チンゲン菜。 【リボベジ】チンゲン菜の再生に挑戦!【節約計画】

人参とチンゲン菜の人気レシピまとめ!簡単なおすすめ料理ばかり!

チンゲン菜

通常とうが立ってしまった青梗菜は商品としての価値が無いものとされ、これまで一般には出回る事はありませんでした。 しかし、この花芽は青梗菜の食感や風味だけでなく、菜の花の美味しさも楽しめ、普通の菜の花と同等以上に美味しいんです。 これまでは栽培している農家や家庭菜園主だけの楽しみとなっていましたが、近年一般市場にも季節限定で出回るようになってきました。 大きな葉の形は青梗菜ですが、花芽の近くだけ見るとアスパラ菜(オータムポエム)にも感じが似てます。 味や食感は青梗菜ではありますが、茎の部分にコリッとした適度な歯ざわりがあり、アスパラ菜と似ていて、少し甘味が感じられます。 苦味やエグミなどは全く感じません。 更に、アスパラ菜や菜の花のような使い方もできます。 サッと茹でると茎の部分もアスパラのような感じで食べられます。 特に炒め物がお勧めです。 ここは青梗菜の産地としても知られています。 花芽を付けさせる為、露地栽培が中心となっているようです。 品種 1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 チンゲン菜ばな.

次の

チンゲン菜の保存方法や期間は?常温や冷凍や冷蔵、賞味期限や日持ち、腐るとどうなる

チンゲン菜

中華料理や炒め物やあんかけでも使われる青梗菜はガンや生活習慣病予防にも効果が期待できるアブラナ科の葉菜です。 ビタミンCも豊富なので疲労回復にも効果と効能が期待できます。 チンゲン菜の選び方 油で炒めて食べると美味しいチンゲンサイは葉が綺麗な緑色のものを選びましょう。 葉が幅広のものを選ぶ 葉が幅広でツヤがあるものが美味しい青梗菜です。 茎の下にハリがあり肉厚で艶やかなものを選びましょう。 チンゲンサイの旬 ハウス栽培もされていて一年中流通しているのでスーパーで販売されている定番の中国野菜です。 青梗菜は9月から1月ごろまでが旬の野菜です。 茨城や静岡、愛知などで栽培されています。 チンゲンサイの保存方法 チンゲンサイは日持ちがいい野菜ですが乾燥しないように鮮度を保ちたいです。 湿らせた新聞紙やキッチンペーパーで包み冷蔵庫の野菜室で保存しましょう。 冷凍保存するときにはかためにゆでてからフリーザーバックにいれ冷凍保存しましょう。 チンゲン菜の栄養 チンゲンサイは下ゆでも不要なくらいアクも少ない野菜です。 カロテン、ビタミンCなどのビタミン類が豊富で栄養価も高い野菜で抗酸化作用もあるのでガン予防や生活習慣病の予防にも効果を期待できます。 ガン予防にも期待できる野菜 アブラナ科の特有の成分であるイソチオシアネートも含まれているので抗がん作用もあります。 またイソチオシアネートには解毒作用と消炎効果があるといわれています。 チンゲン菜のゆで方 チンゲンサイをゆでるときには鍋にお湯を沸かします。 このとき少量の油を入れると色も鮮やかでキレイにゆであがります。 茎からゆでる チンゲンサイの根元の茎部分を立てて1分程度茹でたら葉までお湯につけて、さらに20秒程ゆであげます。 ザルに上げたら水気をしっかりときります。 茹でたチンゲン菜を冷凍するときにはかためにゆでるとおいしく保存できます。 青梗菜はサラダもおいしい アクが少なくみずみずしいチンゲン菜はサラダや浅漬けにして生食でもおいしく食べられます。 油で炒めて栄養の吸収率アップ チンゲンサイを料理するときには油で炒めることでビタミンやミネラルの栄養成分の吸収率が高まります。 白菜の仲間であるチンゲン菜は茎も美味しいので食感を活かした中華あんかけに料理しても美味しいですね。 このページが役に立った!と思ったらTwitter、LINEからもシェアお願いします。 black7ponti.

