西武 ライオンズ ツイッター。 埼玉西武ライオンズの関連情報

山崎裕之

西武 ライオンズ ツイッター

今日の再試合でも投げさせられそう。 はっきりしているのは,この2人,日本の将来を背負っていく逸材。 ここでつぶしてはならない! 昨日の早稲田の斎藤君173球目に,スコアボードは「147キロ」を表示した。 173球目に,連日の400球をこえる投球の末,全力を投じなければならない悲しさを,美化するだけで,誰も取り上げない。 早稲田の監督は,日本の野球の将来に対して,責任があるはずだ。 勇気をもって,休ませてあげてほしい。 選抜の時に,書きましたので,再度出させていただきます。 高校野球投手の連投の禁止もしくは球数制限を!気狂いじみた投手の起用法 早稲田実業の斎藤投手 3連投の 400球以上!?! この気狂いじみた投手の起用法なんとかならないものか! 今,テレビを見ると3日間で400球を越え(昨日まで333球,今日67球なげ)1回マウンドを降り た斎藤投手,あとの投手が打たれ,大量点を取られてほぼ試合が決まったにもかかわらず,また後半再登 板させている(結局440球を超えたとの事)。 そんなにしてまで勝ちたいのだろうか。 試合は決まっているのに,なんで3日間で400球を越えた投手を再登板させなければならないのか? もう休ませてやったら,どうだろう。 マスコミや報道も連投を美談として扱わないでほしい。 野球のトーナメントは,きびしい。 負ければ明日はない。 1球1球に全身全霊をこめて投げなければ,日本の高校生の最高レベルの打者に到底太刀打ちできない。 十分かつ早急な休息が必要なはずの疲れたひじや肩に,全力投球を強いれば,必ず故障を引き起こす。 指導者,監督が,子供達を守らないなら,連日の試合の中止,投手の連投の禁止,またはWBC(ワールド ベースボールクラッシク)のような球数制限などのルールが絶対必要。 サヨナラ勝ちを喜ぶライオンズの選手たち 今日も、ホークスとの試合でした。 最終回、森友哉のサヨナラヒットでライオンズが勝ちました。 2020年6月28日 埼玉西武ライオンズvs. 福岡ソフトバンクホークス 試合出場成績 - プロ野球 - スポーツナビ 【安定したリリーフ陣】 今日のライオンズ先発は與座海人。 初回に柳田悠岐のソロ、2回に栗原陵矢の2点タイムリーで、いきなり3失点する苦しい立ち上がりでした。 柳田にも栗原にも、キャッチャーの構えたところから外れたコースを打たれており、制球に課題を残したと思います。 ただ、その後は立ち直り、今日も6イニング3失点のクオリティスタートを達成しました。

次の

ドミンゴ・マルティネス

西武 ライオンズ ツイッター

「だって西武の打線が... 」 「櫻井浩二インサイト」は、櫻井浩二アナウンサーがパーソナリティーを務める、平日朝の情報番組。 ツイッターには櫻井アナ自身も、たびたび投稿している。 そのアカウントが9月12日、 「これで2年ぶりの優勝は決まりましたね だって西武の打線が... 続きは明日のオープニングで話します おやすみなさ~い」 とツイート。 また、当該ツイートには「#ホークス2年ぶりリーグ優勝」などのハッシュタグが添えられていた。 この日には西武がソフトバンクと西武ドームで試合を行い、ソフトバンクが3-2で西武に勝利してM12が点灯していたほか、西武の得点が2点と打線が振るわなかったためか、上記のツイートを行ったとみられる。 ソフトバンクのリーグ優勝を「予言」しつつ、「だって西武の打線が... 」と西武の打線をイジったと思われる部分があったツイートだったため、当該ツイートには西武ファンからの非難が殺到。 翌日、アカウントは「昨晩、あたかもホークスの優勝が決まったかのような書き込みをしてしまいました」と謝罪しつつ、当該ツイートを削除した。 騒動はいったんは収まったが、24日に西武がリーグ優勝を達成したため「再燃」。 「西武ライオンズ、優勝おめでとうございます!!」と、西武を祝福するツイートには、「残念でしたねぇ フラグ立てくれライオンズに火がつきました」「結局西武の打線はなんなの?」とイジる西武ファンからとみられるリプライが殺到した。 このほか、野球とは関係ない最新ツイートにも「イジり」が寄せられているほか、ツイッター上でも発言を取り上げたツイートが拡散中だ。 (J-CASTニュース編集部 坂下朋永).

