ご検討のほど宜しくお願い致します。 ご検討のほど /文例・敬語の使い方・意味

「書類選考のほう宜しくお願い申し上げます。」この言い方は間...

ご検討のほど宜しくお願い致します

「今後とも」の意味 「今後とも」は、 「これからも」「以後も」を意味しています。 「今」は音読みだと「コン」「キン」、訓読みだと「いま」と読みます。 「今」は「過去と未来との境になる時」「現在」を表しています。 「後」は音読みだと「ゴ」「コウ」、訓読みだと「のち」「うしろ」「あと」と読みます。 「後」は「その時のあと」「これから先」「未来」を表しています。 「今後」は、「今からのち」「こののち」を意味していて、 「とも」は、「同じであること」「一緒」を意味しています。 「今後とも」には、「これからもずっと」という継続のニュアンスのほかに、「その次もまた同じように」という反復のニュアンスも含まれます。 「今後とも」は、 「このまま終わるのではなく、その先も関係を築いていきたい」といった意思表示の言葉になります。 「今後とも」は目上の人にも使える 「今後とも」は、「結びの言葉」としてビジネスシーンでは、汎用性が高いフレーズです。 「今後とも」は、「今後も継続して関係を築きたい」という意思を表明しているので、上司や取引先など、 目上の相手に対しても、目下の相手に対しても使うことができます。 「今後とも」はビジネスメールで使うことがほとんどです。 ビジネスメールでは最初と最後に挨拶文を入れます。 最初の挨拶文では「お世話になっています」が基本的です。 最後の挨拶、結びの挨拶はメールの内容によって変える必要があります。 ビジネスメールでの結びの言葉は、メールの内容をより引き立てたり、メール全体の印象に影響を与える重要な役割を持っています。 「今後とも」は「今後ともよろしくお願いいたします」といったように、一般的によく使われる結びの言葉で、取引先への挨拶や年末年始の挨拶として頻繁に使うことができます。 取引先とのメールで「今後ともよろしくお願いいたします」と使うことによって、 継続的に関係を続けるのをお願いすることとなります。 「今後とも」とよく一緒に使う「何卒」 「今後ともお願いいたします」は頻繁に使用することが多いフレーズです。 ただ、もう少しお願いする気持ちを強調して伝えたいときは、 「何卒」を組み合わせるのが良いです。 「何卒(なにとぞ)」は、相手に対して強く願う気持ちを表す言葉です。 「何卒」は、「どうぞ」「どうか」を丁寧にした言葉で、「何とかして尽くすのでお願いします」という意味合いで使うこともできます。 「何卒」を使うことによって、文章全体が引き締まる効果があるので、ビジネスシーンで「何卒」は頻繁に使用されます。 「何卒」は、メールや手紙など書き言葉として使うことがほとんどで、お願いやお詫びのときに使うことが多いです。 「今後とも何卒よろしくお願いいたします」と使うことで、「これからもどうぞよろしくお願いします」という意味になり、相手に対しての感謝の気持ちを強く伝えられます。 また、相手や状況によっては、「今後ともどうぞよろしくお願いいたします」や「今後ともどうかよろしくお願いいたします」と言い換えることができます。 「何卒」を使った定型文 ・何卒よろしくお願いいたします。 ・何卒ご配慮いただきますよう、よろしくお願いいたします。 ・何卒ご理解の程よろしくお願いいたします。 ・何卒ご容赦いただきますよう、よろしくお願いいたします。 ・ご多忙のところ恐縮ですが、何卒よろしくお願いいたします。 ・ご足労お掛けしますが、何卒よろしくお願いいたします。 ・何卒お付き合いのほど、よろしくお願い申し上げます。 「今後とも」を使った例文 「今後とも」の例文を紹介します。 ビジネスシーンで「今後とも」を使う場合 ・この機会にさらなる努力を重ねてまいります。 今後ともご支援とご愛顧のほどよろしくお願いいたします。 ・この度は誠にありがとうございました。 今後ともご指導頂けましたら幸いです。 ・今後とも変わらぬお付き合いのほど、よろしくお願いいたします。 ・今後とも何かとお世話になるかと存じますが、よろしくお願い申し上げます。 ・今後ともご指導ご鞭撻を賜りますようお願いいたします。 ・今後とも変わらぬご厚誼とご指導のほど、よろしくお願い申し上げます。 ・皆様のご期待に添えるよう、精一杯努力してまいる所存です。 今後とも変わらぬご愛顧を賜りますようお願い申し上げます。 ・今後とも昨年と同様お引き立てを賜りますよう、よろしくお願い申し上げます。 ・旧年中は、一方ならぬご愛顧を賜り感謝申し上げます。 今後とも変わらぬご愛顧のほど、よろしくお願い申し上げます。 