箕輪 セクハラ。 箕輪氏のセクハラ騒動で問題視された「原稿料未払い」問題、契約書がなくても請求可能か(弁護士ドットコム)

【動画】箕輪厚介セクハラ発言へ反論!ホリエモンの反応やコメントは?

箕輪 セクハラ

かねて噂され続けてきた幻冬舎・箕輪厚介さんのセクハラ問題、やっぱりというか、文春砲がエイベックス・松浦勝人さんのネタのついでにブチ込んできて爆炎が上がり、関係者が総立ちになっていました。 やはり、文春はこうでなければなりません。 人間誰しも生まれ落ちた瞬間から罪を背負って生き抜いていかねばならず、人の成功も、挫折も、すべてはその人の内面に理由があるのでしょう。 箕輪さんの場合は、その問題が下半身にあったわけです。 あくまで彼の才能を見て「ああいう人だけど、仕事はしっかりしているよね」と見るか、逆に「ほら見ろ、そんなに世の中うまくいくわけがねえんだよ」と煽るかは人それぞれです。 そして、今回の箕輪さんの問題というのは、本人そのものがどうなのかというよりは、舞台装置がなかなか豪華であります。 すでに報じられている通り告発者のA子さんは、そもそも幻冬舎から箕輪さんを担当編集としてエイベックス・松浦勝人さんの本を出すために仕事を請け負った、はずだった、というところからスタートしています。 首相公邸で安倍晋三さんや他経営者と写真 エイベックスの社員でもあったA子さんは、松浦さん本人に取材を重ね、闇紳士を含む面白人脈から適法性が怪しい素敵薬物まで文春砲に爆薬を目いっぱい詰めてぶっ放したあたりに「やりおったか」感はあるのです。 一方で松浦さんに関する告発記事がが音楽業界大物ネタだったとするならば、箕輪さんはあくまでスター編集者とはいえ一介の雇われであり、業界的には単に目立つ実績のある人に過ぎません。 しかしながら、その幻冬舎と言えば業界きってのアツい人・見城徹さんが率いる風雲児というか積乱雲のような出版社で、首相公邸で時の総理・安倍晋三さんや他経営者と一緒に写真を撮るような旺盛な権力欲をお持ちです。 かと思えば、神戸児童連続殺人事件を引き起こした酒鬼薔薇聖斗の本を出そうとしておおいに物議を醸し、最終的に太田出版にぶん投げて遁走し業界的に大爆笑されるという事例もありました。 基本的に、幻冬舎は単なる出版社というよりは見城徹さんが楽しくやりたい放題やるための器という意味において「見城組」とも呼ばれる不穏な組織体であるとも言えます。 「NewsPicks」の集客力を使ってスター著者を育てる そして、箕輪さんは出版社・幻冬舎の金看板を掲げながら、ビジネス界の実名2ちゃんねると名高い「NewsPicks」の集客力を使って数々のスター著者を育てていきます。 