温泉 ヘ 行 こう キャスト。 サンの夢、華城完成!忠臣ジャンボの裏切り?「イ・サン」第75話あらすじと見どころ動画、キャスト情報

温泉へ行こう

温泉 ヘ 行 こう キャスト

警視庁捜査一課 十津川班 [ ] 演 - (第1作 - 第4作・第6作 - 第27作・第29作 - 第33作)、 (第34作 - ) 第5作ではが、第28作ではが三橋の代役で出演した。 警視庁捜査一課・十津川班班長。。 とはかなりの信頼関係ができており、捜査で地方に飛ぶ場合などは行動をともにすることが多い。 また、が絡む事件に関しては「実際にその列車に乗車してみよう」と提案するなどかなりの行動派。 不当な権力に対しても決して屈せず、むしろ緻密にかわす強かさも備えている。 部下に対しては非常に懐が深く、不当な理由で部下が危機に陥った場合は徹底して庇う一方で無実を証明するために奔走する、部下の身内が容疑者として疑われたり部下が容疑者の容疑事実を承服できなかったりする際には気の済むまで休暇取得による私的捜査を許す(ただし警視庁としての後押しはできないという条件付きで)など、優しさと厳しさを兼ね備えた上司である。 普段は温厚だが自分勝手な犯人に対しては激高することもあり、亀井刑事になだめられる場面もある。 なお、三橋時代と高橋時代で、それぞれ原作と大学時代のサークル活動が違う(原作は部)。 三橋達也時代の十津川省三 ・版では落ち着いたベテラン刑事といった佇まいで、性格は温厚である。 愛川欽也演じる亀井刑事とは、ちょうど原作と立場が逆になっている。 1作目では、捜査について周囲から意見を聞かれても特にも何も言わないなど「やる気のない上司」を思わせるシーンがあったが、2作目以降はすぐになくなっている。 初期の段階ではあまり自ら動かず、捜査一課のオフィスや捜査本部にどっしりと構え、亀井やの報告を待っていることが多い。 逆に十津川が自ら動くというと、亀井があっけにとられてしまうほど。 しかし事件の真相に迫る為には、腰が重いということはない。 とはいえ、理不尽や犯罪者の勝手な言い分には、激昂して声を荒らげることもあった。 亀井が人情キャラクターとなり犯人を説得しようとする一方、十津川は犯人のアリバイトリックを崩す推理の方を担当することが多い。 この「捜査一課の重鎮」的なキャラクターづけの為、オープニングやエンディングのキャストロールでは最後に配されていた。 大学時代のサークル活動は部に所属していたとされる(第9作「」)。 なお、用ゲーム『』では、キャラクターは本シリーズの俳優をモデルに描かれているが、十津川は第5作で代役を務めた天知茂がモデルになっている。 高橋英樹時代の十津川省三 自身よりベテランの亀井を従えて飛び回る、より原作に近いキャラクターに変更された。 相手に激昂して、亀井にたしなめられるような熱血漢でもある。 夫人と行動を共にするなど、私生活を描かれることも多く、またフランクな言葉遣いをしている。 主人公的位置づけに戻ったため、高橋時代のキャストロールでは1番先頭にくることが多かった。 大学時代のサークル活動は部に変更されている(第41作「夜行列車の女」)。 演 - (第4作 - 第7作・第11作 - ) 警視庁捜査一課・十津川班所属。。 とともに西本に次ぐポジションの中堅。 おもに過去の捜査資料の分析や鑑識・他道府県警や所轄署との連絡窓口役としての役割が主だが、聞き込みや犯人確保にも積極的に関わる。 第11作や第30作、第45作では警察官であることを隠しての潜入捜査も行っている。 第4作「寝台特急あかつき殺人事件」の中で亀井に捜査一課へ着任の挨拶をしており、さらに清水には十津川に憧れて刑事になった旨を話している(この当時は、かなり痩せていた)。 登場当時は亀井に「女刑事」と呼ばれるなど扱いが煩雑であったが、経験を重ねるうちに十津川や亀井をはじめ課員からの信頼も厚くなっている。 清水がいた当時はコンビを組んで捜査に当たることが多かった。 久保田刑事が着任するまでは十津川班の紅一点的存在だった。 演じる山村は、第3作で被害者の友人役として登場後、第4作から北条早苗役にシフトしレギュラー出演している(スケジュールの都合上、第8 - 10作は出演しておらず、第8・9作は女性刑事の役をが、第10作はが演じた)。 久保田あかね 演 - 【旧・伴杏里 】(第52作 - ) 警視庁捜査一課・十津川班所属。 階級は巡査部長。 北条刑事、橘刑事に続く十津川班3人目の女性刑事。 第52作で、旅先で知り合った資産家の女性に対する殺人事件の被疑者にされ自殺を図った兄の足取りを追って、私的に捜査を行っていた西本刑事を付け回す謎の女性として登場するが、ラストシーンで、実は十津川班に加わることになった新人刑事で、異動前に長期休暇を取り旅行中、偶然見かけた西本を刑事と気づかず不審者と勘違いして尾行していたと明かされた。 続く第53作から、十津川班の一員として捜査活動に加わっている。 小林宏昌 演 - 【旧・天原まさみち 】(第36作 - 第52作・第61作 - ) 警視庁捜査一課・十津川班所属。 巡査部長。 十津川班では最もキャリアの浅い刑事とされ、犯人逮捕時の確保役や事件発生時の先遣役となることが多かった。 彼の着任前の十津川班は亀井・西本・清水・北条・日下以外に役名のない刑事が複数人配置されていた。 第52作をもって久保田と入れ替わる形で日下と共に一旦退場、後に第61作より同役で再び十津川班に復帰している。 演じた佐藤(天原)は、第35作では名寄中央警察署の刑事として出演。 柿沼浩輔 演 - (第69作 - ) 警視庁捜査一課・十津川班所属。 演 - (第1作 - 第57作)、(第58作 - ) 警視庁捜査一課・十津川班副班長。 警部補。 十津川の右腕的存在。 昔気質の粘りとフットワークの軽さを武器にする刑事で、その根気強い聞き込みで新事実をあぶり出す。 被害者・加害者の双方に対して情け深い一面があり、容疑者からの電話にその心情を容疑者の側に立って思い図る一言を添えて犯行を思い止まるよう必死に説得したり、十津川に対しても(せめて容疑者がある思いを遂げるまで)逮捕を待ってほしいと願い出たりというところがある。 青森県出身のため、北の方から東京へやってくる寝台列車に対しては思い入れがある様子を第51作で見せている。 また青森県自体にも思い入れがかなり強く、青森県警出向の際は捜査一課宛の手紙の中で「このまま故郷に骨を埋めようか」と言及していた。 第56作では青森県警へ捜査研修の講師として出向しており不在で、青森県警でのシーンと手紙のみでの登場。 三橋十津川時代の亀井刑事 東映・テレビ朝日版の第1作「終着駅殺人事件」が制作された時点では、演じる愛川欽也自身は47歳であり、三橋の方が11歳も年上であった。 このため、シリーズ最初期の亀井は原作のいぶし銀的なキャラクターに対して、フランクで行動派という西本・日下・清水らの兄貴分的立場で、コメディタッチな言動も見受けられた。 また容疑者に対して熱弁をふるったりもする熱血漢であった。 ストーリー上も十津川・亀井の立場が原作と逆となっており、実質的に主人公となっていた。 キャストロールでも愛川が先頭だった。 基本的に亀井が拳銃を使用する描写は作中では見られないが、第4作「寝台特急あかつき殺人事件」のオープニングのみ拳銃を発射する場面が使用されている。 愛川が50代後半になる三橋十津川の後半では、落ち着いた穏やかなキャラになり、原作のイメージに近づいたが、それでも十津川・亀井が原作と逆転した関係はその最後まで続いた。 高橋十津川時代の亀井刑事 より原作に近いイメージの高橋十津川に主人公を返上した形となり、普段は穏やかだが、捜査では粘り強さとフットワークの軽さを発揮するベテラン刑事という、原作に近いキャラクターに落ち着いた。 