「今後とも」の使用上の注意点 「今後とも」を使用するにあたって、いくつか注意しなければいけない点があります。 謝罪する場合には使わない メールの内容がお詫びや謝罪の場合には、「今後とも」の使用はなるべく避けるべきです。 自分が起こしたトラブルやミスについてのお詫びのメールで、「今後ともよろしくお願いいたします」と送ってしまうと、例え問題が解決していたとしても、ミスが起きたことについて反省していないのでは、または厚かましいと思われてしまう可能性があります。 お詫びのメールの際は、「今後とも」は使わずに、 「重ねてお詫び申し上げます」「ご期待に添えず、申し訳ありませんでした」「この度は大変申し訳ありませんでした」などといった謝罪の言葉か、「この度は誠にありがとうございました」などと問題が解決したことへのお礼で締めるのが適切になります。 継続的な付き合いをしない相手には使わない ビジネスメールなどで「以後も」「これからも」を意味する「今後とも」だと違和感がある場合には、他の言葉に言い換える必要があります。 例えば、ビジネスシーンでの取引が1回限りで、継続的ではない付き合いなどがあります。 取引が1回限りだと分かっている場合には、今後の付き合いを示唆する「今後ともよろしくお願いいたします」だと相応しくありません。 こういった場合は、 「誠にありがとうございました」「それでは失礼いたします」といったように、状況に応じた言葉で締めるようにしましょう。 また、取引があと少しで終わってしまう場合などは、「次回は改めてよろしくお願いいたします」だったり「次の機会は、ぜひご一緒させていただきたいと存じています」と言い換えるのが無難になります。 身内や親しい相手には使わない 「今後とも」は身内や親しい相手には使用しない言葉です。 「今後とも」は改まってこれからの付き合いをお願いする言葉です。 親しい相手に対して「今後とも」を使っても決して間違いではありませんが、身内に対して使ってしまうとどこかよそよそしく感じ、冗談だと捉えられる可能性があります。 親しい間柄に対しては、 「それではまた」「いつもありがとうございます」といった気軽な言葉の方が良いでしょう。 「今後とも」と「引き続き」の違い 「引き続き」の意味 「引き続き」には 名詞と副詞の2つの品詞があります。 「引き続き」のそれぞれの品詞の意味は、 名詞「引き続き」の意味 ・物事が途切れることなく続くこと 副詞「引き続き」の意味 ・続けざまに ・途切れることなく ・すぐそれに続いて といったようになります。 「今後とも」と「引き続き」の違い 「今後とも」と「引き続き」ほぼ一緒と言っていいほど意味に違いはない言葉です。 ただ、少しだけ言葉の持つニュアンスが異なります。 「今後とも」は文字通り、「これからも」や「以後も」という意味で、 「やりとりが一旦終わっても、これからも同様の付き合いを願う」ということを表します。 「引き続き」は「続けざまに」「途切れることなく続く」という意味で、 「このままと変わらぬ気持ちで関係を続けていくことを願う」ということを表します。 「引き続き」は、取引先へ経過報告をする時や、先方からの質問に答える時など、やりとり・取引が現在進行中の段階で使います。 例えば「この間の件ですが、A案の方で進めてください。 引き続きよろしくお願いします」と使うことができます。 この場合は「まだ完成していないけれど、最後までお願いします」といったニュアンスになります。 「引き続き」は、現在進行中のやりとりや取引に対して使います。 一方で、 「今後ともよろしくお願いします」は取引が一度終了したとき、この先の取引に向けての挨拶として使用します。 「引き続き」は現在進行形のことに対して使い、「今後とも」は未来のことに対して使います。 「今後とも」と「引き続き」の意味に、大きな違いはありませんが、使用場面に微妙な違いがあります。 一般的には「今後とも」を使用するのが無難です。 「今後とも」と「今後も」の違い 「今後とも」と「今後も」は非常に似ている言葉です。 2つともほぼ同じ意味ですが、ニュアンスに少々違いがあります。 「今後とも」は、現在に関する感謝の気持ちを含んでいますが、 「今後も」は「これから」のことに重点をおいていて、現在のことは含んでいません。 例えば、「今後ともよろしくお願いします」と言った場合は、「今回と同様にお願いします」といった意味になり、「今後もよろしくお願いします」と言った場合は、「これからもお願いします」といった意味になります。 「今後もよろしくお願いします」には「今回と同じように」という意味合いが含まれないので、現在に対しての感謝もほとんど含まれていないことになります。 ビジネスシーンでは、現在の感謝が含まれている「今後とも」を使うのが無難です。

