スマブラsp速報。 【スマブラSP】最新情報・速報まとめ【スマブラスイッチ】|ゲームエイト

【スマブラSP】新キャラ参戦はミェンミェンに決定!|追加キャラ一覧と今後の参戦予想【スマブラスペシャル】

スマブラsp速報

0のアップデートで多数のキャラが上方修正されました。 特にカムイ、マルス、フィットレは立ち回り面での強化が大きく、ミュウツーは下投げコンボの獲得でランキング変動の可能性があります。 最強キャラの評価基準• ・1on1 アイテムなし での相性をランキング• ・スキの少ない攻撃、強力な飛び道具、判定の強い技などを持つ• ・復帰阻止しやすいキャラ• ・バースト手段が明確なキャラ アルテマでは上記の内容を元にランキングを付けています。 総合的に判断しているため、復帰阻止がしやすくてもバースト手段が明確でないキャラはランキングを下げています。 密着してコンボを繋げるような、操作精度を求められるキャラは、ヒット確認などの難易度が上がるため、オンラインでの評価が下がります。 一方、強力な飛び道具を持つキャラや単発火力が高いキャラは、立ち回りが入力ラグの影響を受けにくいと言えます。 技の持続が長く、攻撃を当てやすいキャラも、オンラインで活躍しやすいです。 直近のランキング変動【海外Tierを参考】 最新Tier変動 ・2019年~2020年4月までの大会上位実績を考慮 ・Ver. 0アップデートによる性能変化を考慮 Tierとは、キャラの強さランクの層を指しています。 海外のプロプレイヤーなどが独自の観点でキャラ評価を行ったり、動画や生放送で議論することでランク付けを行っています。 国内と海外で評価が分かれるキャラもいたことから、当サイトでは海外Tierリストと国内評価をミックスしたランキングを観察し、変更・作成しています。 空中浮遊の特性を持ち、復帰時や相手の復帰阻止、コンボの始動など様々な状況で活用できます。 低空で浮遊を維持させるなど、扱いは難しいものの、難しさに見合う火力とバースト力を誇ります。 ジョーカー ジョーカーは、遠距離攻撃とコンボが得意な上級者向けキャラです。 被ダメージや時間経過によってペルソナ「アルセーヌ」を召喚し、技の威力と吹っ飛ばし力、復帰力が大幅に強化されます。 通常時でも十分に強く、掴みが全キャラ最速クラスであり、横スマッシュも異常な吹っ飛ばし力を誇ります。 ワリオ ワリオは上強や空中Nから空中上に繋がるコンボが高く、火力を取りやすいキャラです。 時間経過で威力が高まる下必殺を持っているため、ストックが負けていても一発で巻き返せる力を持っていることも特徴です。 横必殺のバイクは、復帰に優れているだけではなく、投げることで相手の行動を牽制できます。 リーチが短い弱点がありますが、弱点以上の長所で充分補完できる性能のキャラです。 ゼロスーツサムス ゼロスーツサムスは、機動力の高さと相手を浮かせてからのコンボが強力なキャラです。 下必殺のフリップは、相手を埋める攻めに使えるほか、相手との距離を離したい時や崖からの復帰に使うなど守りにも使えます。 1発の火力は低めですが、機動力の高さでコンボを繋げてそのままバーストまで持っていけるキャラです。 ルキナ ルキナは剣での攻撃でリーチが長く、発生の早い技を持っています。 地上空中どちらもバランスよく戦えるため、オールラウンドで高い性能を発揮できるキャラです。 崖へのメテオを狙えたり、復帰阻止を狙える、上投げによるバーストなどが可能なため、撃墜を狙う際に苦労することも少ないです。 パルテナ パルテナは長いリーチと広い攻撃判定を持ち、飛び道具も機動力もあるハイスタンダードなキャラです。 特に各種空中攻撃は優秀で、パルテナの立ち回りの軸といえます。 バーストはもちろんダメージ稼ぎもしっかりこなせます。 大きく不利なキャラが少ないのも魅力の一つです。 初心者におすすめの強キャラ キャラ名 性能• ・リーチと判定の強さ• ・復帰力もそこそこ高く安定しやすい• ・機動力が高い• 【バランスタイプ】• ・機動力が高い• ・技の判定が強い• ・強力な飛び道具で牽制できる• ・コンボしやすい• ・機動力が高い• ・バーストを狙いやすい 初心者は、技性能が優秀なキャラや復帰力の高いキャラがおすすめです。 なかなか勝てない人やスマブラSPから始めた人は参考にしてください。