なお、演じた高田純次は2008年版「山陽・東海道殺人ルート」で元警部・山内として登場している。 元十津川班のメンバー [ ] 演 - (第1作)、【元・井川大輔 】(第2作 - 第30作・第32作 - 第57作) 警視庁捜査一課の刑事。 階級は巡査部長。 北条とともに西本に次ぐポジションの中堅刑事。 おもに管轄内での聞き込みや犯人逮捕時の確保役を任されている。 よくメモを取ったり、容疑者張り込みや犯人確保には積極的に関与したりするなどかなり真面目な様子。 登場当時は若手刑事というキャラクター上、スーツでなくラフな格好で捜査に当たっていた(第6作-第9作)。 目上である西本を積極的にサポートし、後輩刑事の面倒見も良い。 北条とは二人で聞き込みに行くことが多く、その際に得た情報を整理して推理することもあった。 西本とは逆に捜査の進展に関わる事柄に気づくことも。 第13作では事件解決に納得いかず独断で捜査を続け、犯人に襲われ瀕死の重傷を負うが、奇跡的に一命をとりとめ、自らが真犯人逮捕の証人となった。 長らく演じた井川は、愛川の実子(前夫人とのあいだに生まれた長男)であり、第57作をもって愛川とともに降板した。 演 - (第1作)、(第7作)、(第23作)、 (第26作 - 第39作・第41作・第45作 - 第52作) 警視庁捜査一課の刑事。 階級は巡査部長。 よく聞き込みに出かけて新情報をもたらし捜査を進展させる場面が多い。 捜査対象者の張り込みもよく任される。 清水・北条に次ぐポジションとみなされ、捜査では他の先輩刑事とは違って単独で動かされることが多かった。 清水や小林とともに犯人確保にも率先して関わる。 三田村刑事と入れ替わる形で、第52作をもって小林刑事とともに退場。 演 -(第1作、第2作)(第5作 - 第68作) 警視庁捜査一課・十津川班所属。 警部補。 十津川班においては亀井に次ぐナンバー3の立場にあり、若手刑事のまとめ役や亀井や十津川(亀井不在時)のサポート役として活躍する。 自ら率先して後輩刑事を引っぱるだけでなく亀井や十津川に同行したり、十津川の命を受けて単独で他道府県へ捜査協力に赴くことも多い。 また十津川と亀井がともに地方に飛んだ場合は彼が十津川の代行となる。 捜査中によく推理を披露するが「〇〇がこういう事情で殺したに違いない」と犯人やその動機を決めつけてしまうところがあり、結論を急いでしまうので的外れであることが多い。 しかし容疑者の1人を罠に掛けて自白させるなど頭脳プレーを見せる場面もあった(第55作)。 出身で、第6作では友人の結婚式のために故郷へ里帰りするほか、第10作では同僚の橘直子に北陸出身であることを羨ましがられているシーンがある。 なにかと事件に巻き込まれやすいようで、出張に向かう列車の中で殺人事件に遭遇する(第9作)、亀井と出張中に事件に遭遇する(第7作・第12作・第18作・第22作・第26作)、旅行先で殺人事件に遭遇する(第10作・第20作)、結婚した直後に妻が殺害される(第45作)、友達の結婚式の帰りに乗車した寝台特急の車内で殺人事件に遭遇する(第17作・第50作)、友人や後輩に殺人事件の容疑がかかる(第14作・第20作)、自身の兄・が殺人事件の容疑者にされる(第52作)などあまりいいことに恵まれない。 さらに自分自身が容疑者に仕立て上げられそうになったこともある(第26作)。 しかしそれらは大抵十津川班の活躍で報われる場合が多い。 後輩のとは強い信頼関係を築いており、殺人容疑が掛かった橋本を十津川とともに最後まで信じ抜いた。 また犯人側の家庭に複雑な事情があり、親子同士の愛を目の当たりにした時はもらい泣きすることもあった。 第56作では亀井刑事が青森県警に出向中だったため、捜査では本来亀井が受け持つ役割を代行していた。 第58作では松山刑事、第63作では亀井刑事がメインだったため、活躍の場面が少なかった。 演じる森本は、トラベルミステリーで唯一60作品以上に出演した俳優である(三橋は33作、高橋は34作、愛川が57作である)。 橘直子 演 - (第8作・第9作)、(第10作) 警視庁捜査一課の刑事。 階級は巡査部長。 北條刑事役の山村紅葉が女優を休業(勤務)していたため出演できなかった代役として登場。 活発なところがあり、第9作では自ら十津川と亀井に志願し、真犯人を導き出す囮捜査を行った。 第28作では探偵事務所を開業。 池田いずみ 演 - (第35作 - 第37作・第39作) 十津川班担当の婦人警官。 巡査部長。 台詞のあるシーンはそのほとんどが十津川宛ての電話を取り次ぐものであった。 事務所の開店時には十津川、亀井、西本、北条らがお祝いに駆けつけた。 と婚約している。 川北昇という役名は、第47作の原作『五能線の女』ではになっている。 三田村 演 - (第53作 - 第60作) 警視庁捜査一課の刑事。 巡査部長。 第52作までの日下にかわるポジションの刑事だが、名前を呼ばれるようなシーンもほとんどないといっていいほど、日下と比べて目立つことがない。 第61作以降は小林刑事の復帰に伴い退場。 松山史朗 演 - (第56作 - 第68作)(少年期:〈第58作〉) 警視庁捜査一課・十津川班所属。。 亀井刑事が青森県警に出向中の第56作(この第56作では本来は西本刑事が務める役回りを担った)から警視庁捜査一課十津川班に配属された。 第58作以降は十津川班を離脱したのポジションを引き継ぎ、西本ともほぼ同等の扱いになっている。 なお亀井役が愛川だった当時(実質、第57作のみ)はほとんど亀井に絡むことがなく、「史朗」という名前も愛川降板後の第58作から命名されたものである。 その体格を活かした逮捕術は中々の物で、容疑者を取り押さえる場面がしばしば見られた。 警察関係者 [ ] 演 - (第7作・第8作・第11作・第15作)、(第34作 - 第37作)、(第59作・第61作) 警視庁捜査一課長。 原作と違い、面子や体面を気にして上役やOBの圧力にも弱い一面があり、十津川に対しても信頼を寄せているというよりは威勢を張ることが多い。 演 - (第26作・第28作・第30作・第32作)、(第45作) 警視庁刑事部長。 警視正。 十津川班の親族 [ ] 演 - (第36作・第40作・第42作・第46作・第48作・第50作・第52作・第55作・第59作・第61作・第62作) の妻。 夫を全面的に信頼しその背中を後押しする 半面、夫のその考えが揺らいだときには厳しく叱咤して目を覚まさせる気の強い一面もある。 自身が拉致されたり、何らかのアクシデントに遭遇して事件関係者との関わりを持つ、あるいは自身の友人が事件に関わるなど、夫が捜査する事件に巻き込まれることが多い。 その一方で夫が捜査に集中できるよう家のことはすべて完璧にこなし、長く家を空ける夫のもとへ着替えを届けるなどして見舞ったり、捜査に奔走する夫にかわって被害者や事件に巻き込まれ深手を負った関係者を足繁く見舞うという一面ももつ。 演じる浅野はシリーズ初期の第4作ではとともに犯人役、第6作ではキーパーソンとしてそれぞれ出演後、長らく登場しなかったが、第34作からのセミレギュラーという名目で(十津川と亀井が行き付けの小料理屋の女将)役を演じる。 この役は1回きりとなり、第36作から本役にシフトした。 なお、作数から解るように三橋時代には十津川の配偶者が出演したことはない。 ただし、作中で何度か亀井が十津川夫人を「若い奥さん」と言っている。 演 - (第34作・第40作・第42作・第43作) の妻。 水島恵 演 - (第26作) 水島淑子の娘。 水島淑子 演 - (第26作) の姉。 