次の

青梗菜 チンゲンサイ ちんげんさい:旬の野菜百科

チンゲン菜

com 猫ってチンゲン菜を食べるの? ネコちゃんたちってチンゲン菜を食べるのでしょうか? ネコちゃんの好みにも寄りますが、自分から生のチンゲン菜をかじる子もいるようです。 生の野菜を好んで食べるネコちゃんたちは意外とたくさんいます。 これは身体に良いことなのでしょうか?ネコちゃんと野菜の関係性を知るなら、チンゲン菜の扱い方も正しく理解できるでしょう。 野菜といっても、ネコちゃんたちには食べさせてはいけない野菜もいくつか存在します。 例えば、タマネギやネギ類はネコちゃんに食べさせるべきではありません。 少量であったとしても中毒症状になってしまうからです。 症状が進行するなら命の危険に繋がってしまうこともあります。 それほどネコちゃんに悪影響を与える野菜が存在するのですから、どんな野菜を与える時にも事前の確認が必要となってきます。 チンゲン菜はどうなのでしょうか?与えても問題ないのでしょうか? こうしたいくつかの疑問点にお答えしていきたいと思います。 com チンゲン菜のことを考える前に、ネコと野菜全般の関係性を知るようにしましょう。 ネコちゃんはそもそも肉食動物です。 ネコちゃんはそもそも野生で生活している時には獲物を捕らえて食料をえていました。 雑食ではありませんから、植物や野菜を食べることはありません。 基本的な食料源は小動物などの肉です。 ネコちゃんは肉だけを食べて生きていけるのでしょうか?もちろんその通りです。 当然ですが、雑食である人間と肉食であるネコちゃんの身体のしくみは異なっており、必要な栄養の種類や量も一緒ではありません。 人間が野菜から取り入れないといけない成分を、猫は体内で合成できる場合もあるのです。 もう少し細かく考えてみましょう。 ネコちゃんたちは小動物を狩ってその生肉を食べます。 さらに小動物の脂肪や内臓、内臓の中身までも一緒に食べることでしょう。 ネコちゃんたちは自分から植物を食べることはありませんが、獲物の胃の中のものを食べる時に、少量の植物や酵素を取り入れることはあります。 しかし、私たちの周りで飼われているネコちゃんたちのほとんどは、室内だけで生活しています。 ですから、ネコちゃんが自分で狩猟して食料を得る機会はほとんどありません。 雑食の人間の周りで生活しているので、影響されて肉以外を口にする機会も増えているかもしれません。 それで、一見雑食に思えるような振る舞いが染みついている場合もあります。 それでもネコちゃんたちの身体の構造が変わったわけではありません。 ネコちゃんたちに必要な栄養は、基本的には変わらず肉だけで摂取することが出来ます。 市販のキャットフードには必要な栄養素がすべて含まれていますが、主な成分はタンパク質でしょう。 成分表を確認してみてください。 ということは、ネコちゃんの身体のしくみからして野菜は食べられない、ということなのでしょうか?そうでもありません。 少量であれば野菜を食べることもできます。 しかし人間とは異なり、野菜を消化・分解・吸収するための酵素がほとんどありません。 野菜を食べたとしても、十分に消化して身体の一部とすることが出来ないのです。 ですからたくさん与えすぎてしまうなら、野菜の栄養を摂取するどころか、胃腸に負担をかけてしまうだけで意味がありません。 これらの事を総合的に考えると、ネコちゃんと野菜の関係はこのように言えるでしょう。 「猫に野菜は必要なく、与えなくともよい」、しかし「少量であれば与えても問題はないし、そのメリットを引き出すこともできる」 あえて野菜を与える必要性はありませんが、手作りごはんを与えている場合は、少量であればごはんに野菜を含めることも出来るでしょう。 その場合はネコちゃんの体調を良く観察して取り入れる必要があります。 ネコちゃんたちと野菜の関係性を知ることが出来ましたね。 これらを前提として、ネコちゃんにチンゲン菜を与えることについて考えていきましょう。 チンゲン菜ってどんな野菜? 野菜にはたくさんの種類がありますが、チンゲン菜にはどんな特徴があるのでしょうか?チンゲン菜とはどんな野菜なのかを簡単にご説明しますね。 チンゲン菜はアブラナ科アブラナ属の野菜で、中国から伝わってきました。 中華料理には欠かせない野菜ですが、中華料理だけでなく洋食にも用いられるようになっています。 現在では日本でも一般的な野菜となっており、スーパーマーケットや八百屋ではよく販売されています。 