東レ 配当。 東レ(3402)の株価 株価が下落の理由は?割安も配当はイマイチ

配当

東レ 配当

どうも!! 『らしらん』(rasiran)です。 本日は、 『東レ』【3402】の株価を分析していこうと思います。 突然ですが『東レ』の 『レ』って なんやねん? って思ったことはないでしょうか? 現在の社名は『東レ』ですが、1926年に創業した当時の社名は 『東洋レーヨン』で化学繊維の『レーヨン』から来てるようです。 現在ではレーヨンの生産は行っておりませんが、社名の由来を知るのはおもしろいものです。 記事の内容は私の個人的な考えであり、株の購入を進めるものでも安全性を保証するものでもありません。 あくまで投資は自己責任にてお願いいたします。 また、企業の一般公開情報によって判断をおこなったため、事実と異なる点が存在する可能性があります。 どのような考えをもって投資を行うかの『考え方の流れ』を参考にいただければと思います。 参考にした上での不利益を当方で負うものではありません。 ご自身の判断によって投資は行ってください。 東レとは? 東レは、時価総額1兆7954億円、化学の分野で162社中3位の規模の企業です。 私たちの身の回りでは、衣料向けの合成繊維や、自動車向けの合成樹脂、シート表皮の『 』(商品名アルカンターラ) 浄水器の などが有名です。 あと炭素繊維は、ゴルフのシャフトやラケット、釣り竿、スポーツタイプの自転車、航空機のボーイング787にも採用されています。 このようにみると身近な物を作っている企業ですね。 事業構成 事業構成は以下のようになります。 事業名 売上高 売上高利益率 繊維 9136億円 7. 92% 機能化成品 8033億円 8. 89% 炭素繊維複合材料 1779億円 11. 69% 京樽環境・エンジニアリング 2383億円 5. 58% ライフサイエンス 538億円 3. 53% 売上高利益率というのは、その事業の 売上高に対して何%が利益になるのか?を表したものです。 各事業の 売上高が100億円だと仮定して、ここでは 繊維事業と 炭素繊維複合材料事業を例に計算してみましょう。 92億円• 69億円 要は、同じだけの売り上げを出した場合、炭素繊維複合材量事業は、繊維事業の 約1. 5倍の利益を出すことが出来るという事です。 まだまだ、炭素繊維複合材量事業の売上高は全体の8%程度ですが、今後その割合が増加するとするならば大きく利益を増やす余地があるとみることが出来ます。 一番利益率の低いライフサイエンス事業は、単純に利益を出せていないのか?それとも今後に向けての発展段階にあるのかの確認は必要です。 炭素繊維複合材料分野において世界最大のシェア 先ほどの事業構成の項目でも触れましたが、東レは現在炭素繊維複合材料の分野で世界最大のシェアを誇っています。 燃料電池車の普及など、低燃費に注目が集まっていることから金属に変わる軽量素材の需要は今後増加することが予想されます。 インドで新工場新設 2018年2月20日に150億円を投入して、おむつ用不織布や自動車用の機能樹脂の工場を立ち上げると発表し、インドのアンドラ・プラデシュ州に35万㎡の新規事業用地を取得しました。 稼働は2020年をを目指しているようです。 インドのGDPは年率6%で成長していると言われることからも今後に期待したいところです。 一株当たりの利益の割合を表す、(株価収益率)は 14. 93倍とやや割安の範囲内です。 ただし、業界水準から見ると 平均的な水準であるので注意は必要です。 (一株当たり利益)は 61. 3円です。 を基準にお買い得と判断されるPERの10~15倍を掛けると、 613円~919. 5円です。 ちなみに、 現在の株価915円との15倍の差は 4. 5円です。 一般的に安値圏と言われるPER15倍からは、 4. 5円も割安であると言えます。 東レを資産の観点から分析する 株価がの何倍の価格になっているかを表す(株価純資産倍率)の値を確認すると、 1. 34倍です。 5倍までが割安ととられることを考えると割安の範囲内です。 は 681. 92円なので、お得の範囲内とされるBPSの1. 5倍を計算すると 1022. 88円ですから、 現在の株価 915円と比較すると資産面からは、 107. 88円割安だと言えます。 理論上の株価の底値は681. 92円です。 東レの配当や株主優待はどうなのか? 配当は、一株当たり 16円を予定しているので、100株保有していたとすると配当は 1600円です。 は、 1. 配当性向は、過去の推移をみると20~30%で推移しています。 企業の方針としても内部留保などを総合的に判断するとのことで数値自体は一般的な平均水準です。 株主優待は、行っていないようです。 東レの売上高と利益はどうなのか? 、営業利益ともに直近5年で判断するとバラつきが見られますが緩やかな上昇を続けているように見えます。 原燃料価格や景気に影響されるところも考えると問題はないと判断しました。 1%、は6. 2%、が6. 3%とROEは8%、ROAは5%の水準を超えています。 優秀な範囲と言えるでしょう。 流動比率は1. 70倍で 短期的な資金に問題は見られません。 自己資本比率は42. 倒産の危険がないと言われる40%以上の水準も超えていることからこちらも優秀です。 営業キャッシュフローと有利子負債の割合は、 4. 85倍ですから一般的に言われる5倍以下の水準を下回っています。 十分な営業キャッシュフローがあるとみてよいでしょう。 まとめ 今回は 『東レ』の株価分析を行いました。 分析を行ってみて、個人的に株の購入を検討してもいいと思える企業でした。 株価指標の数値に加え財務面、また企業の行っている事業の今後の成長についても期待できるものだと思います。 最後までお読みいただきありがとうございました。