二宮ゆき 演 - (第45作) 西本功の新妻。 プロカメラマン。 西本と旅先で知り合い結婚したが、新婚旅行先で同じマンションに住むに刺殺される。 西本誠治 演 - (第52作) 西本功の兄。 3年前に妻を亡くし、現在独身。 旅先でという未亡人と知り合い、一緒に温泉巡りをする。 1週間後、文子が青森発秋田行きの奥羽線特急「かもしか2号」の車内で絞殺され、誠治は東京の自宅で首吊り自殺を図り病院に運ばれる。 特別出演 [ ] 演 - (第70作) 警視庁鉄道捜査隊東京駅分駐所に所属する鉄道捜査官。 階級は。 演 - 山村紅葉(第70作) 小料理屋「てまり」の女将。 演 - (第70作) 小料理屋「てまり」の板前。 村上陽子(歌手・第二高校浅虫分校 卒業生) -• 宮本孝(春日法律事務所 弁護士・第二高校浅虫分校 卒業生) -• 町田隆夫(工事現場勤務・第二高校浅虫分校 卒業生) -• 橋口まゆみ(デパート店員・第二高校浅虫分校 卒業生) -• 川島史郎(運送会社社長・第二高校浅虫分校 卒業生) -• 第二高校浅虫分校 教師 -• 三浦(青森県警察 刑事) -• 江島(青森県警察 警部) - 宮城健太郎• 安田章(通産省役人・第二高校浅虫分校 卒業生) -• 町田由紀子(町田の姉) -• 霊媒師 - 小甲登枝恵• ナレーター -• 片岡清之(片岡商会 店主・第二高校浅虫分校 卒業生) - 第2作「再婚旅行殺人事件」(1982年)• 井村正義 -• 井村尚子 -• 木元謙一郎 -• 古畑卓司(銀行強盗) - 第3作「あずさ3号殺人事件」(1983年)• 小野(長野県警察 刑事) -• 加藤昌彦 -• 岡田利男 -• 長谷川浩子 -• 東日鉄鋼部長 -• クラブのママ -• 松本東警察署 刑事 -• 岡田利男の父親 -• 小林和美 - 第4作「寝台特急あかつき殺人事件」(1983年)• 坂口由美子 -• 田辺淳(元警視庁刑事) -• 野崎(大阪府警察 刑事) -• 米山志郎(元「KOタクシー」ドライバー) -• 坂口文子 -• 「小料理かよ」店主 -• 田原正次郎 -• 菊池功 -• 坂上(大阪府警察 刑事) - 第5作「東北新幹線殺人事件」(1984年)• 宮本忍 -• 青木琢二(バーの常連・演劇青年) -• 秋元(バーの常連・トラック運転手) -• 引地(バーの常連・立野工業 社長秘書) -• 永井恭(バーの常連) -• 立野工業 経理 - 松本朝夫• 二宮由美(和紙工場勤務・元バーのママ) -• 立野工業 社長 -• - 第6作「寝台特急「北陸」殺人事件」(1985年)• 神木美也子 -• 本田めぐみ -• 高橋理沙 - 浅野ゆう子• 井崎徹 -• 野田う吉 -• 久原夏子 -• 磯見圭介 -• 後藤正也 -• 田所ゆき -• 片山由美 -• 原勝一 -• 五十嵐明 - 第8作「特急北アルプス殺人事件」(1986年)• 唐沢ナツ(宝石デザイナー) -• 間垣ユミ(OL) -• 堀田幸子(堀田栄の妻) -• 阿井今日子 -• 佐藤(高山警察署 刑事) -• 塚越貢(私立探偵) -• 旅館「田邊」 -• みずえ(女給・ナツの女給時代の仲間) -• 女子大生(高山と下呂の死体の第一発見者) -• 新倉茂(中央デパート 社長) -• タクシー運転手 -• 相馬(下呂警察署 刑事) -• ジュエリーNATSUマネージャー -• 堀田栄(私立探偵) -• 星野悠子(大三郎の娘・貞祐の妻) -• 真田久仁子(デパートガール・銀河の乗客) -• 小林みどり(デパートガール・銀河の乗客) -• 井崎春子(井崎勉の妻) -• 太田由美子(中央医薬商事東京支社 社員・銀河の乗客) -• 山田祐一郎(東亜電機企画課・銀河の乗客) -• 三浦(大阪府警 警部) -• 青木(通商省貿易局長) -• 新見加奈子(慎一郎の母・銀河の乗客) -• 一ノ瀬(星野大三郎の秘書) -• 星野大三郎(政治家) -• 中央医薬商事東京支社 人事部長 -• 「寝台急行・銀河」専務車掌 -• 中央医薬商事東京支社 販売課長補佐 -• TVアナウンサー -• 矢島(通商省貿易局長秘書) -• 新見慎一郎(加奈子の息子・銀河の乗客) -• 新見加奈子の娘(銀河の乗客)-• 星野貞祐(通商省課長・悠子の夫) -• 井崎勉(中央医薬商事東京支社 販売課長・由美子の上司・銀河の乗客) - 第10作「L特急「雷鳥九号」殺人事件」(1987年)• 三浦由美子 -• 久保寺環(羽田の愛人) -• 川原明(俊夫の弟) -• 川原俊夫 -• 羽田真一郎(羽田貴金属工業 社長) -• 検察官 -• 裁判長 -• 松山(羽田貴金属工業 副社長) -• 科学捜査研究所責任者 -• 原田(金沢大学病院 外科部長) -• 瀬能久大郎(代議士) -• 羽田真一郎の前妻 -• 佐久間(雷鳥九号のグリーン車の証人) -• 北陸本線のレール点検職員 -• 片桐(弁護士) -• 井出(福井県警察 警部) -• TVアナウンサー - 篠原大作• たこ焼屋(屋台)のおじさん - 轟謙司• 福井県警 刑事 -• 三浦由美子の自宅の管理人 - 第11作「阿蘇殺人ルート」(1987年)• 神保ユキ(劇団カメラード 主宰者兼女優) -• 中塚浩司(不動産業者社長) -• 八木(不動産業者副社長) -• 松野(不動産業者秘書) -• 井上正徳(会社員) -• 石川道雄(芸能マネージャー) -• 土屋(旅行雑誌記者) -• ちあき(劇団カメラード 女優) -• (熊本県警 刑事) -• 青木勤(「火の山3号」車掌) -• 神保直子(ユキの実娘、しかし妹として育てられた) - 須賀千春(現:)• シズコ(ユキの高校時代の友人) -• 若林雄太郎(興業プロダクション 社長) - 第12作「みちのく湯けむり殺意の旅」(1987年)• 阿部みどり(阿部の妻) -• 矢代(由紀の夫) -• 加藤敬子(原田の婚約者) -• 原田 -• 同窓生 -• 敬子の母親 -• 田村明人 -• ニュースキャスター -• 同窓生 - 高橋章子• 田村の住むアパートの大家 -• 商店街のメンバー - 河合絃司• 阿部豊(喫茶店経営) -• 矢代由紀 -• 戸田(福島県警 警部) - 第13作「日本海殺人ルート」(1988年)• 福沢みどり -• 小野木ユミ(アパレル会社社長) -• 福沢(建築設計士・みどりの兄) -• 土橋かおる - 三原じゅん子• ディスコの若者(かおるの友人) -• 松下かずみ(みどりの大学時代の友人) - 高橋章子?• 近藤(弁護士) -• 矢野(アパレル会社副社長) -• 山本功(宝石商) - 第14作「愛と死の飯田線」(1989年)• 若宮夕子(太陽興産 部長秘書) -• 久我正樹(の学生時代の後輩) -• 小林みどり(太陽興産会計課 社員) -• 川北たまき(青柳の愛人) - 藍とも子• 羽田岩男(ソープランド「ピンク・ラビット」支配人) -• 杉の子学園 園長 -• 青柳恒夫(ソープランド「ピンク・ラビット」及び金融業経営者) - 第15作「アルプス誘拐ルート」(1989年)• 大久保さやか -• 大久保文子 -• 小島茂(小島製薬 社長) -• 小島徳一郎 - 第16作「寝台特急〈ブルートレイン〉八分停車」(1989年)• 中根恭子(鳥羽総合病院 内科医) -• 鳥羽ゆう子(鳥羽の娘) - 竹井美佳• 鳥羽総合病院 婦長 -• 斎藤(鳥羽総合病院 医師) -• 小野和也(御曹司) - 森山祐嗣• 小島ひとみ(宝石店経営者) - 朝倉佐知• 鳥羽信介(鳥羽総合病院 院長) - 第17作「山陽・東海道殺人ルート」(1990年)• 岡林美津子(及川の元妻) -• 小島(小島探偵社 代表) -• 岡林美津子の叔母 -• 長山卓也の妻 -• 