中小企業診断士の通信講座のおすすめは?合格率や費用を徹底比較!。 【全16社】【2021年向け】中小企業診断士通信講座総合人気ランキング

中小企業診断士の通信講座 おすすめオンライン講座の比較・ランキング【コスパ最高・独学に最適】2021年向け最新版|

中小企業診断士の通信講座のおすすめは?合格率や費用を徹底比較!

「中小企業診断士の通信講座を受講したいけど、どうやって選べば良いのかわからない・・・」 そんな悩みをお持ちの方も多いと思います。 たしかに通信講座を調べてみても正直違いが分かりにくく、どれを選べば良いか分からなくなってしまいますよね。 実際、中小企業診断士の試験は難易度が高く、 どの通信講座を選択するかで結果が大きく変わってしまいます。 特に初めて中小企業診断士にチャレンジする人だと、なんとなく通信講座を選んでしまい、後になって 「この通信講座は自分には合わなかった・・・」 と後悔することも少なくないです。 また、 中小企業診断士向けの通信講座では合格率などの合格実績を公表しているところが存在しないというのも、講座選びを難しくしています。 そこでこの記事では、資格Times運営陣が中小企業診断士の通信講座をあらゆる面から徹底的に分析し、通信講座選びにもっとも大切な• 講座費用• 教材の充実度• 学習サポート• 合格フォロー制度(不合格者に対するフォロー)• 会社の信頼性 の5つのポイントをもとに ランキング形式で紹介していきます! スタディング(通勤講座)の中小企業診断士講座は、 スマホ学習に特化している点が特徴です。 校舎を持たず、テキスト代なども大幅に削減していることで、予備校などと比較して 圧倒的な低価格で講座を提供することを可能にしています。 動画講義やテキストの閲覧だけでなく、学習スケジュール管理や暗記ノート作成など、 スマホを用いた様々な学習サポート機能も搭載されているのも大きな魅力です。 スタディングの評価項目 2020年度試験対応のコースでは、1次試験と2次試験対策をセットで 48,900円から受講可能です。 ただしこちらのコースは問題集や過去問講座が付属していないので、 基本的には一番人気のスタンダードコースを受講するのがおすすめです。 スタディングのスタンダードコースは 57,900円で受講可能であり、こちらも破格の安さとなっています。 多くの通信講座の価格が100,000円前後であることを考えれば、 スタディングの講座がいかに低価格でお得であるかが分かります。 また、合格者には合格祝い金として10,000円がプレゼントされるので、無事に合格した場合、スタディングの実質講座費用は 47,900円となります。 スタディングでは通常の講義動画やテキストがスマホで閲覧できるだけでなく、 独自の学習サポート機能を数多く取り揃えています。 例えば、「マイノート」機能では講義の受講中や問題を解いた後など、好きなタイミングでいつでも気づいたことや学んだことを書き留めておくことができます。 また、「問題横断復習機能」では以前間違えた問題や苦手分野の問題に絞った演習が可能であり、無駄のない効率的な学習に役立ちます。 このような 便利なスマホ学習システムはスタディングだけがもつ独自の機能であり、最先端の技術を武器に力強く合格を後押ししてくれます。 実際、 他の通信講座と比較してもスタディングの教材は明らかにクオリティが高いです。 スタディングの学習サポートとして特徴的なのが「勉強仲間機能」です。 勉強仲間機能では同じく中小企業診断士を目指す仲間を見つけることができるので、 お互いに刺激し合いながら合格までのモチベーションを維持することができます。 また、質問対応サービスも用意されており、 分からない点があっても講師の方にすぐに質問できるので安心です。 ただし質問は有料オプションとなっており、質問回数に応じて費用がかかる点に注意しましょう。 2019年5月からは AIによる学習補助システム「AIマスター」も誕生し、 どの範囲をどのように学べば合格に近づくのかが分かるようになりました。 こうした最先端のサポートを使えるのは、あらゆる中小企業診断士講座の中でスタディングだけです。 フォーサイトの診断士講座の特徴• こだわりのテキストと鮮明な映像講義!• 二次試験講座は最近開講されたため、指導力に不安が残る フォーサイトの中小企業診断士講座は、分かりやすく暗記もしやすいフルカラーテキストや、特許取得のeラーニングシステムなど、 極めて質の高い教材を提供しています。 