水野雄太 医師。 前橋赤十字病院 高度救命救急センター スタッフブログ: 水野先生、ありがとうございました!

医師の紹介

水野雄太 医師

病院診療医(大学院生)• 金井 祥子• 山下 綾• 川村 聡• 近藤 僚• 佐久間 信行• 清宮 崇博• 田中 恵理• 永尾 清香• 野口 賢作• 大矢 由紀子• 福本 剛• 猪熊 顕之• 岩田 琢磨• 小田原 成彬• 越智 正憲• 小畑 美穂• 黒崎 滋之• 鈴木 由佳理• 趙 利奈• 藤澤 剛太• 船戸 和義• 宮川 佑• 木村 元• 佐藤 淳一• 森山 慎• 阿部 創平• 新井 絢也• 久保田 大• 柴田 智華子• 松下 祐紀• 中川 秀紀• 岩立 堂佑• 大塩 香織• 高岡 真哉• 時任 佑里恵• 能登谷 元聡• 久田 浩之• 福田 麟太郎• 水谷 悟.

次の

医師紹介|総合内科・消化器内科・糖尿病内科・神経内科

水野雄太 医師

相澤病院は、救急医を目指す私にとって、最適な環境です。 大学卒業時から救急医志望であった私は、出身地である長野県で、救急医療が盛んな相澤病院を初期研修先に選びました。 2年間のER研修で約3,000症例を経験し、患者さんのdispositionにおいて様々な場面で判断力が身についたことや、多くの患者さんの訪れるERの現場で一度に複数の患者さんを診療する時間的マネージメント能力も養われたことが、この病院でもっと学んでいきたいと救急科専門医コースを選んだ理由となりました。 相澤病院のERは患者さんが途切れることのないとても忙しい環境ですが、職場の雰囲気はとてもよく、尊敬できる先生方がたくさんいます。 また、生き生きと勤務するフットワークの軽いスタッフが揃っており、一人ひとりが患者さんのためにベストな医療を提供できるよう、協力したチーム医療が行われていることも魅力の一つでした。 相澤病院の救急科専門医コースは、 自分が成長できるための大きな魅力があります。 相澤病院の特徴として必ずあげられるのが、症例数の多さです。 24時間365日対応の「断らない」救急外来では、年間にして約40,000人のwalk-in患者さんと約7,000台の救急車を受け入れています。 重症度や緊急度を問わず様々な疾患を経験できる「北米型」ERでは、criticalな疾患を見逃さないことを常に念頭に置きながら、横断的に診療科を越えたアプローチが必要です。 ER診療では、いかなる主訴に対しても多角的に広い視野で診ることのできるスキルを身につけることができます。 また、ここ相澤病院では、診断に困ったときなど、各専門科の先生方がいつでも相談に応じてくれるバックアップ体制があります。 また、救急外来からの入院依頼をスムーズに引き受けていただける体制も万全です。 各診療科同士の垣根が低いため、ER診療を存分に学ぶには最適な環境であり、日々スキルアップを実感し、「やりがい」を感じています。 広い視野で質の高い医療が学べる「優れた専門医プログラム」。 日々の救急現場でも、自分の知識や技術を高めてくれる機会がたくさんありますが、その他にも魅力的な研修プログラムが用意されています。 その例を幾つかあげると、希望次第で週2〜3回の手術麻酔の研修ができ、手技や全身管理を学びながら麻酔科の標榜医も取得できること。 また、合計1年間の国内留学プログラムが設けられていて、小児救急や集中治療など興味がある分野を重点的に研修できる機会があること。 しかも、その際には相澤病院からの給与支給があるため、自分が希望する病院で比較的自由度の高い研修を受けることができます。 また、医療現場だけでなく、蘇生、外傷、集中治療、災害医療などの講習会や学会への参加費用の援助、学会での発表や論文執筆の指導、週1-2回の勉強会が開かれるなど、全人的な医療を行う相澤病院の姿勢がこれらのプログラムに表れています。 私は、こうした環境の中で救急医療に携わっていますが、相澤病院ではon-offがしっかりしており、休日もきちんと設定されていてプライベートな時間や勉強時間もきちんと確保できます。 今後は、この後期研修プログラムで経験を積み、それを糧とし、ER診療の他にもドクターカーなどの病院前診療、集中治療、災害医療などを積極的に学び、強力なスキルを持つ救急医を目指していきたいと考えています。

