ふるさと納税 安くなってない。 ふるさと納税、やってみたらこうなった。お得とはいえない意外な実態とは?

ふるさと納税は本当に得?実は損?節税できる?計算で分かる現実。

ふるさと納税 安くなってない

ふるさと納税の概要 ふるさと納税とは? ふるさと納税とは 好きな自治体に寄附することで、寄付した金額の分税金が安くなる制度です。 さらに多くの自治体では 特産品などの返礼品が用意されています。 寄附した金額は、自己負担額2,000円を除いて税金から控除されますので、 実質2,000円で全国の特産品をもらうことができるのです。 ワンストップ特例で手軽に税金を安くできる 制度が始まった当初は、税金を安くするために 確定申告をする必要がありました。 フリーランスなど毎年申告している方にとっては、そこまで手間ではないかもしれません。 しかし、給料から源泉徴収されている方など、わざわざこのためだけに確定申告するのは大変です。 現在は 「ワンストップ特例」制度を利用して、確定申告なしで済ませることができるようになりました。 ふるさと納税を行う際に 「ワンストップ特例の申請書」を、寄付先の自治体に提出するだけ。 これだけで自動的に税金を安くすることができます。 ふるさと納税はお得になっている実感がない? ふるさと納税をしても、 正直なところ税金が安くなっている実感がありません。 寄附した金額が振り込まれるわけでもないですし。 では、どのような仕組みで税金が安くなっているのでしょうか ? それは、 所得税の還付+翌年度の住民税の減額でお得になるのです。 所得税の還付 所得税の還付は確定申告を行うことで受けることができます。 税率は所得によって異なります。 日本は累進税率のため、 所得が増えるほど税率が上がる=還付額が増えることになります。 (ただし、次の住民税の減額との合計は、この税率に関わらず一緒です) 引用: 確定申告は3月15日までに行い、 申告後1か月程度で銀行口座に振り込まれます。 なお、 還付申告は5年前までさかのぼって行うことができるので、まだ申告していない年度がある方は、すぐに確定申告しましょう。 なお、ワンストップ特例制度を利用した場合には、所得税還付は行われず、全額が次の住民税の減額となります。 翌年度の住民税の減額 所得税の還付だけで、全額戻ってくるわけではありません。 残りの金額は、 翌年度の住民税から減額されます。 住民税は今年の所得を元に、翌年6月~の納付額が決定されます。 ここでふるさと納税をしていると、その分翌年の住民税額が安くなります。 減額される金額は、 「(寄附金額-2,000円)-所得税の還付額」。 住民税の減額は 銀行口座に振り込まれるわけではないので、減っている実感が湧きづらいのです。 「本当にお得になっているの?」と思う方は、給与明細の住民税控除額を、前の年と比較してみてください。 間違いなく控除額が減っているはずです。 控除額が減る=手取りが増えていることと同じです。 ・12月に30,000円をふるさと納税すると仮定。 ・控除上限以内に収まっているとする ワンストップ特例を使用した場合 ワンストップ特例を使用した場合、全額が翌年度の住民税から減額されます。 そのため、30,000円ふるさと納税をすると、 翌年6月以降、手取りが2,000円ちょっとずつ増えることになります。 12等分されて手取りが増えていることも、実感が湧きづらい理由の一つかもしれません。 確定申告した場合(給料で源泉徴収されている場合) 次は給料で源泉徴収されている方が、確定申告をした場合です。 確定申告をすると 3月ごろに所得税の還付で一部が戻ってきます。 その後、 6月以降住民税の減額という形で、給料の手取りが増えることになります。 ただし、 全体の金額はワンストップ特例の場合と同じです。 所得税の還付が振り込まれる分、こちらの方が実感は少しだけあるかもしれません。 確定申告した場合(フリーランスなど自分で納税する場合) 最後にフリーランスの方など、自分で住民税を収めるパターンを見ていきましょう。 まず確定申告をすることで、3月に一部が還付されます。 その後、6月以降、4回に分けて住民税を納付しますが、この時の納付額が少しずつ安くなっています。 自分で納付する金額が安くなっているだけですので、一番お得な実感が湧かないパターンかもしれません。 ですが前年の納付書と見比べてみましょう。 確実に住民税が安くなっているはずです。 ふるさと納税の注意点 ・ふるさと納税は忘れた頃に税金が安くなる ・実感が湧きにくいが、確実にお得になっている 実感が湧きにくいふるさと納税ですが、お得な制度であることは間違いありません。 積極的に利用していきたいものです。 ふるさと納税のオススメ比較サービス どのような返礼品がもらえるかは、各自治体のHPなどで公表されていますが、以下のようなまとめて比較できるサイトの利用がオススメです。 さとふる• 返礼品のレビュー機能がついているため、実際に申し込んだ方の意見を参考にしながら、寄附先を選ぶことができます。 また、さとふるが配送管理を行っているため、 最短1週間と返礼品の到着が早いのも魅力的。 ふるさと本舗• ブランド和牛やカニ、シャインマスカットなど、普段なかなか手が届きにくい特産品を比較しています。 新規登録者は 総額50万円のamazonギフト山分けキャンペーン実施中です。 ふるなび• お得なふるさと納税がさらにお得になります。