久保(科学捜査研究所技官) -• 小野ゆう子 -• 及川俊郎(やよいの父) -• 杉浦明(スーパー経営) -• 山内文男(元警部) - 第18作「オホーツク殺人ルート」(1990年)• 香西けい子(有末の秘書) -• 木村真矢(=まや:ホステス) -• 遠藤邦彦(TVプロデューサー) -• 牧野由美(女子大生) -• 岩下久仁子(作詞家) -• 平田みどり(女子大生) -• 水野(伊東警察署 刑事) -• 女将 -• 服部順(作曲家) -• 有末吾郎(小説作家) - 第19作「L特急踊り子号殺人事件」(1991年)• 君島由紀(旅館「はまゆう」経営者) -• 日下今日子(原田の婚約者) -• 久木庸三(久木クレジット 社長) -• 原田久夫(久木クレジット 副社長・久木の甥) -• 水谷(静岡県警察 刑事) -• 羽田道雄(由紀の不倫相手) - 第20作「裏切りの中央本線」(1991年)• 崎田幸子(崎田の妻・東都大学民芸品研究会 元研究生・西本功の友人) -• 崎田利雄(産業省官僚) -• 片山今日子(故人) -• 崎田浩介(崎田と幸子の息子) -• 梅木かおる -• 浜野健一(私立探偵) -• 和田晴記(大木運送 社員) -• 毎朝新聞 社員 -• 遠山悟(東都大学民芸品研究会 元研究生・西本功の友人) -• 大木運送 社員 -• 和田の隣人 - 第21作「上信越、湯煙り殺人ルート」(1992年)• 小堀美奈子(モデルクラブ 副社長) -• 武田千鶴子(武田の妻) -• 武田勇(モデルクラブ 社長) -• 青木徹(ゆかりのマネージャー) -• 椿美雪 -• 松浦ゆかり(モデル) -• 伊東進太郎(ゆかりの元恋人・野球選手) -• 土田貢(ゆかりの元恋人・写真家) -• 戸田(長野県警察 警部) -• 麻里あけみ(モデル) -• 山下(刑事) - 第22作「日本縦断殺人ルート」(1992年)• 白井治子(貞之の後妻) -• 白井マユミ(浅見の元秘書) -• 本田冴子(剛の妻・本田徳一郎の娘) -• 本田剛(本田不動産 社長) -• 佐野武(浅見の部下) -• 久保寺(探偵) -• 小木(刑事) -• 小池あき -• 荒木(部長) -• 白井貞之(マユミの父) -• 浅見猛(金融会社「トウユウ」社長) - 第23作「陸中海岸殺人ルート」(1993年)• 林田ひろ子(デザイナー) -• 石黒徹(石黒観光 社長) -• 石黒澄子(石黒の妻・ひろ子の幼馴染) -• 玉木みどり(クラブママ) -• 田島(刑事) -• 石黒大輔(石黒と澄子の息子) - 第24作「山手線五・八キロの証言」(1993年)• 小池まゆみ -• 小池宏(まゆみの夫) -• 大川悠 -• 北村友美(クラブ「クレパス」ホステス) -• 香月修(雑誌記者) -• 島崎(香月の仕事仲間) -• 田中ふみ(行商) -• 大久保(香月の上司) -• 中川肇(香月の仕事仲間) -• 篠原浩一(まゆみの元恋人) -• 神林冴子(クラブ「クレパス」ママ) -• 青木ゆみ子(洋品店経営) -• 小池ユキ(小池とまゆみの娘) -• カメラ店の店員 - 第25作「東北新幹線「やまびこ5号」の殺意」(1994年)• 広川友子(クラブ「マリリン」ホステス・良治の愛人) -• 工藤良治(プライム電気 仙台支社 社員) -• 小林幸男(クラブ「マリリン」バーテン) -• 工藤信治(良治と杏子の息子) -• 工藤夏代(良治と杏子の娘) -• 三宅(プライム電気 元社員) -• 工藤杏子(工藤の妻) -• 宮坂(不動産屋社長) -• 百合 -• 理恵 -• クラブママ -• 水沢(弁護士) -• クラブママ - 第26作「特急「おおぞら」殺人事件」(1994年)• 結城誠(美術商・かおりの兄) -• 森あや子(モデル) -• 結城かおり(前科者・故人) - 鳥越マリ(二役)• 山本 -• 高木(釧路東警察署 刑事) -• 服部 -• 陽子 - 森朝子• 大西 -• 秋子 -• 「バー・マエストロ」マスター - 第27作「スーパービュー踊り子号殺意の旅」(1995年)• 西条美保(池辺の愛人) -• 池辺冴子(池辺の妻) -• 内田(顧問弁護士) -• 柴田(池辺興産 副社長) -• 田島(伊東南警察署 刑事) -• 檜垣善貴(城都大学 教授・冴子の兄) -• 佐々木貢 -• 水田(探偵) -• 老婆(漁師の妻) -• 巡査 -• 弁護士 -• 池辺康夫(池辺興産 社長) -• 森谷清彦(池辺興産 顧問弁護士) - 第28作「特急ゆふいんの森殺人事件」(1995年)• 小寺ゆう子(アート物産 経営者・星林大学 元テニス部員) -• 鈴木貢一郎(前科者) -• 坂本(熊本県警察 警部) -• 皆川徹(前科者) -• 合田やよい(星林大学 元テニス部員) -• 加代 -• 高杉あき子(アート物産 経理) -• 婦警 -• 井上綾子(クラブホステス) - 斉藤絵里• 向井(熊本県警察 刑事) -• 有村美津代 - 森朝子• 明子 -• クラブ・ママ -• 秋葉 -• 前田(医師) -• 小倉文彦 -• 山田(ホテルのフロント係) -• 支配人 - 第29作「上越新幹線殺人事件」(1996年)• 田口麻子(ビューティサロン田口の美容師・田口の妻) -• 田口徹(ビューティサロン田口 社長) -• 早川ゆう子(千加の友人・保母) -• 前田千加(コンパニオン・未婚の母) -• 宇野康子(旅館「清風苑」従業員・千加の叔母) -• 広瀬江美(ビューティサロン田口のインターン) -• 佐伯信一(居酒屋店員・千加の元恋人) -• 磯(婦警) - 磯春陽• ビューティサロン田口の客 - 森朝子• 所轄刑事 - 第30作「寝台特急「北斗星」殺人事件」(1996年)• 楠木かおり(ワールド時計 企画部長・楠木の娘) -• 君原洋介(カメラマン・かおりの恋人) -• 楠木康四郎(ワールド時計 社長) -• 今村 -• 大場(ワールド時計 企画部長) -• 磯村(添乗員) -• 原田 -• 幸子 -• 清子 - 森朝子• ホテル支配人 -• マスター - 第31作「特急「白山」6時間06分」(1997年)• 藤代冴子 -• 長田博(帝和商事 社員) -• 小谷ゆう子(女子大生) -• 伊東(帝和商事 部長) -• 平川良平(宝石店経営) -• 木元加代子(長田の愛人) -• 長田ゆみ -• 大倉(刑事) -• 平井(警部) -• 晴香 - 森朝子• 洋子 -• 大竹 -• 守衛 -• 岩田(ゆう子の恋人) -• 加藤 -• 花屋 -• 三枝 - 礒春陽• 小笠原貢(冴子の恋人) -• 田辺(神奈川県警察 警部) - 第32作「伊豆誘拐行」(1998年)• 原田秋子(レストラン「ラ・ファミリア」経営) -• 桂アヤ(「オフィス五十嵐」所属モデル) -• 田之倉章(レストラン「ラ・ファミリア」シェフ) -• 阿部真治 -• 阿部美津江(阿部の妻) -• 小高(巡査) -• 佐伯(弁護士) -• 井上(「オフィス五十嵐」マネージャー) -• 最上正治(レストラン「ラ・ファミリア」従業員) -• 中山(機械メーカー社長) - 藤田宗久• 中山光司(中山の息子) -• 小野徳治 -• 阿部ハルミ(阿部と美津江の娘) -• 五十嵐(「オフィス五十嵐」社長) - 第33作「秋田新幹線「こまち」殺人事件」(1999年)• 戸塚由美(クラブホステス) -• 柏木めぐみ(柏木の妻) -• 柏木紀夫(参議院議員) -• 中山弘史(タレント・由美の知り合い) -• 島崎功(由美の元夫) -• 小林(刑事) -• 原田美代子(原田の妻) -• 安田(警部) -• 永尾真一(ナガオハウス 社長) -• 沼田勝 - 芹沢礼多• 高木(弁護士) -• 