ストレンジャーシングス シーズン4。 「ストレンジャー・シングス」シーズン4はいつ配信?ホッパーは ?ストーリー考察も!|Enjoyブログ

過去最恐シーズン?! Netflix『ストレンジャー・シングス』シーズン4制作スタート!

ストレンジャーシングス シーズン4

ストレンジャー・シングス シーズン3予告 シーズン4への伏線 「ストレンジャー・シングス」のクリエイターであるマット&ロス・ダファー兄弟は、「Entertainment Weekly」でシーズン4の構想は語っているようです。 シーズン4はシーズン3とまた違う感じのストーリーになるとのことです。 どういったストーリーになるのか、少しこれまでのシーズンの中であったふせんも踏まえ振り返ってみます。 シーズン3 クライマックスの伏線 シーズン3までは、1980年代前半アメリカのインディアナ州ホーキンスという架空の小さな街で起きていましたが、シーズン3の最後にバイヤーズ家とイレブンが街を出ることになるので、おそらくホーキンス以外のところで、ストーリーが続くのではないかと考えられます。 もしくは、マイクがイレブンにクリスマスにパーティーをここでやろうと約束をしていたので、ホーキンスに戻ってきた時に、何か事件が起こる可能性も予測できますね。。 また、クライマックスで、ジョイスとホッパーが決死の覚悟でゲートを閉じ、マインド・フレイバーを倒したはずでしたが、ソ連のカムチャッカ半島で、一人のドイツ人がデモゴルゴンに牢屋で襲われるシーンで終了します。 これは明らかにシーズン4へのふせんだと考えて間違いないのではないかと、誰もが予想できそうな終わり方でした。 おそらくまたソ連とアメリカの関係性が関わってきそうですが、一体なぜデモゴルゴンが生きているのか、デモゴルゴンを使って何をしようとしているのか、このあたりが次回の物語に鍵になりそうです。 ホッパーは本当に死んだのか シーズン1からシーズン3まで警察署長、そしてジョイスと親しい関係にあり重要な役割を果たしてきましたが、シーズン3の最後で爆発により完全に消し飛んでしまい、死亡しました。。 がこれには少し疑問が残ります。 シーズン1では、イレブンが超能力を使って、デモゴルコンを自分ごと消し去りますが、結果的にはパラレルワールドに移動して、生きていました。 もしかしたら、あのキーとゲートの爆発と同時にパラレルワールドに移動して、その世界の中で生きているのではないかということも考えられます。 3ヶ月経っても戻っていないのは、おそらくゲートが完全に閉じてしまっているので、通常の世界に戻ってこられないという可能性も考えられます。 またシーズン3の最後にソ連の刑務所で軍人が捕まっている 「アメリカ人」について話していましたが、これがホッパーではないかというファンの中でも予想されているようです。 視聴者としては、ぜひシーズン4でも復活して活躍してほしいですね。 腕に刻まれた数字の意味 シーズン2で出てくるカリの8とエルの11。 彼女たちは同じ研究所に監禁されていた義兄弟ということでしたが、この数字の意味についてはまだ謎のままです。 なぜ彼女らにこの数字が刻まれているのか、そして、8や11以外にも当然数字があっても良いのではないかと予想できます。 おそらく同じ研究所で他にも何人かの人間が同じように監禁され、実験に使われていた可能性があり、同じように超能力を使うことができる人間がいるのではないかと思われます。 このあたりの謎についても、おそらくシーズン4もしくはそれ以降に明らかになっていくのではないかと考えられます。 シーズン4の配信時期 シーズン3が2019年7月4日と配信されたばかりで、シーズン4はまだNETFLIXでも制作発表を行なっていないので、当分先になることは間違いないでしょう。。 いずれにしてもファンとしては、次回シーズンが待ち遠しいですね。 いずれにしてもファンとしては、次回シーズンが待ち遠しいですね。 まとめ 今回は、「ストレンジャー・シングス」シーズン4のストーリー、配信時期、予想を書いていきました。 まだまだ謎が残りますが、ストーリーも徐々に物語の確信に迫っているので、次回作も見逃せないですね。