チンゲン菜は日本のどんなところでも生産することができ、全国で生産と出荷がなされています。 その中でも茨城県や静岡県ではたくさん生産されているようですね。 チンゲン菜はいつでも見ることができますが、基本的な旬は春や秋だと言われています。 その時期であれば、より美味しいチンゲン菜を食べることが出来るでしょう。 猫にチンゲン菜を与えてもいいの? チンゲン菜は栄養豊かで多くの人に愛されている野菜ですが、ネコちゃんに与えても問題ないのでしょうか? チンゲン菜にはネコちゃんたちにとって有毒となる成分は含まれていませんから、安心して与えることが出来るでしょう。 しかし、甲状腺機能に問題を抱えているネコちゃんには、チンゲン菜を含めアブラナ科の野菜は与えないほうが賢明です。 症状が悪化する恐れがあるからです。 ネコちゃんにチンゲン菜を与えても問題ありませんが、たくさん与えるべきではありません。 基本的なネコちゃんと野菜の関係を思い起こすなら良いでしょう。 チンゲン菜を与えることがあっても少量にとどめておくべきです。 またチンゲン菜を生で与えることもあまりおすすめは出来ません。 com チンゲン菜をネコちゃんに与えるかどうかを考える時には、チンゲン菜に含まれる栄養素をじっくりと考えてみるようにしましょう。 人間にとっては栄養豊かな野菜として認識されていても、ネコちゃんに必要な栄養素が豊富に含まれているとは限らないからです。 これからチンゲン菜に含まれる主な栄養素をいくつかご紹介しますね。 しかしネコちゃんにはそれが出来ないようです。 それで、ネコちゃんの身体をいつまで若々しく保つために欠かせません。 身体に入った活性酸素から身体を守ってくれるので、アンチエイジングに効果があります。 さらに、運動をたくさんしたネコちゃんの疲労を癒す時にもその働きをサポートしてくれる有効な成分です。 カリウム カリウムはネコちゃんが生きていくうえで欠かすことができない栄養素の1つです。 カリウムは細胞内に存在するようになり、余分なナトリウムを排泄したり、神経の働きをサポートしたり、筋肉や心臓の働きを調整してくれたりします。 カリウムは様々な食材に含まれているものなので、不足することはほとんどありません。 しかし、下痢や食欲不振が原因で十分な栄養を吸収できない場合は、低カリウム血症を引き起こすことがあります。 低カリウム血症になると、元気が無くなったり、身体の動きが鈍くなったり、しびれや麻痺が生じます。 カルシウム ネコちゃんたちが健康的に生きていくうえでカルシウムはとても大切です。 カルシウムには骨や歯の形成、筋肉の収縮、神経伝達などをサポートする働きがあります。 ですから、カルシウムが不足することでそれらに影響が出てしまいます。 骨の発育が悪くなったり、骨がもろくなったりします。 筋肉の動きが悪くなったり、歯が抜けてしまったりすることさえあるのです。 カルシウム不足には十分注意したいものですね。 カルシウムは煮干しや魚、チーズなどに豊富に含まれています。 それらを与えることが出来ない時にはチンゲン菜など、カルシウムを豊富に含むものでフォローできるかもしれませんね。 もちろんカルシウムの与えすぎも問題となりますから、しっかりとバランスを考えてあげることが大切です。 ビタミンC 野菜や果物にはビタミンCが豊富に含まれているものが多いですよね。 私たちが野菜を必要とするのも、このビタミンCによる働きが大きいのです。 ネコちゃんは「野菜を必要としない」わけですが、ビタミンCは必要ないのでしょうか?実はその通りなのです。 ネコちゃんは体内でビタミンCを生成することができますので、食事から摂取しなくても問題ないのです。 もちろん生成量には限界があります。 成長期や妊娠期・授乳期にはたくさんのビタミンCが必要となりますから、その時期には外部から取り入れる必要が生じるでしょう。 ビタミンCは水溶性ですから、摂取しすぎても過剰症にはならずそのままおしっことして体外に排出されるだけです。 それで、食材からビタミンCを摂取しておいても害にはならないでしょう。 時期によっては少し意識して与えてくださいね。 鉄 鉄はネコちゃんの体内の酸素運搬に関わる栄養素です。 鉄はレバーや肉類などに豊富に含まれていますので、肉食のネコちゃんはしっかりと摂取出来ることでしょう。 チンゲン菜にも豊富に含まれているので、ネコちゃんの健康のためには良い食材だと言えます。

次の