フォン ブレイバー。 ケータイ捜査官7

変形可能! 元祖ロボットケータイ「フォンブレイバー 815T PB」(懐かしのケータイ)

フォン ブレイバー

携帯電話をはじめ、パソコン関連の解説記事や製品試用レポートなどを執筆。 、(インプレスジャパン)、(NHK出版)など、著書も多数。 ホームページはの他、に対応。 (impress TV)も配信中。 asahi. comでも。 今年4月からテレビ東京系列で放送が開始されたテレビ番組「ケータイ捜査官7(セブン)」。 番組に登場するケータイを再現した端末「フォンブレイバー 815T PB」がソフトバンクから発売された。 筆者も実機を購入したので、番組のことも含め、レポートをお送りしよう。 普段からよく触れているように、ケータイは通話やメールを中心としたコミュニケーションツールであると同時に、自分にもっとも身近に存在するデジタルデバイスであり、さまざまなシーンで活用できるからだ。 多くの人にとって、ケータイが身近で大切な存在になったこともあり、さまざまなメディアでもケータイを扱うケースが増えてきている。 テレビドラマや映画などでも登場人物たちを演出する大切な小道具に位置付けられている。 なかには通話やメールといった一般的なケータイの使い方を超え、フィクションとしてのケータイも描かれるものもある。 たとえば、筆者の好みの範疇で言えば、映画「007トゥモロー・ネバー・ダイ」(1997年公開)ではピアース・ブロスナンの演じるジェームス・ボンドが当時のEricsson(現在はSony Ericsson)製端末を使い、指紋をスキャンしたり、スタンガンとして使ったり、BMW 750iLをリモートドライブで運転するなど、スパイグッズらしい活用を見せた。 その一方で、かつてコンピュータが登場し始めた頃のように、ケータイが小道具ではなく、擬人化したツールのようにも描かれた作品もある。 昨年、公開された映画「トランスフォーマー」では、NOKIA N93iがロボットにトランスフォームする(変身する)シーンがあった。 X07シルバー(写真)、X01ブラックをラインアップ 今回紹介するソフトバンクの東芝製端末「フォンブレイバー 815T PB」は、今年4月からテレビ東京系列で放送が開始されたテレビ番組「ケータイ捜査官7(セブン)」に登場するケータイを再現したものだ。 型番からもわかるように、端末のベースになっているのは、「SNOOPY」や「HELLO KITTY」をはじめ、ソフトバンクのラインアップにおいて、多くのコラボレーションモデルを展開する「fanfun. SoftBank 815T」であり、これにフォンブレイバーパーツキットがセットされた構成となっている。 ちなみに、フォンブレイバーパーツキットは、玩具の企画・開発などを行なう株式会社ウィズが製造を担当している。 ケータイ捜査官7に登場するケータイも小道具ではなく、意思を持つロボット型ケータイとして描かれている。 「これが明日のリアル」という番組キャッチコピーからもわかるように、ごく近い将来に起こり得る世界がドラマの舞台となっている。 ドラマの設定を少し簡単に説明しておくと、サイバー犯罪から人々の生活を守るために作られた「アンダーアンカー」と呼ばれる秘密機関があり、そこに所属するエージェント、ともに戦うケータイ「フォンブレイバー」、闘いに巻き込まれ、エージェント研修生として加わる主人公の高校生「網島ケイタ」がくり広げるドラマを描く内容となっている。 パッケージにはフォンブレイバー815T PBの端末(右)、フォンブレイバーパーツ(左)が別々に梱包される。 化粧箱の専用パッケージ(奧)が用意され、それぞれのパッケージがまとめられる 手足が細めなので、ちょっと不安だが、フォンブレイバーパーツを装着すれば、こんな感じで立たせることもできる 2月27日の会見では、出演者と三池監督(一番左)が登場した フォンブレイバーはネットワーク犯罪やサイバー犯罪に対抗するために作られたツールで、エージェントとのコミュニケーションを目的とした人工知能とロボットを組み合わせて開発された高機能携帯型コミュニケーターと位置付けられている。 単純に、エージェントが持つケータイということではなく、エージェントのバディ(相棒)として、ともに事件解決に取り組んでいく。 ドラマ内では、フォンブレイバーはパソコンをはじめ、さまざまな電子機器をリモートでコントロールして、犯罪などに使われたプログラムを制圧するといった活動をする。 