次の

「ご検討のほどよろしくお願いいたします」の意味は?返事の仕方、類語、英語も紹介

ご検討のほど宜しくお願い致します

「何卒」の読み方と意味 ビジネスメールなどで使用される「何卒よろしくお願いいたします。 」という表現。 社内・社外ともに使用されるだけではなく、依頼をする際や謝罪、報告といったさまざまな場面で使われています。 そこで、「何卒」について一度おさらいをしていきましょう。 「何卒」は「なにとぞ」と読む 「何卒」の読み方がわからないという人は少数派かも知れませんが、目にする機会がなかった場合には間違って読んでしまうことも。 正しくは「なにとぞ」と読みますが、なかには「なにそつ」と読むと思い込んでいて恥ずかしい思いをした人もいるようです。 どのような意味で使用されるのか? 「何卒」は強く願う気持ちを表す副詞として用いられ、「どうか」や「どうぞ」といった意味を持ちます。 後ろにくる動詞を強調するため省略しても文章は成立しますが、「何卒」を付けることで文章全体がフォーマルな印象になるためビジネスシーンではよく使用されます。 「何卒」の正しい使い方 それでは次に、「何卒」が使われる場面についてみていきましょう。 メールや書面などで使われることが多い 主にビジネスメールや書面など書き言葉として使われる「何卒」。 話し言葉として使用されることもありますが、冷たく堅苦しい印象を与えることもあるため一般的には避けた方が無難でしょう。 ビジネスメールの締めくくりの挨拶として使われる「何卒よろしくお願いいたします」 定型文の一つとして記憶している人も多い「何卒よろしくお願いいたします。 」の一文。 主にビジネスメールの結びの文として用いるケースが一般的です。 用件だけでメールを終わらせてしまうと相手に不躾な印象を与えてしまいますが、この一文を加えるだけで全体がきれいにまとまりますね。 どのようなシチュエーションでも使用できるという便利さもあります。 お願いや謝罪の際に使用されることが多い 上記の定型文以外にも、相手にお願いや依頼をするとき、また謝罪の際にも「何卒」が用いられます。 許可が必要な場合や謝罪メールの結びとして「何卒ご了承くださいますよう…」や「何卒ご容赦くださいますよう…」のように使われます。 「何卒」を使った例文 実際にビジネスシーンではどのように「何卒」が使われているか、例文をご紹介します。 一般的な結び文 何卒よろしくお願いいたします。 季節柄、何卒ご自愛専一になさってください。 お願いや依頼の際に使う「何卒」 何卒ご確認いただきますようお願いいたします。 何卒ご了承ください。 何卒ご査収のほど、よろしくお願いいたします。 何卒ご協力のほどお願いいたします。 謝罪の際に使う「何卒」 何卒ご理解賜りますようお願い申し上げます。 何卒ご容赦のほどお願い申し上げます。 主にお願いや依頼の際に用いられますが、シーンに合わせて活用しやすいという利点があります。 例えば、返信が必要なメールの場合には「何卒」と「よろしくお願いいたします」の間に「ご返信のほど」と加えるだけで一文が出来上がります。 同様に「ご了承のほど」「ご検討のほど」などを用いることで、メールの本文に合った文を簡単に作ることが可能です。 「何卒」を使うときの注意点 「何卒」は、使用時にいくつか注意したい点があります。 多用しない さまざまな場面で使える便利な単語の「何卒」は、一つのメール上に何度も使ってしまう人もなかにはいるようです。 強調の役割を持つ単語ですので、繰り返し使用されると文全体が重くまとまりの悪いものになる可能性があります。 そのため使用する際には最小限に抑えるのがよいでしょう。 類義語と併用しない 丁寧に文章を仕上げようとするとき、「何卒」だけでは頼りなく感じてしまって「どうか」「どうぞ」を付け加えていませんか?同じ意味を表す類義語を併用すると文章がくどくなるため、ビジネスシーンでは嫌煙されがちです。 「何卒よろしくお願いします」は不自然 「何卒」という言葉自体に尊敬や謙遜の意味はありませんが、「どうか」や「どうぞ」よりも改まった印象を与えるためビジネスシーンでよく登場します。 しかし「お願いします」は丁寧語ですが相手への尊敬や謙譲の意味合いがないため、上司や取引先とのやり取りでは不自然と感じる人も。 そこで「何卒」を用いる際には「お願いいたします」または「お願い申し上げます」と組み合わせて使用した方がベターと言えるでしょう。 まとめ いかがでしたか。 ビジネスシーンでは適切に言葉を使用することはコミュニケーションを円滑に進めるうえで大切なことです。 相手に違和感を与えないためにも、この機会に普段よく使用する単語をもう一度見直してみてはいかがでしょうか。

