅葉の見頃はどこ? 秋の北海道でおすすめの観光スポット 秋の北海道旅行のすてきな楽しみ方のひとつが、日々赤や黄色に移り変わっていく紅葉の景色を見ることです。 大自然の宝庫である北海道では、壮大なスケールで紅葉を楽しめるのが大きな魅力。 美瑛町白金にある観光スポット「青い池」は、白金温泉の「白ひげの滝」から始まる青が美しい池です。 とりわけ秋の紅葉シーズンには周辺の木々が黄金色に染まり、まるで絵葉書のように幻想的で美しい風景が広がります。 札幌市内で紅葉の絶景を楽しむなら、藻岩山がおすすめです。 赤やオレンジ、黄色に所々緑が混じる紅葉のグラデーションが山全体を覆います。 ロープウェイで空中散歩しながらこの景色を心行くまで堪能できます。 毎年10月中旬から下旬にかけてが紅葉のトップシーズンなので、この時期に合わせて旅行を計画するのも良いでしょう。 青い池の詳細 住所:〒071-0235 北海道上川郡美瑛町白金 アクセス:旭川空港から車で約40分 秋が旬の北海道グルメ 食欲の秋や味覚の秋という言葉もあるように、秋はさまざまな食材が旬を迎える実りの季節。 北海道旅行でもグルメツアーを楽しむのにぴったりの季節といえます。 秋の北海道グルメで王道なのがイクラでしょう。 一年中食べられるものとはいえ、この季節のイクラはまた格別。 イクラの旬は10月といわれます。 10月下旬になると11月の産卵に向けてサケはエサをたくさん食べ、卵にどんどん栄養を補給します。 そのため、この頃のイクラは最も濃厚で美味しくなるわけです。 当然、イクラの親であるサケもこの時期が旬。 産卵のために水の中をさかのぼる過程で筋力が付いており、引き締まった美味しい身を食べることができます。 この時期にはシシャモもおすすめ。 シシャモは10〜11月までの短い期間だけ漁が解禁となり、貴重な生シシャモを味わえるチャンスです。 シシャモ寿司やシシャモのマリネなど、ユニークなグルメも楽しめます。 秋に訪れたい北海道のイベント・お祭り 秋にはグルメや自然にまつわるイベントが北海道中で盛んに開かれます。 そのひとつが「はこだてMOMI-Gフェスタ」。 紅葉の名所として知られる見晴公園内の香雪園で、10月中旬〜11月上旬に行なわれる紅葉祭りです。 カエデなど150種類の木々が植えられたこの公園では、期間中はライトアップも行なわれ、とても幻想的なイメージです。 札幌で開かれる比較的新しいイベントも紹介しましょう。 札幌の大通公園といえば雪まつりやビアガーデンなど、季節ごとにさまざまなイベントが開催されることで有名なスポット。 2008年から、秋にも「さっぽろオータムフェスト」が開催されるようになりました。 北海道全域からその土地ならではの海や山の幸が集まる食の祭典で、世界レベルのシェフや板前たちによるグルメを楽しめます。 大通公園の詳細 住所:北海道札幌市中央区大通西1〜12丁目 アクセス:地下鉄 大通駅・西11丁目すぐ.

次の

秋に北海道旅行(ツアー)で行きたいおすすめスポット

秋 旅行 おすすめ

この秋は、海外からの旅行客や女性旅行者が特に増加しています。 小豆島や直島を含む瀬戸内海では、3年に一度開催される「瀬戸内国際芸術祭2019」が春、夏、秋と開催。 (秋の開催は9月28日~11月4日)海外の大手メディアや、旅行情報サイトでも幅広く紹介され注目を集めています。 秋は、寒霞渓(かんかけい)や栗林公園(りつりんこうえん)などの紅葉の名称も見逃せません。 栗林公園では11月22日~12月1日の期間に夜のライトアップも実施、期間中は園内の南湖周遊和船が夜も運行しており、水上から幻想的な紅葉狩りも楽しめます。 第2位は第1位と同じ四国エリアの高知県。 高知には、国内に現存する木造天守12城のひとつ「高知城」や、幕末の志士・坂本龍馬の軌跡を残すスポットが沢山。 高知県を代表する景勝地「桂浜」周辺には、「坂本龍馬記念館」や水族館があり、海岸沿いの龍頭岬では太平洋を見下す坂本龍馬の銅像もあります。 この秋は、JR四国の観光トロッコ列車「志国高知 幕末維新号」が、いよいよラストラン。 9月14日~11月30日の土日祝に運行(10月27日を除く)されるので、こちらも要チェックです。 また、黒尊渓谷の紅葉観賞(見頃時期11月)や、約150万本のコスモスが咲く越知町のコスモスまつり(10月5日~20日)など、秋ならではの絶景観賞もおすすめです。 「尾瀬・丸沼」や「伊香保温泉・渋川」エリアへの旅行者が特に増加しています。 4倍)に回復!群馬は「草津」をはじめ、「伊香保」「水上」「四万」など日本有数の温泉地が揃うエリア。 夏の疲れを癒しに温泉でのんびりと過ごすのもおすすめです。 また、星空観賞スポットとして知られる谷川岳では、11月9日まで週末を中心に「天空のナイトクルージング」を運行。 わたらせ渓谷では、11月までトロッコ列車も運行しており、まだまだ大自然の中でのアクティビティも楽しめます。 温泉の源泉数、湧出量とも日本一を誇り、「おんせん県おおいた」のプロモーションでも注目を集めています。 源泉の地獄めぐりが楽しい「別府温泉」や、由布岳などの自然美や街歩き観光が叶う「由布院温泉」などの人気温泉地があり、「泥湯」や「塩湯」など全国的に珍しい温泉も県内に点在。 グルメでは、豊後水道で獲れる新鮮な海の幸も見逃せません。 特に「関アジ」「関サバ」のおいしさは全国的に有名です。 また、日豊リアス式海岸沿いの佐伯市では伊勢えび漁の解禁に合わせ、9月2日~11月30日までの期間に「東九州伊勢えび海道・伊勢えび祭り」を開催。 いつもより少し豪華に新鮮な伊勢えび料理を堪能してみては。 バラやコスモス、紅葉する草コキアが見頃を迎える秋も、国営ひたち海浜公園は人気の観光スポットになっています。 また、茨城を代表する日本百名山のひとつ「筑波山」や、落差約120m 幅約73mが迫力満点の「袋田の滝」、吊り橋からの眺めが素晴らしい「花貫渓谷」などの紅葉スポットも見逃せません。 そのほか、「霞ヶ浦の帆引き網漁の技術」として平成30年に国選択無形民俗文化財に選定された霞ヶ浦の「観光帆引き船」も魅力。 霞ヶ浦は国内第2位を誇る大きさで、広々とした湖上を走る「観光帆引き船」が画になります。

次の