戸塚文子(扇旅館の女将・由美の母) -• 戸塚進一郎(文子の夫・入り婿) -• 楠ゆきえ(観光案内所勤務・由美の友達) -• 原田京介(レストラン経営) -• 井上(柏木の秘書) -• 敏江 - 森朝子• ツネ子 -• 佐山清(城西警察署 副署長) -• 金子あさみ(ホステス・原の元愛人) - (少女期: )• 島崎(弁護士) -• 高木亮介(ジュエリー高木 社長) - 鶴田忍• 石渡久男(宝石商) -• 小坂井(大宮北警察署 警部) -• 倉田(宮古南警察署 警部) -• 小川功(五井の仲間) -• 五井邦夫 -• 新田(宮古南警察署 刑事) -• 刑事 -• 原勇一(宝石強盗犯) -• 宮古南警察署 刑事 -• 島崎(島崎の妻) -• 藤巻(不動産屋) -• 野々村咲(小料理屋「万年青」女将) - 浅野ゆう子 第35作「宗谷本線殺人事件」(2001年)• 宇佐美京子(帰国子女) -• 小川昭(常陽物産 部長・小川の息子) -• 平野康生(高田の恩師) -• 佐々木(北海道警名寄中央警察署 警部) -• 高田健(常陽物産 元社員・裕子の婚約者) -• 荒井勇(私立探偵) - 新井康弘• 青木均 -• 青木みどり(青木の妻) -• 中山裕子(常陽物産 元秘書・故人) -• 杉本ゆかり(「スーパー宗谷2号」車内販売員) -• 斉藤(「スーパー宗谷2号」車掌) -• 江崎(タレント事務所社長) -• 小川義太郎(常陽物産 社長) - 第36作「能登半島殺人事件」(2001年)• 木元美樹(新進画家・さやかの姉) -• 佐伯義之 -• 石塚大三(克郎の父) - 浜田晃• 竹本(石川県警察 警部) -• 佐藤(弁護士) -• 石塚克郎(殺人事件の容疑者) -• 石塚悦子(大三の妻) -• 木元さやか(女子大生・故人) -• 松井由加 -• 画廊の経営者 - 森朝子• 井上徹(克郎の遊び仲間) -• 森博志(克郎の遊び仲間) -• 高橋(明和銀行 行員) -• 管理人 - 第37作「東京〜山形殺人ルート」(2002年)• 黒田真紀(地検検事・三郎の妹) -• みどり(芸妓) -• 津田加奈子(スナックママ・道代の知り合い) -• 岩木道代(赤湯温泉の旅館の女将) -• 黒田三郎(元外科医) -• 木島保夫(黒田の中学の同級生) -• 堀川佐知子(上山温泉の旅館の女将) -• 高木ひろみ -• 早見浩(外車ディーラー) -• 天童温泉の旅館の女将 - 森朝子• 黒田敬太郎(弁護士・三郎と真紀の兄) -• 所轄刑事 -• マンション管理人 -• 山形県警察 刑事 - 第38作「オリエント急行殺人事件」(2003年)• 結城彩子(弁護士) -• 藤原さつき(モデル) -• 佐々木信治(殺人事件の容疑者) -• 早見友美(クラブママ) -• 山根典子(クラブホステス) -• 木下知恵(タレント) -• 前島(知恵の事務所社長) - 鶴田忍• 井口(知恵のマネージャー) -• 五十嵐恭(資産家) -• 山田(刑事) -• 三浦(刑事) -• 矢吹浩(誘拐事件の容疑者) -• 小暮 -• マルコ(ヴェネツィア警察 刑事) -• ホテル従業員 - 森朝子• レポーター -• 刑事 -• 工藤彰(インターポール 刑事) - 船越英一郎 第39作「高山本線殺人事件」(2003年)• 原田由美子(原田の妻) -• 三井広志(大日本化学 役員) - 矢島健一• 山田あき(かずえの妹) -• 藤代みゆき(関東製薬 社員) -• 原田治(大日本化学 役員) -• 森田(岐阜県警察 警部) - 真実一路• 岩瀬肇(元刑事) -• 山田かずえ(インテリアデザイナー) -• 小宮山葉子(三井の元妻) -• 白石麻美(ホステス) -• 工藤功一(文化芸能社 編集長) - 第40作「青函特急殺人ルート」(2003年)• 宮下みどり -• 宮下淳(みどりの夫) -• 奥野あや子 -• 山口ひろみ(資産家令嬢) -• 阿部英子(ひろみの身代わり) - 小沢真珠(二役)• 片倉早苗 -• 坂本(警部) - 河原さぶ• 堀川(弁護士) -• 杉本弘 -• 駒田弘二 -• アイメイト(盲導犬) - タヒチ 第41作「夜行列車の女」(2003年)• 小柳ゆみ(蕎麦屋店員) -• 酒井久仁(弁護士) - 中原丈雄• 田島(「旅と人間社」編集長・十津川省三の大学時代のボート部仲間) -• 木下孝(カメラマン) -• 永井みゆき(コンパニオン会社経営) -• 太田(香川県警高松警察署 警部) -• 柏木明(前科者) -• 高品誠(和菓子屋主人・十津川省三の大学時代のボート部仲間) - 第42作「北帰行殺人事件」(2004年)• 君島圭子(喫茶店経営・君島の母) -• 和田久志(和田鉄鋼 社長) -• 阿部(北海道警捜査一課 警部) -• 古川みどり(の恋人・明和大学 3年生) -• 君島則之(ベンチャー企業社長) -• 市川三郎 - 外川貴博• 弓倉てる美(釜めし屋女将・真紀の母) - 森朝子• 弓倉真紀(客室乗務員・佐々木の元婚約者) -• 金子貢太郎(フリーター) -• 佐々木学(丸菱物産第三営業課 社員) -• 柴田邦彦(大学生) -• バーテンダー - 第43作「愛と殺意の津軽三味線」(2005年)• 北川はるか(ゆきの義妹) - (幼少期:)• 森崎達人(ゆきの婚約者) -• 中本亜木子(はるかと同じマンションの友人) -• 北川ゆき(津軽三味線奏者・2年前死亡) - (少女期:)• 坂口美代(津軽三味線教室講師) -• 木村宏(「民宿きむら」元主人・故人) -• 三田誠次(会社員) -• 沢田操(会社員) -• 小川新平(建築デザイナー) -• 大野久彦(建設会社社員) -• 安藤(青森朝日放送 社員) -• 川島(青森県警察 警部) -• 片桐(弁護士) -• 林伸江(食事処「ニシン番屋」従業員・「民宿きむら」元従業員) - 森朝子• 民謡酒場「つがる」従業員 -• 亜木子の友人 -• マンション管理人 -• 津軽三味線 - 、、、、 第44作「特急スーパー北斗1号殺人事件」(2005年)• 風見ゆう子(ファミレスアルバイト) -• 羽島裕(トラベルルポライター) - 甲本雅裕• 小坂井はるみ(羽島の恋人) -• (北海道警捜査一課 警部) - 中丸新将• 佐々木(警部) - 赤塚真人• 吉岡宏(無職・元会社員) -• 山崎信一郎(宝石商) -• 丸山典明(丸山写真館 店主) -• 北原冴子(ホステス) -• ユキ(ホステス) -• 三浦(刑事) -• 原田修(不動産屋・故人) -• 立花めぐみ(真嶋商事 社員・ゆう子の友人) -• 同僚 -• 北条 - 第45作「超豪華寝台特急「トワイライト」殺人事件」(2006年)• 木之内順子(「アルテ画廊」オーナー) -• 磯部功一郎(新進画家) -• 小菅みな子(「アルテ画廊」従業員・にそっくりな女性) - 杉山彩子(二役)• 山下(タクシードライバー) -• はるみ(ホステス) -• 白木徹(二宮ゆきのストーカーで二宮ゆきを新婚旅行先で刺殺する) -• 高木(北海道警察 警部) -• 中村(北海道警察 刑事) -• 三浦浩(画家・磯部の友人) -• 木之内康夫(順子の夫・3年前フランスで交通事故死) -• 二宮(二宮ゆきの母) -• トラック運転手 -• 「洞爺パークホテル 天翔」フロント -• 寝台特急「トワイライト」車掌 - 八巻博史• 新井恒夫(新井恒夫法律事務所 弁護士・民事専門) - 第46作「秋田新幹線・こまち連続殺人!」