また講義映像もハイビジョン撮影されているので鮮明で見やすく、ストレスなく受講することが可能です。 そんなフォーサイトの講座ですが、惜しい点として 二次試験対策の講座が最近開講されたため、二次試験での指導力がどれほどあるのかわからないという点です。 他の講座では、二次試験の指導実績も十分で指導力があるため、この実績と比較するとフォーサイトの講座はやや不安に映るかもしれません。 しかし、他の講座でも優れた実績を残しているフォーサイトの講座なので、 二次試験の講座も高い完成度であることが予想されます。 フォーサイトの中小企業診断士講座について合わせて読みたいおすすめ記事! LEC東京リーガルマインド 大手資格予備校の一つであるLECですが、予備校の中では比較的通信講座にも力を入れています。 TAC 資格予備校の中でも最大手であるTACは通学講座をメインとしていますが、WEB通信やDVDなどを用いた通信講座も提供しています。 ただし 講座費用は300,000円以上と非常に高いので、通学しない人がわざわざTACの通信講座を選ぶメリットはほとんどありません。 教育訓練給付制度の対象講座でもあり、信頼度は申し分ないですが、費用対効果はあまり良くないでしょう。 一方で通学講座では毎年多くの合格者を排出しているので、通信ではなく通学で学びたいと考えている方にはおすすめです。 資格の大原 資格の大原でも通信講座を取り扱っているものの、中小企業診断士向けの通信講座の中ではかなりマイナーです。 講座費用も上記2社同様20万円以上と通信講座としてはかなり割高です。 大原は通学講座の評判は良いものの、 通信講座をメインでお探しの方であれば選択肢に入れなくても特に問題ないでしょう。 資格スクール大栄 大栄の中小企業診断士講座は、中小企業診断士の資格だけでなく 関連する資格も同時に取得が目指せる点が特徴的です。 関連資格には例えば簿記3級やITパスポート、経営学検定などが挙げられます。 また、資格スクエアと提携することでオンライン学習にも対応しています。 ただし合格者の声などはほとんど見られず、 受講者数はかなり限られていると推察されます。 KEC中小企業診断士講座 KEC中小企業診断士講座は 少人数制での密度の濃い講義が特徴の予備校です。 通学メインの学校ですがWEB通信での講義にも対応しています。 ただしいずれも講座費用は高く、コースにもよりますが 30万円以上する講座が多いです。 一方でKECの強みである少人数制での「双方向的な学習」を生かすためには、通信講座ではなく通学講座を選択するべきでしょう。 中小企業診断士の2次試験対策専門校 中小企業診断士対策を実施している学校の中には 2次試験対策に特化しているものも複数あります。 既に1次試験は突破している人は、2次試験対策専門の講座を受講することでより効率的に学習を進めることができます。 TBC受験研究会 TBC受験研究会は2次試験対策を運営している予備校の中では最も歴史のある予備校です。 主に2次試験対策を中心に行なっている通信講座であり、添削サービスなど 2次試験の対策に必要なサポートは全て揃っています。 一方で 2次試験対策講座だけで割引込みで108,000円なので、決して安くはありません。 MMC MMCは2次試験対策専門の予備校の中では 最も知名度の高い予備校です。 MMCでは非常に親身な個別指導を受けることができ、高い指導力で 毎年高い合格率を叩き出しています(現在合格率は非公開)。 通学講座は都内でのみ実施されていますが、通信講座にも対応しているのでお住いの地域にかかわらず指導を受けることができます。 AAS AASも2次試験対策専門校であり、 通学講座・通信講座のどちらにも対応しています。 通学講座は全国主要都市に限られるので、地方の方は通信講座を受講することになります。 2次試験対策の専門校の受講料は100,000円以上かかると考えておいた方が良いでしょう。 通信講座選びで重要な5つのポイント 講座費用 中小企業診断士の通信講座は、 基本価格が50,000円前後の講座と100,000円前後の講座の、大きく2つに分けることができます。 講座費用が高い方がサービスの質が高いということでは全くないので、 講座費用が高いものは「なぜ高いのか」の理由をよく考える必要があります。 