蜂 アブ 刺されたら。 猫が有毒生物に刺されたらどうする?~原因・症状から応急処置法まで

猫が有毒生物に刺されたらどうする?~原因・症状から応急処置法まで

蜂 アブ 刺されたら

ハチが家の中に入ってくる経路はさまざまですが、窓から侵入するケースが多く見られます。 網戸にあいた穴から入ってくることもありますし、掃除や洗濯物などをしているときに窓を開けっ放しにしてしまい、ハチが迷い込んでくることもあります。 また、洗濯物や干した布団にくっついて、家の中に侵入してしまうケースも珍しくありません。 取り込んだときには気づかずに、洗濯物をたたんでいるときや、布団を広げたときにハチが飛び出してきて、慌ててしまう人もいるようです。 中には、乾いた洋服に袖を通したらハチに刺されてしまったというケースもあるため、洗濯物や布団を取り込むときは、ハチがいないか確認することが大切でしょう。 ハチの中には日本ミツバチのように、体長がわずか10ミリから13ミリほどのものもいるため、小さな穴やすき間にも注意が必要です。 換気扇のすき間や、エアコンの室外機などからハチが侵入してきたというケースも見られます。 窓を開けてもいないのに部屋の中にハチがいるという場合は、天井裏や床下、壁の中など家の中にハチが巣を作っている可能性があります。 ハチが家の中に巣を作っていた場合は、自分での駆除は危険なため、害虫駆除業者に駆除を依頼しましょう。 ハチが家の中に入ってきたら、まずは慌てないことが大切です。 ハチが最も攻撃的になるのは、敵が巣に近づいてきたときや、巣を襲われたときです。 ハチが一匹で迷い込んできた場合に、攻撃をしてくることはほとんどありません。 しかし、人の行動によってはハチを刺激してしまい、襲われる危険性もあるため、ハチの習性について知っておくことも大切です。 まず、ハチは音に敏感です。 そのため、ハチが家の中に入ってきたときに騒いだり、悲鳴をあげたりすると攻撃をしてくる可能性があります。 大きな身振りにも反応するため、ハチの侵入に気づいたら、落ち着いて静かに対処するようにしましょう。 また、ハチはニオイや色にも敏感です。 汗や整髪剤のニオイや、黒や赤、青といった原色のものに対して、攻撃をしてくる傾向が見られるため、気をつけましょう。 特に、スズメバチが「カチカチ」といった音を出している場合は危険です。 これは敵を威嚇している音のため、下手に近づくと攻撃をされてしまいます。 このような場合は、いったんその場を離れて身の安全を確保しましょう。 ハチを追い出すためには、部屋を暗くして、窓を開ける方法が効果的です。 これは、ハチに明るい方に向かう習性があるためです。 ハチが入ってきた可能性のある部屋を閉め切って暗くし、窓を開けてハチが外に出て行くのを待ちましょう。 窓が大きな場合は、窓の片方だけを開けて、もう半分の窓はカーテンを閉めるなどすると、部屋をより暗くし、光が差し込む場所を限定できるでしょう。 ハチを見失ってしまったとしても、光が差し込む場所を限定することで、自然におびき出すことができます。 また、殺虫剤や虫取り網を使ってハチの駆除を試みる人もいるようですが、殺虫剤をまいたり、虫取り網を振りまわしたりすると、かえってハチを刺激してしまう危険性があります。 ハチの中には凶暴で攻撃的な種類や、針に強い毒を持つ種類もいるため、無理に追い出すことはやめましょう。 自分で追い出すことが難しい場合には、安全のためにも害虫駆除業者に依頼しましょう。 ハチの侵入を防ぐためには、ハチが家の近くに寄ってこないようにすることも大切です。 ハチは甘いニオイを好むため、甘いニオイを放つ花や、洗っていないジュースの空き缶などをベランダや庭に置くことはやめましょう。 フローラル系の洗濯洗剤や柔軟剤の香りに寄ってくることもあるため、別の香りがするものに変えてみたり、洗濯物を部屋干しにしたりするのも良いでしょう。 また、ハチの嫌いなニオイを放つ「木酢液」と呼ばれる液体や、殺虫剤をベランダや庭に定期的にまく方法もあります。 防虫ネットやハチを捕獲するためのグッズなども、ホームセンターや通販などで購入できます。 ただし、これらの薬剤やグッズの中には、目や口に入ると危険なものもあります。 そのため、特に小さな子どもやペットがいる家庭は、使い方に注意が必要です。 ハチが活動的になるのは、4月頃から10月頃です。 この時期になると、ハチが家の中に迷い込んできてしまうことがあります。 ハチは針に毒を持つ種類が多く、刺されると、刺された箇所が腫れたり、場合によってはアレルギーを起こしたりすることもあるため危険です。 ハチには明るい方に向かう習性があるため、もしハチが家の中に入ってきたら、部屋を閉め切って暗くし、窓だけを開けて自然に出て行くのを待ちましょう。 このときに騒いだり、殺虫剤を振りまいたりすると、ハチを刺激して襲われる可能性があるため、落ち着いて対応することが大切です。 もしハチが攻撃的になってしまった場合や、窓を開けてもなかなか出て行かない場合は、安全のためにも害虫駆除業者に駆除を依頼してみてはいかがでしょうか。 害虫駆除のお役立ち情報•