一時期は大変成功したこの手法は、まさに熱狂的で爆発的な制作能力を持つ箕輪さんの独壇場とも言え、堀江貴文さんにいたっては本人が原稿を執筆しておらず、校正で一度しか読んでないのに自分の名前で本が出て、それはほぼ全部箕輪さんの執筆によるものであるという、もはやゴーストライターがゴーストにすらなってないというレベルでコペルニクス的な所業までやってのけます。 これ、信頼関係があるとか、ビジネスの構築力がどうとかいう話ですらなく、究極の粗製乱造をマーケティングでしっかりと売り切る仕組みであると言えます。 だって、担当編集者自身が「5時に夢中!」(TOKYO MXテレビ)などで「(堀江氏)本人は一文字も書いていない」と豪語する本が、『堀江貴文・著』となり、幻冬舎から出て、TwitterやNewsPicksで煽られれば信者が鈴なりになって買ってくれてベストセラーになるんですよ。 さらには、そういうNews Picksや著者のコミュニティをテコにして、有料サロン・箕輪編集室を立ち上げ、我こそはと思う市井のワナビーの皆さんをかき集めておカネを取り、一介の編集者なのに毎月600万円以上の売上があると豪語するビジネスの仕組みを作り上げます。 もちろん、箕輪さんというのは媒介となる編集者に過ぎないのですが、この人と一緒にいると、きっと何か仕事が回ってきたり、凄い人と知り合いになれそうというハロー効果(錯覚資産)を駆使してビジネスに仕上げていくわけですよ。 もちろん、そういうところに参画して生き生きと楽しく社会人サークルを楽しめる人からすれば大満足ですし、それが参加者の納得を得られているのであれば問題ありません。 「どれだけ幻冬舎を利用してきたと思ってるんだ」 しかしながら、さすがにNewsPicks(ユーザベース)側も馬鹿ではなく、これはいつまでも続けられないし、自前の編集部を作ったり、他の出版社とも連携を取らなければ幻冬舎に母屋も取られかねないと危惧します。 昨年、NewsPicksはやんわり距離を取る申し入れを幻冬舎にしたところ、見城徹さんがマジ切れ大激怒。 ツイートで見城さんが「どれだけ幻冬舎を利用してたと思ってるんだ」とぶちまけるに至ります。 もちろん、第三者の目からすれば当時1か月のビジネス系読者360万人以上を抱えるNewsPicksを利用していたのは幻冬舎のほうなのですが、見城徹さんに言われたら何となく「あっ、そうなのかな?」という迫力があるんですよね。 なんかこう、向こうの山の上からもくもくと積乱雲が上ってきたぞー、みたいな。