次の

『ストレンジャー・シングス』シーズン4の撮影がまもなく再開!|ハーパーズ バザー(Harper's BAZAAR)公式

ストレンジャーシングス シーズン4

「ストレンジャー・シングス 未知の世界」のシーズン3までに繰り広げられた子どもたちの戦いは、シーズン4ではどう展開するのか。 PHOTOGRAPH BY NETFLIX 誰も驚きはしないだろうが、が大ヒットしたSFホラー「ストレンジャー・シングス 未知の世界」のシーズン4の制作を公式発表した。 まだシーズン3まで視聴し終わっていない方は十分にご注意ください。 だが、勝利には犠牲も伴った。 イレブンはモンスターに噛まれたことで超能力を失ったのだ。 それに彼女の養父である警察署長のジム・ホッパー(デヴィッド・ハーバー)はシーズン3のラストで、街を救うために自分を犠牲にしたのである。 こうしてイレブンはジョイス・バイヤーズ(ウィノナ・ライダー)に引き取られ、バイヤーズ一家とともにホーキンスから去っていく。 鍵を握る「アメリカ人」 今回のティザー動画は、シーズン4の内容についてわずかなヒントしか与えてくれない。 しかし、シリーズの企画・製作総指揮であるマットとロスのダファー・ブラザーズは、シーズン4の物語ではホーキンスの外でも話が展開され、ロシア人と彼らに捕らえられているデモゴルゴンが主要な役割を果たすことをほのめかしている。 シーズン3の最終回のあとにエンドクレジットで流れたシーンが暗示するところによれば、いまだに明らかになっていないロシア人に関する疑問が、シーズン4ではさらに掘り下げられることになりそうだ。 つまり、イレブンと仲間たちがシーズン2で必死に迫ろうとした、ロシア人が裏側の世界のゲートを開けようとしている理由である。 この最終回のワンシーンはロシアの秘密基地に舞台を移し、牢屋の扉に近づくふたりの看守を映し出す。 「アメリカ人はいい」と、看守のひとりが言う。 看守たちは代わりにロシア人の囚人を引きずり出し、捕らえたデモゴルゴンのいる部屋に閉じ込める。 この「アメリカ人」とはホッパーのことを指している可能性がある。 彼の死を実際には見ていないし、死体も回収されていないからだ。 別の予想として「アメリカ人」とは、最初にイレブンを見つけて利用したマーティン・ブレナー博士(マシュー・モディーン)のことかもしれない。 博士はシーズン1で最初のデモゴルゴンの手にかかって死んだと思われていたが、シーズン2ではまだ生きていることが簡単に触れられている。 可能性としては、シーズン4では能力を失ったことを受け入れようと苦しむイレブンが、(期待されているように)何らかの方法で力を取り戻す姿が見られるだろう。 シーズン2のあるエピソードでは、シカゴへと逃亡したイレブンが描かれている。 彼女はそこで、かつてブレナー博士の研究所で実験台になっていた特殊能力を持つ別の女性、カリ(リネア・ベルテルセン)に会う。 カリが再び登場する可能性も高く、同じような能力をもつ別の登場人物も見られるかもしれない。 新しい「何か」の前触れになるか ダファー・ブラザーズは、シーズン4(もしかすると5)でストレンジャー・シングスを終了するだろうと語っている。 また、詳細はまだほとんどわかっていないものの、彼らが映画とテレビ番組の制作についてネットフリックスと破格の複数年契約を結んだと「Deadline Hollywood」が。 このため、ひとつのシリーズの終わりが、何か新しい、そして願わくば同じくらい感動的なシリーズの前触れとなる可能性が高いだろう。

