人気ロック。 洋楽ロックバンドの人気ランキング最新TOP32【海外・2020年版】

ブランドロックグラス人気ランキング2020!バカラや津軽びいどろなどのおすすめプレゼントを紹介

人気ロック

この記事のもくじ• 邦ロックとは 「邦(ほう)ロック」とは 「邦楽(ほうがく)ロック」の略で、その名のとおり日本のロックのことです。 たとえバンド形式でも、ポップスやジャズなどロック以外の音楽をしているバンドもあるからです。 古くは1960年代後半「はっぴぃえんど」などが、海外のロックサウンドに日本語の詞をのせて歌ったのが始まりとされています。 一方で、当時流行していたグループ・サウンズの代表「ザ・スパイダース」も、海外ロックバンドのビジュアルを参考に精力的に活動し、邦ロックのファッションスタイルを全国に広めました。 当時の邦ロックは、海外のスタイルを真似したものではありましたが、日本らしい歌謡曲の親しみやすさもかくれているのが特徴です。 日本語のみで歌うロックもあれば、英語のみで歌ったり、日本語と英語を混ぜて歌ったりするアーティストもいます。 つまり、邦ロックとは 「海外のロックを参考に、日本独自の進化を遂げた、言語に縛られないロック」といえるでしょう。 人気の邦ロックバンド 邦ロックは1960年代からある音楽ジャンルで、サザンオールスターズやブルーハーツなど知名度の高いアーティストもたくさんいます。 最近は音楽番組でも日本のロックバンドを目にする機会が多いですよね。 邦ロックといっても、 爽やかでポップなロックから激しめのロックまでさまざまなので、何を聴こうか迷った時はこの記事のバンドを参考にしてみてください。 ライブUtaTenの関連記事! RADWIMPS 日本だけでなく アジアや欧米でもツアーを成功させ、世界中から人気のバンドが、ONE OK ROCKです。 ボーカルのTakaさんの両親が、有名歌手の森進一さんと森昌子さんということでも注目されました。 ラウドロックやパンクロックから影響を受けた激しいサウンドが特徴で、Takaさんの迫力ある歌声は日本でもトップクラスの実力です。 Takaさんは英語も堪能で、日本で発売したアルバム「35xxxv」の曲をまるごと英語バージョンにした、海外版「35xxxv Deluxe Edition」もヒットしています。 近年では洋楽のロックやポップスに刺激を受けまだまだ進化を続ける、これからも大注目のバンドです。 BUMP OF CHICKEN 2013年に結成し、 わずか2年でメジャーデビューを果たしたのが、Mrs. GREEN APPLEです。 ドラマ主題歌やCM曲にも抜擢されるなど、2017年に人気が急上昇しました。 全曲の作曲を担当する大森元貴さんはデビュー当時まだ10代と、邦ロックの次世代を担うバンドでしょう。 大森さんの爽やかな歌声、シンプルなギターリフとドラムパターン、みんなで歌いたくなるようなコーラスなど、 とにかく明るい曲調が魅力です。 「サママ・フェスティバル!」で見せた定番の夏曲や「wanteD! wanteD! 」のEDMを取り入れた踊れるナンバーまで、どんどん進化していくサウンドに注目が集まります。 [Alexandros] アニメやドラマの主題歌で一躍人気となったUVERworld。 ギターをかき鳴らし疾走するアップテンポな曲や、激しいサウンドにラップを絡めた曲、切ないバラードまで名曲がたくさんあります。 一方、ライブでは「男祭り」と称した男性限定ライブで2万人以上を動員するなど、前代未聞の快挙を成し遂げました。 L'Arc-en-Ciel X JAPANのYOSHIKIさんプロデュースでも知られているGLAY。 「HOWEVER」「Winter, again」「誘惑」など多くの名曲を生み出し、なんと 22年間連続でオリコン週刊チャートトップ10に入るなど、とても息の長い人気バンドです。 ボーカルTERUさんのハイトーンで圧倒的な声量、ヴィジュアル系やハードロックに影響を受けた激しいサウンドが、多くのファンを魅了しています。 一方、熱く胸に刺さるバラード調の曲もとても人気で、 幅広い世代にファンを持つ、日本でもトップクラスのバンドです。 女性ボーカルの邦ロックバンド 男性ボーカルのバンドを紹介しましたが、女性だって負けていません。 圧倒的な存在感を誇る女性ボーカリスト、女性ならではの魅力を放つガールズバンドなど、邦楽ロックには魅力的な女性ボーカルのバンドがたくさんあります。 女性ボーカルのバンドをまとめたので、男性ボーカルとはまた違った魅力をぜひチェックしてください。 ライブUtaTenの関連記事! 東京事変 「NEOカワイイ」「ヤバいバンド」などと称され、 徐々に人気を集めている名古屋のバンドがCHAIです。 双子のマナさんとカナさんを中心とした、個性豊かなバンドメンバーが多くのファンを魅了しています。 ファンクやラップ、ロック、ポップスなど、さまざまな音楽を取り入れたサウンドはかなり独創的です。 特徴的な歌声やメロディを、リズム隊のグルーブ感のある演奏で支えるバランスの良さも見逃せません。 2020年最新若手邦ロックバンド 邦ロックの代表的人気バンドを紹介しましたが、若手にも良いバンドがたくさんあります。 ストリーミングサービスやSNSが発達した現代では音楽の聴き方も変わってきましたが、新世代にはどんなバンドがあるのでしょうか? 隠れた実力派バンドや独特のセンスを持ったバンドなど、 これからに期待の注目若手バンドをピックアップしました。 反骨心や社会の息苦しさを表現しは歌詞からは、パンクロックの影響を感じます。 積極的にライブをこなしており、自主企画の「MOSHIFEST 2019」も成功させました。 「COUNTDOWN JAPAN」や「NUMBER SHOT」などの 大型フェスにも出演し、ライブの動員数も順調に伸ばしている、若手注目株です。 邦ロックとは日本のロックのこと!人気の邦ロックを聴いて時代の波に乗ろう 「邦ロック」は日本のロックで、 海外のロックにはない日本独自の魅力があります。 1960年代から受け継がれてきた邦ロックの系譜が、時代とともに進化しながら、今もライブハウスや音楽シーンを賑わせています。 今回紹介したような人気の邦ロックや、今後注目の若手邦ロックを聴いて、移り変わる時代の波に乗っていきましょう!.