次の

幻冬舎 箕輪厚介氏「何がセクハラだよボケ」「俺の罪って重くない」「反省してない」オンラインサロン会員へ大放言《動画入手》

箕輪 セクハラ

内容は、幻冬舎の編集者・箕輪厚介氏が、女性ライターAさんに性的関係を迫っていたというもの。 2人の間には、箕輪厚介氏がAさんに仕事を発注していたという接点があったようで、記事内には箕輪厚介氏がAさんに向けてのこのようなLINE内容が掲載されています。 「Aちゃんち行きたい。 家じゃなくてもいいし、何時でもいいから!」 「絶対変なことしないから!」 「お願いします。 心から優しくします。 」 などなど…。 当のAさんは、「私が変なことしちゃうんで!wダメです!」などと、最初は上手くかわしていたようです。 しかし、その後、箕輪厚介氏からの様々な言葉に押し切られ「性的関係は絶対にもたない」として、Aさんは箕輪厚介氏を招き入れたといいます。 しかしながら、招き入れると一転…箕輪厚介氏は、「キスしませんか」などと迫ってきた…ということでした。 セクハラ問題:Aさんとは誰? ・編集者の箕輪厚介に文春砲 ・元エイベックス社員A子さんにセクハラとパワハラ ・性欲むき出しメールに女性読者どん引き ・箕輪本人はかすり傷?重症? 炎上 箕輪厚介が編集した本はブラックリストとして有能か「ビジネスに性欲を挟む男」文春砲もかすり傷 — 5353ニュース(コミコミnews ) 5353news さて、このセクハラ被害者・Aさんについてです。 結論から先にいいますと、Aさんの正体はわかりませんでした。 しかし、記事内にはAさんの正体がわかるようなこのようなヒントが…。 <Aさんの正体に繋がるヒント> ・ライター ・ひとり暮らしの30代女性(冷蔵庫のない部屋に住んでいる) ・元エイベックス社員 ・エイベックス退職は、パワハラなどによる体不良が理由 ・以前、松浦勝人さん(元エイベックス会長)の薬物使用疑惑を文春に告発した人物と同じ人物 ・松浦勝人さんの自伝を執筆していたことがある ここまでヒントがあれば、業界内の人であればすぐに特定できてしまいそうですよね。 箕輪厚介氏が面食いであるのは有名な話でもあるので、Aさんが美人であることもほぼ確定。 となると、Aさんの正体が世間に知れ渡る日も近いのではないでしょうか。 セクハラ問題:報道に至った理由とその後の箕輪厚介氏の行動 トマトがめっちゃ育ってきた。 — 箕輪オンライン厚介 minowanowa この問題、最近の出来事か…と思ったら、実は過去の出来事なのだそうです。 なぜ、今頃になって報道がでたのでしょうか。 また、報道後の箕輪厚介氏の反応はどのようなものだったのでしょうか。 <報道に至った理由> この箕輪厚介氏によるセクハラ問題が起こったのは2016年の出来事。 約3年という年月を経て今回の報道(告発)に至りました。 当の本人Aさんは、その理由については何も語っていないといいますが…。 噂では「お金のため」「仕事を干されたから」などといわれています。 上記、<Aさんの正体に繋がるヒント>にある「松浦勝人さんの自伝」というものは、箕輪厚介氏からAさんに依頼した仕事だったようなのですが、この仕事は松浦氏の都合により出版中止となったそう。 加えて、せっかく仕上げたその記事も、幻冬舎社長に酷評され、原稿料は一切なしだったといいます。 お金の問題であったとするならば、もしかしたら、この辺りの事情がAさんの怒りとなり、今回の告発(報道)に至ったのかもしれません。 <箕輪厚介氏の反応> このような報道が出た場合、まぁ、「弁明ないしは怒りの反論」などといった反応が一般的だと思うのですが…。 箕輪厚介氏の場合は違いました。 報道翌日、箕輪厚介氏は自身のTwitterを更新し、このような投稿をしたのです。 「トマトがめっちゃ育ってきた」(プランター画像も掲載) これだけ。 報道については何も触れませんでした。 当然、ネット上では大騒ぎで、「化けの皮が剥がれた」などといった批判のほか、「トマトに絶対変なことしないので家に行っていいですか?」などといったイジりが集中。 その後、箕輪厚介氏は、それら投稿に対しリツイートをしまくっているといいます。 リツイートというのは、炎上したくないタレントがよくやる手法だそう。 これは、リツイートしまくることで、「元の自分の投稿まで遡れないにしようとする」などといった利点があるのだとか。 リツイートにより、今回のことをうやむやにしてしまおうということなのでしょうか。 箕輪厚介氏の今後の行動が気になりますね。 しかしながら、このようなライターへのセクハラ問題は今回のことに限らず、業界内では「あるある問題」なのだそうです。 特に、若いフリーランスのライターはその餌食になる率が高いよう。 その理由は、「仕事をつかみ取りたい」というライターの気持ちを「あわよくば利用しよう」とする業界人が多くいるからなのだそうです。 今回のこの問題の真意についてはわかっていませんが…。 ただ、今回に限らず今後もこのような問題が続くのか…と考えると、胸が痛くなりますね。 「口説く」とはまた違った「セクハラ」という問題。 何とかならないものなのでしょうか。