次の

山崎裕之

西武 ライオンズ ツイッター

経歴 [ ] プロ入りとダイアモンドバックス傘下時代 [ ] のでから17巡目指名を受け、を飛び級で3年で卒業して 入団。 レッドソックス時代 [ ] 8月21日にトレードでに移籍。 6月5日の戦でに殴りかかって退場となったの代走でメジャーデビューを果たす。 はメジャーでは4試合の出場に終わるが、傘下のAAA級では116試合の出場で打率. 294、16本塁打、OPS. 823の成績を残す。 メッツ時代 [ ] 2009年10月7日にとのトレードでに移籍。 は対右投手のスタメンとして自己最多の100試合に出場した。 レイズ時代 [ ] 1月6日にとマイナー契約を結ぶ。 6月16日にとなる。 ブレーブス時代 [ ] 2011年6月18日にとマイナー契約を結んだ。 傘下のAAA級では23試合の出場で打率. 338、4本塁打、OPS. 974の成績を残すがメジャー昇格には至らなかった。 西武時代 [ ] 2011年12月21日にが獲得を発表した。 は、オープン戦で膝の故障が悪化し、3月に右膝の手術を行った。 シーズンでは主に代打として59試合に出場。 代打打率. 333、代打出塁率. 438、得点圏打率. 359を記録するなど勝負強さを発揮し、チームの3年連続となる出場に大きく貢献した。 しかし、シーズン終盤に右膝の状態が悪化し、指名打者での出場も困難な状態であったため、10月31日に球団からされたことが発表された。 その後、11月7日に自由契約公示された。 西武退団後は現役を引退し、アメリカ国内で就職していたが 、日本国内の球団スカウト打診されて現役復帰。 独立リーグ時代 [ ] は日本国内の独立リーグである(BCリーグ)に加盟する主催のへ参加し、2013年4月5日に石川ミリオンスターズへの入団が発表された。 メジャー経験者がBCリーグへ入団するのはの(群馬)以来2人目。 西武復帰 [ ] 2013年6月16日に石川ミリオンスターズと西武ライオンズの間で譲渡に関する合意が成立し、ライオンズに復帰することとなった。 2012年に付けていた背番号2はが2013年から使用しているために、背番号は 10となった。 しかし、わずか14試合の出場にとどまり、打率. 133と結果を残せなかった。 10月4日にウェーバー公示にかけられ 、10月11日にNPBより自由契約が公示された。 メキシコ時代 [ ] はに所属していたが、6月に引退。 引退後 [ ] 2014年12月29日付日刊スポーツによると、アメリカの会社「ブリッジウォーターアソシエーツ」でプロジェクトマネージャとして働いていた。 その後、2018年時点ではのiFOLIO社にて、スポーツ奨学金のサポート業務に従事している。 選手としての特徴 [ ] マイナー通算の四球率9. 8パーセントの選球眼とメジャーで15本塁打を期待できる長打力を持ち味とするが左投手を苦手とし、メジャーでは主に対右投手で起用された。 毎打席打つ方向を決めているという極端な決め打ちをしており、外野守備の名手として知られるからは「ある程度球種とコースで打球を予測できるけど、カーターはできない。 気持ち悪い打者」と畏怖されている。 マイナーではとで起用されることが多く、メジャーではとで出場経験があるが、守備には難を抱える。 NPB(西武)では右膝手術の影響からか、一軍での試合は全て代打かとして出場し、守備につく事は一度もなかった。 なお二軍では2013年には一塁手として出場している。 人物 [ ] を飛び級して3年で卒業しており、を専攻していた。 医者家系に生まれたが、子供の頃から野球選手を目指していたという。 西武入団後は、都内から本拠地であるまで電車通勤していた。 熱血漢な一面も持ち合わせ、キャプテンであるが怪我で離脱し、チームも2連敗している中で迎えた8月23日の対戦の試合前ミーティングで「勝者と敗者の間には、1センチの差しかない。 俺たちはチャンピオンを目指すチームだ。 きょうはチャンピオンのように闘おう。 チャンピオンは、あきらめない。 」と熱弁を奮ってナインを鼓舞し、チームを勝利に導いた。 