もしも価格に見合うメリットが見当たらないのであれば、安い講座の方が単純にコストパフォーマンスが良いと判断できます。 また、各種割引制度や合格祝い金制度などの有無にも注意を払いましょう。 教材の充実度 中小企業診断士の試験は難易度が高いので、 テキストや問題集・過去問演習などが不足なく完備されているかは非常に重要なポイントとなってきます。 教材の充実度や分かりやすさは、 講座の評判や口コミなどでも確認できます。 学習サポート 中小企業診断士に合格するためには、およそ 1000時間の勉強時間が必要と言われています。 合格までに数年を要する方も珍しくありません。 こうした長い試験期間を乗り切るためには、質問対応などの各種サポートが重要な役割を果たします。 これらのサポートは実際に普段の学習に役立つだけでなく、 試験勉強のモチベーション維持にも効果的です。 これは数ある国家資格の中でも極めて低い水準です。 したがって受験生は基本的に、 不合格になってしまう可能性を考慮した上で勉強する必要があります。 不合格者に対する「再受講割引(または再受講無料)」などの制度を用意している講座は、こうした試験の特徴を適切に反映しているので、 受講生の実情に即した講座であるといえます。 会社の信頼性 通信講座を提供している会社の信頼度は、 教材の質や講座のクオリティを間接的に判断する1つの指標となります。 会社の知名度や合格者の声といった周囲からの評判だけでなく、教育訓練給付制度の対象講座に指定されているかどうかも、判断材料として有効です。 合格実績を比べるのは難しい 多くの場合、通信講座を選ぶ際は「合格実績」が大きな判断材料となりますが、 中小企業診断士試験の場合は状況が異なります。 というのも、診断士試験は1次試験から2次口述試験まで存在することや、講座のコース毎に1次試験対策なのか2次試験対策なのかが異なっていることから、 合格率の算出が難しくなっているからです。 実際、中小企業診断士試験の通信講座に関して、合格率や合格者数を具体的に公表できているところはほとんどなく、比較したくてもできない状況になっています。 したがって、中小企業診断士の通信講座を比べる際は、上記の5つのポイントを元に判断するのがベストです。 つまり、 1科目でも4割以下だと不合格になってしまうということです。 中小企業診断士は1次試験に7科目、2次試験では4科目ありますが、 苦手科目を作らないように満遍なく勉強する必要があります。 1次試験と2次試験の間隔が短い 中小企業診断士試験では 1次試験から2次試験までの日数が2ヶ月ちょっとしかありません。 この短期間で2次試験の記述式の対策をゼロから初めて合格するのは極めて困難です。 一発合格を狙って勉強している方は、1次試験対策を進めながらも、 その知識が2次試験の解答作成にどのように生きるのかを常に考えることが大切になってきます。 また、知識をどのように応用させるかを意識しながら勉強をすることで、自然と1次試験に必要な知識に対する理解も深まるでしょう。 したがって通信講座を選ぶ際は一発合格を目指すのはもちろんのこと、 2年目3年目の試験も視野に入れておくことが大切です。 また、ほとんどの科目で科目合格を達成している場合は、2次試験対策専門校の受講も検討してみるのも良いでしょう。 独学と通信講座はどっちがおすすめ? 難易度の低い資格であればわざわざ通信講座で講義を受けたりせずとも、独学で十分に合格が狙えます。 しかし、中小企業診断士は非常に難易度の高い資格です。 難易度の高い試験に独学で挑戦する最大のデメリットは、 途中で挫折してしまいお金も時間も無駄にしてしまう可能性が高いことです。 通信講座であれば充実した教材や講義で効率的な学習ができるほか、 各種サポートによりモチベーションを保つことができます。 さらに上で紹介したように、スタディングや診断士ゼミナールなど 通信講座の中には独学と費用がほとんど変わらないものも存在します。 こうなると、通信講座ではなく独学を敢えて選択する意味はほぼ無いと言えるでしょう。 以上の理由から、中小企業診断士の資格を目指すなら 圧倒的に通信講座の方がおすすめです。

次の

スタディングと診断士ゼミナール(レボ) 徹底比較 どっちがおすすめ? 【中小企業診断士の通信講座】|中小企業診断士の通信講座 おすすめオンライン講座の比較・ランキング【コスパ最高・独学に最適】2021年向け最新版

中小企業診断士の通信講座のおすすめは?合格率や費用を徹底比較!