次の

『ストレンジャー・シングス』シーズン4、製作決定

ストレンジャーシングス シーズン4

だが安心してほしい。 裏側の世界の生き物たちがコーラを飲むといきなり死んでしまうわけでも、これがあとで重要な役割をもってくるというわけでもないからだ。 それでも、この大半の消費者に嫌われたことで短命に終わったニュー・コークは、ちょっとした役割を与えられている。 シーズン後半のエピソードに、登場人物の誰もが危険に晒されていない珍しい場面がある。 ここで、ルーカス(ケイレブ・マクラフリン)がニュー・コークの缶を開けようとしていると、マイク(フィン・ヴォルフハルト)が信じられないといった顔つきで、「お前、よくそんなもの飲めるな」と口を挟む。 するとルーカスは「だって、うまいんだぜ」と答える。 「カーペンター監督の『遊星からの物体X』みたいなものだよ。 原作を最初に映画化した作品はSFホラー映画のクラシックだった。 これは間違いない。 じゃあ、カーペンターのリメイクはどうだった?」 ここでルーカスは、うまそうにニュー・コークを飲んで満足のため息をもらしてからこう言う。 「甘すぎるけど、ずっと大胆で、前よりいいものになってるのさ」 制作者からの本当のメッセージ ルーカスがマイクをからかっているなら、作品のクリエイターであるマットとロスのダファー兄弟がやっていることもそうだろう。 コカ・コーラさん、舞台は1985年なんだから新シーズンにはニュー・コークを喜んで登場させますよ。 もちろん好意的に取り上げますから、というわけだ。 しかし、ダファー兄弟が本当にメッセージを送りたかった相手は観客である。 うれしいことに、ダファー兄弟の試みは成功した。 シーズン3は「甘すぎるけど、ずっと大胆で、前よりいいものになっている」のだ。 「ストレンジャー・シングス」のシーズン2では各登場人物のキャラクターに深みは出たが、SFミステリーという意味では焦点がぼけてしまっていた。 これに対してシーズン3は、より面白く大胆な仕上がりになっている。 シーズン1で提示された「暗いものは暗く、明るいものは明るく」という原則に立ち戻っているからだ。 マイクとエル(ミリー・ボビー・ブラウン)は付き合っていて、ルーカスとマックス(セイディー・シンク)もカップルになっている。 ついでに、ダスティン(ガテン・ マタラッツォ)もサマーキャンプで理想の女の子に出会ったという。 ただ、思春期の少年少女たちが淡い恋を満喫する時間もなく、またもや奇妙な出来事が起こり始める。 結局のところ、みんなが暮らしている町はホーキンスなのだ。 シーズン3では、一連の超常現象は過去のシーズンよりわかりやすいかたちで描かれる。 『遊星からの物体X』へのオマージュは冒頭からすでに現れているが、内臓をわしづかみにされるような恐怖はじわじわと訪れる。 ぽたぽたと何かが滴る音が血の染みになり、77分間の最終エピソードを見終わるまでには、本当に叫びたくなるような怖さを体験できるだろう。 PHOTOGRAPH BY NETFLIX 思春期の少年たちの戦い もちろん、すべてがすっきりと明らかになるわけではない。 エルは前シーズンと同じように孤立化し、養父となった警察署長のホッパー(デヴィッド・ハーパー)やボーイフレンドからも距離を置くようになる。 こうしたなか、彼女とマックスとの友情や、思春期に突入しつつある少年たちが見えない敵に立ち向かっていくさまには胸を打たれる。 一方で、大人たちは相変わらず右往左往するだけだ。 ホッパーとジョイス・バイヤーズ(ウィノナ・ライダー)は、ある目的のために陰謀論者のマレー・バウマン(ブレット・ゲルマン)と再び手を組む。 具体的に書くのはやめておくが、地元の新聞社でインターンをしているナンシー(ナタリア・ダイアー)とジョナサン(チャーリー・ヒートン)から、ある情報を手に入れたのだ。 ダファー兄弟は、シーズン2で何がファンの心をつかんだのかをよく理解している。 なかでもシーズン2で育まれたダスティンとスティーブ(ジョー・キーリー)の男の友情は、シーズン3にも引き継がれた。 しかし、今回のふたりの関係は、まるで遺伝子編集技術でも使ったかのように組み替えられ、そしてコピーされている。 スティーブにはバイト先のアイスクリーム屋の同僚ロビン(マヤ・ホーク)、そしてダスティンにはルーカスの妹のエリカ(プリア・ファーガソン)というガールフレンドがいるのだ。 シーズン2では手に負えない役回りで観客を楽しませてくれたエリカだが、ボーイフレンドができたためか新シーズンでは性格がおとなしくなってしまったように感じる。 PHOTOGRAPH BY NETFLIX 次なるレシピが必要になる? 「ストレンジャー・シングス」がこの先どのような方向に向かっていくかは、はっきりしているようで曖昧な部分もある。 それにパスティーシュ[編註:芸術において先行する作品の要素を模倣すること]の罠にはまり込んでしまう危険性もないわけではない。 シーズン3でダファー兄弟が、「初体験/リッジモント・ハイ」で描かれたモール文化を昇華しようとしているのは明白だ。 例えば、襟を立てた嫌なヤツが乗った語呂合わせのナンバープレート付きのクルマを拝借するような細かな描写や、『燃えよドラゴン』(『ジョン・ウィック:チャプター2』でもいい)に出てくるような鏡の部屋でさえ、面白くないとは言わないが、ある種の義務感でやっているように見えてしまう。

次の