(2006年)• 戸塚由美(かくのだて「扇旅館」若女将・元クラブ「シャラ・ノワール」ホステス) -• 柏木めぐみ(柏木の妻・の学生時代の友人) - 杜けあき• 永尾真一(永尾スペースプランニング 社長) -• 中山弘史(タレント) -• 安田(秋田中央警察署 警部) -• 原田美代子(原田の妻) -• 高木(高木綜合法律事務所 弁護士) -• 戸塚進一郎(かくのだて「扇旅館」主人・由美の父・婿養子) -• 原田京介(フランス料理店オーナー) -• 滝沢(伊豆レディスクリニック 医師) -• 島崎功(私立探偵・由美の元夫) -• 沼田勝(暴力団準構成員・元千葉県警 警察官・前科者) -• 林(秋田中央警察署 刑事) -• 楠ゆきえ(「仙北市観光情報センター角館駅前蔵」従業員・由美の親友) -• ツネ子(伊豆干物作り) -• TVアナウンサー -• 黒田晋介(永尾の遠縁) - 市原清彦• 黒田(黒田の妻) -• 仙北警察署 署長 -• 戸塚文子(かくのだて「扇旅館」女将・由美の母) -• 柏木紀夫(代議士) - 中原丈雄 第47作「五能線の女」(2006年)• 佐伯香織(佐伯の妻) -• 阿部純子(大和トラベルのツアーコンダクター・の婚約者) -• 佐伯勇(佐伯健康機器工業 社長) - 中丸新将• 井上たか子(弁護士) -• 三村しのぶ(輸入雑貨店社長) -• 谷口(青森県警察 警部) -• 小池康治(ジャーナリスト) -• 安藤晴美(啓介の娘) -• 安藤啓介(タクシードライバー) -• 佐伯家の家政婦 - 森朝子• 「リゾートしらかみ3号」車掌 - 八巻博史 第48作「みちのく殺意の旅」(2007年)• 阿部みどり(阿部の妻) -• 矢代誠 -• 矢代由紀(矢代の妻) -• 原田健治 - 湯江健幸• 阿部豊(喫茶店店主) -• 加藤敬子(原田の婚約者) -• 田村明人(矢代たちの同人誌の仲間) -• こけし工房の責任者 -• コンパニオン -• 戸田(福島県警 警部・十津川省三の旧知) - 第49作「日光・鬼怒川殺人ルート」(2008年)• 佐伯千明(プロファイラー) -• 花井久美子(女優・本名「井口加代」) -• 原田絵里(久美子のマネージャー) -• 前田有紀(ウィリー誠の妹) -• 滝口(警部) -• 矢部(警部) - 藤田宗久• ウィリー誠(ミュージシャン・本名「前田誠」) -• 木村恵(都立日暮里病院 入院患者) -• 石原恭子 -• 渡辺啓一 -• 山田進 -• 青木(刑事) -• 川岸 -• 車掌 -• 佐藤(刑事) -• 小料理屋の女将 -• 古山愛(ジャズ歌手・ウィリー誠の元婚約者) -• 坂西洋一郎(サイコセラピスト・本名「山田一郎」) - 第50作「山陽・東海道連続殺人ルート!」(2008年)• 岡林美津子(スーパー「A-プライス」店員・及川の元妻) -• 及川俊郎(元不動産会社社長) -• 荒木健次(荒木探偵者 代表) -• 中村修一郎(杉浦の秘書) -• 澄江(美津子の叔母) -• 谷川ゆき(「寝台特急サンライズ出雲」乗客) - 来栖あつこ• 久保(科学警察研究所 技官) -• 長山卓也(元フランスレストラン経営者・「寝台特急はやぶさ」乗客) -• 小野内亜矢(長山の恋人・「寝台特急はやぶさ」乗客) -• 及川家の隣人 - 森朝子• 山下(「寝台特急はやぶさ」車掌) - 山口竜央• 河西(郵便運搬バイト) -• 長山ひろ子(長山の妻) -• 山内俊子(山内運動具店 店員・山内の妻) - 水沢有美• ひろみ(ゆきの親友・「寝台特急サンライズ出雲」乗客) -• 洋子(スーパー「A-プライス」店員) -• 小宮(リポーター) -• 及川やよい(及川と美津子の娘・4年前の「調布市小2女児身代金目的誘拐・殺人事件」被害者) -• 篠原(刑事) -• 刑事 -• ゴルフ客 -• 杉浦明(スーパー「A-プライス」社長) -• 山内文男(山内運動具店 店主・十津川省三の同期) - 高田純次 第51作「上野駅13番線ホーム つり合わない乗車券を買う死体!」(2009年)• 江川麻里(小池の秘書) - 小沢真珠• 相沢優子(相沢の娘) -• 伊藤(弁護士) - 志村東吾• 相沢昇(相沢フード興業 社長) -• 平野圭介(優子の愛人) -• 戸塚みゆき(ジンギスカン料理チェーン店「ラムポンド」副店長) -• 江川由里(麻里の妹) -• 小池慎太郎(ジンギスカン料理チェーン店「ラムポンド」オーナー) -• 本田総子(剛の母) -• 安田(秘書) -• 捜査一課刑事 - 徳建人• 飲み屋の女将 - 山梨ハナ• 達川(リポーター) -• 小池康子(小池の妻) -• 本田剛(無職) - 第52作「密室列車・特急かもしか、途中下車連続殺人!」(2009年)• 朝倉多紀(新宿第一法律事務所 弁護士・文子の亡夫の妹) - (7歳: )• 三宅文子(三宅家当主・主婦・未亡人・旅先でと知り合い一緒に旅をする) - (少女期:)• 三宅夕子(文子の妹・バツイチの出戻り・無職) - (少女期:)• 青木俊郎(青木法律事務所 弁護士) - 寺泉憲• 青木千鶴子(青木の妻) - 山本みどり• 野澤利彦(野澤医院 院長) -• 北山(秋田県警察 警部) - 潮哲也• 三宅清美(夕子の娘) -• 鈴木(秋田県警察 刑事) -• マスター -• 三宅ひろみ(晴夫の妻) -• 満江(落合温泉「花禅の庄」仲居) -• 時子(「ホテル鹿角」仲居) -• 百瀬(「特急かもしか2号」車掌) -• ベルボーイ - 山口竜央• 津軽中央銀行黒石支店 支店長 -• 八百屋 -• 三宅家のお手伝い -• 三宅仙蔵(文子と夕子と晴夫の父・婿養子・2年半前死亡) - 唐沢民賢• 三宅晴夫(藍染め土産店経営者・仙蔵の連れ子・文子と夕子の腹違いの兄) - 第53作「山形新幹線 つばさ111号の殺人!」(2010年)• 木村弥生(明友会総合病院 看護師・松木の元恋人) -• 小川長久(大東新和商事 元役員・本間刺殺事件の目撃者) -• 黒柳恵美(日本紅和商事 社員・本間刺殺事件の目撃者) -• 内海将司(ジャパン自動車杉並営業所 社員・本間刺殺事件の目撃者) -• 本間順一(喫茶店「ザ・シンフォニー」オーナー・故人) -• 松木弘(松木金融 元社長・故人) -• 大石あずさ(白陽大学 学生・喫茶店「ザ・シンフォニー」元ウェイトレス) -• 宮田直人(小説家・本間刺殺事件の目撃者) -• 鈴木(警視庁三鷹中央警察署 警部) -• 佐藤(福島県猪苗代警察署 警部) -• 黒柳はる子(蕎麦処「くろやなぎ上山」店主・恵美の母) -• 井上明(松木金融 元社員) -• 小川由里(義久の妻) -• 山口哲也(あずさの元恋人) -• 小川富美子(長久の妻・義久の母) - 池田道枝• マンション管理人 - 徳建人• 城田(刑事) -• 裁判長 -• 医師 -• 佐久間有也(西洋占星術士) - (中学期: ) 第54作「伊豆の海に消えた女」(2010年)• ナオミ・セキグチ(「片山みゆき」を名乗る女性・イベントコンパニオン) -• 津田明江(高原と交際中の女性・本名「片山みゆき」) - 宮本真希• 宮本真理(高原の妹) -• 野崎茂樹(野崎探偵事務所 探偵・元警察官) -• 高原雅之(レストランチェーン「キュイジーヌ・タカハラ」社長) - 比留間由哲• 津田明江(本物の津田明江・高原と交際中の女性) -• 元村しず(マンション「メゾン・シャウラ」管理人) -• 秋山圭子(みつば銀行 職員・高原と交際中の女性) -• 酒井修(商社マン) -• 小林由美(クラブのホステス・高原と交際中の女性) -• 宮本徹也(真理の夫) -• 人材派遣「スター・エクスペリエンス」社員 - 山口竜央• 佐々木(静岡県警下田警察署 刑事) -• レストランオーナー - 羽室満• 小木曽商店 女将 -• 加藤恭(宝石店「ジェエリー恭・札幌」元社長・5年前の「橘町宝石店強盗殺人事件」被害者) -• 東京海浜病院 医師 -• 宅配便の配達員 - 稲輪吉泰• 