次の

ふるさと納税で低所得者は損するってホント?真実を暴いていこう!

ふるさと納税 安くなってない

毎年5〜6月頃、その年の住民税課税の決定通知書が手元に届きます。 その際、ふるさと納税で寄付をしたにもかかわらず昨年度と比べて税額に変化がなく、驚いてしまうケースも珍しくありません。 「ふるさと納税で寄付をして、きちんと確定申告したのに住民税が減額されていない?」 と不安になってしまいますよね。 そこで、今回は住民税が控除される仕組みを解説するともに、昨年度と控除額が変わらないケースについて考えられる理由をいくつかご紹介します。 「還付」されるのは所得税で、住民税ではない 「ふるさと納税で寄付をしたことで所得税と住民税が減額になる」 というのはよく知られていることですね。 しかし、実際にその金額がそのまま戻ってくる、つまり 「還付」がされるのは、所得税だけです。 例えば、夫婦と子ども2人の家族が3万円のふるさと納税をしたとします。 その家族の給与収入によっても変わってきますが、ここでは ・所得税では2,800円の還付がある ・住民税では基本分・特例分を合わせて25,200円の控除を受けられる といったケースとして考えます。 この場合、所得税還付分の2,800円については、全く同じ金額が申告時に登録した金融機関の口座などに振り込まれます。 住民税は寄付した翌年の6月以降の分から減額されていく では、住民税はどうやって減額されるのでしょうか? このケースの場合、住民税の控除分は25,200円になりますね。 後述する 「税額控除額」の欄にあった金額が、 寄付した翌年の6月から1年間、毎月支払う住民税から引かれていきます。 住民税の控除額は住民税課税決定通知書で確認! 住民税の控除額を確認するためには、住民税課税決定通知書にある「税額控除額」の欄を見てみましょう。 税額控除額には 「市町村民税」と 「都道府県民税」の2種類があります。 この2つを足した額が控除分と同額、もしくはそれに近い額ではありませんか? そうであれば、きちんと控除されていることになります。 もしもこの税額控除額が極端に少ない場合は、役所に問い合わせたほうがいいかもしれません。 住民税の控除額が去年と変わらない理由を4つのケース別に解説 「去年の住民税課税決定通知書と今年のものを見比べてみたけれど、ほとんど変わってない。 やっぱり控除されていないんじゃ…?」 そう思う方もいらっしゃるかもしれませんね。 しかし、中には控除はされているけれど、結果的に去年と控除額が変わらないケースもあります。 こちらで詳しく確認してみましょう。 ケース1:税金の控除額>納める税金分の場合 当然のことですが、 税金の控除額はすでに納めた、もしくはこれから納める税金の額よりも上回ることは絶対にありません。 税額控除が本来6万円分あったとしても、住民税が5万円の方の場合は最大5万円分までしか控除はされない、ということになります。 ケース2:ふるさと納税の名義が扶養家族だった場合 意外と多いのが、 「ふるさと納税をした際の名義が収入の少ない家族だった」ケースです。 収入はあっても扶養家族で、その本人が払う税金がなかった場合はその分の控除はされません。 例えば一番収入が多い家族が夫であり、パート勤務をしている妻の名義でふるさと納税をしたとしましょう。 この妻が扶養控除内であった場合などは、妻が払う税金はありませんから控除もない、ということになります。 ケース3:住宅ローン控除など大型の控除がされている場合 住宅ローン控除が適用されている方は、すでに多額の控除がされています。 その控除分だけで、控除の全額がカバーされてしまっている場合は、それ以上控除の対象が増えたとしても控除されません。 ケース4:給与アップ=税金アップ分と相殺された場合 もちろんですが、給与が高くなった場合は、その分税金も高くなります。 そのため、控除はされていてもその分税金も高くなっていて、結局プラスマイナスゼロに近いケースもあるのです。 上記の理由に当てはまらない場合は問い合わせを! ふるさと納税をした場合、税金の控除手続きに不備がなければ必ず住民税の税額控除はされます。 しかし、さまざまな理由でその控除額が思うよりも少ないと感じている方も。 今回は主に考えられる理由についてご紹介しましたが、他にも理由がある可能性もあります。 そういった場合は、お住まいの地域にある役所に問い合わせてきちんと確認しておきましょう。 SEARCH 記事検索 記事検索 キーワード エリア 北海道 東北 関東 中部 近畿 中国 四国 九州・沖縄 カテゴリー 仕組み・制度・手続きガイド ニュース 寄付先ナビ お礼の品 使い道 地域の魅力 ( グルメ イベント 観光 自治体情報 ) おすすめのタグ• 記事を検索.