ただ、その作業をする際、他の行動ができなくなってしまうため、エージェントが犯罪者の動きを封じるなど、フォンブレイバーの安全を確保するといった連携行動を取る。 主人公であるケイタがバディとなるフォンブレイバーは、最新型の「セブン」であり、815T PBのカラーバリエーションのX07シルバーはこのセブンを再現したものとなっている。 815T PBのもうひとつのボディカラーであるX01ブラックは、フォンブレイバーの初号機である「ゼロワン」を再現したものだ。 ゼロワンはアンダーアンカーを離脱し、犯罪を企てる人間に協力するヒール(悪役)的な存在となっている。 番組ではこの他にもブルーのボディカラーの「サード」と呼ばれるフォンブレイバー3号機が登場するが、こちらは今のところ、ソフトバンクの端末として、ラインアップされていない。 番組は、毎週水曜19時の枠で4月2日から放送が開始され、大型連休中の休みを挟んで、すでに6回が放送されている。 内容に関しては詳しく触れないが、VFXを駆使した映像やリアルな演出など、充実した内容となっている。 セブンやゼロワン、サードが歩いたり、走ったりするなど、少しコミカルで笑ってしまうシーンがあるかと思えば、ちょっと力の入ったカッコいいシーンもあったりして、毎回、見応えのある内容を楽しむことができる。 ちなみに、現在、すでに放送されたものについては、ダイジェストの一部がYahoo! 動画で公開されているほか、8月22日にはDVDとBlu-rayのタイトルの第一巻も発売される予定だ。 前述のように、基本的な端末としての仕様は、すでに販売されている815Tに同じだが、セブンやゼロワンの形を再現するフォンブレイバーパーツが装着され、内蔵のアプリや壁紙、着信音なども番組の内容を反映したオリジナルのものがプリインストールされている。 ベースとなった815Tは、最近の端末としてはスタンダードな厚さ16mmに抑えられているが、815T PBにフォンブレイバーパーツが装着された状態はその倍の32mmになってしまうため、実際の持ち歩きには少し抵抗がある。 フォンブレイバーパーツが装着された状態では、通常の815Tの約2倍程度の厚さになってしまう フォンブレイバーパーツは手足が折りたたまれた状態で、本体の背面に装着される ケータイとロボットの変形手順はやや複雑で戸惑うが、フォンブレイバーパーツの取扱説明書に写真入りで図解されているので、最初の内はそれを参照しながら、変形させていくのが確実だ。 ちなみに、少し無粋な話になるが、厳密に言えば、815T PBにフォンブレイバーパーツを装着した状態で利用するときは、端末をオフラインモードに切り替える必要があり、取扱説明書にもその旨が明記されている。 フォンブレイバーパーツが装着された状態の815T PBは、JATE(財団法人電気通信端末機器審査協会)やTELEC(財団法人テレコムエンジニアリングセンター)などの技術適合基準を受けた815Tとはボディサイズをはじめとする仕様が変わってしまうためだ。 サイズ的にも大きくなるので、普段は通常の電池カバーを装着して持ち歩き、フォンブレイバーとして活用するとき ? は、フォンブレイバーパーツを装着するという使い方が適切といえるかもしれない。 待受アプリとして設定する「バディトーク」。 登録した名前で話しかけてくる。 基本的には文字のみでのコミュニケーションになる ゼロワンの豊かな表情もバディトークのリアリティを演出している。 表情のバリエーションもかなり豊富なようだ フォンブレイバー 815T PBが再現しているのは、外見だけではない。 「バディトーク」と呼ばれるS! アプリがプリインストールされており、待受アプリに設定することで、端末の待機中などに、セブンとの会話を楽しむことができる。 ただ、会話と言っても番組のように、端末が音声でしゃべるわけではなく、セブンが画面にテキスト表示で話しかけてきて、それに決定ボタンやソフトキーでユーザーが返答するといったしくみになっている。 テキストだけではあるものの、話の内容はサーバーからデータをダウンロードしているため、現在、話題になっていることが話される。 リアクションも豊富で、深夜に端末を開いたら「就寝中」と表示されていたといったこともある。 限られた条件の中でもなかなか凝ったアプリとなっている。 バディトークには別途、メニュー画面が用意されており、他のアプリを起動したり、オリジナルのスケジュールを呼び出すことができる このバディトークは出荷後、すでにバージョンアップしており、現在はVer. 