税抜き計算 エクセル。 消費税抜きの価格を計算する関数は?:Excel(エクセル)の関数・数式の使い方/税金計算

消費税の税込み価格、税抜き価格の計算方法は?

税抜き計算 エクセル

1.税抜き価格から税込み価格を計算する 税抜き価格から税込み価格を計算する方法を紹介します。 その前に、消費税の計算を複雑にしている税率と%について解説します。 例えば日本語で次のように解説します。 消費税は2019年10月1日に税率が8%から10%に上昇します 税率とは、税金の額を計算するときに使う数字です。 消費税の額は、商品やサービスの本体の値段(本体価格や税抜き価格といいます)に応じて変わります。 本体価格が高くなると消費税の額も上昇します。 消費税の額は次の計算式で出します。 次に、税抜き価格(本体価格)と税込み価格(消費税を上乗せした価格)の関係についてみていきます。 先ほどの消費税の額の計算式から、両者の関係はこうなります。 「%」は、計算をするときに数字を100分の1にします。 すなわち8%は8の100分の1なので0. 08で、10%は10の100分の1なので0. 1です。 したがって、上記の計算式は以下のようになります。 1 これで税抜き価格(本体価格)から税込み価格(消費税を上乗せした価格)を計算することができました。 2.税込み価格から税抜き価格を計算する 税込み価格(消費税を上乗せした価格)から税抜き価格(本体価格)を計算するとき、先ほどの計算の逆の計算をします。 したがって日頃の買い物では、本体価格と消費税の額がすぐにはわからないことがあります。 そこで本体価格と消費税の額を計算するコツを紹介します。 <消費税8%の税込み価格から本体価格を計算するコツ>• 08で割る• 926をかける このいずれの方法でも本体価格を出すことができます。 例えば「税込み価格1,080円」と表示されていたら、次のように計算すれば本体価格1,000円が出ます。 08=1,000円• 926=1,000. 08円 下の計算式は端数の「0. 08」が発生しましたが、大体1,000円になることがわかります。 端数については後で解説します。 <消費税8%の税込み価格から消費税の額を計算するコツ>• 108で割って8をかける• 5で割る このいずれの方法でも消費税の額を出すことができます。 例えば「税込み価格1,080円」と表示されていたら、次のように計算すれば消費税の額80円が出ます。 <消費税10%の税込み価格から本体価格を計算するコツ>• 1で割る• 909をかける <消費税10%の税込み価格から消費税の額を計算するコツ>• 110で割って10をかける• 11で割る 3.小数点以下の端数は切捨てが多い 消費税の額や税込み価格では、どうしても1円以下の小数点がついた金額が出てしまいます。 1円以下には銭というお金の単位がありますが、銭は日常生活では使いません。 銭の額のことを端数といいます。 つまり金額を計算した結果、銭が出てきたら銭の額を「1円とみなす」か「0円とみなす」か決めなければなりません。 「銭の額を1円とみなす」方法は切り上げといい、1銭でも発生したら1円とみなす方法です。 ちなみに100銭=1円です。 「銭の額を0円とみなす」方法は切り下げといい、99銭でも0円とみなす方法です。 切り上げと切り下げの中間の存在が四捨五入です。 四捨五入は50銭以上を1円とみなし、49銭以下を0円とします。 銭の額(端数)の処理方法は法律で定まっていません。 つまり小売店によって1銭でも1円とみなすこともありますし、99銭でも0円とみなすこともあります。 ただ端数を切り捨てたほうが客の利益になるので、 切り捨てを採用する小売店が多いようです。 また業者と業者の間での取引では、両者で端数処理の方法を決めます。 さらに詳しくは、「」をご覧ください。 まとめ 「消費税」「本体価格」「税抜き価格」「税込み価格」「税率」「銭(端数)」といった、消費税ならではの「特殊な数字や金額」をみてきました。 端数処理は自由に決めることができるだけに「しっかり決めておく」ことが重要になります。 なお、当サイトでは 消費税計算アプリ「Taxrator」を無料公開しています。 上記表の 計算が価格を入れるだけで簡単に出来る便利なアプリです。 もう計算式を調べたり、毎回電卓で計算する必要はありません。 是非ご活用ください。 Ad Exchange.

次の

Excelの関数で消費税抜き価格を10%の税込価格に変更する方法と端数処理【切り上げ・切り捨て】

税抜き計算 エクセル

そして、エクセルで税込の金額を求めるには、難しい関数は使用する必要はなく、上述の計算式をエクセル上で表現するだけでいいです。 以下のデータで具体的な方法を確認していきます。 ENTERで計算を確定させると以下の通りとなります。 後はオートフィル機能(セルの右下にカーソルを合わせた際に出てくる十字をダブルクリック)で一括して計算していきます。 このようにして、エクセルにおいて税抜きの金額から税込の値段への換算ができるのです。 税込金額から税を抜いた価格を求める方法 今度は逆に、エクセルを用いて税が含まれた値段から税抜き金額を求める方法を確認していきます。 そして、こちらの税抜きの価格も関数を使用する必要はなく、上の計算式を入力していくのです。 計算を確定させると以下の通りとなります。 こちらに税抜き価格に対してもオートフィル機能をかけることによって、一括して税抜き後の値段を求めていきます。 このようにして税抜価格や税込の値段を計算できるのです。 どちらも基本的ですが重要な計算なのでしっかり理解しておくといいです。 まとめ ここでは「税込価格」「税抜価格」の定義やエクセルでのこれらの処理方法について確認しました。 なお、消費税10%の税率では後半の項目は1. 1という数値を当てはめるといいです。 上手にエクセルを活用して、より日常生活や業務を効率的にこなしていきましょう。

次の

Excelの関数で消費税抜き価格を10%の税込価格に変更する方法と端数処理【切り上げ・切り捨て】

税抜き計算 エクセル

使用例• 解説 構文 IF 条件, TRUE の処理 条件を満たすときは TRUE の処理を返します。 満たさないときは FALSE を返します。 IF 条件, TRUE の処理, FALSE の処理 条件を満たさないときは FALSE の処理を返します。 引数「条件」 条件を比較演算子を使って指定します。 引数「TRUE の処理」 引数「条件」を満たすときに返す値を指定します。 数値、文字列、セル参照、関数などを指定できます。 引数「FALSE の処理」 省略できます。 省略すると FALSE を返します。 引数「条件」を満たさないときに返す値を指定します。 数値、文字列、セル参照、関数などを指定できます。 引数「条件」に使用できる比較演算子には次のものがあります。 条件によって TRUE の処理か FALSE の処理のどちらか一方が実行されます。 条件が一つ セル「B3」がエクセルなら「Office」、それ以外は「違う」と表示する。 「」や「」と組み合わせても複数条件に対応できます。 その他の条件指定 条件が複雑すぎると、処理がどのようになっているのか判断できなくなるので次の関数の使用を検討します。 1 なら A、2 なら B といったインデックスに対応した値を取得するには「」を使用します。 好きな数値や文字列に対応した値を取得するには「」を使用します。 20 点以上なら D、40 点以上なら C といった評価を付けたいときは「」を使用します。 検索する値に対応した値を指定の列から取得するには「」を使用します。 検索する値に対応した値を指定の行から取得するには「」を使用します。

次の