勝野(駅員) - 石川雄亮• 小山(静岡県警下田警察署 警部) - 第55作「寝台特急カシオペア殺人事件」(2010年)• 大山アキ(茂の妻) - 藤谷美紀• 大山茂(大山茂建築設計事務所 社長) - 山口馬木也(幼少期: )• 木下伊沙子(元クラブ「セレニティ」ホステス) -• 別所透(結婚詐欺師) - 大浦龍宇一• 夏山未奈(ホステス) -• 簑島絵里(別所の交際相手) - 大家由祐子• 中島雅彦(国会議員) -• 館山義男(大山茂建築設計事務所 元社員) -• 柳田(ヤナギダコーポレーション 前社長・故人) -• 熊倉松吉(柳田の元運転手) -• 山田(「寝台特急カシオペア」車掌) -• 東田(ヤナギダコーポレーション 社長) -• 朱美(クラブのママ) -• 整備士 - 稲輪吉泰• 看護師 -• 吉川(車掌) -• 阪下(車掌) -• 片桐綾乃(別所の元恋人・故人) - 安河内理恵• 中谷光世(茂の母・私立函館第一病院 入院患者) - (若き日:) 第56作「生死を分ける転車台」(2011年)• 望月江里子(ジオラマランド社 社員) -• 白井美咲(小島の高校の同級生・今年の2月14日に心臓発作で死亡) -• 中西大介(「HOTEL LISTEL HAMANAKO」副支配人・小島の高校の同級生) -• 浅野圭一(コンビニ店員) -• 岩本誠(「模型ジャパン」代表) - エド山口• 小島英輔(鉄道ジオラマ作家・「模型ジャパン」会員) -• 糸崎泰造(警視庁刑事部長) -• 金田(浜松労災病院 医師) -• 安藤由彦(喫茶店店主・美咲の元夫) -• 沢木敦司(竹成建設 社員・鉄道ジオラマ愛好家) -• 向井肇(向井自動車興業 修理工・小島の高校の同級生) -• 小島あかね(小島の妹) -• 安藤洋子(安藤の後妻) -• 白井敬子(浜名湖小学校 教頭・美咲の母) - 大原真理子• 石神(神奈川県警 警部) - 山口竜央• 戸川亜紀(竹成建設 社員・沢木の恋人) -• 木村(うなぎ屋「曳馬野」店主・小島とあかねの母方の伯父) -• 花山要(幼稚園園長・鉄道模型の愛好家・沢木の大学の先輩) - 羽室満• 中西(「HOTEL LISTEL HAMANAKO」社長・中西の義父) -• マンション管理人 -• マンション「グランアークス笹塚」管理人 -• コンビニ店員 -• 小平(車掌) - 住吉晃典• アナウンサー - 安河内理恵• 小笠原伸行(ジオラマランド社 社長) - 第57作「スーパービュー踊り子連続殺人」(2012年)• 西条美保(信行の妹) - (幼少期:)• 池辺冴子(池辺の妻・元女優) -• 内田(森谷法律事務所 弁護士) - 賀集利樹• 森谷孝三(森谷法律事務所 弁護士) -• 檜垣成一郎(城南大学法学部法律学科 教授・冴子の兄) - 井田國彦• 水田征治(水田探偵事務所 代表) -• 池辺康夫(池辺興産 社長) - 飯田基祐• 柴田圭一(池辺興産 副社長) -• 制服の巡査 -• 田島(下田警察署 刑事) -• 小野寺京子(森谷法律事務所 事務員) -• 和枝(池辺家の家政婦) - 森朝子• 津村(森谷法律事務所 弁護士) - 山口竜央• 西条信行(池辺興産 元運転手・故人) - 石川雄亮 (少年期:)• ベルボーイ - 稲輪吉泰• 矢代圭子(出版社社員・の幼馴染・本名「遠藤圭子」) - (幼少期:)• 藤沢静江(藤沢の妻) -• 藤沢時彦(小池祐子の所属事務所社長で不倫相手) - 神保悟志• 柴田秀夫(カオルの父) -• 木下直也(カメラマン) - 渋江譲二• 白根進(運送会社運転手・愛美の兄) -• 倉田功(音楽番組ディレクター) -• 小池祐子(女優・藤沢時彦の愛人) -• 蘭カオル(新人歌手・本名「柴田薫」・柴田秀夫の娘) -• 白根愛美(女子大生・白根進の妹) -• 浜岡(横浜釣り船店経営) - 草薙仁• 田島(編集長) - 羽室満• 金村(刑事) -• 遠藤美香(圭子と雅弘の娘) -• 音楽プロデューサー - 山口竜央• リポーター -• 亜紀(祐子の付き人) -• 遠藤雅弘(圭子の夫・美香の父) - 八巻博史• 三浦(宮城県警察 警部補) -• 渡部鈴代 - 第59作「終着駅(ターミナル)殺人事件」(2013年)• 鈴木紀子(森下の最後の教え子) -• 森下勇介(青森の高校の校長・亀井定夫の高校時代の友人) -• 宮本孝(旅行代理店社員・八戸実業高校 元野球部員) -• 町田隆夫(フリーター・八戸実業高校 元野球部員) -• 村上陽子(看護師・八戸実業高校 元野球部マネージャー) - 三津谷葉子• 橋口まゆみ(渋谷百貨店の派遣社員・八戸実業高校 元野球部マネージャー) -• 片岡清之(弘前工芸 店主・八戸実業高校 元野球部員) -• 川島史郎(運送会社社員・八戸実業高校 元野球部員) -• 安田章(経済通商省職員・八戸実業高校 元野球部員) -• 大崎(青森県警察 警部) -• 明石(群馬県警察 警部補) - 志村東吾• 高井(八戸警察署 警部補) -• 森下佳代(森下の妻) -• 安西守雄(八戸実業高校 元野球部監督) -• 片岡弥生(片岡の新妻) -• 菅原弘志(八戸実業高校 元野球部員・宮本たちの1年後輩) -• 西山英司(バーテンダー) -• 藤本光子(新宿バーママ) -• 保坂早苗(紀子の叔母) -• 津島善三(郷土料理屋店主) - 山口竜央• 津島美喜子(津島の妻) -• 的場(所轄刑事) -• 青森鉄道警察官 - 菊池隆志• 瀬尾(メッキ工場社長) - 児玉頼信• アパート大家 -• ホステス -• 川島の上司 -• 安西 - 佐藤智美• 安西(守雄の孫) -• 町田純江(町田の母・10年前死亡) -• 鈴木恒平(紀子の父・10年前死亡) -• 刑事 -• 境田(釣り人) - 津阪雄一• 田村(車掌) - 稲輪吉泰• 酔っ払いの客 -• ナンパされる女性 -• 女性刑事 - 第60作「秩父SL・3月23日の証言〜大逆転法廷!! 」(2013年)• 梅木浩三(弁護士) -• 戸川雅夫(イラストレーター) -• 村井貴子(東京地検検察官) - 小沢真珠• 篠田理恵(バー「シャルム」ママ) -• 秋山裕子(秋山の妻) -• 武井美由紀(モデル) - かでなれおん• 秋山博之(出版社社長・故人) -• 小島俊介(旅行作家) -• 須崎秀夫(東京地検検事) -• 島崎良治(裕子の弟) - 佐伯新• 徳永泰代 - 岡まゆみ• 森本早苗(ホステス) -• 菅原真美(ホステス) -• 則子(土産物店員) -• 仲野(三峰口駅の駅員) - 八巻博史• 裁判長 -• 不動産会社社員 - 山口竜央• 水谷(からたち出版 社員) - 羽室満• 梅木和也(故人) -• 居酒屋店主 -• 左裁判官 -• 田丸(銀行員) - 住吉晃典• 記者 - 稲輪吉泰• 民家の母親 - 佐藤智美• 民家の息子 -• 浦澤(所轄刑事) -• 佐藤(看守官) - 石川雄亮• 圭子(ラーメン屋の客) -• 百合子(ラーメン屋の客) - 第61作「越後・会津殺人ルート〜必ず相席する女!? 」(2014年)• 川合ひろみ(四葉社「週刊時代」編集部 記者) - (少女期:)• 浦部慶一(世田谷南警察署 警部補) - 勝村政信• 仙堂肇(仙堂建設 社長・新潟県議会議員・早見明の後援会長) - 寺泉憲• 広田(福島県警察 刑事) -• 小坂井恵子(会社員・1年前の交通事故の目撃者) - 宝積有香• 佐伯(墨田西警察署 刑事) -• 早見明(元プロ野球「東京レンジャーズ」投手・1年前交通事故を起こしその後獄中自殺) - (少年期:)• 早見良司(明の父) - 久保酎吉• 小松佐代子(新潟市児童養護施設「ときの里園」園長) -• 安川恭子(詩織のヨガ教室の友人) -• ヨガ教室の生徒 -• 大崎(東京レンジャーズ二軍寮 寮長) - 春海四方• 田中裕介(「ホテルリステル猪苗代」と岩室温泉「高島屋」に宿泊予定の客・飲食店勤務) - 菅原卓磨• 坂口(福島県警察 刑事) - 新虎幸明• 四葉社「週刊時代」編集長 - 山口竜央• 岩室温泉「高島屋」フロント -• 黒木(春枝の恋人) -• 春枝(ひろみの母・故人) -• 高沢和江(恵子の親友) -•