引退後も西武ファンを公言しており、2018年に西武が優勝マジックを5にまで減らした際には、着ていたYシャツを破り中から自身の2012年度のユニフォームを見せるパフォーマンスと共に激励のコメントを寄せた。 また元チームメイトのがと契約した際には、にてエールを送った。 詳細情報 [ ] 年度別打撃成績 [ ] 球 団 9 20 18 5 6 0 0 0 6 3 0 0 0 0 2 0 0 5 0. 333. 400. 333. 733 4 6 5 0 0 0 0 0 0 1 0 0 0 1 0 0 0 4 0. 000. 000. 000. 000 100 180 167 15 44 9 0 4 65 24 1 2 0 0 12 0 1 17 2. 263. 317. 389. 706 59 138 126 9 37 8 0 4 57 27 0 0 0 1 10 0 1 22 3. 294. 348. 452. 800 14 34 30 0 4 0 0 0 4 3 0 0 0 1 3 0 0 11 2. 133. 206. 133. 339 :3年 113 206 190 20 50 9 0 4 71 28 1 2 0 1 14 0 1 26 2. 263. 316. 374. 689 :2年 73 172 156 9 41 8 0 4 61 30 0 0 0 2 13 0 1 33 5. 263. 320. 391. 715 記録 [ ] この選手の記録に関する文献やが必要です。 ためにご協力をお願いします。 ( 2013年10月) NPB• 初出場:2012年6月23日、対6回戦()、6回裏にの代打で出場 [ ]• 初打席:同上、6回裏にから三飛 [ ]• 初安打・初打点:2012年7月1日、対11回戦(西武ドーム)、7回裏にから左前適時打 [ ]• 初先発出場:2012年7月2日、対7回戦()、5番・で先発出場 [ ]• 初本塁打:2012年8月7日、対13回戦()、9回表にから左越ソロ [ ] 独立リーグでの打撃成績 [ ] 29 91 11 31 2 0 3 47 17 8 25 2 0 1 1 0 2 29. 341. 516. 487 1. 003 通算:1年 29 91 11 31 2 0 3 47 17 8 25 2 0 1 1 0 2 29. 341. 516. 487 1. 003 背番号 [ ]• 51 (2008年)• 54 (2008年 - 2009年)• 23 (2010年)• 2 (2012年)• 7 (2013年)• 10 (2013年) 脚注 [ ]• スポーツナビ 2012年8月29日. 2013年10月27日閲覧。 埼玉西武ライオンズ・オフィシャルサイト 2011年12月21日. 2011年12月22日閲覧。 スポニチ Sponichi Annex 2012年9月13日. 2012年9月15日閲覧。 埼玉西武ライオンズ 2012年10月31日. 2012年10月31日閲覧。 日本野球機構 2012年11月7日. 2012年11月7日閲覧。 石川ミリオンスターズ・オフィシャルサイト 2013年4月6日. 2013年5月3日閲覧。 石川ミリオンスターズ・オフィシャルサイト. 2013年6月17日. 2013年6月17日閲覧。 埼玉西武ライオンズ・オフィシャルサイト. 2013年6月16日. 2013年6月17日閲覧。 西武球団公式サイト2013年10月4日配信• NPB公式サイト• プロ野球速報・ライブ中継 パーソル パ・リーグTV. 2018年9月27日閲覧。 友成那智、村上雅則『メジャーリーグ・完全データ選手名鑑2009』廣済堂出版、2009年、66頁。。 スポニチ2012年8月11日• 日刊スポーツ、2012年1月27日。 Web 2012年8月30日. 2012年10月31日閲覧。 Full-Count 2020年1月8日. 2020年1月8日閲覧。 - 日刊スポーツ(2012年7月1日) 2012年7月1日閲覧• - 日刊スポーツ(2012年8月7日) 2012年8月7日閲覧 関連項目 [ ]• 外部リンク [ ]• 選手の通算成績と情報 、、、、、• 選手の各国通算成績•

次の