次の

箕輪厚介氏「セクハラ問題」に見る、成り上がりとコンプレックスと業界あるある話

箕輪 セクハラ

内容は、幻冬舎の編集者・箕輪厚介氏が、女性ライターAさんに性的関係を迫っていたというもの。 2人の間には、箕輪厚介氏がAさんに仕事を発注していたという接点があったようで、記事内には箕輪厚介氏がAさんに向けてのこのようなLINE内容が掲載されています。 「Aちゃんち行きたい。 家じゃなくてもいいし、何時でもいいから!」 「絶対変なことしないから!」 「お願いします。 心から優しくします。 」 などなど…。 当のAさんは、「私が変なことしちゃうんで!wダメです!」などと、最初は上手くかわしていたようです。 しかし、その後、箕輪厚介氏からの様々な言葉に押し切られ「性的関係は絶対にもたない」として、Aさんは箕輪厚介氏を招き入れたといいます。 しかしながら、招き入れると一転…箕輪厚介氏は、「キスしませんか」などと迫ってきた…ということでした。 セクハラ問題:Aさんとは誰? ・編集者の箕輪厚介に文春砲 ・元エイベックス社員A子さんにセクハラとパワハラ ・性欲むき出しメールに女性読者どん引き ・箕輪本人はかすり傷?重症? 炎上 箕輪厚介が編集した本はブラックリストとして有能か「ビジネスに性欲を挟む男」文春砲もかすり傷 — 5353ニュース(コミコミnews ) 5353news さて、このセクハラ被害者・Aさんについてです。 結論から先にいいますと、Aさんの正体はわかりませんでした。 しかし、記事内にはAさんの正体がわかるようなこのようなヒントが…。 <Aさんの正体に繋がるヒント> ・ライター ・ひとり暮らしの30代女性(冷蔵庫のない部屋に住んでいる) ・元エイベックス社員 ・エイベックス退職は、パワハラなどによる体不良が理由 ・以前、松浦勝人さん(元エイベックス会長)の薬物使用疑惑を文春に告発した人物と同じ人物 ・松浦勝人さんの自伝を執筆していたことがある ここまでヒントがあれば、業界内の人であればすぐに特定できてしまいそうですよね。 箕輪厚介氏が面食いであるのは有名な話でもあるので、Aさんが美人であることもほぼ確定。 となると、Aさんの正体が世間に知れ渡る日も近いのではないでしょうか。 セクハラ問題:報道に至った理由とその後の箕輪厚介氏の行動 トマトがめっちゃ育ってきた。 — 箕輪オンライン厚介 minowanowa この問題、最近の出来事か…と思ったら、実は過去の出来事なのだそうです。 なぜ、今頃になって報道がでたのでしょうか。 また、報道後の箕輪厚介氏の反応はどのようなものだったのでしょうか。 <報道に至った理由> この箕輪厚介氏によるセクハラ問題が起こったのは2016年の出来事。 約3年という年月を経て今回の報道(告発)に至りました。 当の本人Aさんは、その理由については何も語っていないといいますが…。 噂では「お金のため」「仕事を干されたから」などといわれています。 上記、<Aさんの正体に繋がるヒント>にある「松浦勝人さんの自伝」というものは、箕輪厚介氏からAさんに依頼した仕事だったようなのですが、この仕事は松浦氏の都合により出版中止となったそう。 加えて、せっかく仕上げたその記事も、幻冬舎社長に酷評され、原稿料は一切なしだったといいます。 お金の問題であったとするならば、もしかしたら、この辺りの事情がAさんの怒りとなり、今回の告発(報道)に至ったのかもしれません。 <箕輪厚介氏の反応> このような報道が出た場合、まぁ、「弁明ないしは怒りの反論」などといった反応が一般的だと思うのですが…。 箕輪厚介氏の場合は違いました。 報道翌日、箕輪厚介氏は自身のTwitterを更新し、このような投稿をしたのです。 「トマトがめっちゃ育ってきた」(プランター画像も掲載) これだけ。 報道については何も触れませんでした。 当然、ネット上では大騒ぎで、「化けの皮が剥がれた」などといった批判のほか、「トマトに絶対変なことしないので家に行っていいですか?」などといったイジりが集中。 その後、箕輪厚介氏は、それら投稿に対しリツイートをしまくっているといいます。 リツイートというのは、炎上したくないタレントがよくやる手法だそう。 これは、リツイートしまくることで、「元の自分の投稿まで遡れないにしようとする」などといった利点があるのだとか。 リツイートにより、今回のことをうやむやにしてしまおうということなのでしょうか。 箕輪厚介氏の今後の行動が気になりますね。 しかしながら、このようなライターへのセクハラ問題は今回のことに限らず、業界内では「あるある問題」なのだそうです。 特に、若いフリーランスのライターはその餌食になる率が高いよう。 その理由は、「仕事をつかみ取りたい」というライターの気持ちを「あわよくば利用しよう」とする業界人が多くいるからなのだそうです。 今回のこの問題の真意についてはわかっていませんが…。 ただ、今回に限らず今後もこのような問題が続くのか…と考えると、胸が痛くなりますね。 「口説く」とはまた違った「セクハラ」という問題。 何とかならないものなのでしょうか。

次の