世界 の バイオーム。 【生物基礎】 生物の多様性14 世界のバイオーム:草原 (11分)

NHK番組表・トップページ

世界 の バイオーム

本誌ではあまり触れませんが飛空挺や貿易船が行き交い世界が近代ファンタジーです。 蒸気機関車などの石炭で動く機会などは現実と同じような文明をたどっていますが電気の代わりに魔法が発達しているよくあるファンタジーで、魔法は日常的に使うのには若干高価なので、魔法で動く飛空挺は船や気球に比べると値段は高いといった世界観です。 バイオーム(生物群系)とは? 生物群系(せいぶつぐんけい)ないしバイオーム(Biome)は植物、動物、土壌生物の群集の類型を束ねる大分類である。 植物群系(しょくぶつぐんけい)とも言う。 植物の構成(樹木、潅木、草)、葉の形式(広葉樹、針葉樹)、密度(森林、サバナ)その他気候などの因子に基づいて定義される。 生物地理区とは異なり遺伝的・分類学的・歴史的な類似では定義されない。 生物群系はしばしば生態遷移と極相によって決定される。 各生物群系の生物多様性の特徴、特に動物相の多様さと非優勢植物の形式は非生物的要因と優勢植生の生物量生産性による。 種の多様性はより高い基礎生産性・湿度・温度で増加する傾向にある。 [1] 基本的な生物群系の分類には 陸上の生物群系 水中の生物群系 があり、しばしば場所の名前を与えられる。 例えばTemperate grassland or shrubland biomeは中央アジアのステップ、南部アフリカのサバナ・草原、北アメリカのプレーリー、南アメリカのパンパ、オーストラリアの未開拓奥地・低木地が知られる。 時には生物群系全体が保護の対象となりえる(特に各国の生物多様性行動計画において)wiki引用 の基本イメージは わかりやすくいうと、 モンスターが生息している特徴的なエリアという感じです。 ファンタジーの〜ステージと〜エリアとかそんな感じのゆるい認識でOKです。 バイオーム参考 草原、平原、平野 荒野、砂漠 森、森林、密林、雲霧林 海溝、海洋、海岸、渓谷 渓流、川、湖、泉 沼地、湿地、沼 雪原、氷山、氷雪地帯 岩山、山脈、山、連峰 霊峰、丘陵地帯、高地、天山 遺跡、地下墓地、地下洞窟、大空洞 浮遊島 などなど とりあえず現実にあるような環境だけ上げていますがこれに囚われずファンタジックな設定でOKです。 大陸 大きく分けて3つの大陸に分かれます。 A:イヘルキ大陸 アフリカの名前をズラした名前です。 南北で大きく環境が違う大陸。 大陸の南西には海底火山の噴火でできた四つの島が点在し、独自の生態系を形成している。 一つの大陸の中にさまざまなバイオームが詰まった変化に富んだ環境の大陸である。 本誌ではあまり関係ありませんが中央に国境があり2つの国があります。 北側はアフリカ系で部族っぽい国、南側はトルコ系で厚そうな国(貿易が盛ん) バイオームイメージ 密林、山脈地帯、砂漠、火山、荒野、熱帯雨林など B:アークティク大陸 北極の、極寒の…の意味の英語Arcticから 氷に覆われた大陸。 この寒さはモンスターにとっても過酷な環境ではあるが、海洋プランクトンが豊富で水棲のモンスターは春季になるとこの海域に集まりそれを捕食するモンスターなど生命の営みが見れる。 