中小企業診断士の資格はビジネスマンにとって必要な知識を得ることができますので、人気があります。 社内での評価アップはもちろん、独立開業も視野に入れることができますので、ある程度の時間を使ったり、予備校・通信講座へ投資する価値は十分にあります。 中小企業診断士試験は難しい問題も数多く出題されますので、勉強の効率性を重視されている受験生には予備校の利用をおすすめしています。 忙しい方であれば中小企業診断士通信講座・通信教育を利用するのも1つの手でしょう。 最近ではオンラインメディアが充実してきていて、大手だけではなく、期待の新勢力も増えてきています。 それらはカリスマ講師の講義を受けることができ、安い・格安費用・学費で入会することができるなど数多くのメリットが存在します。 たくさんスクールがありますので、迷われている方は当サイトの中小企業診断士通信講座おすすめランキングで決めるのも1つの手ですし、重要項目を徹底比較するのもアリでしょう。 学習メディア・教材 WEB通信 抑えておくべきポイント 初心者向けベーシックタイプのスタンダードコース、パーフェクトコース。 学習経験者・上級向けのアドバンスコース、ハイレベルコースなど多彩な中小企業診断士講座があります。 クレアールは通学校舎は無く、通信教育専門になりますので、忙しい社会人・学生などが効率的に学習することができる仕組みを知り尽くしています。 低料金である点、口コミ・評判など選ばれる要素はたくさんあります。 学習メディア・教材 映像講義、印刷テキスト、DVD 抑えておくべきポイント 中小企業診断士試験対策に特化している予備校ですので、教材の質、料金・価格のコストパフォーマンス、合格実績に優れているのが特徴的になります。 3年間受講延長無料制度、合格お祝い金制度など各種サポート制度も多数ありますので、お得に利用することができます。 大手予備校・専門学校の場合は一般的に入学金・入会金を徴収されているケースが多いのですが、診断士ゼミナールでは入学金はありませんし、送料も全て無料など太っ腹ぶりが高評価を受けています。 とりあえず1次試験合格を目指したい方も受験経験者も様々な方が効率的に学習できるコースがラインナップされています。 学習メディア・教材 オンライン 抑えておくべきポイント 短期合格を目指すための工夫を徹底的に分析しているスクールです。 スタディング(旧通勤講座)の特徴は「忙しい方でも無理なく合格を狙える」、「スキマ時間を活用できる」、「分厚いテキスト不要!スマホでOK」などになります。 通勤時間、休み時間、家事、料理中、移動時間、カフェ、約束の待ち時間を無駄にされている方は結構多いと思います。 それらを合計すると結構な学習時間を確保することができますので、ライバル達に差を付けることができます。 学習メディア・教材 映像、テキスト 抑えておくべきポイント ヒューマンアカデミーは効率性重視の通信教育になりますので、徹底的に無駄を省いて、合格点を取る学習システムになっています。 学習範囲を厳選しているので、短期間で合格することも可能です。 また、1次試験対策だけではなく、2次試験対策についても答練添削サポートがあるなど非常に充実した内容になっています。 テキスト・問題集・過去問等の教材への口コミ評価にも優れていて、映像講義と合わせて視覚と聴覚の両方から分かりやすい講義を実現されています。 誰もが知る大手資格学校のヒューマンアカデミー通信講座「たのまな」は今後さらに期待です。 学習メディア・教材 DVD、音声ダウンロード、アプリ 抑えておくべきポイント 他社と比較すれば一目瞭然ですが、兎に角!費用が格安です。 コストパフォーマンス重視で選ぶのであればKIYOラーニング通勤講座、資格スクエア、ユーキャン、診断士ゼミナールなどリーズナブルな料金体制のスクールと比較してみるといいでしょう。 