次の

ブランドロックグラス人気ランキング2020!バカラや津軽びいどろなどのおすすめプレゼントを紹介

人気ロック

日本のロックバンド人気ランキングTOP20第6位はMr. Childrenです。 Childrenは1989年に東京都で結成された4人組のロックバンドです。 バンド結成から30年以上経った現在も、男女問わず幅広い世代から支持されている彼らは、総CD売り上げが5,900万枚以上、25周年を記念したライブツアーは過去最高の動員数を記録するなど、平成のJ-Popシーンを代表するモンスターバンドです。 彼らの音楽から影響を受けた若手のミュージシャンは多く、その存在感は増すばかりです。 日本のロックバンド人気ランキングTOP20第1位はONE OK ROCKです。 2005年に東京都で結成されたONE OK ROCKは、4人組のロックバンドです。 ボーカルのTakaはNEWSの初期メンバーだったこともあり、バンド結成当初から何かと話題でしたが、彼らはメディアに出ることはなく、自分たちの音楽だけで人気を獲得していきます。 おそらく、現時点での日本のロックバンドで、彼らほど海外で通用できるポテンシャルを持ったバンドはいないでしょう。 ボーカルの歌唱はもちろんですが、ギターやベース、ドラムスなど、バンド全体の演奏テクニックは本物の中の本物だと断言できます。

次の

【安心のバイクライフを!】大人気のバイク用ロックおすすめランキング10選

人気ロック

イギリスで結成され、ブリティッシュロックの正統派ロックバンドと評されていた「Oasis」。 1990年代に全世界でムーブメントを巻き起こし、地元イギリスでは国民的な人気を獲得しています。 解散まで売り上げたCDの総枚数は1億枚を突破しており、いかに大物ロックバンドであるか伺うことができるでしょう。 中心人物であったリアム・ギャラガーさんとノエル・ギャラガーさんは、実の兄弟でもありました。 2人とも音楽的な才能に恵まれてはいたのですが、兄弟そろってトラブルメーカーとしても有名でした。 リアム・ギャラガーさんは泥酔騒動や薬物所持、万引きなどの窃盗で逮捕されたことがあり、ノエル・ギャラガーさんも、他バンドを口頭で酷評したり、薬物を使用していたことも公言しています。 また、他バンドのメンバーを名指しで侮辱するなどの挑発的な行為も行っているなど、兄弟の素行を批判する声も少なくありません。 少々人よりもひねくれた一面があるからこそ、数々の名曲を生み出せたのかもしれませんね。 「The Offspring」は、1984年から活動を開始したアメリカ発のロックバンドです。 正統派ロックのツボを抑えつつ、ダンスミュージックのようにノリの良いサウンドで全世界を熱狂させてきました。 世界的な成功を収めたモンスターバンドであり、5枚目のアルバム「Americana」は全世界1000万枚のセールスを記録しており、2018年までにリリースした作品の総売り上げ枚数は、4000万枚を突破しているとさえ言われています。 当然、日本でも人気が高く、日本武道館などの大規模なコンサートホールで来日公演も行いました。 実は、代表曲「OneFineDay」は、アニメソングバンドのLittle Nonによって盗作されたという騒動が起きたことがあったのですが、これに関して双方から特にコメントは発表されていないようです。

次の