1が公開されている。 旧バージョンを利用しているユーザーは、S! アプリライブラリからバディトークのみを削除し、公式サイトから最新版をダウンロードすれば、名前などのデータも引き継ぐことができる。 ところで、プリインストールされているバディトークは、セブンの語り口や表現を再現したものだが、番組には前述のように、ゼロワンやサードといったフォンブレイバーが登場する。 これらのフォンブレイバーはセブンとはまた違った性格や語り口を持っている。 そのため、待受の壁紙などはサードのキャラクターなのに、バディトークはセブンという違和感のある環境ができてしまう。 ブラックのゼロワンも同様だ。 そこで、ケータイ捜査官7の公式サイトではまず、サードのキャラクターを反映させたバディトークを追加の無料アプリとして、提供することがアナウンスされている。 ゼロワン版のバディトークについても今秋以降をメドに、提供の検討が進められているようだ。 個人的には、ゼロワン版のバディトークをぜひ体験してみたいところだ 笑。 バディトークについてはゼロワンとの会話以外に、他の関連アプリの起動、エージェントとしてのトレーニング(記憶ゲーム)、本体のものと連動したアドレス帳、エージェントとしてのイベントも組み込まれたスケジュールなどの機能が用意されている。 番組に連動して楽しめるRPG「モバイルストーリー」 迷路のような街を捜査し、出会った敵を「制圧」していく展開 バディトークから起動することができる関連アプリとしては、全国のユーザーとネットワーク対戦ができる「ブレイブバトラー」、ステージクリア式のアクションゲーム「ブレイブランナー」、カードバトル型R. の「モバイルストーリー」を楽しむことができる。 モバイルストーリーは番組に合わせて内容が更新される予定で、現在、提供されている「MobileStory01」ではアンダーアンカーのエージェントとなり、セブンとともに街に出て、さまざまな機器とカードバトルで闘いながら、迷路のような街を進んでいくという構成だ。 ダンジョンタイプのロールプレイングゲーム(RPG)に近い感覚のゲームで、あまりゲームになじみのないユーザーにも楽しめそうだ。 ここ数年、ケータイはカメラやワンセグなど、さまざまな面で高機能化が進んできたが、最近では「もう機能的には横並びでは?」といった声も聞かれることが増えてきている。 しかし、ケータイという持ち物は、単純に機能だけで語れるものではない。 たとえば、デザインもひとつの楽しみだろうし、カラーもひとつの個性だ。 今回紹介したフォンブレイバー 815T PBは、ケータイ捜査官7に登場するフォンブレイバーを再現した端末であり、これも今までのケータイにはなかった強い個性を表現したものと言えるだろう。 実際にはノーマルの815Tに比べ、フォンブレイバーパーツを付けた状態で2倍近く分厚かったり、ロボットに変身させるのに背面の手足をひとつずつ伸ばさなければならないなど、もどかしさや扱いにくさもある。 スペックもごくスタンダードなレベルで、ハイエンド端末のような目立つ要素もそれほど多くない。 「私の名はセブン、ソフトバンクから発売中!」こんなポーズを見せられたら、思わず欲しくなってしまう 笑 ? しかし、この端末にはそういった要素を補って余りある魅力がある。 特に、端末の持つ存在感とインパクトは強烈で、知人や仕事仲間に見せると、男女を問わずに、しばらく手足を動かしたり、画面を見たりするなど、かなり楽しそうな反応を見せる。 なかには端末を見て、翌週の放送から番組を見始めたという知人も居るくらいだ。 また、フォンブレイバー 815T PBは他のキャラクターとのコラボレーション端末と違い、番組と連動しながら、新しい要素がアプリで体験できるという期待感もある。 アプリの仕様としての限度もあるため、どこまで楽しめるのかはまだ未知数だが、少なくとも放送が予定されている来春までは、いろいろな話題を提供してくれることになりそうだ。 こうしたテレビや映画などと連携した企画モノの商品は、最終的にはそのコンテンツをどれだけ気に入るのかで、「買い」の判断を左右することになる。 もし、すでにケータイ捜査官7にハマっていて、「オレもセブンが欲しいぜ!」と考えるのなら、フォンブレイバー 815T PBは、ぜひ一度、体験して欲しい端末だ。 ケータイに対する捉え方は人によってさまざまだが、一度くらいはこうした遊びゴコロのある端末を楽しんでみるのも面白いかもしれない。 もちろん、番組についてもぜひ一度、見てみることをおすすめしたい。