東側の島は海流の影響で中央の大陸と比べると温暖な気候で針葉樹林などが生い茂った大地などがある バイオームイメージ 氷床、ツンドラ、高山、タイガ、針葉樹林、海溝、海域など 現実でいうところ南極のような大陸。 C:ヤーラキア大陸 ユーラシアから。 南北に大きくまたがった最も大きな大陸 北側は標高が高く山岳地帯が続き、中央部は草原、森林など穏やかな環境が広がる。 南部中央は土地が枯れている地域が点在しており、植物があまり生えない荒涼地帯や湿地などの環境が広がっている。 最近の研究で南部の土地が豊かで無いのは地脈が枯れていることが分かった。 バイオームイメージ 平原、サバンナ、森林地帯、渓谷、荒野、湿地帯など 海流と降雨、温度の高い地域 かなり適当で大まかな海流、温暖な場所、寒冷な場所降雨の多い場所イメージです。 地図は現段階では1番上に貼っている文字入りのものが最新のものになります。 バイオームを描く上でここをこうして欲しいという要望があれば修正します。 モンスター 基本的にはファンタジーの世界観に準ずる形で、この世界では動物がいない代わりに多様なモンスターが生息しています。 現実でいうところの動物がモンスターといった感じです。 モンスターの分類 モンスターは大きく分けて以下の分類に分けられます。 現実世界の鳥類や哺乳類の名前を呼び変えたようなものです。 ・有翼種 鳥系のモンスター 卵生 ・獣種 哺乳類系のモンスター ・昆虫種 虫系のモンスター ・亜竜種 爬虫類系のモンスター ・亜人種 集落や言語を有し知能がをもつ オーク、リザードマン、サハギンなど ・魔法種 炎、雷、土、木、水などのエネルギーが動になって不思議な力で動いているモンスター 例:ゴーレム、ゴースト、トレント、ウンディーネ的な ・竜種 ドラゴンをベースとしたモンスター この種は強いモンスターが多い。 陸棲、飛棲のドラゴンは両手両足のほかに翼を有する。 *そのため手が翼になっているタイプのワイバーンは亜龍種 水中棲のドラゴンは蛇っぽい形のものが多い 細かく分けると海竜という扱いですがややこしくなるので省きます。 大枠イメージとしてはこんな感じです。 あくまで大枠なので例外的なデザインO モンスター説明文共通項 名称 :オリジナルもしくは神話などに出てくる~幻獣の名前など。 ~ドラゴン ~トレント ~マンドレイクなど 種族:上記のモンスター分類の項目から選んでもらう 全長:モンスターのサイズ 食性:肉食、雑食、草食、鉱物食、 危険度:5段階評価(星で書きます) 説明:そのモンスターの主な生態や習性 モンスター その環境に生態するモンスター達。 小さな大人しい生物から人間が何人か挑んでも勝てそうにないものまで入ります。 基本的に6体ずつですが数を用意するのがきつい場合5体のページもあるかも… モンスター(大) モンスター(大)はその環境の生態系の頂点にいるモンスターや巨大なモンスターや変わった性質を持つモンスターなどその環境のメインとなるモンスターです。 モンスター(大)の名前は強そうな名前がいいです 部位、そのほかの説明:見開きの右側の部分に説明よりももう少し詳しくそのほかの部分の説明を書いてください。 巣、取れるアイテム、模様、立ち絵で分かりにくい部分などご自由に デザインノート:制作する上でモンスターの案になっものや生態などを自由に書いてください。