次の

【3402】業績は堅調な東レの株価が下落している理由とは?今後の予想を含めて解説する。

東レ 配当

参照:SBI証券 東レの株価チャートより 昔は東レの株式を監視していましたが久しぶりにチャートを見ました! 2016年後半は1000円弱であまり値動きがありませんでした。 2017年になりやや上昇がはじまり1200円を超える場面がありました。 時折反発があるものの25週平均移動線に跳ね返されて株価は下落を続けました。 一時は700円を割る場面もあり長期株主にとっては耐え忍ぶ時期が続きましたね。 しかしいよいよ平均線も下落から横ばいに変わってきました。 25週移動平均線を株価がゴールデンクロスすることも見られています。 現状では跳ね返されますが、50週移動移動線との距離も近いです! 直近でも6%を超える大幅な上昇を見せており、いよいよ東レの株価もトレンド変更でしょうか。 上がるか下がるか…丁半博打みたいなものです。 しかし長期であれば株価は企業業績を反映したものになるはずです。 チャートからは買いたい気持ちになる東レの株式です。 現在の株価が割安圏なのか高値圏なのか確認してから購入を検討したいと思います。 5円で東レの予想PERは12. 9倍、PBRは1. 06倍程度です。 近い業者間や日経平均のPERやPBRから株価の買い時はおよそ目安がつきます。 関連記事>>> 現在の株価指数なら東レの株価が下がっても低下割合がそれほど大きくないと予想します。 株価が下落しても配当利回りが高ければ含み損に精神的に耐えれます。 また株価の下落も配当狙いの買いが入るため一定の安定感が得られますね。 関連記事>>> 現在の株価746. 5円で東レの予想1株配当は17円、予想年間配当利回りは2. 決して高い利回りではないですが、検討する価値がある数字です。 なお東レの予想配当性向は27. これくらいの配当性向水準であればすぐに減配や無配に転落する可能性は低そうです。 経営陣は株主還元のために配当性向をもう少し上げて欲しいですね。 東レの株主優待の内容は?長期株主や企業ブランドの宣伝に優待は有効な一手と考えて欲しい 東レの製品にはBtoCの製品も多くあります。 そのため東レの製品も中々魅力的に感じます。 そんな東レの株式ではどのような株主優待は何が貰えるのでしょうか? 残念ながら東レは現在のところ、株主優待を実施していません。 これは優待好きの投資家としては残念でなりません…。 配当利回りや配当性向もイマイチです。 株主優待も実施していないとなると株主還元が微妙です。 東レは企業としては投資対象として魅力的な企業です。 しかし株主還元とういう面では経営陣の意識はあまり高くないようです。 今後も東レという企業が永続する限りは末永い配当による利益をもたらしてくれるでしょう。 今後の東レの株価はどのように推移するでしょうか? 株価指標は現在の株価や予想一株利益に基づくものです。 長期的には東レの業績によって株価は一番影響されるはずです。 直近の業績発表内容から東レの業績について考えてみましょう。 2020年3月期の予想業績を参照します。 東レの業績は利益段階でも営業利益は+13. 1%、当期純利益は+17. 管理人クロノはSBIネオモバイル証券で端株投資を実践中です。 最近挑戦しているのは端株による分散投資です! 長期投資で挑む場合でも一括で単元株を買うリスクを分散させたい場合に1つの手です。 権利落ちした後の安いところから少し買えば買付価格を抑えられる期待がありますね。 単元株投資(100株など)に対して、1株単位で投資するのが端株投資です。 一時にまとめて単元株を購入するのに比べて時期をずらして購入することが可能です。 最近Tポイントによる投資を特徴にした新サービスのSBIネオモバイル証券がはじまりました。 Tポイントの有効活用に加えて、SBIネオモバイル証券では端株投資の費用を抑えられます。 端株優待や端株投資に興味がある方は是非下記の記事をご覧くださいね。 無料口座開設 公式サイト 関連記事>>> *投資はご自身の判断と責任において行って下さい。

