イタリア コロナ 感染 者 数 推移 グラフ。 ※収束の兆し!!イタリア、新型コロナウィルス(Covid

外務省 海外安全ホームページ|各国・地域における新型コロナウイルスの感染状況

イタリア コロナ 感染 者 数 推移 グラフ

新型コロナウイルスの感染拡大防止のため。 大会が中止となるのは、水害があった1947年以来。 例年7…• 感染者数の1週間平均は50人を上回り、東京都が休業を再要請する基準と用いていた指標の数値を超えた。 都内…• この春、日本全国を覆った新型コロナウイルスの脅威。 多くの人が生活や仕事の危機に直面し、不安の中で日々を過ごした。 コロナ禍は、一人ひとりの暮らし…• それに合わせ、一時は減っていた飲食店やキャバクラなどへの客引きの姿も増え始めた。 この区域では客…• コロナ禍での運動…• 出演番組で異色といえるのが、2004年に始まった日本テレビ系列の動物バラエティー番組「天才!…• 不特定多数が利用する更衣室や混雑するビーチで十分な感染予防策がとれないことが理由だ。 ただ、監視員がいないと水難事故の危険もあり…• 男性の勤務先や日本外務省が明らかにした。 死亡したのは、パキスタン北西部カイバル・パ…• もともと不安定な雇用形態の人が多く、生活に行き詰まってしまう例も。 手探りの支援が続く。

次の

新型コロナウイルス感染拡大の経緯

イタリア コロナ 感染 者 数 推移 グラフ

新型コロナウイルス感染症が引き起こす大混乱は中国・武漢から始まった。 感染者数の推移のグラフを見ると、3月の月初には8万人の感染者を数えた中国だけが突出していて、数千人規模の韓国が急増地帯と警戒されていた。 それ以外の国ではせいぜい数十人~数百人の感染者しかいなかった。 欧米諸国で最初に感染者が急増したのはイタリアだった。 当初は「イタリアだけが特殊」と考えられていたのではないだろうか。 3月前半までは多くの国では感染者数は極めて低いレベルに抑えられていた。 トレンドが変化したのは3月半ば頃。 欧米各国で感染者の急拡大が始まり、米国、イタリア、スペインはあっという間に中国の感染者数を上回った。 特に、米国の増加ペースは速く、ニューヨーク州だけでも24万人以上の感染者が確認されている。 この折れ線グラフの中では、日本の感染者数は極めて低いレベルに抑えられているように見える。 しかし、日本だけを取り出してみると、3月下旬以降、明らかに増加ペースが上がっている。 累計感染者が1000人になるまで65日を要したのに、1000人を超えた後、2000人に到達するまで11日、その後わずかに18日で1万人を突破した。 東京で3000人を超えるなど大都市圏が感染拡大の中心となっているが、4月半ば以降は、岐阜県、石川県、福井県、沖縄県などでも増加ペースが上がっている。 「欧米諸国と比べたら、日本はまだ大丈夫」と油断してはいられない。 半月遅れで欧米諸国と同様の感染爆発の入り口に差し掛かっているのかもしれない。 政府は東京、神奈川、埼玉、千葉、大阪、兵庫、福岡の7都府県に出していた緊急事態宣言を16日に全国に拡大。 感染者数の増加に歯止めを掛けるためには、人と人との接触を最低7割、極力8割減らす必要があるとして、不要不急の外出を避け、テレワークを積極的に活用するよう求めている。 バナー写真 : 3月下旬から感染者が急増している東京都の小池百合子知事(時事).

次の

【毎日更新】米国の新型コロナ感染者数・死亡者数・感染増加率推移

イタリア コロナ 感染 者 数 推移 グラフ

新型コロナウイルス COVID-19 の感染者数推移(世界)とマップの最新情報サイト3選 1. 新型コロナウイルス COVID-19 の感染者数推移(世界)を外務省のデータで見る 外務省はご存知の通り、外交に関する日本の行政機関です。 日本の行政機関が出しているデータなので、データの信頼性が担保されていますよね。 情報を集める時には、やはりその信頼性が担保されていることが重要です。 外務省のホームページでは、次の4種類のグラフをご覧になれます。 1万人当たりの感染者数 例えば2020年4月12日のデータがこちらです。 anzen. mofa. html) 1. データを見ることで、アメリカにおける感染者数の増加が定量的にはっきりと分かります。 ニュースでは「今日は何人でした」のような報道ばかりで、時系列でどのような増加を辿ってきたのかが分かりにくいです。 このように時間に関するグラフを参照することで得られる情報もあるんですね。 また、中国における新型コロナウイルスの感染者数は2月の終わり以降は一定になっているように見えます。 ただし右下の注釈にもありますが、中国では「感染者数」に無症状感染者を含めていません。 感染者数のデータを見る時には、データの背後にある事情に注意してください。 また、ベルギーにおける感染者数の増加が速いことも分かります。 感染者数の上位の国はヨーロッパが多いですね。 アイスランドは感染者数で見れば日本と同程度ですが、これはあくまで感染者の総数です。 実際には、 国民の人数を考慮してデータを読み取る必要がありますね。 考えてみれば、日本よりもアイスランドの方が人口が少ないはずです。 アイスランドの人口は36万人ほどしかいません。 日本の人口は1億2千万人以上いますよね。 人口が多ければ感染者数が多いのは自然なことです。 そこで、1万人あたりの感染者数のデータに直したのが次のグラフです。 1万人当たりの感染者数 これを見ると、アイスランドの1万人あたりの感染者数が非常に高いことが分かります。 このように、 感染者数だけでなく、人口に対する割合にも注目することが大切です。 新型コロナウイルス COVID-19 の感染者数推移(世界)を厚生労働省のデータで見る 続いてご紹介するのは、新型コロナウイルスの感染者数推移(世界)をまとめている厚生労働省のホームページです。 厚生労働省も、外務省と同様に日本の行政機関です。 日本の行政機関が出しているデータなので、データの信頼性が担保されていますよね。 情報を集める時には、やはりその信頼性が担保されていることが重要です。 厚生労働省のホームページでも、国別の感染者数がご覧になれます。 例えば2020年4月7日のデータがこちらです。 mhlw. html) 上の表をみれば、各国の感染者数と死亡者数が分かります。 外務省のグラフでは各国の感染者数推移を比較するのに便利でした。 厚生労働省の表では、各国の感染者数と死亡者数を比較するのに都合がいいですね。 目的に応じてそれぞれのデータを使い分けたいですね。 新型コロナウイルス COVID-19 の感染者数推移(世界)をknoemaのデータで見る 最後に、海外のサイトをご紹介します。 それは、knoemaというサイトです。 knoemaからの最新データを引用したグラフが以下です。 UIが素晴らしく、使いやすいですね。 ちなみにこの情報源は「The Center for Systems Science and Engineering at JHU, Novel Coronavirus 2019-nCoV Cases」です。 こちらも信頼できるデータと言えるでしょう。 もっと新型コロナウイルス COVID-19 について知りたい方へ 新型コロナウイルス(COVID-19)の世界的な感染者数が急速に増えています。 感染者数の推移を見れるサイトは、以下の記事でまとめました。 また、あまり報道されていない アフリカにおける感染者数に関しては以下の記事が参考になります。 皆さんも、ぜひこのブログを読んで教養を高めてみてください。 留学なし2週間でTOEFL100点をとった勉強法はこちらご覧いただけます。 英語を学ぶと収入がアップしたり、留学のチャンスが出てきたりしますよ! 今年のはじめに話題になった「第三次世界大戦」っていったいなんだったんでしょうか? 詳しくはここをチェックしてみてください。

次の