次の

マインクラフトのバイオーム全62種まとめ【代表シード値付き】

世界 の バイオーム

1.世界のバイオーム ある地域に生息する植物や動物のまとまり。 気温と 降水量により、下図のように各地域においてどのような植生が極相となるかが定義される。 熱帯多雨林・亜熱帯多雨林 背の高いつる植物や着生植物が生育している。 ヤシ・フタバガキ・マングローブ(常緑広葉樹) 雨緑樹林 雨季に成長、乾季に落葉し、水分の損失を防ぐ。 チーク・タケ(落葉広葉樹) 照葉樹林 クチクラ層の発達した葉を持ち、水分の蒸発を防ぐ。 シイ・カシ・クスノキ・タブノキ(常緑広葉樹) 硬葉樹林 小さく硬い葉を持ち、高温・乾燥の夏に耐える。 コルクガシ・オリーブ・ユーカリ(常緑広葉樹) 夏緑樹林 夏季に葉をつけ、寒さの厳しい冬季に落葉する。 ブナ・ミズナラ(落葉広葉樹) 針葉樹林 低温・乾燥のため、葉を小さくして耐える。 エゾマツ・コメツガ・シラビソ(常緑針葉樹) サバンナ 乾季のある熱帯に成立する。 草本のほかに、 大木も存在する。 ステップ 乾燥した温帯に成立する。 草本が主で、大木はない。 砂漠 雨量が極めて少なく、 1年生草本・サボテン(多肉植物)が点在する。 ツンドラ 極端に寒い寒帯に成立し、 地衣類・コケ植物などが分布する。 2.日本のバイオーム 日本では、降水量が十分にあるため、森林が極相となる。 水平分布 緯度に応じたバイオームの分布。 垂直分布 標高に応じたバイオームの分布。 (本州中部の場合) ・森林限界 標高が上がると、気温が低下するため、亜高山帯の上限より上の標高では、高木の森林は発達できない。 本州中部では 2500m付近。 3.ラウンケルの生活形 休眠芽(または種子)をつける位置で植物を分類したもの。 温暖な環境では、高い位置に休眠芽を形成できる 地上植物が多い。 寒冷な環境では、温度変化の小さい地中に休眠芽を形成する 半地中植物や 地中植物が多い。 砂漠では、 一年生植物が多い。 darie1228.

次の

日本のバイオームを決めるものは何か 【第32回】日本のバイオーム

世界 の バイオーム

1.世界のバイオーム ある地域に生息する植物や動物のまとまり。 気温と 降水量により、下図のように各地域においてどのような植生が極相となるかが定義される。 熱帯多雨林・亜熱帯多雨林 背の高いつる植物や着生植物が生育している。 ヤシ・フタバガキ・マングローブ(常緑広葉樹) 雨緑樹林 雨季に成長、乾季に落葉し、水分の損失を防ぐ。 チーク・タケ(落葉広葉樹) 照葉樹林 クチクラ層の発達した葉を持ち、水分の蒸発を防ぐ。 シイ・カシ・クスノキ・タブノキ(常緑広葉樹) 硬葉樹林 小さく硬い葉を持ち、高温・乾燥の夏に耐える。 コルクガシ・オリーブ・ユーカリ(常緑広葉樹) 夏緑樹林 夏季に葉をつけ、寒さの厳しい冬季に落葉する。 ブナ・ミズナラ(落葉広葉樹) 針葉樹林 低温・乾燥のため、葉を小さくして耐える。 エゾマツ・コメツガ・シラビソ(常緑針葉樹) サバンナ 乾季のある熱帯に成立する。 草本のほかに、 大木も存在する。 ステップ 乾燥した温帯に成立する。 草本が主で、大木はない。 砂漠 雨量が極めて少なく、 1年生草本・サボテン(多肉植物)が点在する。 ツンドラ 極端に寒い寒帯に成立し、 地衣類・コケ植物などが分布する。 2.日本のバイオーム 日本では、降水量が十分にあるため、森林が極相となる。 水平分布 緯度に応じたバイオームの分布。 垂直分布 標高に応じたバイオームの分布。 (本州中部の場合) ・森林限界 標高が上がると、気温が低下するため、亜高山帯の上限より上の標高では、高木の森林は発達できない。 本州中部では 2500m付近。 3.ラウンケルの生活形 休眠芽(または種子)をつける位置で植物を分類したもの。 温暖な環境では、高い位置に休眠芽を形成できる 地上植物が多い。 寒冷な環境では、温度変化の小さい地中に休眠芽を形成する 半地中植物や 地中植物が多い。 砂漠では、 一年生植物が多い。 darie1228.

次の