企業経営理論、運営管理、財務会計、経営情報システム、経済学・経済政策、経済法務、中小企業経営・政策など科目別対策も充実しています。 学習メディア・教材 WEB、DVD 抑えておくべきポイント 大手の中小企業診断士予備校ですので、初心者向け&学習経験者向けのコースが多彩にラインナップされているのが特徴的になります。 業界内で有名なカリスマ講師も多数在籍されているなど、知名度・実力派で選ぶのであれば非常におすすめすることができます。 ポイントになっているのは1次試験と2次試験の融合的な学習になります。 さらには演習量を重視したカリキュラム、過去問を徹底重視した効率的学習、本試験における的中率などに優れています。 各種合格サポート・バックアップ制度も充実していますし、合格実績も豊富ですので安心感がありますね。 学習メディア・教材 テキスト教材 抑えておくべきポイント 流行語大賞でお馴染みの資格・スキル通信教育大手です。 ビジネス系資格講座も豊富で中小企業診断士試験対策にも力を入れています。 最大の特長と言えるのが全部で6冊のテキスト教材です。 企業経営の仕組みを体系的に学ぶことができるので学習初心者でも分かりやすく進めることができます。 二次の記述式試験対策においても講師による個別指導がありますし、添削課題の赤ペン指導などサポート体制も充実しています。 また、本科コースでも10万円以下の価格帯になりますので、予算の少ない方でも安心ですね。 学習メディア・教材 DVD通信、WEB通信 抑えておくべきポイント 中小企業診断士試験対策の王道と言えるのが資格のTACです。 1次試験、2次試験共にハイレベルの講義、サポート体制になりますので、予備校選びに迷っているのであれば必ず比較対象に加えておきたいところです。 ベーシックタイプの本科生ですと基本編と直前編に分かれているのが一般的です。 全国各地に校舎がありますので、通学教室を選択される受講生も多いのですが、忙しい社会人などの場合ですと通信制の方が効率的に学習できるケースもございます。 知名度、合格実績、講師の評価は業界トップレベル!!! 資格スクエア 現在、中小企業診断士講座の取扱は終了しています。 学習メディア・教材 オンライン 抑えておくべきポイント 1次試験対策コース、2次試験対策コースに分かれて開講されています。 資格スクエアはカリスマ講師と呼ばれている一流の指導力の講義を格安で堪能することができるのが特徴的な通信講座です。 知名度で考えるとTAC、LEC、大原などの大手予備校に劣りますが、費用の安さ、中小企業診断士講座の質を考えた時のコストパフォーマンスは抜群です。 オンラインですので、いつでもどこでも学習をすることができますので、忙しい社会人もスキマ時間を活用して合格を目指すことができます。 他社との主な違いは教材のデータ化、リアルタイムな学習・成績管理、関連検定との一元化などが挙げられます。 オンライン・通信講座の特徴~メリット・デメリットとは? 中小企業診断士予備校を通信と通学で悩んでいる方に知ってもらいたい通信講座のメリット・デメリットをまとめてみました。 【〇】自宅近くに校舎が無くてもOK 受験者で多いのが「予備校=校舎へ通学する」とイメージをもっている点です。 予備校と一括りに行っても自宅で勉強することができるスタイルもあります。 それが通信講座です。 自宅近くに校舎が無い場合ですと無理して遠方に通ったり、独学を選択する人がいるのですが、それはハッキリ言って止めておくべきです。 通学時間が長い場合も、独学も中小企業診断士試験を突破する上で非効率的です。 通信講座であればどこでも、いつでも学習OKです! 【〇】学習効率が高い 通学の生講義の場合ですと分からない場所でストップしたり、不要な部分を飛ばすことはできません。 