次の

超合金 フォンブレイバー7 (ケータイ捜査官7) レビュー ☆ミクロマン東京多摩基地☆

フォン ブレイバー

オンラインマニュアル/ダウンロードサービスのご利用に関するご注意 本サービスは、以下の「ご利用の条件」にご同意いただいた上で、ご利用ください。 取扱説明書の内容は、製品の仕様変更などの理由により、予告なく変更される場合があります。 そのため、本サービスに掲載されている取扱説明書は、購入された製品に同梱されている取扱説明書や、現時点で発売されている製品に同梱されている取扱説明書と内容が異なる場合があります。 本サービスの取扱説明書は、あくまでも製品に同梱されている取扱説明書の補足的情報としてご利用ください。 製品には、安全上及び使用上のご注意、操作早見表や正誤表など、取扱説明書以外の補足印刷物が同梱されている場合があります。 本サービスでは、それらについては掲載しておりませんので、あらかじめご了承ください。 安全上のご注意は、取扱説明書が制作された時点での法的及び業界基準に応じた内容になっているため、最新の内容ではない場合があります。 あらかじめご了承ください。 本サービスに掲載されている取扱説明書は、主に製品が発売された当初のものです。 そのため、マイナーチェンジなどの理由により、本サービスに掲載されている取扱説明書の記載内容とお客さまがお持ちの製品の仕様が異なる場合があります。 あらかじめご了承ください。 製品に同梱される取扱説明書が改訂されている場合、予告なく改訂版を本サービスに掲載する場合もあります。 ただし、製品に同梱する取扱説明書の変更の度に修正・更新をするものではありません。 取扱説明書は製品を購入していただいたお客さまを読者として想定しております。 本サービスで掲載している取扱説明書について、購入されたお客さま以外からのお問い合わせにはお応えできない場合があります。 あらかじめご了承ください。 本サービスに掲載されている取扱説明書の製品が、すでに生産中止などの理由でご購入できない場合があります。 あらかじめご了承ください。 本サービスの利用、または利用できなかったことにより万一損害(データの破損・業務の中断・営業情報の損失などによる損害を含む)が生じ、たとえそのような損害の発生や第三者からの賠償請求の可能性があることについてあらかじめ知らされた場合でも、当社は一切責任を負いませんので、あらかじめご了承ください。 取扱説明書の著作権は携帯電話製造メーカーに帰属します。 権利者の許諾を得ることなく、取扱説明書の内容の全部または一部を複製することは、著作権法上禁止されています。 ただし、商業取引以外の個人的用途に用いる場合に1コピーのみ複製することは、この限りではありません。 本サービスは、予告なく中止または内容を変更する場合もあります。 あらかじめご了承ください。

次の

ケータイ捜査官7

フォン ブレイバー

8インチ メインカメラ 画素数・方式 196万 サブカメラ 画素数・方式 32万画素CMOS カラーバリエーション 815T 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12• ビビッドピンク• ホワイト• ブラック• シルバー• シャンパンゴールド• ベビーピンク• オフホワイト• グレー• パールピンク• ローズ• ブラウン• ブルー 815T PB 1 2• X01ブラック• SoftBank 815T(ソフトバンク はちいちごティー)はが開発しが販売する通信方式の端末。 ここでは、発売のコラボレーションモデル、 フォンブレイバー 815T PBについても記述する。 主な機能・サービス [ ]• ミュージックプレイヤー• 機能(対応、は未対応)• 読み取り・作成• 3D待受キャラクター「」、「」• 今すぐ読メール• バディートーク(815T PBのみ)• 日本国内専用 主な対応サービス (メガアプリ) / 以降、は非対応。 特徴 [ ] fanfun. SoftBank 815T ソフトバンクとしてはと以来となる着せ替え携帯。 通常のパネル以外にも内面や電池カバーも着せ替えすることが出来る。 キャラクターや芸能人、ファッションブランドとのコラボレーションモデルも発売されている。 フォンブレイバー 815T PB 「ケータイ捜査官7」のコラボレーションモデル。 人工知能型待受アプリ「バディートーク」搭載。 また、番組連動のアプリも用意されており、株式会社ウィズより発売されているフォンブレイバーパーツ を装着すると、同番組に登場するケータイロボット「フォンブレイバー」になる。 店頭でも展示されているが折りたたんだときの異様な厚みや手足があったりと店頭に展示されている機種でも目立つ。 脚注 [ ] []• フォンブレイバーパーツを装着する場合は必ずオフラインモードに設定する必要がある。 関連項目 [ ]• 外部リンク [ ]•

次の