レオレオ。 作者が込めた真のメッセージとは? 名作絵本『スイミー』の真相 [子育て事情] All About

フレデリック|絵本ナビ : レオ・レオニ,谷川 俊太郎 みんなの声・通販

レオレオ

小さな野ねずみたちが、とうもろこしや木の実、小麦やわらをせっせと集めて運んでいる。 みんな昼も夜もはたらいている。 彼らの住んでいる家は牧場に沿った石垣の中。 豊かだったその場所は、お百姓さんが引っ越してしまったので、納屋はかたむき、サイロはからっぽ。 おまけに冬が近い。 食べ物を蓄えなくてはならないのです。 ところが、フレデリックだけは別。 ひとりでじっとしています。 「フレデリック、どうして きみは はたらかないの?」 じっとして陽に当たり、牧場を見つめ、ほとんど半分寝ているみたい。 だけど、彼のこたえはこう。 「こう見えたって、はたらいてるよ。 」 寒くて暗い冬のために光をあつめ、色をあつめ、言葉をあつめているのだと言う。 一体どういうことなのでしょう。 やがて冬がやってきて、楽しく過ごしていたのもつかの間、食べるものが尽き、からだは凍え、おしゃべりをする気にもならなくなった。 その時、立ち上がったのはフレデリック。 彼はみんなの前に立ち、口をひらき、話しだしたのは……。 レオ・レオ二の描く絵本の世界の住人たち、その多くは小さく愛らしいものたち。 この名作『フレデリック』もそう。 愛嬌だって抜群です。 だけど立ち向かっている問題はいつも骨太、なかなか考えさせられるのです。 仲間たちで生きていこうとする時、目の前に立ちはだかった問題をどう解決していくのか。 答えは一つのようで、一つではなく。 思いもよらない方法があることを否定することなく。 そこにこそ、芸術の可能性が秘められているのかもしれなくて……。 もちろん、そんな堅苦しいことを言わなくても。 「これは まほうかな?」 日本では谷川俊太郎さんの翻訳により、子どもたちが存分にその素晴らしい世界を味わえるようになっています。 (磯崎園子 絵本ナビ編集長) 仲間の野ねずみが、冬に備えて食料を貯えている夏の午後、フレデリックだけは何もせず、ぼんやり過ごしておりました。 寒い冬がきて、フレデリックは・・・ 主人が大好きな絵本で娘に買ってきてくれたもの。 初めて読んだ時もなんだか詩的でレオ・レオニらしく芸術性にあふれた絵本だと思いました(実際、主人公のフレデリックは芸術肌の詩人なのです)。 でも何度も何度も読んでいくと、色々な解釈がでてくるのです。 絵本の奥深さを初めて知りました。 サブタイトルが、〜ちょっとかわったのねずみのはなし〜とあります。 人と違う考え方をしたり、人と違う視点で物を考えたり、一見すると悪い事に思えてしまうようなことも、自分を信じてそれをまっとうする。 それで良いんだ。 ってフレデリックは教えてくれる。 それが自分でも、他人でも。 芸術家になろうと思ったり、今は偉人だと言われる人や、例えばエジソンだって、その時は出る杭は打たれるような扱いで、「あの人は変わってる」ってきっと言われていたはず。 でも人と違う事を考えたり、違う視点で物を考える事を誰もしなくなってしまったら、なんてつまらない世の中になってしまうのだろう・・この絵本に出会って初めて気づきました。 みなさんの傍らにいるお子さんを見てください。 可能性にあふれ、柔軟で、純粋で・・・ 自分の子供がちょっと変わった考え方をする、と思ったり、子供から、あの子は変わってるんだよ。 って聞いたりしたら、「フレデリック」を読んであげてほしい。 『大丈夫。 あなたはあなたでそれで良いんだよ』って教えてあげてほしいし、『あなたと違う考えをするからって、その子を排除しないで、そんな考えをする子もいるんだよ』って、教えてあげてほしい。 大人が言葉で説明するよりも簡単にそんな事を教えてくれるレオニ・マジックを是非一度! (ソレイユさん 30代・ママ 女の子2歳).

次の

ウルトラマンレオ

レオレオ

作者 レオ・レオニ 小さい魚が集まって大きな魚に立ち向かうお話は、多くの人の遠い記憶にあるのではないでしょうか?それは「スイミー」という絵本のお話で、作者はレオ・レオニという世界的なアーティスト。 レオ・レオニは子供のための絵本を沢山生み出しました。 現代美術アーティストとしても有名なレオ・レオニの世界をご紹介いたします。 レオ・レオニは1910年オランダに生まれました。 イタリアで暮らした後、米国に亡命し、イラストレーター、グラフィックデザイナーとして成功を収めます。 その後再びイタリアへ帰国し1999年イタリアのトスカーナで亡くなりました。 「スイミー」「フレデリック」「アレクサンダとぜんまいねずみ」3作品でカルデコット賞を受賞。 その他にも米国、ドイツなどで多くの賞を受賞しています。 ー 教科書にも登場 日本では、「スイミー」「フレデリック」「アレクサンダとぜんまいねずみ」などが、1977年から小学校2年生の多くの国語の教科書に掲載され、広く親しまれています。 ー たくさんの絵本 NYで第一線のグラフィックデザイナーとして活躍していた49歳の時、一緒に電車で移動していた孫のために作られたのが「あおくんときいろちゃん」。 これがレオニの最初の絵本となりました。 その後も「フレデリック」を始め数々の絵本を発表し、日本でもその多くが翻訳出版され多くの人に親しまれています。

次の

「健康」「環境」「感動」のスーパーマーケット レオ、主婦の店

レオレオ

作者 レオ・レオニ 小さい魚が集まって大きな魚に立ち向かうお話は、多くの人の遠い記憶にあるのではないでしょうか?それは「スイミー」という絵本のお話で、作者はレオ・レオニという世界的なアーティスト。 レオ・レオニは子供のための絵本を沢山生み出しました。 現代美術アーティストとしても有名なレオ・レオニの世界をご紹介いたします。 レオ・レオニは1910年オランダに生まれました。 イタリアで暮らした後、米国に亡命し、イラストレーター、グラフィックデザイナーとして成功を収めます。 その後再びイタリアへ帰国し1999年イタリアのトスカーナで亡くなりました。 「スイミー」「フレデリック」「アレクサンダとぜんまいねずみ」3作品でカルデコット賞を受賞。 その他にも米国、ドイツなどで多くの賞を受賞しています。 ー 教科書にも登場 日本では、「スイミー」「フレデリック」「アレクサンダとぜんまいねずみ」などが、1977年から小学校2年生の多くの国語の教科書に掲載され、広く親しまれています。 ー たくさんの絵本 NYで第一線のグラフィックデザイナーとして活躍していた49歳の時、一緒に電車で移動していた孫のために作られたのが「あおくんときいろちゃん」。 これがレオニの最初の絵本となりました。 その後も「フレデリック」を始め数々の絵本を発表し、日本でもその多くが翻訳出版され多くの人に親しまれています。

次の