しかし、通信講座であれば分からない場所は繰り返し視聴することができますし、理解がある科目は倍速で視聴することができます。 例えば2倍速で講義を受ければ通学の授業の2分の1の時間が学習することができます。 忙しい社会人に向いている受講スタイルと言えるでしょう。 【〇】料金・費用が安い TAC、LEC、大原など大手予備校の場合ですと通学と通信で学費の差はほとんどありません。 但し、クレアール、スタディング、診断士ゼミナール、フォーサイトなど通信教育専門のスクールの中小企業診断士講座の価格帯を見ると 大手通学の2分の1~4分の1程度の学費で受講することができます。 コストパフォーマンス重視の方は通信講座がおすすめです。 特に通信の場合ですと自習が基本になりますので、1人で勉強することが苦手な方には向きません。 皆が集まっている場所の方が集中することができるのであれば通信より通学の方が向いていると思います。 但し、結局のところ中小企業診断士試験は通学の場合も通信の場合も1人の時間が合否を左右します。 自習が出来ない人はどのような受講スタイルでも合格するのは難しいでしょう。

次の

【勉強開始時期別】中小企業診断士の通信講座はこう使え!メリット・デメリットも解説

中小企業診断士の通信講座のおすすめは?合格率や費用を徹底比較!

結論から言うと合格に近いのは、間違い無く通信教育だと思います。 なぜなら「ノウハウ」があるから。 とっても理由はシンプルです。 難関資格になればなるほど、試験範囲は広範囲になります。 まんべんなく学習範囲をコンプリートする気でいると、何年何十年かかるか分りません。 司法試験をイメージしてみて下さいね。 何でもそうだけど、「急所」を付いた戦い方というのはとても大切。 難関資格に立ち向かうのにノウハウ無しで受験するのは、武器持たずにドラゴンと戦うようなもの。 ちなみに僕も通信教育だったから、選ぶにあたっては、各通信教育について研究したし、比較しました。 合格するために調べた内容や考え方について紹介していきます! TAD この記事は、こんな人に向いています。 これから、中小企業診断士を目指そうと思っている人• 通信講座のリアルな評判を知りたいと思っている人• 自分に合った通信講座を知りたい人 僕は、現役の中小企業診断士です。 ど田舎在住で、大学受験を含め、試験の成功体験はありませんでした。 だけど、勉強方法を工夫したり、習慣化を意識することで中小企業診断士を含め国家資格に合格することが出来ました。 自分なりの夢を達成することで、世界の景色が違って見えると思っています。 (自分を変えることに自信が付きました) 順を追って説明していきます。 初学者向け中小企業診断士講座選びのポイント 中小企業診断士の講座は、自分に適した勉強スタイルで選ぶべきです。 時間が無いビジネスマンに最適。 コスパ手ごろ。 コスパも文句なし。 短期間に集中してガッツリやる人向け。 優秀な講師と独自テキストは魅力的でフォロー体制も充実。 科目別講座もあり安定的な人気がある。 このあたりが初学者にはベストだと思います。 おすすめの通信講座3選 では、おすすめ通信講座の特長をざっくり見ていきます。 スタディング スタディングの特長 スタディング 中小企業診断士講座は、短期間で国家試験に合格した人たちの勉強法を徹底的に研究することで開発したオンライン講座です。 従来の資格講座とは違い、仕事が忙しい方でも効率的に勉強ができるように、スキマ時間を活かした学習に最適化されています。 現在、毎年多くの受講生が短期間で合格し、経営コンサルタントやマーケティングの分野で活躍するなど、国家資格試験に特化したスタディングの効果が実証されています。 特に「仕事などで忙しい人」が「短期間で」合格されているのが特長です。 