ビット コイン みんなの。 ビットコインは10万円まで下がることはない そのワケを言おう!(ひろぴー): J

[終了] みんなのビットコインの口コミ・評判 | みん評

ビット コイン みんなの

【ご注意】『みんなの株式』における「買い」「売り」の情報はあくまでも投稿者の個人的見解によるものであり、情報の真偽、株式の評価に関する正確性・信頼性等については一切保証されておりません。 また、東京証券取引所、大阪取引所、名古屋証券取引所、株式会社マネーパートナーズソリューションズ、China Investment Information Services、NASDAQ OMX、CME Group Inc. 、株式会社FXプライムbyGMO、東京商品取引所、大阪堂島商品取引所、SIX ファイナンシャルインフォメーションジャパン、Dow Jones、Hang Seng Indexes、株式会社bitFlyer 等から情報の提供を受けています。 日経平均株価の著作権は日本経済新聞社に帰属します。 『みんなの株式』に掲載されている情報は、投資判断の参考として投資一般に関する情報提供を目的とするものであり、投資の勧誘を目的とするものではありません。 これらの情報には将来的な業績や出来事に関する予想が含まれていることがありますが、それらの記述はあくまで予想であり、その内容の正確性、信頼性等を保証するものではありません。 これらの情報に基づいて被ったいかなる損害についても、当社、投稿者及び情報提供者は一切の責任を負いません。 投資に関するすべての決定は、利用者ご自身の判断でなさるようにお願いいたします。 個別の投稿が金融商品取引法等に違反しているとご判断される場合には「」から、同委員会へ情報の提供を行ってください。 また、『みんなの株式』において公開されている情報につきましては、営業に利用することはもちろん、第三者へ提供する目的で情報を転用、複製、販売、加工、再利用及び再配信することを固く禁じます。

次の

みんなの仮想通貨 チャット

ビット コイン みんなの

ビットコインは2020年第2四半期、堅調に推移しているが、その価格水準が依然過小評価されていることを示す指標がある。 CoinDeskのBitcoin Price Indexによると、ビットコインは9360ドル近辺を推移。 3月13日の安値3867ドルから上昇。 ビットコインのメイヤー倍数(Mayer multiple:200日移動平均に対するビットコインの価格比率)は現在1. 15(MayerMultiple. infoより)。 4未満は過小評価を示す。 4以上は投機的な価格高騰を示し、その後下落する傾向があるという。 例えば、2017年12月1日に2. 4を超えて上昇した後、ビットコインは2週間で2倍の2万ドルまで上昇、12月22日には1万2000ドルまで下落した。 同様に、2. 4を超える数値は、2013年4月、2013年12月の価格高騰時にも見られた。 メイヤー倍数は現在、全期間平均の1. 44を大きく下回っている。 「買い増しのチャンス」とツイートしたのはビットコイン調査会社Ecoinometrics。 メイヤー倍数を考案したトレース・メイヤー(Trace Mayer)氏のシミュレーションによると、2. 4未満の以下の時にビットコインを積み立てることで、より良い結果が得られていたという。 だが、メイヤー倍数はテクニカル分析ツールであり、結果の精度は保証されていない。 過去のパフォーマンスが将来も続くと考えることはリスクを伴う。 しかし、チェーン上の動きはメイヤー倍数の強気予想を支持。 「くじら」つまり1000BTC以上の大口保有者数は1844に増え、2017年11月以来の高水準。 小口投資家の関心も過去最高、と暗号資産(仮想通貨)取引所フォビ(Huobi)のバイス・プレジデント、シアラ・サン(Ciara Sun)氏はツイート。 小口投資家と大口投資家の双方がビットコインを買い増ししていることは、ビットコインの長期的な強気ストーリーへの自信を表している。 翻訳:CoinDesk Japan編集部 編集:増田隆幸、佐藤茂 写真:CoinDesk Bitcoin Price Index 原文:Bitcoin Still Undervalued After Q2 Rally, Price Metric Shows CoinDesk Japan 編集部.

次の

みんなのビットコイン株式会社に対する行政処分について

ビット コイン みんなの

暗号資産(仮想通貨)の価値を探る方法として、「メトカーフの法則」とよばれる計算方法がある。 メトカーフの法則とは、「ネットワーク通信の価値は、接続されているシステムのユーザー数の二乗(n2)に比例する」というものだ。 電話やインターネットなどネットワークの価値は繋がるモノが多ければ多いほど価値が向上するという意味合いで、電話を例に挙げると、世界で2人しか使用していなければ、「1対1」の繋がりしかなくネットワーク価値は限定される。 この法則にビットコイン(BTC)のユニークアドレス(取引活動があるアドレス)の数を用いてフェアバリューを計算した結果、6月26日時点のビットコインのフェアバリューは13,515ドルとなった。 足元、9,220ドル台で推移しているが、ユニークアドレス数の推移を参考に算出されたフェアバリューから比較すると市場価格は割安と見ることもできる。 また、今後のシナリオも下記の通り計算している。 (ユニークアドレスはBlockchain. com、ビットコイン価格はCoinMarketcapより) 足元では、5月12日に半減期(マイニングの報酬が半減するタイミング)を無事に通過した。 半減期後にはマイナーが得られる報酬として市場に新規供給されるビットコインが半減するため、価格が上昇しなければマイニング参加者が減少してリスクが上昇するのではないかといったさまざまな懸念があったが、ハッシュレート(マイニングの計算速度を表す)は一時減少したものの足元では半減期前の水準近くまで回復しており、また価格に大きな下落は見られていない。 〇2020年6月26日時点のユニークアドレス数をベースに、3つのシナリオで計算「Neutralシナリオ(年率10%増加)」「Upperシナリオ(年率30%増加)」「Underシナリオ(年率10%減少)」 「Neutralシナリオ(年率10%増加)」 ・2020年末予想・・・16,353ドル ・2021年末予想・・・19,787ドル ・2022年予想・・・23,942ドル 「Upperシナリオ(年率30%増加)」 ・2020年末予想・・・22,840ドル ・2021年末予想・・・38,600 ドル ・2022年末予想・・・65,234ドル 「Underシナリオ(年率10%減少)」 ・2020年末予想・・・10,947ドル ・2021年末予想・・・8,867ドル ・2022年末予想・・・7,182ドル 一方、ユニークアドレスの推移を確認すると、2017年12月をピーク(100万件)に40万件から60万件の間の水準で横ばいとなっており、右肩下がりのような動きはまだ見られていない。 <SI>• また、東京証券取引所、名古屋証券取引所、China Investment Information Services、NASDAQ OMX、CME Group Inc. 日経平均株価の著作権は日本経済新聞社に帰属します。 『みんなの株式』に掲載されている情報は、投資判断の参考として投資一般に関する情報提供を目的とするものであり、投資の勧誘を目的とするものではありません。 これらの情報には将来的な業績や出来事に関する予想が含まれていることがありますが、それらの記述はあくまで予想であり、その内容の正確性、信頼性等を保証するものではありません。 これらの情報に基づいて被ったいかなる損害についても、当社、投稿者及び情報提供者は一切の責任を負いません。 投資に関するすべての決定は、利用者ご自身の判断でなさるようにお願いいたします。 個別の投稿が金融商品取引法等に違反しているとご判断される場合には「」から、同委員会へ情報の提供を行ってください。 また、『みんなの株式』において公開されている情報につきましては、営業に利用することはもちろん、第三者へ提供する目的で情報を転用、複製、販売、加工、再利用及び再配信することを固く禁じます。

次の