次の

ふるさと納税で住民税が減税されたのか確認する方法、反映されていない時の対応策

ふるさと納税 安くなってない

ふるさと納税はなぜお得? 制度を紹介 ふるさと納税は「納税」という言葉がついているものの、実際は 自分が選んだ自治体へ「寄付」する制度になります。 あなたが住んでいる市町村以外への寄付も可能です。 ふるさと納税がお得と言われる理由は、2つあります。 1つめの理由は、 自治体へ寄付することで税金が減税されることです。 寄付した金額分、本年に納めた所得税が還付され、翌年の住民税が控除されます。 2つめの理由は、 寄付のお礼として地産品などをもらえることです。 私たちは地産品をもらえて、自治体は税収が増えるので、双方にとって利益があります。 そもそもなぜふるさと納税が生まれたのか? ふるさと納税が生まれたのは、 都会と地方の税収格差をなくすねらいからです。 経済の発展に伴って、地方生まれの人が都会に働きに出ることが多くなりました。 その分、都会への税収は増えましたが、地方の税収は減っていく一方でした。 「都会に出ても、ふるさとを応援したい」「好きな町に寄付できる制度があってもいいじゃないか」という想いから、ふるさと納税が始まったのです。 また災害復興などで、応援したい自治体へ寄付する手段としても、ふるさと納税を利用できます。 2019年末に「ZOZOTOWN」創業者の前澤友作氏が、台風で被害を受けた千葉県館山市にふるさと納税で20億円を寄付したことがニュースになりましたね。 こちらに関しても例外はなく、自己負担の2,000円を超える19億9,999万8,000円が翌年に減税されるということになります。 ふるさと納税のメリット ここでは、ふるさと納税が私たちにもたらすメリットについてお教えします。 寄付した自治体からお返しの品をいただける ふるさと納税は、 寄付をしたお礼として自治体からお返しの品をいただけます。 お返しの品は寄付先の地産品が一般的で、以下のようなものが例です。 北海道根室市:いくら醤油漬• 滋賀県近江八幡市:近江牛の切落とし• 群馬県草津町:草津温泉の入浴券• 山口県岩国市:日本酒 獺祭 純米大吟醸• 長野県飯山市:マウスコンピューター(飯山工場で製造) 豪華さもさることながら、もらいすぎて食品が冷蔵庫に入りきらなくなったという人も。 食料だけでなく、観光やお酒、家電まで送ってくれるのは嬉しいですね。 お返しの品の還元率は、寄付金額の3割以下と総務省が指定しているので、1万円の寄付で最大3,000円程度のものが期待できます。 したがって寄付金が大きくなるほど、お返しの品も豪華になるでしょう。 寄付した分の金額が翌年以降に減税される ふるさと納税は、 寄付金が翌年に「税金控除」という形で減税されるメリットがあります。 寄付金から 自己負担の2,000円を除いた税金が、以下のような方法で返ってきます。 所得税:寄付した年に収めた金額から、口座振込などで還付されます。 住民税:寄付した翌年の6月から1年間に分けて、支払い金額から差し引かれます。 画像引用元: たとえば2020年に、5万円分ふるさと納税で寄付をしたとします。 すると翌年の2021年に、4万8,000円分が控除されるのです。 まず所得税が1割程度(4,800円程度)指定の口座に還付され、残りの4万3,200円を6月から1年間(月3,600円程度)、住民税から差し引かれます。 2,000円以上のお返しの品をもらえば、お得になると言っていい制度でしょう。 自分の居住地以外の市町村に寄付できる ふるさと納税は、 自分の居住地以外でも、気に入った市町村を選んで寄付できるのもメリットです。 自分が生まれ育った地元にも寄付できますし、関心ある市町村への応援もできます。 災害復興支援としての寄付も可能です。 会社の転勤などで、今住んでいる町にあまり愛着のない方もいるかもしれません。 そんなときは、ふるさと納税で自分の思い入れのあるところに寄付をしてみてはいかがでしょうか。 