次の

ビジネスメール「ご検討宜しくお願い致します」 (★★☆ 中級)

ご検討のほど宜しくお願い致します

「ご検討」とはどんな意味?言葉として合っているの? 「ご検討ください」という言葉は、主にはこちらが提案している事について、先方から良い返事が欲しい時に使われます。 商品の購入や契約の締結などのお願いの時に言った事がある、言われた事があるという方も多いのではないでしょうか。 「ご検討」とは文字通り「検討」なのですが、「ご」が付くという事は「尊敬語」です。 つまり「ご検討」とは先方がする「検討」を、こちらが「ご」を付けて伝える事で相手を立てている言葉です。 通常であればこの「ご検討」の後には「ください」などの丁寧語を付けて「ご検討ください」という言葉が完成します。 したがって、「ご」と「ください」が正しくつけられている「ご検討ください」という言葉は取引先や上司に使って良い言葉です。 基本がしっかりとわかっていれば、その言葉を使って良い場面や相応しくない場面が判断できるようになります。 「ご検討ください」では軽い気がする時はどうすれば良い? 「ご検討ください」という言葉は状況によっては何となく物足りなさを感じる事もある為「ご検討ください」の「ください」を他の言葉に変えてみる事をお勧めします。 では、具体的に場面に合った言い方をいくつか見てみましょう。 「ご検討願います」 「ご検討ください」が敬語として間違っていない事はわかっていても、心情的に自分の気持ちよりも言葉が軽く感じてしまう事はありませんか。 自分の気持ちを汲んで積極的に検討をして欲しいのであれば「ご検討願います」ではいかがでしょうか。 「ご検討ください」は「検討」をして「ください」という事です。 言葉にすると命令形ですのでやや一方的に感じる方もいらっしゃるでしょう。 一方「ご検討願います」は「検討」してもらう事を「お願い」する、という事です。 相手には「検討」をしてもらい、自分は「お願い」をする、という双方の役割が明確となる為、より相手を高い位置に置いている印象を持ってもらえます。 「ご検討くださいませ」 「ご検討くださいませ」という言葉も敬語としては問題はありません。 心情として「ご検討ください」では少し乱暴なのではないか、と不安に思った時に使われる事が多いのではないでしょうか。 ただし、「ご検討くださいませ」という言葉は少し相手を選びます。 ビジネス色を強く出したい時には控えた方が無難ですが、伝えたい相手が女性のお客様であったり年配のお客様である場合は「ませ」という語尾が柔らかさを出しますので適しています。 「ご検討の程よろしくお願いいたします」が与える印象は? 「ご検討ください」「ご検討願います」ではまだ気持ちが伝わらない、または少し強引に感じてしまうという場合は「ご検討のほどよろしくお願いいたします」を使ってみましょう。 「ご検討の程よろしくお願いいたします」は主に取引先の方など、特別に敬意を払っている事を先方に伝えたい時に良い役割を果たしてくれます。 受け取った相手もこちらの誠意を感じてくれますし、とても丁寧に言葉を選んでくれている事が伝わります。 相手に積極的に検討をしてほしい、前向きに真剣に考えて欲しいという場面では「ご検討のほどよろしくお願いいたします」が主流です。 たまに「よろしくご検討のほどお願いいたします」という表現を目にしますがこれは誤りです。 「よろしく」という言葉は「検討」ではなく「お願い」にかかる言葉ですので使用しないようにしましょう。 「ご検討いただければ幸いです」はどんな時に使う? これまでに紹介して来た言い方は「検討してもらう事を前提にしている」表現であり、検討した結果こちらが望む返事を期待するものでしたが、「ご検討いただければ幸いです」は検討してもらえない可能性が比較的高い場合に使います。 「検討する事をお願いする」のではなく「まずは検討してもらえたらそれだけでも有難い」というイメージで使用しましょう。 「いただければ幸い」という言い方は大変へりくだった謙譲表現ですので、特に取引先やお客様へは印象が良いです。 ただし、奥ゆかしい表現ではありますが、この言葉を取り囲む他の要素によっては自信の無さと受け取られる場合もありますので、検討材料を通常より多く具体的に提示するなどの注意が必要です。 まとめ 「ご検討ください」には様々な言い回しがあります。 状況によって適した言い回しができるよう、普段から複数の言い回しを覚えておきましょう。

次の