給与 所得 者 の 扶養 控除 等。 【記載例付】給与所得者の扶養控除等申告書の記載方法を徹底解説!

[手続名]給与所得者の扶養控除等の(異動)申告|国税庁

給与 所得 者 の 扶養 控除 等

1180 扶養控除 [平成31年4月1日現在法令等] 1 扶養控除の概要 納税者に所得税法上の控除対象扶養親族となる人がいる場合には、一定の金額の所得控除が受けられます。 これを扶養控除といいます。 2 扶養親族に該当する人の範囲 扶養親族とは、その年の12月31日(納税者が年の中途で死亡し又は出国する場合は、その死亡又は出国の時)の現況で、次の四つの要件のすべてに当てはまる人です。 (注)出国とは、納税管理人の届出をしないで国内に住所及び居所を有しないこととなることをいいます。 1 配偶者以外の(6親等内の血族及び3親等内の姻族をいいます。 )又は都道府県知事から養育を委託された児童 いわゆる里子 や市町村長から養護を委託された老人であること。 2 納税者と生計を一にしていること。 3 年間のが38万円以下(令和2年分以降は48万円以下)であること。 給与のみの場合は給与収入が103万円以下 4 としてその年を通じて一度も給与の支払を受けていないこと又はでないこと。 3 控除対象扶養親族に該当する人の範囲 控除対象扶養親族とは、扶養親族のうち、その年12月31日現在の年齢が16歳以上の人をいいます。 4 扶養控除額の金額 控除額は、扶養親族の年齢、同居の有無等により次の表のとおりです。 ただし、老人ホーム等へ入所している場合には、その老人ホームが居所となり、同居しているとはいえません。 所法2、79、84、85、措法41の16 参考: 関連コード 2075 1160 1182 Q1 Q2 Q3 Q4 Q5 Q6 Q7 Q8• 国税に関するご相談は、国税局電話相談センター等で行っていますので、をご覧になって、電話相談をご利用ください。

次の

No.1180 扶養控除|国税庁

給与 所得 者 の 扶養 控除 等

1180 扶養控除 [平成31年4月1日現在法令等] 1 扶養控除の概要 納税者に所得税法上の控除対象扶養親族となる人がいる場合には、一定の金額の所得控除が受けられます。 これを扶養控除といいます。 2 扶養親族に該当する人の範囲 扶養親族とは、その年の12月31日(納税者が年の中途で死亡し又は出国する場合は、その死亡又は出国の時)の現況で、次の四つの要件のすべてに当てはまる人です。 (注)出国とは、納税管理人の届出をしないで国内に住所及び居所を有しないこととなることをいいます。 1 配偶者以外の(6親等内の血族及び3親等内の姻族をいいます。 )又は都道府県知事から養育を委託された児童 いわゆる里子 や市町村長から養護を委託された老人であること。 2 納税者と生計を一にしていること。 3 年間のが38万円以下(令和2年分以降は48万円以下)であること。 給与のみの場合は給与収入が103万円以下 4 としてその年を通じて一度も給与の支払を受けていないこと又はでないこと。 3 控除対象扶養親族に該当する人の範囲 控除対象扶養親族とは、扶養親族のうち、その年12月31日現在の年齢が16歳以上の人をいいます。 4 扶養控除額の金額 控除額は、扶養親族の年齢、同居の有無等により次の表のとおりです。 ただし、老人ホーム等へ入所している場合には、その老人ホームが居所となり、同居しているとはいえません。 所法2、79、84、85、措法41の16 参考: 関連コード 2075 1160 1182 Q1 Q2 Q3 Q4 Q5 Q6 Q7 Q8• 国税に関するご相談は、国税局電話相談センター等で行っていますので、をご覧になって、電話相談をご利用ください。

次の

平成31年分給与所得者の扶養控除等(異動)申告書の書き方(記入例つき)