次の

外来診療担当のご案内|診療科目・医療体制|会田病院

水野雄太 医師

医学博士• 日本内科学会総合内科専門医• 日本消化器病学会消化器病専門医• 日本肝臓学会肝臓専門医• 日本がん治療認定医機構がん治療認定医• 認知症サポート医 経歴 History 1993年 慶應義塾大学医学部 卒業 1993年 慶應義塾大学 初期臨床研修 1997年 慶應義塾大学医学部消化器内科 1999年 国立アルコール症センター久里浜病院 2004年 稲城市立病院内科医長 2007年 University of California,Los Angeles 2009年 慶應義塾大学医学部クリニカルリサーチセンター 2010年 慶應義塾大学医学部消化器内科 最近多いのは大腸ポリープだとか大腸がんなどです。 大腸内視鏡の要望が増えており、当院では大腸内視鏡の件数を大幅に増やしました。 受診日の翌日にも検査できるよう、努力しています。 また、大腸に限らず、相変わらず胃がんも多い疾患です。 最近は内視鏡で早期胃がんや大腸がんを治療できる技術が発達し、当院でもESDという技術を使い治療を行っています。 早期胃がん治療以外にも、膵臓がんや肝臓がんを含めた進行がん患者も徐々に増えてきていて、がんに対する治療を行いながら最後のときをいかに過ごしていくかを日々患者やスタッフと話し合いながら診療をしています。 付け加えるならば、当院には杉並、練馬のご高齢の患者さんが多く来ます。 例えば、90歳の人が専門化された都心の大学病院に毎月通うというのは無理があるので、やはり何かあれば地元の総合病院にかかるという形になるのではないでしょうか。 荻窪病院の消化器内科の特徴や強みのようなものはありますか。 消化器内科の医師はみな専門医の資格を持っています。 そういう意味では、ある確立されたレベルを維持している専門医で構成しています。 みな、消化器専門医に限らず内科学会の認定医資格も持っているので、そういう意味では消化器疾患以外のことも安心して来ていただいていいです。 強みになりますが、当院は救急外来と内視鏡処置室が隣にあります。 もし吐血で来た患者さんも、例えば胃潰瘍の場合、その場ですぐ治療が可能だということです。 普通、救急外来が1階、内視鏡室は3階など、緊急ですぐ内視鏡をしなければいけない場合でも時間がかかりますが、当院は動線に恵まれており対応しやすいです。 小さな病院で何もかも、というのはやはり難しいですが、消化管出血の治療を迅速に最後までケアできる環境を揃えています。 普段の診察で注意されていることは何かありますか。 患者さんの立場に立って治療していくということに気をつけています。 患者さん本人は治療をしたくないけれども子供さんたちは治療してほしいと、家族の意見が統一されないことがよくあるのですが、あくまでも患者さんの希望に沿って診るという姿勢を取っています。 また、日々注意していることは、各科連携し、必要があれば専門の部署に回して、病院全体として患者さんに対応するということです。 例えば在宅診療、看護が必要ならば、在宅に一番詳しい医師や看護師を呼んで説明してもらうとか、食事のことは栄養士さん、薬のことは薬剤師さんに説明してもらうなどです。 できるだけ多くの部署のスタッフが1人の患者さんの治療にあたれるように考えています。 色々な立場の目が入ると医療の質が向上します。 また医師だけが関わるよりも、まちがいのないいい治療ができ、チームワークとして医療を行っていくようなことに心がけています。 先生は研修医の先生方への教育も熱心と伺いました。 そのことについてもお話を聞かせていただけますか。 ところが、電気メスの熱のせいで腫瘍が焼き切れてしまい、術後に顕微鏡で病理医の先生が確認する際、診断の評価ができないというデメリットがあり、多分大丈夫でしょうと言われた人が数年後に再発するということがありました。 ESDと言われている手技は1つのものを綺麗に切り取ることができるため、その後の顕微鏡の診断が正確になり、結果的にもう完全に治ったのか、様子をみていいのか、追加で手術しなくてはいけないのかというその白黒が非常にはっきりするところが1番のメリットだと思います。 また、ある程度のご高齢の方にも受けていただけますし、完全に根治術が期待できる病変であればそれを充分に完遂できるような術式です。 () ERCP(内視鏡的逆行性胆管膵管造影)についても教えていただけますか。 日本内科学会認定内科医• 日本糖尿病学会糖尿病専門医• 日本内分泌学会会員• 日本医師会認定産業医 経歴 History 1999年 大阪医科大学医学部 卒業 1999年 京都大学医学部附属病院 内科研修医 2000年 静岡市立静岡病院 内科研修医 2002年 洛和会音羽病院 代謝内分泌科 医員 2004年 京都大学医学部附属病院 内分泌・代謝内科 医員 2005年 海老名総合病院・糖尿病センター 医員 2008年 JCHO東京鎌田医療センター健康管理センター 医長、内科外来、嘱託産業医 2016年 啓仁会新宿野村ビルクリニック 内科 院長、嘱託産業医 2017年 医療法人財団南葛医協 扇橋診療所 副所長、内科、在宅往診.

次の