次の

スマブラ攻略まとめ隊

スマブラsp速報

本作が発売されたのは、1年以上前となる2018年12月7日ですが、白熱するゲーム性で多くのユーザーを今も虜としています。 また、DLCという形で参戦する新ファイターも非常に刺激的で、プレイ意欲を後押しする存在となりました。 DLCでは既に5体(早期購入特典含まず)の新ファイターが登場していますが、更に第6弾~第11弾のリリースも決定。 どのキャラクターが選ばれるのか、その詳細はまだ明かされていませんが、ファンの予想・要望は尽きません。 上位15位は一足先にお伝えした通りですが、予想以上のご意見をいただいたので、引き続きその結果を報告させていただきます。 実装される可能性などは置いておき、どのキャラクターを要望する意見が集まったのか。 ごく一部ではありますが、その生の声をご覧ください。 ジャンルもそれぞれで異なっていますが、『スマブラ』ならばきっと、どのキャラも見事に対戦アクションへ落とし込んでくれることでしょう。 また、19位は同票で3キャラクターが並ぶ熾烈な争いに。 ・かっこよくて好きだから 後、サイボーグの忍者という唯一性があるから。 ・雷電も刀を使うので、乱闘に向いていると思った為。 ・コスだけではなくファイターとして登場して欲しい。 ・私が初めてゲームで泣いた作品でもあるし、萌え萌えにしか興味の無かった私が初めて漢に惚れた作品でもあるため。 ・龍が如く5にて100人乱闘という 大乱闘がストーリーにあり、バットや 刀などの武器が使われたにもかかわらず 桐生さんはたった一人で100人を拳で 倒したためスマブラにピッタリだと思った また様々なオールスター達が参戦する中 桐生さんも参戦したら本物の龍にも恥じぬ 戦いをしてくれそうだから。 ・バンカズやクルールみたいにドンキーとのコラボに期待したい。 ・DLCの追加ファイターで1匹ぐらいポケモンいると思ったので。 X・Yからみずタイプのゲッコウガ、サン・ムーンからほのおタイプのガオガエンときてるので、ソード・シールドからはくさタイプの御三家の最終進化がくると思ったから。 最近新作も発表された。 ・格ゲーからの参戦が多いため、そろそろギルギアから来てもおかしくないのでは?と思ったため。 ・剣を持った手で殴るなど剣キャラでありながら独自の戦闘スタイルをもっており、ギルティギアは空中戦が主体の格ゲーでスマブラと相性が良いから。 ・ファントムソードの使用による自傷ダメージでピチュー以外の自傷キャラの追加。 一定数ゲージが溜まるとファントムソード解放という技があるから。 ・FFシリーズがクラウド一人だけじゃ寂しい感じがするのと、『シフト』を使って瞬時に移動や攻撃をしたり、『最後の切りふだ』で、ノクティス、グラディオラス、イグニス、プロンプトの4人のリンクアタックを再現してほしいから。 また『ファイナルファンタジーXIII』の「ライトニング」の名前もあり、こちらでもRPGからの参戦要望が続いています。 24位の「ラチェット&クランク」は、2人1組で投票された方が多く、「バンジョー&カズーイ」のようなコンビネーションでの実装が期待されています。 そして、第25位には4キャラクターが集結。 カプコンや任天堂作品、そして『ポケモン ソード・シールド』からはゴリランダーに続いて2匹目の要望が、ここに食い込みました。 また、ベスト30までのトリを飾るのは、同率で第29位の「ジバニャン」と「マッシブーン」。 一大ブームを起こした『妖怪ウォッチ』と、『ポケモン』3体目の要望が、肩を並べる結果となりました。 任天堂ハードで登場したタイトルだから 2. 剣の二刀流は類を見ないから 3. 1度コスチュームが販売されたから 4. スピリッツがまだないから。 ・単純に参戦したらかっこいいじゃんと思ったので。 ・テイルズオブシンフォニアは個人的にも昔やり込んだ作品として思い入れがあるのと同時に、スマブラ開発に貢献しているバンダイナムコから未だパックマン一体しか参戦していないため。 ・現状クラウドが出てからの作品におけるモードやコレクション要素でクラウド以外が一切登場していないため、FFシリーズからの追加と共に多くのスピリッツが追加されるのではないかと考えた。 ・バンカズありなら、こっちも出てほしい。 ・国内海外共に人気もありそうで格ゲーに出れるポテンシャルがある。 ・小さい頃に大神というゲームの物語に感動しました。 なので大人気ゲームであるスマブラ を通して大神というゲームを多くの人に知って欲しいから要望しました。 ・逆転裁判シリーズと言えば、GBAやDSといった任天堂ハードでずっと続いてきたシリーズであり、音楽も耳に残るものが多いため。 マーヴェルVSカプコンで格闘ゲームには参戦経験もあるため、システムとしてもそれを応用しても良いかと思われる。 ・裁判モノのゲームなので、格闘ゲームの1ファイターとなるかまではいかないかもしれませんが、ゲームシリーズにはトノサマンや個性的なキャラクターが多く登場しますので、しずえさんと似たような日常的な攻撃などでも参戦出来る可能性を持っていると思います。 また、1番見たいのは、最後の切り札で「異議あり!」と他ファイターを一喝するのをみたいからです。 ・可愛い。 ・パルテナの鏡が1番楽しかったゲーム。 ・ポケモンソードシールドの御三家から一体出して欲しい。 御三家の中ではエースバーンが1番スマブラに向いてそうだから。 ・エースバーンは新ポケモンですし、キック技が上手い事活かせるので スマブラにはとても出やすいのではと思いました。 ・子どもに人気のあるゲームキャラクターだから。 ・カラーチェンジでワルニャンや、トゲニャン、トムニャン、はたまたジバニャン シャドウサイド など、ニャン系妖怪の亜種が楽しめたらいいと思います。 ・ポケモンからのファイターが6体いる中でパワーだけの個体はガオガエンのみだったため。 一部の人たちから絶大な人気を誇っているため。 FEが7体いてもさらに追加されたため。 マッシブーンは追加しなくてはならない。 定められた運命だから… ・見た目のインパクトが凄いから、闘ってるところを見てみたい。 きあいパンチ、とびかかる、きゅうけつとかのスマブラに活かせそうな技が多いから。 惜しくも30位入りは果たせなかったものの、「フリスク」(Undertale)が10票、「ラグナ=ザ=ブラッドエッジ」(BLAZBLUE シリーズ)が8票、「リュウ・ハヤブサ」が(忍者龍剣伝シリーズ 他多数)が7票なども、根強い支持を集めています。 この他には、『がんばれゴエモン』の「ゴエモン」、『太鼓の達人』のどんちゃん、『アストラルチェイン』の「アキラ」、『ビューティフル・ジョー』の「ビューティフル・ジョー」、『SEKIRO: SHADOWS DIE TWICE』の「狼」、『アイドルマスター』の「天海春香」、『風のクロノア』の「クロノア」、『蒼き雷霆 ガンヴォルト』の「ガンヴォルト」、『ちびロボ!』の「ちびロボ」などを求める声も一定数集まり、読者の要望・予想が多岐に渡る様子が窺えました。 《臥待 弦》.