給与 所得 者 の 扶養 控除 等

平成31年(2019年)扶養控除等(異動)申告書 フォーマット (出典:国税庁資料より) 年末調整の3つの書類のうち「扶養控除等(異動)申告書」は、 今年(平成31年)であれば、令和2年分が配布されているはずです(会社によっては平成31年分も再確認のため配布されるケースもあるようです)。 これは「 扶養控除等(異動)申告書」の記載内容が毎月、給与から差し引く源泉所得税に影響してくるためです。 本来「扶養控除等(異動)申告書」の使途は、毎月毎月の給与計算から差し引く、源泉所得税の算定に用い、年末に行われる年末調整に再び利用される、というように活用されます。 したがって、「扶養控除等(異動)申告書」は、最初の給与の支払日の前日までに勤務先に提出することとされているので、年末に配布されているのです。 扶養控除等(異動)申告書とは?記載する所得控除の種類 年末調整では、通常の確定申告で対象となるのうち、・・(を除く)を除いた11種類の所得控除について対応が可能です。 中でも「扶養控除等(異動)申告書」は、主に扶養控除を中心とした人的控除について記入するものです。 なお平成28年分以降の変更点としては、個人番号、いわゆるマイナンバーの記入欄が追加になっており、本人だけでなく、控除対象配偶者や控除対象扶養親族のマイナンバーを書く欄も設けられています。 扶養控除等(異動)申告書を出すことで受けられる所得控除は以下の通りです。 また、1級または2級と記載されている身体障害者手帳・精神障害者手帳の交付を受けているなどといった場合、「特別障害者」といって所得控除が加算されます。 特別障害者と同居していると、特別障害者の所得控除加算に加えてさらに加算額が適用されます。 または夫と死別後に再婚せず、合計所得金額が500万円以下の場合、控除が受けられます。 さらに夫と死別、あるいは離婚後に再婚せず、生計を一にする子がいて、合計所得金額が500万円以下の場合、控除が受けられると特別の寡婦といった取り扱いとなり、控除額が加算されます。 なお、源泉控除対象配偶者といって• 納税者本人の合計所得金額が900万円以下• 配偶者本人の合計所得金額が85万円以下 の場合には「扶養控除等(異動)申告書」に該当配偶者の氏名、続柄、生年月日、マイナンバー等を記載することとなっています。 これは冒頭に記載したように、 給与支給の際の源泉徴収税額の判断材料として利用されるもので、 配偶者控除の適否は「配偶者控除等申告書」で判断がなされます。 「給与所得者の扶養控除等(異動)申告書」の記入例 税制改正により平成23年から扶養控除が廃止・縮小されています 実際に「扶養控除等(異動)申告書」を記入する場合の注意点とは何でしょうか。 名前や住所の他、重要となる項目は生年月日です。 平成23年より、年少扶養控除の廃止や特定扶養控除の縮小といった税制改正がされています。 これらの対象はいずれも 生年月日で判断されます。 令和2年分:平成17年1月1日以前に生まれた人が対象• 令和2年分:平成10年1月2日から平成14年1月1日に生まれた人が対象• 令和2年分:昭和26年1月1日以前に生まれた人が対象• 平成31年分:昭和25年1月1日以前に生まれた人が対象 平成31年扶養控除等(異動)申告書 記載例抜粋 (出典:国税庁) この記載内容によれば• 洋子さんの夫の合計所得金額は900万円以下で、洋子さん自身の合計所得金額も85万円以下• 子どもは二人。 平成28年以降の年末調整はマイナンバーもポイントに なお、平成28年以降より年末調整はマイナンバーの運用が開始されています。 はじめてマイナンバーを提示してもらう方には扶養控除等(異動)申告書にマイナンバーを記載してもらうだけでは足りず以下の方法によって番号確認・身元確認を行うという手続きが追加されています。 ただし、身元確認については、その従業員が明らかに本人であると対面で確認することができる場合には、確認書類の提示を受ける必要がありません。 年末調整の書類を回収するセクションの人が従業員の顔と名前が一致するという場合には番号確認だけで済むということになりますが、必要に応じて身元確認も行われるという対応となるでしょう。 ただし、一方ですでにマイナンバーの提示が済んでいる方であれば、勤務先側でマイナンバーの管理をしなくてはならないので「結婚して控除対象配偶者が増えた」「年少扶養親族が増えた」というように新たな変更事項がない限りマイナンバーの記載は不要となります。 年末調整とは、勤務先が行ってくれる確定申告の簡易版です。 きちんと記載しましょう。 【関連記事】•

次の