寄付したお金の使い道を指定できる ふるさと納税の寄付金を、 どのような政策に使うか指定できる自治体があります。 あなたの「こういう使い方をして、街の発展や住民の健やかな生活に役立ててほしい」という意見を反映できる、貴重な制度です。 使い道の指定は、ふるさと納税サイトで寄付するときに選択肢から選ぶのが一般的です。 先に述べたように、寄付した金額は翌年に控除されるので、自己負担はありません。 ポイントサイト経由でポイントを取得できる ふるさと納税は、 ポイントサイト経由で寄付することによりポイントを取得できます。 以下は代表的なポイントサイトの一覧です。 ハピタス• ECナビ• ポイントミュージアム• GetMoney• ちょびリッチ ここでは「ハピタス」を例に説明しましょう。 ハピタスを通して「さとふる」や「ふるなび」などのふるさと納税サイトにアクセスし、寄付をすることでハピタスポイントが貯まります。 ハピタスポイントはAmazonギフトカードなどに交換できるので、いわば現金と同等に使えるポイントなのです。 納税をしつつお得感を味わうなら、ぜひポイントサイト経由で寄付しましょう。 またポイントサイトではありませんが、「楽天ふるさと納税」で寄付すれば「楽天ポイント」が貯まります。 楽天ポイントはショッピングなど日常のさまざまな場面で使えるので、とてもお得です。 ふるさと納税のデメリット ここでは、ふるさと納税が私たちにもたらすデメリットについて説明します。 「節税」ではなく、税金は安くならない ふるさと納税でありがちな誤った認識と、正しい認識を以下に示します。 誤った認識:ふるさと納税をすると納める税金が減り「節税」できる• 正しい認識:ふるさと納税で寄付した金額が、翌年以降に「税金控除」という形で返ってくる このように 正しくは「節税」ではありません。 税金を納める自治体が変わっただけで、実際の負担額は変わらないのです。 むしろ寄付した金額のうち、自己負担額2,000円分は控除されることがないので、支払総額は増えます。 2,000円をどう捉えるかはあなた次第ですが、「1円たりとも税金を払いたくない!」という方には、ふるさと納税によって支払う税金は増えることを押さえておいてください。 確定申告などの書類作成に手間を取られる ふるさと納税は、 寄付しただけでは翌年の税金は差し引かれません。 税金が差し引かれるためには、「 確定申告」または「 ワンストップ特例制度」のどちらかで申請する必要があります。 確定申告は、普通の会社員であれば会社の年末調整があるので、不慣れな書類作成をする手間が増えます。 ワンストップ特例制度は、確定申告より書類手続きが簡易です。 寄付先の自治体から送られる「寄附金税額控除に係る申告特例申請書」に、署名捺印と本人確認書類を添付して返送するだけ。 ただし、年間で利用できる寄付先は最大5市町村までです。 簡易といっても書類手続きが増えることに変わりはないので、その分手間がかかるといえます。 寄付金が返ってくるのは翌年以降になる ふるさと納税で 寄付した金額は寄付した年には返ってきません。 税金が差し引かれるのは翌年以降のため、 一定期間は「ムダな出費」扱いになります。 たとえば、ふるさと納税で5万円を寄付したとしましょう。 翌年に返ってくるのは、5万円から2,000円を除いた4万8,000円です。 しかし4万8,000円は、1割の所得税還付を受けた後に、1年かけて住民税から控除されるのです。 住民税は実際支払っている分から減額されるだけなので、あまり「税金が返ってくる」という感覚はありません。 税金控除対象の金額に上限があり計算が複雑 ふるさと納税は、 寄付できる金額の上限があります。 ここでいう上限は、あくまで 税金控除される対象としての金額です。 たとえば5万円が上限の方が10万円を寄付したとしても、5万円分は返ってきません。 さらに税金控除上限金額の計算方法は、複雑でわかりづらいです。 