ファイト 一 発 で 応援。 #ファイト一発で応援「イギリス旅行をGETできるチャンス!🎁」第2弾締切は9/28(土)19時 #ラグビーワールドカップ #Bz #兵走る

仲間に「ファイト一発!」を リポビタンD「応援BOX」キャンペーン: J

ファイト 一 発 で 応援

【CMウオッチャー】 大正製薬が放映中の栄養ドリンク「リポビタンD」のラグビー日本代表応援CMシリーズが、ファンだけでなく幅広い世代で好評だ。 代表チームの主将を務めるリーチ・マイケル選手(31)にスポットを当てた「日本への熱き想い」篇は、リーチ選手がリポビタンDでおなじみの「ファイト一発!」とのかけ声を叫びながら幕を開ける。 15歳で来日した過去を振り返り、チャンスをくれた日本の人たちに「ラグビーで恩返しをしたい」というメッセージを送る。 タックルをしながら描かれる「日本のために、僕は戦う」という場面にリーチ選手の熱い覚悟を感じつつ、リーチ選手が豪快にリポビタンDを飲み、「この1本で立ち向かうんだ」というシーンで締めくくられる。 同じく代表チームの堀江翔太選手(33)が出演する「諦めない強さ」篇は、頚椎(けいつい)、足首の手術とけがに苦しんできた堀江選手が「それでも、ラグビーを諦めない」という強い信念を発信する。 痛々しい手術の痕でけがの苦しみを描きつつ「強気でいかな、俺の人生やし」とのメッセージが表示され、堀江選手のモットーが感じられるCMだ。 このほかにも、実際に試合が行われるスタジアムのコンディション整備に従事する裏方たちを描いた「支える人を支えたい」篇、代表候補の選手らの闘志みなぎる意気込みを描いた「最強の男たち」篇もあり、代表チームを応援する。 同社は、平成13年からラグビー日本代表チームをサポートしており、28年からはオフィシャルパートナーになっている。 9月20日からアジア初めて日本でW杯が開催され、同CMシリーズの放映で夢に向かって努力する人々に応援のメッセージを送る。 開催中のW杯では、日本は1次リーグ3連勝で、全国が湧き上がっている。 同社のCMシリーズもネット上で話題になり、「目頭が熱くなる」、「代表全員分のCMを作ってほしい」などという声が寄せられているという。 (経済本部 八倉陽平).

次の

【CMピックアップ】リーチ主将おなじみの「ファイト一発!」 大正製薬「リポビタンD」

ファイト 一 発 で 応援

テレビCMのキャッチフレーズで知られるリポビタンD。 仕事や勉強、スポーツでもうひとがんばりしたい時に手にする飲料として、幅広い世代に浸透している。 今回のキャンペーンは、自らを鼓舞するためではなく、友人や同僚を「応援」するために企画された。 10本入りを2000人、50本入りを600人と抽選で計2600人にリポビタンDとメッセージカード、メガホンが付いた「ファイト応援BOX」をプレゼント。 日ごろの感謝や労いの言葉などをカードに綴り、応援したい同僚や知人、友人に贈ってもらおうというものだ。 大正製薬の担当者は、キャンペーンの狙いを、 「リポビタンDを人からもらうと、頑張ろうっていう気持ちになる。 そんな声をよく聞きます。 差し入れにリポビタンDを使うと、応援する気持ちが伝えられる。 送った人からも感謝される。 そういう体験を多くの方にしてもらいたくて企画しました」 と説明。 個人だけでなく、会社の同僚や、クラスメイト、部活やサークル活動で頑張っている学生などに、ちょっとした応援の気持ちでもよいので、応募して欲しいという。 J-CAST編集部では「ファイト応援BOX」を特別に提供してもらった。 さっそく、部署内で配布すると、 「S記者へ 今日も暑いけどイベント取材がんばって!」 といったメッセージとともにリポDが手渡されていた。 応募資格は日本国内在住の15歳以上で、締め切りは9月4日17時まで。 詳細はから。

次の

ディーじゃなくてデーですよ お手軽に栄養補給、ファイト!一発!「リポビタンD」

ファイト 一 発 で 応援

【CMウオッチャー】 大正製薬が放映中の栄養ドリンク「リポビタンD」のラグビー日本代表応援CMシリーズが、ファンだけでなく幅広い世代で好評だ。 代表チームの主将を務めるリーチ・マイケル選手(31)にスポットを当てた「日本への熱き想い」篇は、リーチ選手がリポビタンDでおなじみの「ファイト一発!」とのかけ声を叫びながら幕を開ける。 15歳で来日した過去を振り返り、チャンスをくれた日本の人たちに「ラグビーで恩返しをしたい」というメッセージを送る。 タックルをしながら描かれる「日本のために、僕は戦う」という場面にリーチ選手の熱い覚悟を感じつつ、リーチ選手が豪快にリポビタンDを飲み、「この1本で立ち向かうんだ」というシーンで締めくくられる。 同じく代表チームの堀江翔太選手(33)が出演する「諦めない強さ」篇は、頚椎(けいつい)、足首の手術とけがに苦しんできた堀江選手が「それでも、ラグビーを諦めない」という強い信念を発信する。 痛々しい手術の痕でけがの苦しみを描きつつ「強気でいかな、俺の人生やし」とのメッセージが表示され、堀江選手のモットーが感じられるCMだ。 このほかにも、実際に試合が行われるスタジアムのコンディション整備に従事する裏方たちを描いた「支える人を支えたい」篇、代表候補の選手らの闘志みなぎる意気込みを描いた「最強の男たち」篇もあり、代表チームを応援する。 同社は、平成13年からラグビー日本代表チームをサポートしており、28年からはオフィシャルパートナーになっている。 9月20日からアジア初めて日本でW杯が開催され、同CMシリーズの放映で夢に向かって努力する人々に応援のメッセージを送る。 開催中のW杯では、日本は1次リーグ3連勝で、全国が湧き上がっている。 同社のCMシリーズもネット上で話題になり、「目頭が熱くなる」、「代表全員分のCMを作ってほしい」などという声が寄せられているという。 (経済本部 八倉陽平).

次の