次の

東レ(3402)の配当金や業績について調べてみた

東レ 配当

東レの社名の由来 [3402]東レの社名にある「レ」は再生繊維の レーヨンに由来しています。 (旧社名:東洋レーヨン) ただし、現在では、レーヨンの生産は行っていません。 沿革 [3402]東レの沿革です。 化学繊維は、19世紀から実用化されており、の出資によって 東洋レーヨンとして、1926年に創業しています。 1951年には、 アメリカ・デュポン社により開発された合成繊維 「ナイロン」の製造技術を導入。 1958年には、帝人と共にポリエステル繊維 「テトロン」(テは帝人の「テ」、トは東レの「ト」から来るもの)の生産を開始し、徐々に業績を上げていきます。 1970年に現在の「東レ株式会社」に社名変更しています。 主力製品 [3402]東レの主力商品です。 3大合成繊維(ナイロン、ポリエステル(テトロン)、アクリル繊維(トレロン)) ナイロン、ポリエステル、アクリルを合わせて、 3大合成繊維といいます。 東レは様々な製品に対応した合成繊維製品を製造しています。 合成樹脂 樹脂製品は、いわゆる 「プラスチック」です。 成形しやすい樹脂で、複写機などのOA機器から、自動車の内外装部品、家電用品、日用雑貨に至るまで幅広く利用されています。 炭素繊維(トレカ) 炭素製品は、 航空・宇宙分野をはじめとして スポーツ・レジャー用品、一般産業用途まで様々な用途で使用されています。 繊維業界 売上高ランキング [3402]東レの業界内シェアを 繊維業界の売上高ランキングで見てみます。 [3402]東レは、、に次いで、業界内 第2位となっています。 順位 企業名 売上高(億円) 1 11,701 2 東レ 9,742 3 6,715 4 1710 5 住江織物 986 6 ダイワボウHD 750 7 東洋紡 645 [3402]東レ 株価 ( 2020/07/11時点) [3402]東レの 株価は、 484.2円です。 売買単位が100株のため、最低購入金額は、 約4.8万円です。 1年チャート 5年チャート [3402]東レ 配当金・配当利回り・配当落ち月・配当金支払い月 [3402]東レの配当金関係の基本情報です。 ( 2020/07/11時点) 配当金 [3402]東レの 1株当たりの配当金は、 9円です。 100株保有の場合、 年間900円の配当金が支払われます。 配当利回り [3402]東レの 配当利回りは、 1.86%(税引き前)です。 税引き後の配当利回りは、 1. 79685= 1. 48% となります。 権利確定月、次回の権利確定日 [3402]東レの 権利確定月は、 3月・9月です。 配当性向 [3402]東レの 配当性向は、 36%です。 [3402]東レ 配当金まとめ 株価 484.2円 年間配当 9円 最低購入額(100株) 約4.8万円 年間配当(100株) 900円 利回り(税引き前) 1.86% 実質利回り(税引き後) 1.48% ( 2020/07/11時点) [3402]東レ 配当金 ・利回り・配当性向の実績 配当金の支払い実績 [3402]東レの 配当金支払い実績です。 穏やかではありますが、増配傾向が続いています。 配当利回りの推移 [3402]東レの 配当利回りの推移です。 配当利回りは、1~2%台の間で推移していますが、ここ最近は増加傾向です。 配当性向の推移 [3402]東レの 配当性向の推移です。 配当性向は、配当金支払いがある際は、おおむね40%以下で推移しており、問題ない範囲と言えます。。 [3402]東レ 業績 売上高 [3402]東レの 売上高です。 (単位:百万円) 営業利益 [3402]東レの 営業利益です。 (単位:百万円) 経常利益 [3402]東レの 経常利益です。 (単位:百万円) 純利益 [3402]東レの 純利益です。 (単位:百万円) まとめ [3402]東レは、増配傾向が魅力の銘柄です。 利回りがもう少し上昇する場面があれば、購入を検討したい企業です。 おすすめの証券会社 証券口座は、まずは 松井証券 と SBI証券 の2つを開くのがおすすめです。 (投資を続けていくと、それぞれの証券口座の特徴が分かってくるので、色々な口座で売買をしていくことになりますが、 まずはじめに持っておきたいのは、この2つです。 ) 松井証券 は、 売買 手数料「無料」が魅力です。 50万円以下 で売買できる銘柄は、 取引手数料なしで、 上場銘柄の90%以上が対象となります。 SBI証券は、 情報収集のしやすさがバツグンで、将来的に 米国株を始めたい際にも必須となります。 の記事では、 口座開設の手順を解説しました。 かなり詳しく書いたので、 準備するもの、入力時の注意すべき点、解説にかかる日数など、疑問となることを解消していただけると思います。 > 口座を開くのは、株式投資で現状を変える 【第一歩】です。 まだの方は、これを機会に、ぜひどうぞ。 (素人の手作り感が満載ですが) いけやん自身も 会社の給料だけに依存しない 配当生活を目指して、日々投資をがんばっています。 株式投資は、初めはとっつきにくいですが、 少しでも早く始めた人が有利なゲームです。 そして、投資の勝ち負けに「絶対」はありませんが、 失敗の可能性を下げる情報を集めることは大切だと思います。 このサイトが、 株式投資を始めよう・続けようとしている方に向けて、少しでも 有益な情報を提供できるよう、がんばります! <こちらもどうぞ>.

次の