上限金額はあなた本人の所得や家族構成、保険の控除額なども考慮されます。 上限金額をシミュレーションできるサイトもあるので、一度、試してみるとよいでしょう。 寄付したい自治体にお返しの品がない場合がある 気に入った自治体に、 必ずしもお返しの品があるとは限りません。 基本的に自治体応援のための制度なので、ふるさと納税でお返しの品を用意していない自治体もあるのです。 お返しの品が目的なのか、それともその町を応援する目的なのか、自分の中で明確にしておく必要があるでしょう。 ふるさと納税をしない方がいい理由はなにか ふるさと納税はメリットがある一方で、「 損するのでしない方がいい」という意見もあります。 ふるさと納税の制度が理解不足であれば、損もあり得ることを知っておきましょう。 以下で、ふるさと納税で損をして失敗するパターンについて解説します。 税金控除の上限額以上に寄付したら失敗する 先に述べたとおり、寄付をして返ってくる金額には上限があります。 そして 間違えて多く寄付してしまったがために、税金控除されず逆に損してしまった方も。 総務省のホームページをみたり、各種ふるさと納税サイトのシミュレーションを試すなどで、ある程度の上限金額は調べられます。 自分の上限に余裕を持たせ、年間の寄付金額を決めましょう。 所得税と住民税を納めていない人は失敗する ふるさと納税は「所得税が還付」され「住民税が控除」されることにより、寄付金が返ってくる制度です。 扶養に入っていたり、所得がない場合は、寄付金が返ってきません。 そもそも控除される税金を支払っていないのですから。 税金控除を受けられるのは、あくまで所得税と住民税を納めている人だけである、ということを頭に入れておきましょう。 ふるさと納税できるウェブサイト紹介 ふるさと納税は、 ウェブサイトを利用すれば手軽に自治体へ寄付できます。 ネットショップで商品購入するのと同様に、シンプルで使いやすいサイト設計です。 以下に代表的な4つのサイトを紹介します。 ふるさとチョイス 画像引用元: 「どんなものが欲しいか」や「どんな自治体に寄付したいか」など希望に分けて検索でき、とても使いやすくなっています。 どのふるさと納税サイトを選べばいいかわからない方は、まずふるさとチョイスを試してみてもいいでしょう。 さとふる 画像引用元: さとふるは、自治体に寄り添ったサービスが魅力的なふるさと納税サイトです。 お返しの品の用意や発送をさとふるが請負っているので、 配送状況の確認や発送予定日の指定をできる強みがあります。 また寄付金以外にも、クラウドファンディングでお金を出せるので、自治体応援にも特化したサイトです。 楽天ふるさと納税 画像引用元: 楽天ふるさと納税は、 楽天ユーザーにオススメです。 楽天市場内にふるさと納税の特設ページがあり、通常の商品購入と同じように寄付できます。 いちばんの魅力は 楽天ポイントを貯められることで、キャンペーン中であれば寄付金の1割がポイントで返ってくることも。 ふるなび 画像引用元: ふるなびは寄付できる自治体数こそ少ないですが、 独自のサービスが多い強みがあります。 また、他のサイトにはないような品目(家電や商品券など)もあるので、一度、見てみて自分に合ったものがないか探してみましょう。 ふるさと納税はほとんどの社会人にオススメ この記事では、ふるさと納税のメリットとデメリットについてお伝えしました。 結論をいうと、 ふるさと納税はほとんどの社会人にオススメの制度です。 自治体に寄付した金額は自己負担2,000円を除いて、翌年以降にすべて税金控除という形で返ってきます。 さらに寄付した自治体から、最大で寄付金の3割程度のお返しの品をもらえるので、自己負担額以上はお得になると考えていいでしょう。 逆にふるさと納税は「しない方がいい」という意見もありますが、それはあくまで要らぬ寄付をして損をした場合です。 ふるさと納税で損をする場合の注意点を、以下でおさらいしますので注意してください。

次の