次の

【スマブラSP】新キャラ参戦はミェンミェンに決定!|追加キャラ一覧と今後の参戦予想【スマブラスペシャル】

スマブラsp速報

本作が発売されたのは、1年以上前となる2018年12月7日ですが、白熱するゲーム性で多くのユーザーを今も虜としています。 また、DLCという形で参戦する新ファイターも非常に刺激的で、プレイ意欲を後押しする存在となりました。 DLCでは既に5体(早期購入特典含まず)の新ファイターが登場していますが、更に第6弾~第11弾のリリースも決定。 どのキャラクターが選ばれるのか、その詳細はまだ明かされていませんが、ファンの予想・要望は尽きません。 上位15位は一足先にお伝えした通りですが、予想以上のご意見をいただいたので、引き続きその結果を報告させていただきます。 実装される可能性などは置いておき、どのキャラクターを要望する意見が集まったのか。 ごく一部ではありますが、その生の声をご覧ください。 ジャンルもそれぞれで異なっていますが、『スマブラ』ならばきっと、どのキャラも見事に対戦アクションへ落とし込んでくれることでしょう。 また、19位は同票で3キャラクターが並ぶ熾烈な争いに。 ・かっこよくて好きだから 後、サイボーグの忍者という唯一性があるから。 ・雷電も刀を使うので、乱闘に向いていると思った為。 ・コスだけではなくファイターとして登場して欲しい。 ・私が初めてゲームで泣いた作品でもあるし、萌え萌えにしか興味の無かった私が初めて漢に惚れた作品でもあるため。 ・龍が如く5にて100人乱闘という 大乱闘がストーリーにあり、バットや 刀などの武器が使われたにもかかわらず 桐生さんはたった一人で100人を拳で 倒したためスマブラにピッタリだと思った また様々なオールスター達が参戦する中 桐生さんも参戦したら本物の龍にも恥じぬ 戦いをしてくれそうだから。 ・バンカズやクルールみたいにドンキーとのコラボに期待したい。 ・DLCの追加ファイターで1匹ぐらいポケモンいると思ったので。 X・Yからみずタイプのゲッコウガ、サン・ムーンからほのおタイプのガオガエンときてるので、ソード・シールドからはくさタイプの御三家の最終進化がくると思ったから。 最近新作も発表された。 ・格ゲーからの参戦が多いため、そろそろギルギアから来てもおかしくないのでは?と思ったため。 ・剣を持った手で殴るなど剣キャラでありながら独自の戦闘スタイルをもっており、ギルティギアは空中戦が主体の格ゲーでスマブラと相性が良いから。 ・ファントムソードの使用による自傷ダメージでピチュー以外の自傷キャラの追加。 一定数ゲージが溜まるとファントムソード解放という技があるから。 ・FFシリーズがクラウド一人だけじゃ寂しい感じがするのと、『シフト』を使って瞬時に移動や攻撃をしたり、『最後の切りふだ』で、ノクティス、グラディオラス、イグニス、プロンプトの4人のリンクアタックを再現してほしいから。 また『ファイナルファンタジーXIII』の「ライトニング」の名前もあり、こちらでもRPGからの参戦要望が続いています。 24位の「ラチェット&クランク」は、2人1組で投票された方が多く、「バンジョー&カズーイ」のようなコンビネーションでの実装が期待されています。 そして、第25位には4キャラクターが集結。 カプコンや任天堂作品、そして『ポケモン ソード・シールド』からはゴリランダーに続いて2匹目の要望が、ここに食い込みました。 また、ベスト30までのトリを飾るのは、同率で第29位の「ジバニャン」と「マッシブーン」。 