学習場所や時間に影響を受けず、オンラインでいつでもすぐ学習に取り組めることなど、大手資格学校にはない、さまざまなメリットがあります。 引用:スタディング公式HPより 診断士ゼミナール 診断士ゼミナールの特長 ・図やイラストを多用した「フルカラーテキスト」 合格のカギを握るのは、学習の基礎となるテキストです。 またイメージとして頭の中に残りますので、記憶にも定着しやすくなります。 引用:診断士ゼミナール公式HP クレアール クレアールの特長 クレアールのWeb通信講座は、超効率的な学習法「非常識合格法」、非常識合格法の学習効果を最大限に引き出す「Vラーニングシステム」、Vラーニングシステムによる学習を最も効率的に進める「マルチデバイス対応」で、最高の時短学習を目指します。 引用:クレアール公式HP 大手予備校と評価が高い講座2選(体験談) 資格の学校TAC 大手予備校でおすすめはTAC(中小企業診断士講座)です。 とにかく実績があり、テキストや問題集の安定感は抜群。 信頼感ハンパなし。 僕もTACにお世話になりました。 とにかく、不足感を感じることが無かったです。 学習スケジュールもしっかりあって、僕は、各年度でしっかり努力した科目は結果を出すことができました。 TACはしっかりと時間が取れる人及び計画的にしっかりと勉強出来る人向けと思います。 余談ですけど、TACの模擬試験は絶対受けた方が良いと思います。 特に 中小企業経営・中小企業施策、 経営法務についてはぜひ。 僕の時は激アツで、類似問題を研究して臨んだら点数をけっこう稼げました。 日本マンパワー とにかく、中小企業診断士試験の通信教育の老舗。 諸先輩の中小企業診断士は、日本マンパワーの通信教育で取得した人も多く、受検体験談話で良く耳にする講座です。 僕は3年目から使いました。 流石に分かり易いですけど、初学者向きというより経験者向きの講座と思います。 ・実績がある講座である ・科目別もある ・コスパが良い ということから、 科目強化目的でオプション利用も有りだと思います。 中小企業診断士試験の勉強方法と特徴 サラリーマンは、スキマ時間勉強が最強 中小企業診断士試験においてサラリーマンは スキマ時間の勉強が最強であり必須です。 というか、 今もって、座学のみ(自宅や図書館の机で)の勉強はいかがなものかと。 通勤・会社での仕事を終えて、自宅の机に向かって、いざ勉強。 って、「勉強始めるまでのハードル」ハンパなく高くないですか? というか、僕は座学のみの勉強で失敗してきました。 でも、 スキマ時間に勉強する習慣をつけることで、人生に変化が出てきました。 通勤(通学)するときや、移動するとき、昼休みやヒマな時間など、遊ぶ時やガチで仕事する時、他人と一緒にいる時以外はすべて勉強出来ます。 勉強のポイント 試験に出る箇所を効率よく勉強すること おすすめ通信講座料金比較 続いて、通信講座の料金比較です。 比較の前提として、中小企業診断士試験1次2次のストレート合格の標準コースを対象としています。 とが5万円前後、クレアールとTACは200,000円前後、300,000円前後となっています。 は、とても安価で少し心配になると思いますが、 「分りやすさ」「継続のしやすさ」「満足度」で業界NO1となっています。 とてもコスパが良い通信教育となっており、実績も十分そうです。 初学者におすすめの通信講座ランキング 通信講座をまとめると、 中小企業診断士試験は、「スキマ時間を活用」・「継続する仕組み」・「ポイントを効率的に学習すること」が重要です。 で、自分の学習スタイル(現在の生活スタイル)にとって 「一番に優先すること」と「予算」を検討して講座を選ぶのをオススメします。 この3つの観点からランキングです。

次の