次の

蜂とアブの違いの見分け方と刺されたときの症状、対処法の違い

蜂 アブ 刺されたら

出典: これはよく言われますね。 ただし、刺される優先度が高いだけで、 白くても刺される時はあります。 ハチが攻撃する優先度は、「動いている>止まっている」、「色が濃いもの>色が薄いもの」です。 なので、白くても動いていたら刺される可能性があります。 よくいう「ハチを振り払わない」という対策は、「ハチを攻撃しない」という意味もありますが、「動かない」という意味も同時にあるわけです。 また、彼らは毒液に含まれるニオイを利用して、「こいつが敵だ」というマーキングを行うことがあります。 毒液を吹きかけられてマーキングされてしまうと、止まっていようが白色だろうが刺されます。 黒を避けることは重要な対策のひとつであることに間違いありません。 一番大事なのはハチを刺激しないことです。 汗には様々な栄養も含まれているので、彼らからしてみれば貴重な飲み物です。 食べ物のニオイに反応してくることもあるので、ニオイには注意が必要です。 ちなみに、スズメバチの巣が近い場合、あごをカチカチと音を鳴らすことが知られていますが、100%その行動をすると言い切れるものではありません。 巣が近いかどうかの判断は難しいと思うので、ハチが近づいてきたときは急激な動きを避け、ハチが飛び去るのを待つか、ゆっくりと後ずさりで離れてください。 しかし、巣を刺激して大量のハチが出てきたり、すでに刺されたりなどしていたら、その場から急いで離れてください。 追ってこなくなるまで逃げるしかありません。 なお、慣れない巣の駆除も危険です。 一度に大量に刺される可能性があるため、専門業者へ依頼する方がよいでしょう。 潜む危険に万全の対策を.

次の

アブとブヨの違いって何?!刺された時の症状や対処法を知ろう!