一大ブームを起こした『妖怪ウォッチ』と、『ポケモン』3体目の要望が、肩を並べる結果となりました。 任天堂ハードで登場したタイトルだから 2. 剣の二刀流は類を見ないから 3. 1度コスチュームが販売されたから 4. スピリッツがまだないから。 ・単純に参戦したらかっこいいじゃんと思ったので。 ・テイルズオブシンフォニアは個人的にも昔やり込んだ作品として思い入れがあるのと同時に、スマブラ開発に貢献しているバンダイナムコから未だパックマン一体しか参戦していないため。 ・現状クラウドが出てからの作品におけるモードやコレクション要素でクラウド以外が一切登場していないため、FFシリーズからの追加と共に多くのスピリッツが追加されるのではないかと考えた。 ・バンカズありなら、こっちも出てほしい。 ・国内海外共に人気もありそうで格ゲーに出れるポテンシャルがある。 ・小さい頃に大神というゲームの物語に感動しました。 なので大人気ゲームであるスマブラ を通して大神というゲームを多くの人に知って欲しいから要望しました。 ・逆転裁判シリーズと言えば、GBAやDSといった任天堂ハードでずっと続いてきたシリーズであり、音楽も耳に残るものが多いため。 マーヴェルVSカプコンで格闘ゲームには参戦経験もあるため、システムとしてもそれを応用しても良いかと思われる。 ・裁判モノのゲームなので、格闘ゲームの1ファイターとなるかまではいかないかもしれませんが、ゲームシリーズにはトノサマンや個性的なキャラクターが多く登場しますので、しずえさんと似たような日常的な攻撃などでも参戦出来る可能性を持っていると思います。 また、1番見たいのは、最後の切り札で「異議あり!」と他ファイターを一喝するのをみたいからです。 ・可愛い。 ・パルテナの鏡が1番楽しかったゲーム。 ・ポケモンソードシールドの御三家から一体出して欲しい。 御三家の中ではエースバーンが1番スマブラに向いてそうだから。 ・エースバーンは新ポケモンですし、キック技が上手い事活かせるので スマブラにはとても出やすいのではと思いました。 ・子どもに人気のあるゲームキャラクターだから。 ・カラーチェンジでワルニャンや、トゲニャン、トムニャン、はたまたジバニャン シャドウサイド など、ニャン系妖怪の亜種が楽しめたらいいと思います。 ・ポケモンからのファイターが6体いる中でパワーだけの個体はガオガエンのみだったため。 一部の人たちから絶大な人気を誇っているため。 FEが7体いてもさらに追加されたため。 マッシブーンは追加しなくてはならない。 定められた運命だから… ・見た目のインパクトが凄いから、闘ってるところを見てみたい。 きあいパンチ、とびかかる、きゅうけつとかのスマブラに活かせそうな技が多いから。 惜しくも30位入りは果たせなかったものの、「フリスク」(Undertale)が10票、「ラグナ=ザ=ブラッドエッジ」(BLAZBLUE シリーズ)が8票、「リュウ・ハヤブサ」が(忍者龍剣伝シリーズ 他多数)が7票なども、根強い支持を集めています。 この他には、『がんばれゴエモン』の「ゴエモン」、『太鼓の達人』のどんちゃん、『アストラルチェイン』の「アキラ」、『ビューティフル・ジョー』の「ビューティフル・ジョー」、『SEKIRO: SHADOWS DIE TWICE』の「狼」、『アイドルマスター』の「天海春香」、『風のクロノア』の「クロノア」、『蒼き雷霆 ガンヴォルト』の「ガンヴォルト」、『ちびロボ!』の「ちびロボ」などを求める声も一定数集まり、読者の要望・予想が多岐に渡る様子が窺えました。 《臥待 弦》.

次の