次の

ようこそ箱根強羅グアムドッグへ

温泉 ヘ 行 こう キャスト

c 2007-8 MBC 前回の放送では、ソンヨンの死に宮中が悲しみに包まれたが、サンはソンヨンと交わした「悲しんだり苦しんだりしないでほしい」という約束を守り、気丈にも政務をこなしていた…明日12月9日(日)の「イ・サン」第75話では、いよいよサンの夢・華城が完成し、老論派との最後の決戦の様子を描いていく!番組サイトでは予告動画と前2回分のダイジェスト映像が公開されている。 第75話:「華城(ファソン)への行幸(ぎょうこう)」 サンは水原(スウォン)に建築中の城郭を「華城」と命名した。 朝廷の一部の移転を発表したことで、貞純大妃らはいよいよ危機感を強め、再びサンの暗殺を企てる。 サンも敵を迎え撃つ覚悟をし、母、恵慶宮(ヘギョングン)の還暦を祝う誕生日にあわせて、父・思悼世子の墓へ大掛かりな行幸をすることにした。 これは単なる行幸ではなく、華城のお披露目と、ゆるぎない王権を広く天下に知らしめることが目的であった。 大行事を前に功労者たちが次々と昇進する。 華城築城でもっとも貢献したチョン・ヤギョンは正三品承旨、テスとソッキも従二品総官に任命される。 3人の中でもっとも感情の起伏が激しいジャンボのふてくされぶりをお見逃しなく。 大々的な行幸をみた民たちは王への賛辞を惜しまない。 特にチョン・ヤギョン考案の壮大な舟橋は圧巻!お見逃しなく。 ここでも行幸軍からはずされたジャンボは泥酔して王の悪口を言い、居合わせた客に袋叩きにされる。 いくら酔っているとはいえ、ジャンボらしくない無様さだ。 これを助けたのは、元チャン・テウの部下で破門され、チェ・ソクチュの手先となって水面下で動いているミン・ジュシクだった。 命を賭して尽くした上司に見捨てられた苦しみは自分には良く分かるといって、ミンはジャンボに接近する。 ジャンボから警備計画を聞き出そうという魂胆だ。 果たしてジャンボはミンの誘いに乗ってしまうのか? ミンは、警備の手薄なタイミングを見計らって、サン暗殺計画を実行するが、あっけなく逮捕されてしまう。 こんなにもあっけなく逮捕されたには理由があった。 そのひとつは、ジャンボに関わることで、もうひとつは、次なる本当の暗殺のための目くらましでもあったのだ。 それが証拠に、黒幕の重臣たちはみんな逃げていて、テスたちが駆けつけたときにはもぬけの殻だった。 ところで、サンの反対派であるチャン・テウが少しずつ変わってきた。 サンの対極の立場にいながら、サンの改革政策や政治理念に理解を示してきたのだ。 サンとテウは目指す頂上は同じだったが、そこに行き着くルートが違っただけで、時代が違えば最高のコンビとなっていたかもしれない。 そんな思いをよぎらせる素敵なツーショットがあるのでお見逃しなく。 みんなの中にミン逮捕で安堵感が漂っている中、予定通りに夜間の軍事訓練が始まる。 しかし、この夜間訓練こそが、老論派の本当の暗殺計画だったのだ。 「華城」については、JYJユチョン、パク・ミニョン、ユ・アイン、ソン・ジュンギがメインキャストを務めたドラマのドラマでも詳しく触れている。 名悪役として、超売れっ子のチョン・ホグンだ。 デビューは、1984年MBC公開採用タレント17期として。 現代劇では、で癖のある医者役を熱演している。 一度見たら忘れられないワルの魅力を見せてくれる。 いよいよ「イ・サン」第75話「華城(ファソン)への行幸(ぎょうこう)」は、明日12月9日(日)夜11時から放送、予告動画と前2回のダイジェスト映像は番組サイトで公開。 16日(日)は衆議院選挙関連番組放送のために休止、76話は23日(日)に放送。 また、「イ・サン」最終回終了後は、「イ・サン」の前史にもあたる「トンイ」を2013年1月から放送。 でナビコンでは全話のあらすじと見どころを紹介しているので、気になる方は、先取りチェックをどうぞ! なお、LaLa TVでは、来年1月から「イ・サン」の放送を開始する。

次の

温泉へGo!

温泉 ヘ 行 こう キャスト

【経済産業省 おもてなし規格認証2019】 箱根強羅グアムドッグは愛犬への対応、オーナー様へのサービスを見える化いたしております。 サービス産業は今や日本のGDPの約70%を占めるとともに、地域雇用を生み、地域に住む人々の暮らしを支える経済の柱です。 地域経済、ひいては日本経済の発展には、このサービス産業の活性化と生産性の向上が不可欠です。 しかし、サービスは「その場・その人」が受ける一度きりの、それ自体は「目に見えない」ものです。 このため事業者が高品質なサービス提供を行っても、それを付加価値として価格に転嫁しづらい現状にあります。 日本全体のサービス産業の底上げをはかるためには、高品質なサービスに対して、それにふさわしい評価が受けられる制度的な枠組みが必要です。 そこで、こうした現状を改善し、サービス品質を「見える化」するための規格認証制度として「おもてなし規格認証」が誕生しました。 これまでの日本政府の検討をふまえ、民間規格としての運用を通じて、本制度は日本のサービス産業と地域経済の活性化を推進していきます。 【プライバシーポリシー】 当旅館は旅館業法に従いお客様より個人情報を頂いております。 この書面はお客様の個人情報の保護とお取り扱いにつきまして個人情報保護法の規定に従いご説明するものです。 【1】個人情報に対する当旅館の基本姿勢 当旅館は、個人情報保護法の趣旨を尊重し、(個人情報保護方針)(個人情報保護対策)を定め、実行してまいります。 旅館業法第6条 営業者は、宿泊者名簿を備え、これに宿泊者の氏名・住所・その他の事項を記載し、当該官史又は吏員の要求があった場合は、これを提出しなければならない。 宿泊者は、営業者から請求があった時は、前項に規定する事項を告げなければならない。 【2】当社が保有する個人情報 当社は以下の機会に取得したお客様の個人情報(氏名・住所・電話番号・職業・携帯電話番号・メールアドレス)を保有しており、管理台帳及びデータベースに登録しています。 旅館業法第6条による宿泊及び食事・宴会等の予約により入手した個人情報。 【3】お客様の個人情報の利用目的 以下の目的でお客様の個人情報を利用させて頂くときは必ず事前にお客様の了解を得てから行います。 それ以外には利用致しません。 当旅館からの宿泊及び日帰りプラン・イベント企画等のご案内の郵送もしくはEメールにてのお知らせ。 【4】お客様の個人情報の安全管理• 当旅館の従業員に対して個人情報保護の為の教育を行い、お客様の個人情報を厳重に管理致します。 当旅館はお客様から頂いたお客様の個人情報を重要なものと認識しそのお取り扱いについては管理会社及びコンピューターで厳重に管理 致します。 お客様の同意がある場合、及び法令に基づき要請があった場合以外は第三者にはお客様情報を提供又は開示致しません。 【5】個人情報の取扱いに関する窓口 当社の個人情報の取り扱いについては、下記までお問い合せください。 お電話の場合:TEL0460-83-8178• お手紙による場合:〒250-0408 神奈川県足柄下郡箱根町強羅1322-20• 電子メールによる場合:info guamdog. com.

次の