蜂 アブ 刺されたら

アブとは 日本全国に生息しており、7月~9月の夏場に活動的になるといわれています。 雑木林や渓谷など、水のある所に生息しているほか、糞尿がある不衛生な場所にも多くみられるようです。 このため、川遊びや渓谷で釣りをする場合はアブに遭遇する確率が高くなるため、十分に注意しましょう。 また、アブの習性として糞尿に産卵する種類もいるといわれています。 このことから牧場や家畜施設にもアブは現れる可能性があります。 アブの中には哺乳類の血を吸って生息している種類もいるので人間、動物ともに刺されないよう対策することが大切です。 蚊は気づかないうちに刺されていることの方が多いですが、アブは「刺す」というよりは皮膚を「噛み切る」という表現のほうが近く、激しい痛みを伴って刺されます。 そして激しいかゆみを伴い、場合によっては赤く腫れあがり、かゆみが長引くこともあります。 アブの生態 アブは全体的に黒い色をしています。 腹部に黄金色の独特の模様があり、成虫で約2センチ前後の大きさをしています。 アブにも様々な種類が存在し、その種類によって好むエサも変わってきます。 哺乳類の血が好きなアブ、人間を含む動物の糞尿や昆虫が好きなアブなど、様々な種類のアブが存在します。 アブの習性として吸血するアブは「メス」のみです。 メスは産卵のときたんぱく質を必要とするため、生き物にまとわりつき吸血しているのです。 吸血する時間も3~10分前後と、とても長い間吸血するといわれています。 春になると花粉をエサとする「ハナアブ」などが様々な植物に飛びまわることで受粉の手助けをしています。 アブのメスは一度に100~1000個の卵を湿った土や、水中植物で産卵します。 ほとんどのアブは幼虫の期間に越冬し、春になるとサナギとなります。 3週間前後でサナギから成虫へと成長し、アブの寿命は10~30日前後と、とても短い一生なのです。 アブの習性 アブに刺される人と、刺されない人の違いは何かあるのでしょうか?よく言われているのは、アブは匂いに反応して獲物を探す習性があることから柔軟剤の香りのする人に寄り付く傾向があるようです。 また黒や紺色の服を着ている人に寄っていく傾向があり、明るいオレンジなどの色には近づかないというのがアブの習性のひとつです。 アブは湿度のある場所や車の排気ガスが好きだと言われています。 雨の日や湿度の高い梅雨の時期はとくに注意が必要です。 キャンプ場などで車のエンジンをかけたまま昼寝をしていると、アブが車の中に入ってきてしまう可能性もあるので気を付けましょう。 アブはお酒の臭いにも敏感で、飲酒した人を襲う傾向にあります。 梅雨時にアウトドアをするなんてことはアブにとっては絶好の環境なので、長そでを着たり、殺虫スプレーを使用するなどして十分に注意しましょう。 アブが人間にもたらす害は? 先ほども少しお話したように、アブは皮膚を「刺す」というより「噛みちぎる」という表現が近いようです。 アブの習性として、チクっと一瞬刺すのではなく皮膚を切り裂いてそこから流れる血を吸う、という恐ろしい生き物です。 実際にアブに噛まれると鋭い痛みを伴い出血します。 そして噛まれた皮膚が腫れあがり、猛烈なかゆみが襲ってきます。 このかゆみや痛みは、大人であっても耐えられないほどなので非常に厄介です。 一度腫れあがった皮膚はなかなか治らず、場合によっては約1か月も長引くこともあるようです。 かゆみに耐えられず掻きむしってしまうと傷が悪化するばかりか、皮膚炎を起こすことも考えられます。 掻きむしることで患部からとびひし、二次被害に発展する可能性もあるので蚊とは比べものにならないくらい厄介な害虫なのです。 アブに噛まれたら、病院へ行くことをおすすめします。 特に小さなお子様や高齢の方はアブの毒に対して抵抗力が低いため、症状が重くなることも考えられます。 健康な成人であっても傷口が化膿したり、リンパに炎症を及ぼしたりと、予想できない事態に発展することもあります。 蚊と違っていつまでもかゆく、赤く腫れあがるといった症状がある場合は早めに受診し、薬を処方してもらいましょう。 アブ対策 まずはアブが生息していそうな場所にはむやみに近づかないことが重要です。 アウトドアなどをする場合は、夏場でも長そで、長ズボンを履くことをおすすめします。 ただアブの習性として、長そでを着ていても服の上から噛むことが考えられます。 厚手の洋服を着ていてもその上から噛まれる場合があるので、完全に防備できるかといえばそうではありません。 半そでを着ているよりは、長そでの方が……くらいに思っておいた方がいいかもしれません。 市販の殺虫スプレーを使うのもいいですが、アブに絶大な効果を発揮すると言われているのは「ハッカ油」です。 アブなどを含む多くの害虫はハッカやミントの臭いを嫌います。 その習性を活かしてハッカ油スプレーを作って持参するとよいでしょう。 作り方も簡単で、準備するものはハッカ油(薬局などで入手できます)、消毒用エタノール(薬局で入手可能)、水、スプレー容器(ポリスチレン製は避ける)の4つのみ。 まずはスプレー容器に消毒用エタノールを12~13mlほど(無水エタノールを使う場合10ml程度)入れ、そこにハッカ油を3ml(約60滴)加えます。 そこに合計が100ml程度になるよう、水を加えて混ぜ合わせましょう。 しっかり混ざり均一になれば完成です。 このハッカ油スプレーをアブから守りたい皮膚や衣類に直接スプレーします。 材料費も安く、手軽で効果抜群なので、アウトドアへ行く際はぜひこのハッカ油スプレーを持って万全に対策しましょう。 なお日持ちするのは7~10日程度なので、基本的に作り置きせず使うたびごとに混ぜ合わせることをおすすめします。 まとめ 蚊に刺された時と違って、アブは噛まれるとかゆい思いをするどころか、痛みを伴い非常にツライ思いをします。 そうならないためにも、できればアブがいそうな場所には近づかないのが賢明ですが、キャンプやバーベキューに行く場合は、ハッカの香りが嫌いというアブの習性を利用して、ハッカ油スプレーなどで十分に対策をしてから出かけるようにしましょう。 万が一、アブに噛まれたら病院へ行って受診することも大切ですが、身近にアブが生息している可能性がある場合は衛生害虫駆除業者にいちど相談してみてはいかがでしょうか。

次の